職場

2006年04月25日

ひとつ屋根の下

昨日は、うちの課とおとなりさんの課で親睦を深めるための飲み会でした。



おとなりさんの課とは、仕事上のつながりが深く、コミュニケーションが大切です。



例えると、うちの課はフォワードで、おとなりさんの課は中盤です。



おとなりさんの課に期待するのは、

ゲームを組立て、

ゲームを支配し、

的確なセンタリングをあげてもらったり、

時には、ロングシュートや二列目からの飛び出しでゴールを狙ってもらいたい。





うちの課は、

勝負していいのか、

ポストになってさらに組立てればいいのか、

状況に応じた判断が求められるとともに、

確実かつ精度の高さ、決定力が求められます。






そのためには、

どんなプレーが得意で、

どんな技を持っていて、

どこにパスが欲しいか、

どこは苦手か、

お互いに理解しあい、お互いにフィニッシュのイメージを持つことが大切ですよね。



目的、ゴールはただ1つ。

立場は違えど、目指すモノは同じですから。




さあ、ちょっとずつ信頼関係築けるよう、今日からまた頑張ります。


お前、オフサイドばっかじゃね〜かとか、

仕事も夜も決定力不足とか、

キツイご指摘をいただかないよう気を付けたいです。



kou_blue97 at 08:13|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2006年04月21日

誰が誰で鐘はなる?

新しい支店に来て、いろいろわからないことは山積みですが、最近かけだし金融マンが口に出してしまいそうな言葉があります。



それは、


『Who are you?』





「かけだしさん、この案件の話なんですけど。。。」



はい。その話はだいたいわかりました。


粛々と進めさせていただきます。


それで、


あなたは誰ですか?





昔から、外見で人を判断するなと言われてきましたので、あえて判断はしません。




あなたは先輩ですか?


後輩ですか?



立場によって態度を変えるのも美しくないので、もちろん敬語で話をさせていただきます。



でも、上か下かって、ちょっと気になりますよね。



仕事に年齢は関係ありませんが、


礼儀やマナーの上では、上下関係も大切ですからね。



いくらフラット3が主流になりつつあると言っても、


2トップは存在しますから。




ストライカーたるもの、結果を残してなんぼです。



営業もそう。



融資もそう。




好きな言葉があります。



『勝利が全てではない。

でも、勝利が全てに優先する。』



まさに、その通りだと思います。



2トップだろうが、


ダブルボランチだろうが、


フラット3だろうが、


海外組だろうが、


アジアの大砲だろうが、


アジアの壁だろうが、


アジアの純真だろうが、


要は、結果を残してくれれば、何でもいいんです。


頑張れ、ジーコJAPAN!!



あれっ?

何の話だったっけ?


kou_blue97 at 21:47|PermalinkComments(4)TrackBack(3)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL