誠実

2006年03月09日

信用を供与することと、信用を強要すること

昨日の記事のタイトルを『僕と彼女と彼女の生きる道』にすれば良かったと、ちょっと後悔しているかけだし金融マンです。



さて、『信用』の大切さについて、どうお考えですか?


金融取引にあっては、『信用』により、融資の可否から融資条件(金額から期間、金利、保全まで)が変動します。取引する側にとっては、相当重要な問題ですよね。


簡単に言うと、信用力が高ければ融資条件は良く、信用力が低ければ融資条件は悪くなります。(ただし、金利については信用力以外にも、融資期間の影響が大きいです)



全く違った観点からみると、信用力が高ければ、多少コンパに行ったり付き合いで帰りが遅くなっても大丈夫ですが、信用力が低ければ、なかなか自由になれず、挙げ句の果てには携帯メールまで監視されます。



信用力が低ければ、なぜメールまで監視されるのか?


おそらく、浮気やウソ等前科があるなど、付き合いの実績の中で、何かしらの原因があるはずです。



金融取引にあっても、取引実績の中で延滞・事故等の履歴があったり、財務や情報開示が不透明・粉飾であるなどが原因で、信用力が低下することも少なくありません。




やはり、何より誠実に生きていくこと・経営していくことが大切で、それを継続し続けることが、信用力を少しずつ高めて行くのでしょうね。



何度も浮気したり、ウソを繰り返している人が、『俺を信じてくれ』と言っても、ただの信用の強要でしかありません。


1度失った信用を取り戻すのは容易ではありません。誠実に生きていきましょう。




えっ?自分に言い聞かせてるのか?ですって?
一応、かけだし金融マンは、誠実に生きてますよ。今までも、そしてこれからも(笑)。


kou_blue97 at 08:59|PermalinkComments(31)TrackBack(2)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)