韓国

2010年03月13日

トマト

最近、土曜日と言えば午前中に巻きヅメの治療に形成外科に通い、午後には虫歯の治療に歯医者に通う日々が続いてます。

この土曜日は息子と一緒に歯医者に行き、帰りに図書館へ寄りました。

借りた本は絵本中心ですが、「モノから知る日本と世界の結びつき」という図鑑のような本を借りました。

ハンバーガーとかフライドチキンの原料はどこから来ているのか、みたいな本です。

牛肉はオーストラリア、豚肉はデンマーク、鶏肉はブラジルというのはもちろん知っていましたが、トマトととかパプリカの輸入先については驚きでした。

トマトの輸入先はお隣韓国とのこと。

トマトは自給率約6割で、残り4割は加工用や業務用として輸入トマトが使われ、その主要な輸入先が韓国なのです。

いやー驚きました。

韓国もたしか国内自給率が約4割で、それであっても日本というマーケットに対してトマトやパプリカや野菜なんかを供給しているとは。



今日はお昼にパスタを茹でて、タマネギとキノコを炒めてレトルトのトマトソースに混ぜて食べました。

そのトマトソースのレトルトも、韓国産のトマトが使われていたかもしれませんね。

ケチャップなんかも国内自給率は約4割らしいですから。



大学生の頃にカゴメ社の会社説明会に行ったときに、トマトケチャップは栄養価が高いので、チャーハンを作るならトマトケチャップを入れてチキンライスにした方が栄養価が増すという話を聞きました。

そんなことも懐かしい。



WTOドーハラウンドの動向が非常に気になりとても注目しているところですが、それ以前に普段食べている食材がどこで作られているものかなど、まだまだ食に対する知識が足りないですよね。

韓国産のパプリカなんて本当に驚きました。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)