道の駅

2022年09月21日

群馬県内の道の駅を制覇!〜全32か所〜

群馬県内にある道の駅の数は「32」

週末は、コロナ禍でホームステイしたり、帰省したり、アメフトの練習に行ったりと忙しかったので焦らず自然体で。

と言いつつ、約1年半で全制覇できました!

行った順番にご紹介。

(1)道の駅「こもち」
・渋川市白井
・難攻不落「白井城」を象徴する城造りの建物。
・引っ越し早々のドライブで立ち寄り。
・いろんな蒟蒻が売っていて群馬を感じました。

(2)道の駅「ふじみ」
・前橋市富士見町
・雄大な赤城山の南麓。
・併設する富士見温泉「見晴らしの湯」の塩分を堪能。
・露天風呂から関東平野を見下ろせます。

(3)道の駅「よしおか温泉」
・北群馬郡吉岡町
・利根川の清流と裾野が長く美しい赤城山を望める
・パークゴルフ、サイクリングロード、そして温泉。
・平日、仕事終わりの露天風呂は気持ち良かったです。

(4)道の駅「あぐりーむ昭和」
・利根郡昭和村
・日本で最も美しい村。
・野菜畑と上信越の山々の雄大な風景。
・高原野菜の産地として新鮮野菜と農産加工品。
・リアル蒟蒻畑(蒟蒻芋の葉)を見て感動。
・ムラノナカ食堂の牛すじプルプルこんにゃく定食おいしかった。

(5)道の駅「川場田園プラザ」
・利根郡川場村
・楽しさいっぱい、美味しさいっぱい。
・川場の大自然を自然遊歩道とともに満喫。
・武尊山とりんご畑の風景の美しさ。
・ジェラートも美味しい。

(6)道の駅「白沢」
・沼田市白沢町
・片品川河岸段丘の眼下。
・白沢高原温泉「望郷の湯」が併設。
・沼田とんかつ街道の近く。
・白沢高原牧場のソフトクリームいただきました。

(7)道の駅「みなかみ水紀行館」
・利根郡みなかみ町
・登山のメッカ谷川岳のふもとの利根川源流沿い。
・利根川沿いの諏訪峡の散歩道をゆっくり歩きました。
・与謝野晶子の歌碑なども。
・利根川にはラフティングの若者たちで賑わってました。

(8)道の駅「月夜野矢瀬親水公園」
・利根郡みなかみ町
・平安時代に名付けられた「月夜野」
・公演は矢野遺跡があり、歴史を感じられる公園。
・月夜野はーべすとで新鮮野菜が売ってます。

(9)道の駅「中山盆地」
・吾妻郡高山村
・雄大な三並山と美しい田園風景と満天の星空。
・日帰り温泉や宿泊用のコテージも併設。
・観光地のロックハート城が近くにあります。

(10)道の駅「赤城の恵」
・前橋市荻窪町
・赤城南麓の豊かな自然と美しい夜景。
・併設する荻窪公園では蛍の飛翔が見えます。
・そういえば、自転車の夜道が怖かった。

(11)道の駅「しもにた」
・甘楽郡下仁田町
・下仁田町の「小さな拠点」として充実した施設。
・下仁田名産の「こんにゃく」や「下仁田ネギ」
・東京から高速道路で下仁田ICを降りてすぐ。
・家族と一緒にドライブで立ち寄りました。

(12)道の駅「オアシスなんもく」
・甘楽郡南牧村
・清流南牧川が流れる美しい自然に囲まれた施設。

(13)道の駅「上野」
・多野郡上野村
・四方を山に囲まれた自然豊かな山村。
・プラムのソフトクリームが美味しかった。
・上野村スカイブリッジ帰りに立ち寄りました。

(14)道の駅「万葉の里」
・多野郡神流町
・神流川の清流沿いの自然豊かな施設。
・展望デッキから神流川が見下ろせます。

(15)道の駅「ららん藤岡」
・藤岡市中
・上信越自動車道藤岡ICに隣接。
・中心には子供たちの遊び場「噴水広場」
・農産物やお土産、飲食店等18の専門店。
・いつも観光客で賑わってます。

(16)道の駅「おのこ」
・渋川市小野子
・群馬県のほぼ中央に位置。
・吾妻温泉郷(草津温泉や四万温泉)の玄関口。
・美人の湯で有名な小野上温泉の近隣。

(17)道の駅「ぐりーんふらわー牧場・大胡」
・前橋市滝窪町
・赤城山南麓の裾野に位置。
・北関東一のオランダ型風車と展望塔。
・ぐりーんふらわー牧場にはかわいい動物たちが。

(18)道の駅「甘楽」
・甘楽郡甘楽町
・織田宗家ゆかりの城下町小幡の玄関口。
・国の名勝指定「楽山園」の近く。
・城下町散策は楽しかったです。

(19)道の駅「玉村宿」
・佐波郡玉村町
・採れたて新鮮野菜や卸売市場直営店の「肉の駅」
・上州牛や上州麦豚のコロッケやメンチが大人気。
・高崎玉村スマートICすぐそば。

(20)道の駅「おおた」
・太田市粕川町
・国道17号上武道路沿い。
・徳川発祥の地及び中島飛行機生誕の地。
・群馬県は東部に道の駅が少ないなぁ。

(21)道の駅「くらぶち小栗の里」
・高崎市倉渕町
・倉渕の緑豊かな大地で育ったお米や新鮮農産物。
・温泉や登山、キャンプの際の寄り道どころ。
・新車で嬬恋村に向かう途中に立ち寄りました。
・たくさんの案山子が歓迎してくれました。

(22)道の駅「八ッ場ふるさと館」
・吾妻郡長野原町
・国土交通省の八ッ場ダムの絶景に囲まれた施設。
・水陸両用バスがいつもスタンバイしてます。
・歩いて八ッ場ダムを眺望できます。

(23)道の駅「あがつま峡」
・吾妻郡東吾妻町
・国指定名勝「吾妻峡」の自然を生かした道の駅。
・吾妻峡温泉「天狗の湯」が併設。

(24)道の駅「尾瀬かたしな」
・利根郡片品村
・尾瀬国立公園や日光国立公園の玄関口。
・標高の高さと冷涼な気候による自然の宝庫。
・トウモロコシが美味しかった。
・山の日の山ドライブで立ち寄りました。

(25)道の駅「富弘美術館」
・みどり市東町
・山々に囲まれた草木湖のほとり。
・水彩の詩画を通して生命の尊さと優しさを
 語りつづける作品を公開する富弘美術館
・草木湖も山の日の散策に最適。

(26)道の駅「くろほね・やまびこ」
・桐生市黒保根町
・花と緑と清流の里
・地粉天ぷらうどん(冷)が美味しかった。
・舞茸の天ぷらと菊芋の葉の天ぷらが絶品。

(27)道の駅「上州おにし」
・藤岡市譲原
・廃校になった小学校跡に建てられた道の駅。
・三波石に関する資料展示など。
・下久保ダムカレーが美味しそうでした。
 (おなかが空いてなくて…残念)

(28)道の駅「みょうぎ」
・富岡市妙義町
・上毛三山の一つ「妙義山」のふもと。
・国重要文化財の「妙義神社」が併設。
・妙義ふれあいプラザ「もみじの湯」も併設。
・雨が降ってしまって散策できず残念。

(29)道の駅「草津運動茶屋公園」
・吾妻郡草津町
・「草津よいとこ一度はおいで」の草津温泉の玄関口。
・お土産屋さんのほかにミュージアムショップと充実。
・日本近代医学の父「ベルツ記念館」も。

(30)道の駅「六合」
・吾妻郡中之条町
・群馬県の西北部に位置する「旧六合村」
・日帰り温泉入浴施設「くつろぎの湯」が併設。

(31)道の駅「霊山たけやま」
・吾妻郡中之条町
・町のシンボル「嵩山(たけやま)」のふもと。
・登山客が結構いました。

(32)道の駅「たくみの里」
・利根郡みなかみ町
・ふるさとの心象風景が満載された農村地域。
・たくみの家が25軒点在し、散策も楽しい。
・カタチに残る想い出作りのできる里
・子供が小さいときに来たら楽しいだろうなぁ。



というわけで、群馬県内の道の駅ベスト3を発表。

順位をつけるのがあまり好きではないので、順不同でトップ3



★道の駅「川場田園プラザ」
・利根郡川場村
・楽しさいっぱい、美味しさいっぱい。
・川場の大自然を自然遊歩道とともに満喫。
・武尊山とりんご畑の風景の美しさ。
・ジェラートも美味しい。

【理由】
・道の駅だけでも素晴らしいロケーション。
・隣接する温泉とジェラート屋さんもあり、
 りんご畑を歩く遊歩道も楽しめます。
・帰りには「水芭蕉」の酒蔵もあったり。
・ドライブコースとしてもおすすめです。

★道の駅「八ッ場ふるさと館」
・吾妻郡長野原町
・国土交通省の八ッ場ダムの絶景に囲まれた施設。
・水陸両用バスがいつもスタンバイしてます。
・歩いて八ッ場ダムを眺望できます。

【理由】
・八ッ場ダムの眺望は圧巻ですね。
・河原湯温泉の王湯などがあったり。
・嬬恋村や草津温泉の帰り道にも寄りやすくて
 ドライブコースとしてもおすすめです。

★道の駅「たくみの里」
・利根郡みなかみ町
・ふるさとの心象風景が満載された農村地域。
・たくみの家が25軒点在し、散策も楽しい。
・カタチに残る想い出作りのできる里
・子供が小さいときに来たら楽しいだろうなぁ。

【理由】
・ふるさとを感じられる農村地域です。
・体験施設も多くて散策するだけで楽しい。
・たくさん思い出がつくれそうです。
・アマビエのモニュメントも圧巻。
・家族連れにはぜひおススメ。



いや、他にも良いところがたくさんあります。

皆さんも、ぜひ群馬県内の道の駅の全制覇をしてみてはいかがでしょうか!




kou_blue97 at 20:13|PermalinkComments(0)

2021年11月23日

織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)

本日は、甘楽町を歩きます。

HORIZON_0001_BURST20211123101035450_COVER


<群馬県西南部に位置する甘楽町(かんらまち)>
・群馬県の西南部を流れる鏑川南岸の町。中心地区の小幡は、もと小幡藩の城下町。国指定名勝の楽山園、名水百選の雄川堰がある。昭和中期ごろまで養蚕が盛んであったが、昭和後期から平成にかけて野菜・果樹の生産量が増加し、キウイフルーツの特産地。また城下町小幡さくら祭り「武者行列」も有名。

いろいろと歴史ある町ですが、まずは散策から。

HORIZON_0001_BURST20211123113008551_COVER


甘楽町を南北に縦断する一級河川「雄川」

雄川沿いに遊歩道

「せせらぎの路」

DSC_1444


入口付近には背の高い木々が迎えます。

HORIZON_0001_BURST20211123113952821_COVER


見えるかな?

風が吹くと落ち葉がひらひらと

HORIZON_0001_BURST20211123122509987_COVER


川と山と空が奏でるハーモニー

DSC_1456


橋の上から1枚

山の緑と空の青と雲の白

散歩道で自然を満喫した後は、まち中巡り。

DSC_1437


<甘楽町歴史民俗資料館>

このレンガ造りの建物は、養蚕が盛んだった1926年に建設されたもの。

組合製糸小幡組の繭倉庫として利用されていた模様。

入口には「かかあ天下像」

<かかあ天下〜ぐんまの絹物語〜>
・古くから絹産業の盛んな上州(群馬県)では、女性が養蚕・製糸・織物で家計を支え、近代になると、製糸工女や織手として活躍。男たちは、おれの「かかあは天下一」と呼び、これが「かかあ天下」として上州名物になるとともに、現代では内に外に活躍する女性像の代名詞に。家計を支え日本経済を支えた、まさに天下一の上州女性たち。

HORIZON_0001_BURST20211123111347370_COVER


このあたりは城下町小幡の面影がある街並み。

往時のたたずまいを感じさせてくれます。

DSC_1442


<道の駅 甘楽>
いろいろと特色を出している観光地として存在感のある道の駅。

・もちきびやキジの肉が入っている「桃太郎ごはん」
・甘楽町の地粉をつかった「上州うどん」や「おっきりこみ」
・本格窯焼きの「甘楽町産地粉ピザ」
・姉妹都市イタリアのチェルタルド市からの「直輸入ワイン」

おひとり様だとなかなか食べられないのが悲しい。

TRIPART_0001_BURST20211123121440871_COVER


<国指定名勝 楽山園>

眼光鋭い覇王様(織田信長公)

DSC_1455


楽山園は、江戸時代初期に織田信雄(織田信長の次男)によって造られた小幡藩邸の庭園。

DSC_1445


楽山園の由来は「論語」から。

「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」の一文とのこと。

DSC_1451


織田宗家ゆかりの大名庭園

美しい、池泉回遊式庭園です。

DSC_1453


梅の茶屋

庭園全景が見渡せる高台に建てられた茶屋。

ここで藩主は何を見て、何を思ったか。

HORIZON_0001_BURST20211123120627465_COVER


腰掛茶屋

五角形の珍しい茶屋

CENTER_0001_BURST20211123124151725_COVER


<甘楽ふるさと館の「せせらぎの湯」>

炭酸カルシウム温泉でリフレッシュ。

先日の長距離ドライブの疲れを癒しました。

織田宗家のゆかりの城下町を満喫!

・本能寺の変により織田信長が明智光秀に攻められ自害。織田信忠(織田信長の長男)も二条城にて自刃し、織田政権が崩壊。織田宗家の家督は、織田秀信(織田信忠の長男。三法師)が継ぐ。織田秀信は関ヶ原の戦いで西軍に属して戦ったため、改易し高野山に送られた。織田秀信の弟(織田信忠の次男)も同時期に改易。
・一方、織田信雄(織田信長の次男)は清州会議以降は羽柴秀吉と争ったり服従したりを見せたが、1584年に羽柴秀吉に臣従し、秀吉も織田信雄を正式な織田家の当主と認めた。その後、関ヶ原の戦いでは西軍寄りの傍観的態度に終始、大阪冬の陣の直前に徳川家康に与する等を見せ、1615年に上野国甘楽郡など5万石を与えられた。領地に楽山園を造る一方、養蚕などの産業育成にも注力した。
・上野国織田家は、織田信良(織田信雄の四男)に小幡藩2万石を分知し立藩、初代藩主となる。以降、織田家が第七代小幡藩主まで続くこととなった。甘楽町崇福寺には織田氏七代の墓が祭られる。小幡藩の初代藩主は信雄又は信良の両説がある。





kou_blue97 at 18:49|PermalinkComments(0)

2010年09月20日

ユリカモメ

57f39e46.jpgゆりかもめ


c772960a.jpg


54ab2036.jpg科学館


一昨日は温泉に行きたいという妻と娘のリクエストに応えて、手賀沼温泉満天の湯に行きました。

温泉ついでに我孫子市の鳥の博物館に寄りました。

いろんな鳥がいましたね。

手賀沼にはハクチョウもいました。

ハクチョウは青森で餌あげたりしたのが懐かしいです。

鳥の博物館ではユリカモメと目が合いました。

ユリカモメって初めて見たかも。

足とクチバシが赤いんですね。

道の駅しょうなんに寄り、梨を買いました。

しょうなんって沼南なんですね。



今日は電車に乗りたいという息子のリクエストに応えて、ゆりかもめに乗りました。

妻と息子と娘はゆりかもめ初体験。

1番前の座席に座れて子供達もご機嫌。

ゆりかもめって電車なのか車なのかって息子と議論しましたが、新交通システムらしいですね。

電気で道路を走る車なんで略したら電車でいいかも。

ゆりかもめついでに船の科学館に寄りました。

そういえば一昨日はスワンボートに乗りました。

息子は、スワンボートよりゆりかもめに乗る方が楽しかったそうです。



ユリカモメって東京都の都鳥なんですね。

カモメと言えば、オービックシーガルズは今日1stステージ2連勝しました。

QB菅原俊くんがスタートから出てたみたいで観たかったです。

この間千葉マリンスタジアムで試合後に握手してもらったけど、手はゴツくてデカかったです。

そうじゃないとあんなパス投げれないか。

カモメと言っても千葉マリンマリーンズはもう粘らないで、北海道日本ハムファイターズにクライマックスシリーズを譲って欲しい。

小樽商科大学トマホークスは、札幌学院大学クリムズンナイツに17−7で勝利し、順当に3連勝中です。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月17日

移り気なあなたは冷たい人

1d76ed51.jpg
4fea2d17.jpg
こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



移り気

浮気

冷たい人



いずれも『あじさい』の花言葉です。



紫陽花は、土壌のPH濃度によって色を変えます。



酸性が強いと青色

アルカリ性が強いとピンク色。



つぼみと咲き始めと咲き終わりでも色が異なります。



いろんな色に咲き輝くのに

ひどい言われようですよね。



道の駅 多古のあじさいでした。





花の色は 移りにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせし間に
(小野小町)



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 23:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜