鳴門

2016年11月23日

ほっこりした冬支度を求めて

鳴門の川添フルーツで行われたクリスマスマーケット

「冬のおいしい、いいモノ、いい空間...ほっこりした冬支度を」


朝10時半過ぎに駐車場に到着。

めっちゃ混んでて、車が30台以上並んでる。

こんな渋滞、徳島で初めてかもと衝撃。

というわけで、鳴門観光をしてから再訪問しよう。



まだ行ったことのなかった妙見山公園へ。

桜の名所であり、夜景スポットでもあるらしい。

でも、今日は寒すぎる・・・。

山頂にはお城。

DSC_0097


阿波九城の1つ撫養城(岡崎城)の城跡らしいです。

お城(トリーデなると)に入ってみる。

DSC_0098


遠くに見える大鳴門橋の向こう側は淡路島。

DSC_0099


こっちの橋は小鳴門橋と大毛島。



散策を終えて、クリスマスマーケットへ。

DSC_0102


柑橘の木とサンタクロースのコラボ。

徳島県内外のこだわりのお店とショップがたくさん。

一段と寒さが増す中、鳴門金時の焼きいもが美味しかった。

DSC_0104


さて、冬支度。

今年は、生姜シロップとキウイシロップ。

風邪予防で冬を楽しみたい!




kou_blue97 at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月03日

鳴門らっきょの花まつり

風邪ひきました。

やっと落ち着きました。

風邪、気をつけましょう。



文化の日。

妻は、学校の手伝いで朝から不在。

午前から、娘の友達が遊びに来て、息子も一緒に盛り上がっている模様。

病み上がりの僕は、子供たちが遊んでる隣の部屋で悠々と読書。



昼から家族が揃ったので、天気も良いしリハビリ的に散歩がてら、らっきょ。



鳴門市は大手島。

らっきょ、なると金時、大根、鳴門わかめの里です。

「鳴門らっきょの花まつり」

らっきょ畑の散歩コースがあります。



まずは、らっきょうの花が咲く畑。

DSC_0097


鮮やかな薄紫色の小花。

らっきょうは、ネギ属ユリ科の野菜。

身体にも良いらしい。美容と健康。



そして、なると金時の畑。

DSC_0002


もうすぐ収穫かな。

ほくほくとした食感と上品な甘みが人気。



さらには、大根の畑。

DSC_0092


砂地畑で栽培した大根は、水分を多く含みシャリシャリと歯切れが良く、煮崩れしにくいとのこと。



収穫後のなると金時の畑。

DSC_0098


鳴門海峡に面した銀砂と呼ばれるミネラルたっぷりの海砂で栽培。

保肥力・排水性が良い。

美味しい野菜が出来ますね!



「日に4個 今日の佳き日の らっきょかな」

今日はわが家は、カレーライス!



kou_blue97 at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月29日

一握りの砂から始まるロマン〔大塚国際美術館〕

鳴門海峡の白砂。

機帆船で大阪や神戸に運び、建築用として利用されていた白砂。

その白砂に目をつけた男たちがいた。

鳴門の工場内に炉をつくり、タイルの製造が始まった。

歪みや割れがない、高品質の大型陶板が完成した。

陶板に絵を描く、美術陶板が開発された。

そして、2000年経っても色あせない、陶板名画がオリジナル原寸大で忠実に再現された。

〔大塚国際美術館〕

1477740956687


例えば、「システィーナ礼拝堂」

1477740956423


例えば、「落穂拾い」

その他にも、いろいろと。

真珠の耳飾りの少女/フェルメール
モナリザ/レオナルドダヴィンチ
最後の晩餐/レオナルドダヴィンチ
睡蓮/モネ
ヴィーナスの誕生/ボッティチェッリ
幻のひまわり/ゴッホ
ゲルニカ/ピカソ

一昨日、息子も小学校の遠足で行ってきたようです。

そして、小学生だから宿題。

「今日見た絵を1つ選んで、作者が何を伝えようとしてその絵を描いたのか考えてみましょう。」

素敵な宿題。



息子が悩んでいる。

「何の絵を選んで、考えているのだろう」と気になったので確認。

そこで、息子が選んだ絵は・・・

「モナリザ」

アカン、それだけはアカン!

500年間「謎」に包まれてるから。

手に負えないぞ!



そんな芸術の秋。




kou_blue97 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月26日

竜宮の磯

今日は6月の最終日曜日なので、朝の散歩を兼ねて「とくしまマルシェ」で娘とデート。

「美味しいお肉とアイス」をちらつかせれば、娘はついて来てくれます。

娘のお気に入りはこちら。

・阿波尾鶏フリッター
・神山鶏から揚げ
・レンコンジェラート
・米アイス

アイスと言えば、5月のとくしまマルシェで参加した「アイスグランプリ」。

アイスグランプリの記事(←こちらをクリック)

娘のお気に入りの「レンコンジェラート」が第1位のグランプリでした。

蓮の花が見事です。

25bc6b22.jpg


この蓮の葉の水でメダカを泳がせて飼いたい!

でも、娘に「ママに怒られるから絶対ダメ」って却下された・・・。



美〜なす(白ナス)とちいたけ(小さな椎茸)。

炒めてみました。

125ba3f4.jpg



美味しいんだけど。

さらに美味しく見えるように、ちょっと色合いを工夫できなかったです。

反省。



昼からは天気が良いので念願の場所へ。

4d5ea1a5.jpg


「竜宮の磯」

鳴門市の土佐泊のあたりです。

土佐泊と言えば、長宗我部元親が侵攻しても落城しなかった土佐泊城があったところらしい。

caf6a138.jpg


奥の方に、大鳴門橋が見えます。

昨日、うずしお科学館で満潮と干潮を習ったので、今日は現場学習。

干潮時刻にはもう少し潮がひいて楽しめます。



到着したばかりの時は潮のひき始めなので、水の中で待ちます。

32ff0923.jpg


はやく干潮にならないかな〜。

6eb876ab.jpg


やっと潮がひいて磯遊び。

・カニ
・ヤドカリ
・ハゼっぽい魚

d0da18c7.jpg


「竜宮の磯」

駐車場から見たらこんな感じ。

6b6c4bca.jpg


家族連れがチラホラしかいなくて、穴場スポットです。



なんだかんだ3年ぶりでした。

3年前の竜宮の磯(←こちらをクリック)

今度は、干潮時刻キッカリに行くぜ!




kou_blue97 at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月16日

四国の美しい景色

9月に入り、ようやっと青空が戻ってきました。

ということで、美しい景色を堪能。



やぱり美しい、鳴門の海。

ここからの眺め、お気に入りです。

ad72d3e0.jpg大鳴門橋


そして、渦の道。

散歩道を歩いて、展望室です。

かけだし娘のお気に入り。

7a18adf1.jpg渦の道


水中観潮船アクアエディからの眺めも最高。

お隣の船は、わんだーなるとかな?違うかも。

ef767273.jpg船から


干潮までもう少し時間があり、少しずつ渦が出来始める時間帯。

9eec27d6.jpg船から


対岸は、淡路島。

a98702c2.jpg船から




美しい景色と言えば、高松市は栗林公園。

江戸時代初期の回遊式大名庭園。らしいです。

造形美と時間の美。

とにかく、まあ美しいわ。

b434999e.jpg栗林


1時間ちょっとかけて、ゆっくり堪能出来ます。

6c68778b.jpg栗林





四国の美しいところ

徳島の美しいところ

たくさん見つけたい

たくさん出会いたい

kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京