高松

2016年11月26日

石垣の名城「丸亀城」

昨夜は高松泊のため、ちょっと丸亀まで足をのばしてみました。

丸亀城

高さ日本一の石垣を有する「石垣の名城」

DSC_0111


日本の百名城

そして、現存十二天守

生駒親正・一正親子が築いた、自然の小山を利用した平山城。



結構な登り坂を進むと・・・

DSC_0115


400年の歴史を刻む丸亀城の天守。

DSC_0116


四国に残るもっとも古い木造天守。

DSC_0118


三の丸の曲輪を歩いて、見上げる天守。

DSC_0120


曲輪から見下ろす城下。

DSC_0121



「石垣の名城」

江戸時代初期の城郭石垣を築く技術が最高水準に達した時に作られたものらしい。

DSC_0113


高く美しい曲線が特徴。

DSC_0122



本丸からの景色。

海の先には瀬戸大橋。

DSC_0119




石垣を眺めながら緑の木々の下を歩いていると聞こえるドングリの落ちる音が心地よかった。



さて、現存12天守(江戸時代から現存している天守)のうち今回が6天守目。

訪れた順番。

・松本城(信濃国/長野県松本市)
・弘前城(陸奥国/青森県弘前市)
・高知城(土佐国/高知県高知市)
・姫路城(播磨国/兵庫県姫路市)
・彦根城(近江国/滋賀県彦根市)
・丸亀城(讃岐国/香川県丸亀市)

四国にあと2つもある。

行かないと!





kou_blue97 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月13日

男木島アート

昨夜は高松で飲み会。

熱い語り合いが繰り広げられた僕は、安いホテルを見つけ出し、泊まりを決意。



せっかく泊まったんだから、あの海風を味わうために、やってきました高松港。

4590bc6f.jpg


今日の船はこちら。

9007185c.jpg


行先は、「男木島」。


2年前に行った「女木島」のお隣さんです。

「女木島(鬼ヶ島)の記事」 ←ここをクリック



朝の海はこんな感じ。

7d2bef6a.jpg


目的地の男木島が見えてきた。

1d88005c.jpg


上陸。

島には、瀬戸内国際芸術祭のアート巡りの環境客がたくさん。

30a529e5.jpg



アートを巡って、歩きます。

d7ec97f2.jpg


島の民家の向こう側に見えます。

海と女木島。

61c8ee19.jpg


こっちは、大島か小豆島か四国か。

2dc0879a.jpg


アート発見。

歩く方舟。

6c592614.jpg


海から見える女木島。

7dea6b88.jpg



島の優しさ。

be19af85.jpg


島歩き、良かったけど、革靴だとキツい・・・。



瀬戸内国際芸術祭。

直島
豊島
女木島
男木島
小豆島
大島
犬島

島々で開催されています!






kou_blue97 at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月12日

瀬戸内海を船で渡る

岡山から徳島までの帰り道。

普通にマリンライナーで帰るより、せっかくだから気持ちよく帰りたい。

調べたら、素敵な旅がありました。

「四国フェリー」

宇野港(岡山)から高松港までの1時間の船旅。



乗船。

3a36d415.jpg


船はこんな感じ。

第八十七玉高丸

5cdab7b8.jpg


宇野港からはたくさんのフェリーが出ていました。

・高松行き
・小豆島行き
・豊島行き
・直島行き

などなど。いつか行ってみたい。

80444024.jpg


瀬戸大橋が見えます。

653db42d.jpg


こっちも。

73e71178.jpg


いやー、日差しは暑いけど、海風が気持ち良すぎる〜。

107d5fc2.jpg



船もたくさん行き来する。

a59f6bb4.jpg


重要な海路ですね。

8ad1574b.jpg


高松港に到着です。

41bfe614.jpg





1時間の船旅。

ずっと、2階デッキにいました。

青空と海と海風だけで、最高の贅沢。

なんと、料金は690円ですから。

幸せ。





kou_blue97 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月10日

かけだし塾 in 高松

金曜日は仕事の後、高松の「瓦町FLAG屋上」にてかけだし塾を開催。

若者たち総勢10名です。



・仕事のあり方
・夫婦のあり方
・かけだし塾のあり方
・かけだしblogのあり方



とっても勉強になりました。

後輩たちからたくさんの刺激と失笑を貰えた。

誰だ、「ぬるま湯金融マン」に名前を変えろって言ったのは!



でも、やっぱり、「人は人でしか磨かれない」なぁ。

いろんな人との触れ合いを、チャンスがある限り大切にしていきましょう。



高松の皆さん、素敵な夜をありがとう!


kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月23日

鬼ケ島に行ってきました

瀬戸内海に浮かぶ島々。いろんな美しく魅力的な島がありますが、まずは「鬼ケ島」に行ってきました。

香川県の桃太郎伝説で鬼が住んでいたと言われている「女木島」は「鬼ケ島」と呼ばれています。そして、島の中心には、鬼の住み家である大洞窟があります。これは、子供達連れて行くしかない!



高松港から船で20分の心地良い船旅です。

b67e78a9.jpg


風が気持ち良〜い。

サンポート高松が遠ざかっていく。。。

b0e3b691.jpg出港


鬼ケ島が見えてきたぞ。

0fb3a41e.jpg女木島


鬼ケ島がだんだん近づいてきて、桟橋では鬼の石像がお出迎え。

246b21fe.jpg桟橋の鬼


港から鬼ケ島大洞窟までは、バスで10分弱。小さな山を登って行きます。

そして、洞窟に潜入〜。

1166e13c.jpg洞窟


洞窟の中はひんやりと涼しい。15℃くらい。

b4746e5a.jpg洞窟


今は、コウモリしか住んでない。

近世は、海賊が住んでいたのは間違いないらしい。お宝の隠し場所もありました。

大昔は、鬼も住んでいたのかなぁ。

b2402b94.jpg洞窟


洞窟を抜けると、高台からのオーシャンビュー!

サンポート高松も良く見えます。

da3d0067.jpg瀬戸内海


帰りの船は空いててゆったりモード。

女木島〜高松港まで、約20分。

759223ca.jpgさらば女木島


高松港で下船し、高松城は玉藻公園を散策。

cab6ad66.jpg高松城


「讃州さぬきは 高松さまの 城が見えます 波の上」と詠われ、高松城のお濠は、水門で瀬戸内海とつながっていて海水100%、干満に連動して水位が変化します。

そして、鯛が泳いでます。

鯛にエサをやりました。

「鯛願成就」〜浮きエサを与えて、鯛の願いを叶えた人の願いも叶うという寓話もあります。

f8ced866.jpg


高松からの帰りは、、高松の奥座敷と呼ばれる塩江へ寄り道。

牧場とかいろいろ寄ったけど、子供達はやっぱり川遊びが1番。

e42c3c7f.jpg川遊び


喧嘩したりもする兄と妹ですが、なんだかんだ2人楽しく遊びますね。

川の流れが急なところでは、兄が妹に手を差し伸べてた。

パパは嬉しいぞ!

a92649ee.jpg兄と妹


ずぶ濡れになった後は、塩江温泉・行基の湯で疲れを癒します。

bede0712.jpg行基の湯




女木島に行けたので、男木島、直島、豊島、小豆島と、四国にいるうちに制覇したいな。

kou_blue97 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京