2016年11月11日

日本酒の聖地「希紡庵」

美味しい日本酒が飲みたい。

こんなこと、今まであんまり思ったことなかったなぁ。

そんなお年頃になってきたのか。

いよいよ大人になってきたのかも。

でも、自分はお酒が強くありません。

それなのに、日本酒のお店に行っても大丈夫かな。

いろいろ考えました。

2時間で僕が飲めるお酒の量は、ビール中ジョッキ3杯。

中ジョッキ=400mlとすると、ビール換算で1,200ml。

日本酒(アルコール度数15度)1合180ml=ビール(アルコール度数5度)500mlが前提。

日本酒だと、432ml=約2.4合飲める計算。

本当かなぁ。

無理は禁物です。



ということで、行ってきました。

東京には「日本酒の聖地」と呼ばれている店がいくつかありますが、今回はここ。

池袋の「希紡庵」。

日本酒専門店なので、日本酒が飲めない人は入店お断りで、全席禁煙。

約80種類の銘酒が揃っています。

半合(90ml)単位で注文できて、一部は60mlでも楽しめます。

日本酒以外の飲み物はごくわずか。

料理のメニューは少ないけど、日本酒に合う美味しい肴とおつまみ。

さらには、酒造り用の仕込み水も飲めます。



せっかくなので、いただいた日本酒たちを記録。

DSC_0045


〇田酒(でんしゅ)  純米大吟醸 四割五分
 青森県青森市 蠕湘勅鯊づ
 日本酒度 +2
 酸度 1.4

DSC_0046


〇雑賀(さいか) 辛口吟醸
 和歌山県紀の川市 蟠綵纏┣
 日本酒度 +13
 酸度 1.2

DSC_0047


〇川中島幻舞(げんぶ)i 吟醸あらばしり生原酒
 長野県長野市 蠎鮴藺¬

〇瀧自慢(たきじまん) 滝水流はやせ 辛口一徹 純米
 三重県名張市 瀧自慢酒造
 日本酒度 +6
 酸度 1.4

〇東一(あずまいち) 純米大吟醸 雫搾り 20BY
 佐賀県嬉野市 五町田酒造

〇獅子の里 超辛純米
 石川県加賀市 松浦酒造
 日本酒度 +9

DSC_0051


〇梵(ぼん) 初雪 純米吟醸 しぼりたて生原酒 五百万石
 福井県鯖江市 加藤吉平商店
 日本酒度+4
 酸度 1.8

〇龍神(りゅうじん) 芳醇辛口純米
 群馬県館林市 龍神酒造
 
DSC_0053
 

〇新政(あらまさ)No.6 Xtype生
 秋田県秋田市 新政酒造

〇亀萬(かめまん) 純米
 熊本県葦北郡津奈木町 亀萬酒造



日本酒の味についてはまだ語れるレベルには達していないので書きません。

でも、日本酒初心者の僕と、辛口大好き人と一緒だったので、飲み比べが出来て経験値が上がりました。

美味しいお酒と肴で至福のひと時、味わえました。

ちょっぴり大人になった気分。






kou_blue97 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月07日

今小町

「小野小町」

平安時代の女流歌人であり、絶世の美女として名高い。

当時の絵や彫像は現存せず、後世に描かれた絵でも後ろ姿ばかり。

美人過ぎて、正面から描けないらしい。

img_0[1]



そんな、小野小町は、世界三大美女と呼ばれています。

でも、それは日本だけ。

世界で言われている三大美女はこちら。

 ・クレオパトラ
 ・楊貴妃
 ・ヘレネ(ギリシア神話の女性)

マリーアントワネット(ルイ16世の王妃)を加えて、四大美女と言われることもあるようです。


とは言え、小野小町も絶世の美女として語り継がれていることは間違いありません。



「今小町」

まさに今の世の小野小町といえるような美人のことを言います。



松の位に柳の姿、桜の花に梅が香を、籠めてこぼるる愛嬌は、月の雫か、萩の露の情に憧れて、われも迷うや蝶々の、こいしなん身のいく百夜、通う心は深草の、少将よりも浅からぬ、浅香の沼のそこまでも、引く手あまたの花あやめ。

たとへ昔の唐人の、山を抜くてふ力もて、引くとも引けぬ振袖は、粋な世界の今小町。

高き位の花なれば、思ふにかひも嵐山。

されど岩木にあらぬ身の、意気な男の手管には、否にもあらぬ稲舟の、沈みやもせん恋の渕。

逢はぬ辛さは足曳の、山鳥の尾の長き日を、怨み喞ちて人知れず、今宵逢う瀬の新枕。

積もる思ひの片糸も、解けてうれしき春の夢。



でも、女性の魅力って、見た目なんかじゃなくって、本当は内面の輝きから自然に滲み出てくる美しさなんですけどね!



前置きが長くなりました。

今回の年末年始のわが家の日本酒はこちら。

特別限定で、年間350本の製造のうち、180本目らしいです。

シリアルナンバーつき。

5a592a55.jpg


今小町 大吟醸原酒 「雫」

徳島が誇る地酒です。

澄んだ空気と吉野川上流の美しい水、そして豊かな自然の恵みの賜物。

「雫」という名前は、酒造工程の最終段階の搾りで、通常使う槽や機会を使わず、酒袋にもろみを入れて自然に滴り落ちる雫を集めたことから命名。

力強く艶があるけれど上品、調和のとれた味わいで心地よい余韻のお酒です。




『今小町 大吟醸原酒 「雫」』 を実際に飲んだ方の声


・あまり日本酒は飲みなれていませんが、日本酒の「旨味」を感じることが出来ました。
(30代後半/男性/徳島県/HKT48宮脇咲良推し)

・日本酒に「コク」があるというのを初めて知りました!
(60代前半/女性/北海道/EXO(エクソ)のKAI(カイ)推し)




kou_blue97 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月15日

酒が飲みたくない夏

なんか最近、飲む機会が多かったのか、酒を飲みたいと思わなくなりました。

夏バテか。

飲む機会が多いと言っても週2くらいですが。

この間は2時間飲み放題のお店で、生ビール1杯と焼酎水割り1杯をチビチビ飲んでました。

そんくらいがちょうどいい。

酒の席は嫌いじゃないんですが。

とりあえず、飲まなくても語れる男になりたいですね。

禁酒しようかな。

かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月22日

僕のマリアージュ

こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



僕のマリアージュ



ケンタッキーフライドチキンとコカ・コーラ

刺激の強い料理と飲み物がお互いに相手を引き立てますね。



スパゲティミートソースと牛乳

なぜか飲みたくなるんですよね。



カレーライスはお水。

洋酒にはチョコレート。

ビールは何にでもあいますよね。

蕎麦と日本酒はあまりわかりません。

ジンライムにミックスナッツなんかいいですよね。

境月にポテチなんかも懐かしい。



車酔いにポカリスウェット

試合前にヴァーム

お風呂上がりにコーヒー牛乳



仕事の後の生ビール

夜景と女性と赤ワイン



もうマリアージュでもなんでもないね。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 21:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年07月03日

そばと日本酒は出会った?

お酒を控えて約2週間になります。

やっぱり飲まないとそれはそれで体の調子もいいもんですね。



お酒は百薬の長とかいいますし

たしなむ程度であればそれはそれで悪くないんでしょうね。



お酒といえばとりあえずビールみたいな

とりあえずって言葉はビールの枕詞だったっけみたいな頻度で使われますが

そろそろといえば日本酒(わりと東北)や焼酎(わりと九州)の枕詞言葉だったり

むしろ最初から日本酒や焼酎といった感じなのかもしれませんが

こじゃれたデートとかで

とりあえずどぶろくとか

とりあえずウォッカみたいな方とも

お会いしてみたいものです。



ところで、かけだし金融マンは

山形とか長野とかとちょっとした縁がありまして

山形の田舎そばと長野の更科そばは甲乙つけがたく

どちらもいただく機会に恵まれておりました。

特に山形の冷やし肉そばと

長野の鴨汁そばが大好きです。

さて

日本酒とそばは本当に合うのかどうか

昔からの長年の疑問でした。


おすすめの組み合わせとか

お互いがお互いを引き立てる組み合わせなど

いろいろ教えていただきたいものです。


かけだし的には

ビールとラーメン

ワインとパスタは合うんじゃないかなと思いますが

日本酒とそばの境地をまだ見いだせていない状況です。



一説には

昔米が採れない時代に

痩せた土でも育つそばを食べていたけれど

当時のそばは美味しくなく

日本酒を飲んでごまかしていたのが始まりとも言われています。



学生時代にご飯に日本酒をかけて食べさせられた

酒茶漬けなんて懐かしいです。


kou_blue97 at 21:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年02月24日

三連単の日々(JRA)

土曜日も朝から元気なかけだし金融マンです

土曜日もというか土曜日だからなんだけどな



さて、水・木・金と三連単な日々でした。

「三連単」

それは

「三日連続で単身生活をいいことにお酒を飲んじまった」の略

「JRA」

それは

「12時(Jyuniji)くらいまでルンルン(Runrun)気分で遊んじゃった(Asonnjyatta)」の略



本当は

会社(仕事)関係の飲み会だったんですけどね



水曜日は

ビールに焼酎でルンルン

木曜日は

ビールにワインでルンルン

金曜日は

ビールに日本酒にウイスキーでルンルン



ちょっと飲みすぎだね

またちょっとお酒をお休みしま〜す!!



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2Blog Ranking

↑ランキングいつもご協力ありがとうございます

 三連単もたいがいにします




kou_blue97 at 09:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年06月12日

MP0で宿屋までたどり着いた気分

この前の金曜日、
お隣の課の課長とお隣の課の後輩たちに誘われて、
飲みに行きました。


久しぶりに超楽しい飲みの時間を過ごすことが出来ました。
新しい支店は忙しいこともあり、飲みに行く回数が少なかったのですが、
仕事の疲れやストレスを大いに発散することが出来ました。


その盛り上がりと言ったら、
この店でもW杯が開催されるんじゃないのか、
くらいの盛り上がりを見せていました。


8時くらいに仕事を終え、
まずは焼き鳥屋へ。
とりあえずみんな大ジョッキで、の一声から。
えっ、大ジョッキですか!?
大ジョッキなんて久しぶり。
今日がどういう飲みになるのか、
容易く想像出来ちゃうようなキックオフのホイッスルでした。


場所をかえ、課長の奥様達も合流し、
カラオケ大会へ。
自分のウットリするような歌声と、
盛り上がり続ける雰囲気と、
とまらないお酒のスパイラルによって、
だんだん朦朧としてゆく意識の中、
絶妙なスルーパスにより、
オフサイドぎりぎりのプレーも増えて、
楽しい夜が更けていきました。


気力も体力も限界となりつつあるなか、
なんとか家にたどり着き、
玄関でズボンを脱ぎ、
着替のためクローゼットの部屋までいきましたが、
そこが限界だったようです。



翌朝、
フローリングの床で寝ている姿を、
妻子に発見されることとなりました。



勝点3をGETすることが出来たことだけは、
間違いない、
そんな金曜日の出来事でした。


kou_blue97 at 09:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2018年夏
  • 2018年夏
  • 2018年夏
  • 2018年夏
  • 2018年夏
  • 2018年夏
  • 2018年夏
  • デザイン あ 展
  • デザイン あ 展
  • デザイン あ 展
  • デザイン あ 展
  • 子供の成長をマグロで
  • 子供の成長をマグロで
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 梅雨が明けて、夏が到来
  • 5月の思い出
  • 5月の思い出
  • 5月の思い出
  • 5月の思い出
  • 5月の思い出
  • 5月の思い出
  • 5月の思い出
  • 5月の思い出