高齢化

2006年02月25日

資本集約的な農業におけるビジネスチャンスの拡大

いま農業従事者の大半は60歳を超えており、ますます高齢化の波は加速しています。

そうなると、農産物の安定供給が難しくなる産地や生産者の数が増加します。10年後の農業従事者の年齢構成はバランス良くなっていくのでしょうか?それとも70歳が中心の生産体制となるのでしょうか?


最近、農業(アグリビジネス)への参入の動きもあります。食品製造業・外食産業・建設業などによるものです。


農業従事者の高齢化により農産物の安定供給が出来なくなると、まず第1にそれらを原材料とする産業がダメージを受ける。食品製造業が自ら農業生産を始めるのは必然かもしれませんね。また有機農産物や特別栽培による差別化商品を提供する場合、偽装の心配もなく、独自の販売戦略に柔軟に対応するため、外食産業が自ら農業生産を始めるケースも増えているようです。


そして建設業も公共工事が減少するなか、地元で行うことが出来て、労働力や機械を有効活用するため、農業生産を始めるケースも少なくないようです。


今の日本の農業は、60歳以上の労働力で成り立っているのです。どうお考えになりますか?賛否両論ですが、農業へビジネスチャンスを求めて参入してくる人・会社・業界を歓迎する必然もあるのでしょうね。


kou_blue97 at 07:19|PermalinkComments(3)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)