自転車

2021年09月20日

前橋から利根川沿いに北回り(サイクリング19辧

新型コロナ緊急事態宣言中の群馬県。

というわけで、まだまだおひとりさま活動。

秋晴れと呼ぶにはまだ早いけど、透き通るような青空。

洗濯日和なので、洗濯の合間にちょっとおでかけ。

素敵な街の景色を探しに、自転車でGO!!



<群馬大学>

まずは群馬大学荒牧キャンパス。

DSC_1185


4つの学部、3つのキャンパスからなる国立総合大学。

アメフト部は「TROOPERS」

TROOPERとは騎兵かな?

群馬だけに、馬に乗った兵士、騎士という感じか。



<群馬県関根発電所>

発電所の手前(上流)側。

とっても穏やかな川ですね。

DSC_1187~2


広瀬川が発電所の手前で分岐し、発電所を過ぎてまた合流。

合流地点は荒々しさを見せてくれます。

圧巻の水しぶき。


DSC_1186~2




<田口の畑>

国道17号線、前橋渋川バイパスを越えると広がる畑。

利根川と広瀬川に挟まれる田口町あたり。

HORIZON_0001_BURST20210920090522508_COVER


収穫間近の里いもかな?

遠くに望むは榛名山。

DSC_1188


こちらは柿が実ってます。

見えないけど、奥には赤城山を望みます。



<坂東橋>

1959年に架けられた坂東橋。

坂東橋から眺める下流(南)側

DSC_1189


ふもとから望む坂東橋と赤城山。

DSC_1190




<利根川自転車道>

坂東橋を渡ったので、利根川自転車道を南下。

これは、渋川家畜市場かな?

HORIZON_0001_BURST20210920094254231_COVER


道の駅よしおか温泉。

DSC_1191


利根川河川敷にはゴルフ場。

HORIZON_0001_BURST20210920095847043_COVER


馬もいますよ。

DSC_1193


こういう川も好き。

HORIZON_0001_BURST20210920101100297_COVER


というわけで、なんだかんだ2時間のサイクリングになりました。

Screenshot_20210920-110901~2


移動距離11.68マイル。

約18.7圓領后

Screenshot_20210920-110838~2


こうやって自動でルートを記録してくれるのはありがたい。

Screenshot_20210920-111259~2


川の上流に向かうということは、やはり標高差は結構あったんだ。



<最近の自炊>

一応、自炊してます。

DSC_1160~2


たまには鶏肉も食べよう。

群馬県は、ゴーヤの産地。

DSC_1159~2


群馬の豆腐。

しょうがのたまり漬けを乗せます。

地元で有名な漬物、沢田の味。



利根川沿いは公園も運動場もたくさんあります。

野球、サッカー、テニス、ゴルフはたくさんいました。

ラグビーも3人ほど。

アメフトは…1人もいません。

群馬県でアメフトをやりたいと思った方は、こちらへ
リンク

群馬スタリオンズ
(Gunma Stallions)





kou_blue97 at 13:13|PermalinkComments(0)

2021年06月12日

高崎散策(40劼離汽ぅリング)

先々週は、利根川自転車道路をサイクリング(約35辧

先週は、桃ノ木川サイクリングロードをサイクリング(約20辧

自転車で川沿いや街中を走ると、車では気がつかないような街の雰囲気が味わえて面白い。

ということで、今週は高松市街までサイクリングにGO!



まずは大渡橋から利根川自転車道路を南下。

JR両毛線の線路を越えたあたりから、県道12号を線路に並行して走ります。

フォレストモール新前橋を通過。

高崎市飯玉町あたりで踏切を渡って、県道129号へ。

高崎市少年科学館を通過して、高崎城址公園で休憩。

ここまでで、約1時間(約15辧


<高崎城>

高崎城は、1597年に井伊直政により築城された烏川に沿いの平城。

箕輪城主であった井伊直政が、交通の要衝(中山道と三国街道の分岐点)である高松城に移り、この地を高崎と名付け、箕輪より町家や社寺を移して城下町を築いた。

DSC_0734


以降、松平家を中心とする譜代大名が城主として入れ替わり、明治維新を迎える。

明治6年(1873年)の廃城令により存城(陸軍が軍用の財産として残す)となり、歩兵第15連隊の駐屯地として利用された。

歩兵第15連隊はパラオのペリリュー島で終戦を迎えたとのこと。

DSC_0724


高崎城は、郭内だけでも5万坪を超える広大な城郭。

HORIZON_0001_BURST20210612102156604_COVER


お堀は現存しており、高崎城の面影を伝えます。

DSC_0732


高崎市役所庁舎。

公園の水飲み場も緑化。

DSC_0725


高崎公園。

市庁舎の南側に隣接する公園。

市民の憩いの場。

DSC_0728~3


烏川(からすがわ)

利根川水系の一級河川。

聖石橋から望む。



<清水寺>

征夷大将軍である坂上田村麻呂が、蝦夷征伐の兵士の健勝と武運長久を祈念し、京都東山の清水寺から勧請、開基したと伝えられる。

DSC_0730


石段の両脇には約300株のアジサイが見頃とのことだが、見つけられず。

自転車でGoogleMapでたどり着いた道にはなかった。

あと、坂道がしんどくて、限界。

アジサイを探す気力なし。

読み方は「せんすいじ」らしい。

DSC_0729~3


清水寺から望む高崎市。

さっきまでいた市役所があんなところに。



さて、暑くなる前に帰ろう。

群馬県護国神社を通り、和田橋。

和田橋からは、烏川と碓氷川の分岐が望めます。

高崎高島屋を通り、駅の東側へ。

アーセンティア迎賓館高崎を通過し、井野川沿いを北上。
(めっちゃ遠回りしてるやん。染谷川沿いを行くべきを井野川と間違えてた)

JR両毛線の線路を超えて、国道17号へ。

前橋ICを超えて、群馬大橋を超えて、無事に生還。


Screenshot_20210612-120745~2


いろいろ遠回りしたりしていたことが判明。

その結果、なんと40kmのサイクリング。

行きは時速15劼世辰燭韻鼻休憩したり、信号待ちしたり、疲れもあり、時速約10劼韮柑間。

体力、ついてきたかも。


kou_blue97 at 17:35|PermalinkComments(0)

2021年06月05日

桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)

先週は、利根川自転車道路20劼離汽ぅリング(全体35辧

今週は、桃ノ木川サイクリングロードを走ります。

スタート地点は、小代橋(前橋市下小出町)

DSC_0685~2


昨日は雨なので、川の流れはやや早くて濁ってます。

DSC_0686~2


川辺には花が咲いていたり。

春だけど、コスモス?

DSC_0690~2


川沿いを走ることができます。

モンシロチョウもたくさん飛んでいました。

DSC_0688~2


これは上毛電鉄の橋梁。

DSC_0691~2


こちらは、JR両毛線の橋梁。

ちょうど電車が通ったので、慌てて撮影。





帰りは、広瀬川沿いをのんびり走ります。

DSC_0693~2


梨園が広がる下大島地区(前橋市)

もともと、この地は旧利根川の河床。

「石っ河原」と呼ばれるような砂地で、農業には不利な土地。

このような土地で苦労を重ねて産地として確立された梨栽培。

今では、約20haの栽培面積のようです。

実りの秋が楽しみ!

DSC_0695


さらに広瀬川沿いを進むと、八幡山古墳。

東日本最大の前方後円墳です(全国第4位らしい)

DSC_0696


利根川の恵みである肥沃な平野を開拓し、国造りを成し遂げた者の墓だろうか。

帰り道は、約10辧

あわせて約20劼舛腓辰箸離汽ぅリング。

桃ノ木川、鉄道橋梁、梨園、古墳と、前橋市の自然と文化を堪能。








kou_blue97 at 17:22|PermalinkComments(0)

2021年05月30日

利根川自転車道(35kmのサイクリング)

自転車で思いっきり走りたい。

ということで、利根川自転車道をサイクリングしてきました。

HORIZON_0001_BURST20210530082022925_COVER


スタート地点は、大渡橋。

大渡橋は、前橋市総社町と前橋市岩神町を結ぶ橋。

DSC_0645


いつもの構図ですが、利根川と赤城山と群馬県庁。

DSC_0652


自転車道も緑がたくさん。

DSC_0650


利根川と赤城山と青空。

DSC_0656


本日の折り返し地点は、五料橋。

五料橋は、佐波郡玉村町五料と伊勢崎市柴町を結ぶ橋。

利根川自転車道を20km走りました。

空には、グライダーのようなものが飛んでます。



同じ道を戻っても面白くないので、伊勢崎市内を通るルートで帰ります。

DSC_0657


たわわに実った麦。

そろそろ収穫期。

HORIZON_0001_BURST20210530105352470_COVER


今日は、暑い。

早朝は涼しかったけど、だんだん暑くなってきます。

熱中症には気をつけよう。

ということで、日陰でひと休み。

DSC_0659


本日はオートレースはありませんが、JRA日本ダービーがあります。

記念馬券購入。

DSC_0660


日本の風景。

赤城山と小川。

DSC_0661


上毛電鉄江木駅に到着。

五料橋から15km走りました。

HORIZON_0001_BURST20210530125753632_COVER


帰りは、サイクルトレインの上毛電鉄。

合計35kmのサイクリング。

1,000kcal以上は消費したでしょう。

自転車は、熱中症が危ないので、夏場は気をつけよう。



kou_blue97 at 16:14|PermalinkComments(0)

2021年04月10日

自転車持ち込め上毛電鉄(サイクルトレイン)

群馬県を深く知りたい、学びたい。

そして、良いところをたくさん見つけて、味わいたい。

ということで、いきなり良い情報を耳にしました。

なんと、「自転車を電車内に持ち込める電車があるらしい」とのこと。

それは、ぜひ試してみなければなるまい。

そんなこんなでやっと土曜日。

早速、体験してみました。


《AM 07:30》

やってきました、中央前橋駅@上毛電気鉄道。

DSC_0200


天候にも恵まれました。

上毛電気鉄道、通称「上毛電鉄」。

ぐんまちゃんともコラボしていて、自動販売機もオシャレですね。

DSC_0206


本日、マイ自転車とともに旅する電車はこちら。

DSC_0202


そして、季節限定の早春桜花切符を購入。

DSC_0205


お得な、ワンデーフリーパス。

電車の中はこんな感じです。

DSC_0204~2


自転車が倒れないように、押さえながら乗ります。

電車の中でも、威風堂々なマイ自転車。

こんな感じで、旅はスタート。


《AM 08:30》

赤城駅で途中下車。

DSC_0207


みどり市大間々町になります。

自転車で北上すると、こんな景色に出会えます。

DSC_0209~2


一級河川、渡良瀬川。

DSC_0210~2


新緑も少しずつ色が違っていて、川もいろんな顔を見せてくれる。

少し下ると、「高津戸ダム」。

DSC_0211


すぐそばに、「はねたき橋」。

DSC_0216


はねたき橋からは階段が続いていて、遊歩道につながっています。

遊歩道からは川のふもとまで近づけます。

DSC_0215~2


癒される景観。

DSC_0214


川から橋を見渡すと、こんな感じ。

DSC_0213~2


自然の力は神秘的。

心の底から、癒される。

そして、階段を登って、息を切らせて、自転車で駅に戻ります。

《AM 10:30》

再び、赤城駅。

DSC_0223


次に乗るのは、青い電車。

終点は、西桐生駅。

DSC_0225


「関東の駅100選」にも認定された駅舎。

桐生市を観光しました。

「桐生は日本の機どころ」

ここも、とっても盛りだくさんの内容なので、記事を分けます。

『桐生は日本の機どころ』の記事はこちら


《PM 5:00》

満喫した1日も、あとは帰路のみ。

始発の、西桐生駅です。

DSC_0252


電車の中からは、榛名山に沈む夕日が美しかった。

DSC_0254


帰りの電車はこちらでした。

自然に癒され、伝統と歴史を感じ、心地よい疲労感と大きな充実感のある1日でした。


サイクルトレイン最高。

上毛電鉄、ありがとう。

なんと、群馬県内には、ほかに上信電鉄もサイクルトレインがあるらしい。






kou_blue97 at 21:49|PermalinkComments(0)

2015年05月20日

2拍子の季節

今日は朝6時半から7時10分まで散歩。

仕事ではちょっと遠くまで運転。

会社から家まで歩いて帰宅。



早帰りではあるが、心身ともに疲労感を味わいながら帰宅。



宿題とピアノを終えた娘からの天使のお誘い。

「パパ、自転車で公園行こう!」



早帰りなので、陽はまだ高い。



娘がヘルメットと自転車をスタンバイ。

僕も自転車を出そうとして気付いた。

今日は、歩いて帰宅したから、自転車は会社に置きっぱ。



「公園は、車で行こうか。」

「やだ。自転車がいい。パパはダイエットだから歩いて。」



歩きました。



そして、小一時間ほど、キャッチボール、フリスビー、鉄棒、ブランコと遊びました。



薄暗くなってきて、帰ろうかと思ったら、久しぶりに聞くあの2拍子が鳴り響きます。



そうです。



阿波踊りの練習ですね。



助任川河岸緑地で、阿波おどりの練習。

笛と太鼓の2拍子に合わせて、老若男女が踊っています。



ああ、俺は、今、徳島にいるんだな、と再認識。



阿波おどりに向かって、街が盛り上がる季節が到来なんですね。



助任川河岸緑地の遊具の夕暮れ。

ゆうぐのゆうぐれ。


150520_1918~01


こんな感じ。

150520_1916~02


海の潮の満ち引きによって、水没する部分があります。

150520_1919~01


ベンチ水没。



あー、今日はくたびれた。

でも、娘と2人で遊べるのもあと何年あるかわからないから、幸せな疲労感。

kou_blue97 at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月09日

なんか書こうか

帰りの電車が激混みなんで乗るの諦めました。

人生無理は禁物。

諦めも大切。



やっぱり12月は忙しいですね。

まあ、人生忙しいうちが華かもしれないし。



特に書くことないんだけど、たまにはblogも書かないと。



最近の息子は、自転車特訓してます。

ちょっと大きめの自転車で、バランス崩すと倒れます。

もう嫌だ!!

って投げ出すかと心配したけど、立ち上がってまた頑張って、また転びます。

それでも立ち上がる。

一週間もすればかなり上達してます。

いつの間にか努力を覚えたんだろう。

パパは嬉しいです。



残業して帰ると、息子は寝てます。

幼稚園もあるし、早目に寝かせます。

娘はまだ幼稚園行ってないので、昼寝の影響か、帰宅しても大抵起きてます。

最近、娘とネコの鳴き声で会話するの流行ってます。

にゃーんって言い合うだけだけど。

なんか楽しいです。

癒される。



仕事は相変わらずです。

効率なのか非効率なのかわかりませんが、とりあえずやらなきゃならないものは、終わるまでやる。

それだけ。

木を見て森を見ずになりつつあるかもしれないけど、金融もサービス業なんで、現場の人間は一生懸命サービスを提供するだけ。

考える余裕がないんです。

成長してるかやや不安。



立ち止まった時に、後ろを振り返ってみて、それがちゃんとした軌跡を残していれば嬉しいけど。

ちょっと自信ないかも。



もう年末だね。

今年1年、俺どうだった?

成長出来たか?自分。



まったくもって不安。

なう。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月13日

3連休

e8ba9c53.jpgキックオフ


1912dd88.jpgショットガン


588922c0.jpgしーがる君


あいにくの雨模様。

子供達も風邪気味。

今週はのんびりを決め込む。



一日目

久しぶりにプラレールで大きな線路をつくったり。

ワンズモールで買い物したり。

夜は、肌寒かったので、パパ特製の鷄鍋にうどんを入れて。



二日目

床屋に息子と髪切りに行こうとしたら、娘もついて来た。

息子は髪切りながら、ドラえもんのビデオを見せてもらう。

娘はパパと息子が髪切ってる間、ずっとおもちゃで遊んでる。

散髪後に息子が電車に乗りたいというので、京成の最後尾に乗って車掌さんを観察。

お昼はサイゼリアでパスタとピザを食べる。

パパが子供2人連れてファミレスに行くと、視線を感じてちょっと嬉しい。

そんな日曜日。



三日目

朝から快晴。

息子にオービックシーガルズの応援行きたいか聞いたら、応援行きたいって言ってくれたので、いざ川崎球場へ。

オービックシーガルズvsオール東京ガスクリエーターズ。

試合途中で会場入りしたので、QB菅原くんはもう下がってました。

モリケン選手のTDパスは圧巻。

チアは日本ユニシス戦と違うユニフォームでした。

アメリカンな感じの大石理絵さんのファンになりました。

なんだかんだで、今季はシーガルズ戦の観戦は3戦目。



そんな連休でした。

来週末は、自転車とキャッチボールの特訓予定。

かけだし金融マン(mixi)でした。


今週は、北星学園大学パイレーツが札幌学院大学クリムズンナイツに勝ち4勝1敗と1敗をキープ。

小樽商科大学トマホークスの優勝マジック1は変わらず、優勝は次節に持越し。

10月17日(日)に小樽商科大学トマホークスが、北海道大学ビッググリーンと戦います。


kou_blue97 at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月21日

自転車

最近仕事でテンションが下がると、移動の車では必ずジュディアンドマリーのアルバムを聞いています。

「自転車」とか「OverDrive」とか聴きながら運転するとテンション上がります。

「昨日のあたし、まるで子猫なの」とか言われてみたい。

最近とくに自分のキャリアプランとか考えたりします。

異動の時期だからか。

これから僕はどうなっていくのだろうか。

どうなりたいのか。

たまに悩みます。

まあ自分はなんとかなるだろう。

可能性もそこそこある。

それよりも、無限の可能性を秘める子供達の人生プランの方が大切だ。

そういや来年は息子が小学生じゃないか。

忙しさにかまけてた。

ちゃんと息子プラン考えなきゃ。

とりあえずは自転車教えよう。

野球とサッカーも。

無理と焦りは禁物だけど、それなりに父親として教えよう。

出来る喜びと達成感を味わわせてあげたいから。

それが息子の人生の1ページであり、それが僕の生きた証だから。

かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 21:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜