自給率

2010年10月06日

米粉

朝ご飯にみんながおにぎり1個食べたら、食料自給率があがるし米の需給バランスも改善されるらしいですね。



でも、もと農水大臣が言っていたように、家族構成や生活スタイルによっては、毎朝おにぎりを食べるということは非常に難しかったりします。

僕はご飯さえ炊いてあれば、生卵か鮭フレークか納豆があれば、美味しくご飯をいただけます。

でも、妻がいない単身生活の時は、なかなか毎朝ご飯を炊くのは難しいです。

時間がかかるし、面倒くさい時もあります。

また、昼や夜の食事でも、手軽にパンが食べたい時もあれば、麺が食べたい時もあります。

強制的に米を食べろと言われたって、そうはいきません。



じゃあどうすればいいか。

ここ数年は小麦粉の代替として、米粉を使おうという動きが盛んです。

新潟では米粉ラーメンが流行っているなど、自治体が積極的に取り組んでいる地域もあります。

でも、米粉が普及しない理由として、金銭的な問題と技術的な問題があるようです。

小麦粉の方が安い、小麦粉の方が美味しく出来るということであれば、米粉はなかなか使えません。

特に、パンもラーメンも慣れ親しんだ味と食感があるので、米粉を食べるインセンティブがなかなか働きません。



米粉が普及する可能性があるのは、あまり品質にこだわらず一定の量を消費するものではないかなと思います。

今僕が考えているのは2つあります。



1つ目は、アイスクリームのコーン。

あれって、小麦粉で作られるんですね。

トウモロコシかと思ってました。

アイスクリームのコーンって、脇役だけど重要であり、消費量もかなりあると思います。

パンやラーメンなど主役であれば、品質や食感などが大きく影響しますが、脇役なので多少の品質のバラツキは許されると思います。

また、主役じゃないので、新しく顧客を取り込む必要もなく、差別化する必要もない。

一定の規格で大量生産出来るのではないでしょうか。



2つ目は、乾パンです。

乾パンも、主役ではない、というか非常食です。

味や見た目はそれほど重要ではなく、それでいて一定の消費量はあるんじゃないかなと思います。

差別化する必要もなく、大量生産出来るはず。

保存食であるからこそ、国際援助や人道支援としての利用価値も高い。

生活補助の一部を現物提供出来て、なおかつ農地の保全や農地の多面的機能が保たれる。

さらに言えば、穀物危機が訪れた際に、自国の米を使った保存食で生き延びることが、最大の国防措置ではないでしょうか。



いつの日か、アイスクリームのコーンや乾パンが米粉から作られることを願います。



それが日本のためになるのだから。

かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 20:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年03月13日

トマト

最近、土曜日と言えば午前中に巻きヅメの治療に形成外科に通い、午後には虫歯の治療に歯医者に通う日々が続いてます。

この土曜日は息子と一緒に歯医者に行き、帰りに図書館へ寄りました。

借りた本は絵本中心ですが、「モノから知る日本と世界の結びつき」という図鑑のような本を借りました。

ハンバーガーとかフライドチキンの原料はどこから来ているのか、みたいな本です。

牛肉はオーストラリア、豚肉はデンマーク、鶏肉はブラジルというのはもちろん知っていましたが、トマトととかパプリカの輸入先については驚きでした。

トマトの輸入先はお隣韓国とのこと。

トマトは自給率約6割で、残り4割は加工用や業務用として輸入トマトが使われ、その主要な輸入先が韓国なのです。

いやー驚きました。

韓国もたしか国内自給率が約4割で、それであっても日本というマーケットに対してトマトやパプリカや野菜なんかを供給しているとは。



今日はお昼にパスタを茹でて、タマネギとキノコを炒めてレトルトのトマトソースに混ぜて食べました。

そのトマトソースのレトルトも、韓国産のトマトが使われていたかもしれませんね。

ケチャップなんかも国内自給率は約4割らしいですから。



大学生の頃にカゴメ社の会社説明会に行ったときに、トマトケチャップは栄養価が高いので、チャーハンを作るならトマトケチャップを入れてチキンライスにした方が栄養価が増すという話を聞きました。

そんなことも懐かしい。



WTOドーハラウンドの動向が非常に気になりとても注目しているところですが、それ以前に普段食べている食材がどこで作られているものかなど、まだまだ食に対する知識が足りないですよね。

韓国産のパプリカなんて本当に驚きました。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月20日

食料自給率

父『じいさん、今日は外で飯食うけど何がいい?』

爺『わしはざるそばしか食わんことぐらいわかってるだろ!!』

父『はいはい。わかりました。全く。おーい、みんな蕎麦屋に行くぞー。』



蕎麦屋の暖簾をくぐる家族5人。



店『ご注文はお決まりでしょうか?』

爺『わしはざるそばじゃ!!』

父『俺はざるそば大盛で。』

母『私は月見とろろそばにしようかな。』

兄『僕、カツ丼!!』

妹『私は親子丼にしーようっと。』



※※※※※※※※※
ここで問題です。

,兇襪修
月見とろろそば
カツ丼
た道厥

食料自給率が高い順番をお答えください。
※※※※※※※※※



食料自給率についてはいろいろな意見や考え方があります。

理由としては、食料安全保障であったり、食の安全安心であったり、農地の保全であったり、景観や多面的機能であったり理由は様々。

もちろん食料自給率はあげるべきであり、多少の消費者負担はやむを得ないという考えを僕は持っていますが、今の社会や経済を見ると、外食やファーストフードも時には必要だし、家計の負担も厳しいのが現実。

個人的には、パンも麺類もお菓子も、出来る限り米を使えればいいなと思う次第。

ところで、外食やファーストフードが必要不可欠だとして、でも出来る限り自給率の高いメニューを選びたいと思う人もいるはず。

僕も貢献していきたい。

だけど、食料自給率が高いメニューって何だろう。

意外と輸入食材って多いはず。

その辺の知識を若いパパやママが持てればいいんですけどね。



【答え】

た道厥 約70%
カツ丼 約50%
月見とろろそば 約40%
,兇襪修 約30%
とのことです(伝聞推定)。



とりあえず米を食えば間違いないってことでしょうか。

そーいえば外食丼もの向けのお米って、北海道とか青森の多収量米だと聞いたことがありました。

たしかきららとかむつほまれとか。

札幌育ちで田んぼを見ないで育ったのに、田園風景を見るとなんか心が和むのは私だけでしょうか?


かけだし金融マン(mixi)でした。


kou_blue97 at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月13日

価格攻防

原油、穀物の高騰や人件費の上昇を受けて、食品や日用品の値上げの動きが相次いでいる。

マヨネーズや食パン、即席めんなど食品メーカーが値上げを表明している。

日経新聞でも取り上げられているが、記事の内容としては、

『始まる消費者の選別』

『凍結か転嫁か店頭二分』

との中見出しを掲げ、

『価格を巡るメーカー、小売り、消費者の厳しい攻防の行方を追う』と記事を展開している。



ただし、国内農業生産者はここに登場していない。

畜産業界を始めとして、施設園芸部門等幅広い農業部門でも、原油及び穀物の高騰の影響は計り知れない。

一方で、農業生産物の市場価格は一部部門を除き低迷を続けており、農業生産者は悲鳴をあげている状況だ。

食品メーカー、小売り業者にとっても、製造・仕入原価等の上昇を経営努力で負いきれず価格転嫁せざるを得ない状況というのは理解出来る中で、農業生産者のみ価格転嫁が許されない状況は理解しがたい。

ただでさえ高齢化による担い手農業生産者不足が騒がれる中で、経営の持続が不可能となる外的要因は数知れず。

原価や穀物の高騰を価格転嫁出来ない状況もその一つ。



消費者心理としては、価格の安い商品の選択や、消費見合わせ等の買い物行動となることは当然であり、値上げによる消費減退も容易に予測可能である。

価格決定の力の所在は消費者へのシフトは加速している。



国内農業生産者が経営努力で負いきれない部分の必要最低限の価格転嫁が可能となった場合、消費者の食品や食材に対する消費は、減退するのか、さらに安い海外物へシフトするのか、その結果として国内自給率の低下が加速されるのか。



国内農業生産者にとって、価格転嫁が可能であれ不可能であれ、。。。



食育を普及し、農業、環境、そして政治と幅広い視点から、消費者行動を決定出来るよう心がけたい。


kou_blue97 at 06:31|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京