責任

2011年12月14日

サラリーマンの限界

最近、サラリーマンには限界があるなと感じています。

サラリーマンなら誰もが一度は考えますよね。

僕も初めてそんなことに気付いたわけではありません。

ただ、仕事柄いろんなタイプの経営者の方にお会いしたり、いろんな方のblogを読んだり、良い意味で多くの刺激を受けることが出来て、ふと再認識したわけです。

サラリーマンには限界があるな、と。



別に今の仕事や今の職場環境に不満があるわけではありません。

もちろんやりがいもあれば、自分にしか出来ないなと自負出来る仕事もあります。

でも、自分で完結する仕事って少ないんです。

自分では何も決められやしない。



逆に、経営者の立場では経験出来ないような大きな仕事が出来たり、大きな金額を動かせたりはしてます。

会社の看板があるから。

逆に言えば、自分の権限では鉛筆1本買えやしない。

そう考えると、なんか寂しいな。



まだ大学時代にアメフト部でディフェンスキャプテンやってた時の方が自分に権限があったし、自分で決められることが多かった。

ただ、責任は全部自分が背負ってた。



経営者の方々って、自分の裁量で何でも決められて、何でも出来て、自由なんだ。

ありふれた誤解ですよね。

何でも決められて自由なんだけど、何でも決めなければならないし、全て責任を取らなければならない。

サラリーマンが背負う会社の看板なんか比べものにならないくらい重いんだろうな。



自分で経営者を選んだ人

必然的に経営者になった人

自分の意思とは関係なく、経営者になった人。



いろんな経営者がいますよね。

いろんなサラリーマンもいます。



よく、会社の看板だけで付き合ってもらうんじゃなく、自分を評価して付き合ってもらえて一人前。

まだまだ道のりは遠いな。



クリスマスだって、プレゼントやサプライズで勝負するんじゃなくて、ちゃんと男としての評価で勝負したいよね。

僕的には、2人で手作り感のあるクリスマスが好きです。

まあ、人それぞれだけどね。



サラリーマンには限界があると認識した上で、いろいろやったろうじゃんか。

サラリーマンだって、出来ることはいっぱいあるから。


kou_blue97 at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月28日

指導力不足

自分で言うのもなんですが、僕はそんなに仕事が出来ないわけではない。

と自分では思ってます。

特別仕事が出来るわけでもありませんが。



ただ、かけだし金融マンももう10年目選手なわけで、自分の仕事なんて出来て当たり前。

後輩を育てるとかチームを引っ張るとか、もっといろいろやんなきゃなりません。



僕ね、指導力が弱いんですよ。



明らかに劣等生。



会社でも、指導が上手いヤツがいて、いつも劣等感を感じてますが、こないだの土曜日も息子のなわとびの練習で妻の教え方がうまくて、2日でかなり上達して、会社だけじゃなく家庭でも劣等感を感じています。

むしろ劣等感を感じる度合いは、どちらかと言えば家庭の方が多いかもしれません。



なんで指導が苦手かというと、理由は明確です。



それは自分の考えに自信が持てないから。

基本的に自信がない性格なんだと思います。



初任店で大型案件の稟議を本部に上げて、なかなか稟議が通らなくて苦しんだ時も、

先輩に「お前の稟議は問題ない。お前が一番このお客のことに詳しいんだから、自信持たなくてどうするんだ。もっと自信持て!!」と怒鳴られたのが懐かしいです。



逆に言えば、自分の言動に責任を持ちたいので、慎重に身構えてしまうのかもしれません。



愛せない女は抱かない、みたいな。



だからこそ、抱いた女は本気で愛する、みたいな。



そんな僕なんですよ。



学生時代からいろんな女性とお付き合いしてきたけど、親に紹介したのは妻だけでした。



あ、そんな多くないですけど。



後は小学校の卒業アルバムに将来の夢を書く欄があって、僕は「普通の人」と書きました。

みんなは野球選手とかケーキ屋さんとか書いてる中でも、僕は実現不可能なことは書きたくありませんでした。

ゆえに、今では夢を実現した男と小学校の友達からは言われてます。



話が横道にそれました。



自分の言動に責任を持ちたいから、指導するときも、しっかり調べて、それがただの自分の思い込みじゃないことを確認してから、やっと指導出来ます。

だって、「そうじゃなくてこうだろ!!」って言いたくても、本当にそうなのかちょっと調べてから、となってしまうんですよ。



とは言え、間違った無責任な指導はしたくないけど、だからと言って指導が足りないのもまた無責任ですよね。

肝に命じて頑張ります。



指導の上手い同僚には、是非本部に転勤して活躍してもらって、僕は千葉に残留したい。

そろそろ内示の季節ですね。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 21:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月15日

ペリカンの自由な生活

66309b60.jpg


7e545d05.jpg


00116f76.jpg


こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



僕はペリカン

鴨川シーワールドに住んでいて、いつも飼育係の木村さん(仮名)が餌をくれる。

毎日決まった時間に起きて

毎日決まった時間に餌をもらい

毎日決まった時間に羽の手入れをしてもらい

毎日決まった時間に子供たちの前を行進する。



毎日その繰り返し。



自由がない代わりに

衣食住が与えられている



そもそも野生のペリカンに自由があるのかがわからない。

よく人間は僕たち飼養されている動物は自由がなくてかわいそうと言うが、

野生動物たちは生きることに精一杯で、

食べることと食べられることに常に神経を使っている。

24時間365日、死へのリスクと隣り合わせ。

それが自由というのであれば、野生の仲間達は自由であり、木村さんにお世話になっている僕らは自由ではない。



自由と言えば、人間の生活は自由。

本当に自由な世の中。



でも自由って本当にいいことなのかは疑問。



人間が自由になればなるほど、人間社会では様々な事件が増え、環境が破壊され、地球をも傷つけている。



これが自由というのであれば、人間はとても自由。





自由には責任が伴うんだよ。

僕たちペリカンは、そんなことを考えながら、毎日自由に過ごしている。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 08:33|PermalinkComments(0)

2006年02月20日

夢の実現をご支援いたします。

貸付けの仕事の醍醐味は、夢の実現を支援出来ること。

金融機関に提出される事業計画には、皆様方の夢や希望が詰まっています。それは社長の夢だったり、そこで働く人の夢だったり、株主や出資者の夢だったりします。大きな事業の場合には、地域の夢・商品を購入する人の夢・サービスを受ける人の夢・子供達の夢でもあるかもしれません。

ただし、事業が失敗すると多くの人々が不幸になります。夢を追い求めるあまり、周りの人々を巻き込み、多大な迷惑をかけてしまった人も少なくないと思います。

そして、それは金融機関の責任でもあります。夢を支援出来る喜びと、そこに発生する大きな責任を忘れずに、日々取組んでいきたいと思います。


続きを読む

kou_blue97 at 18:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)