群馬

2022年11月28日

名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜

1.真田昌幸が築いた名胡桃城

DSC_2843


室町時代に沼田氏の一族といわれる名胡桃(なぐるみ)氏が館を築いたのがはじまり。

上野と越後を結ぶ三国峠道と清水峠道、さらに鳥居峠を越えて信濃に通じる道にも近く、軍事上戦略的に重要視されていた地。

1579年、武田勝頼の命を受けた真田昌幸が信濃から吾妻・利根に侵攻し、名胡桃館を攻略。

当時、北条氏政の支配する沼田城を攻略するための前線基地として、名胡桃城を築いた。



2.関東奥惣無事令

HORIZON_0001_BURST20221126151350261_COVER


1580年、真田昌幸は念願の沼田城を戦わずに調略。

1582年、武田氏が滅び、織田信長が本能寺で倒れた後、北条氏政と徳川家康の間で取り決めが交わされる。

「吾妻・利根の二郡は北条氏」
「甲斐の都留郡と信濃の佐久郡は徳川氏」

1583年、真田昌幸は「吾妻・利根は北条氏に渡すように」という徳川家康からの要請を拒絶し、徳川軍を撃退。

1586年、天下統一を目前にしていた豊臣秀吉は、関東・奥州の大名に対して私闘を禁ずる「関東奥惣無事令」を発令。



3.沼田城は渡しても名胡桃城は渡せない

DSC_2844


1589年、関白太政大臣となった豊臣秀吉は、全国の諸大名に上洛を命じるが、北条氏政は命令に従わず、上洛の条件として利根・我妻地域の領有を要求。

豊臣秀吉の臣下となった真田昌幸は、「沼田城は渡しても臣の墳墓の地である名胡桃城は渡すことは出来ない」と固辞。

このため、豊臣秀吉は検分使を派遣し、報告を基に裁定。

「おおよそ利根川を境として、沼田城を含む東部一帯を北条に」
「名胡桃城を含む西部一帯を真田に」

この結果、沼田城には北条氏邦の重臣・猪俣邦憲が、名胡桃城には真田昌幸の家臣・鈴木主水が城代となった。



4.小田原攻めと戦国時代の終わり

DSC_2845


1589年、北条氏側の沼田城代・猪俣邦憲が名胡桃城を不法に攻略。

報告を受けた豊臣秀吉は激怒し、小田原攻めのきっかけとなった。

北条氏は滅亡し、名胡桃城は廃城に。

結果的に、城として機能したのはわずか10年と短い期間。

しかし、この名胡桃城の領有をめぐる小さな事件が、120年余り続いた戦国時代に終止符を打つことになり、日本の歴史の流れを変えるきっかけとなった。

そのため、名胡桃城の攻防戦は、日本史上、重要な意味があると言われている。



そんな歴史を感じながら、名胡桃城を歩いてみました。

ちなみに、2021年4月18日のブログの記事はこちら

「要塞の地として争奪戦が繰り広げられた沼田城」

(リンク)








kou_blue97 at 22:13|PermalinkComments(0)

2022年11月26日

群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆

県内各地に源泉が湧き出る群馬県。

「自然湧出量日本一」
「日本三大美人の湯」
「天下一の露天風呂」

宿泊できる温泉地は100、源泉数は453とも言われています。

まさに温泉天国、温泉王国。

温泉に癒される群馬生活、最高です!

というわけで、これまで行った温泉を思い出として記します。

ちなみに、2022年4月時点では7か所。

「温泉王国 ぐんま」(リンク)の記事を参照。
 ※2022年4月29日のブログ記事です

それから約半年で5か所が追加!
(8〜12)



8.西の河原露天風呂
・吾妻郡草津町
・草津温泉街の西側
・草津白根山麓
・酸性塩化物硫酸塩温泉
・神経痛、関節痛、うちみ、やけど、慢性消化器病

 日本三名泉の1つであり、温泉の自然湧出量が日本一を誇る草津温泉。「草津よいとこ一度はおいで」で有名。西の河原露天風呂は、草津温泉街の西側の荒原地帯にあり、圧倒的なスケールの大露天風呂。その開放感と雄大な自然に癒されます。
 2022年7月30日の記事をぜひ(リンク)
DSC_2288




9.伊香保石段の湯
・渋川市伊香保町
・伊香保温泉街の石段
・榛名山麓
・カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉
・神経痛、筋肉痛、関節痛、子宝の湯

 古くは万葉集にも登場する日本の名湯「伊香保温泉」。石段の登ったのは3回目にして、伊香保温泉の湯に浸かるのは初めて。平日の夜、仕事が終わった後にもこんな名湯に入れるなんて最高やん。源泉を直接引いた伊香保特有の茶褐色が身にしみます。
 2022年7月30日の記事をぜひ(リンク)
DSC_2745


 

10.伊香保温泉・黄金の湯館
・渋川市伊香保町
・伊香保温泉街の入り口
・榛名山麓
・カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉
・健康増進・病後回復期・美肌・腰痛

 400年以上の茶褐色「黄金の湯」を源泉かけ流しで楽しめる日帰り温泉。しかも、22時まで営業という神対応。平日の夜、仕事終わりに行きました。ひと仕事終えた夜の露天風呂は温泉天国の至福のひと時を感じさせてくれます。
DSC_2794


DSC_2796




11.金島温泉・富貴の湯
・渋川市川島
・JR金島駅から徒歩圏内
・吾妻川河畔
・カルシウム・ナトリウム・塩化物塩泉
・神経痛、筋肉痛、貧血

 滾々と湧き出る豊富なお湯が源泉かけ流し。カルシウムイオンやマグネシウム、マンガンイオン、鉄イオンなどを多量に含み、飲用にも最適な泉質とのことであり、ひと口いただきました。夜の露天風呂は癒されました。お湯は茶褐色で伊香保温泉に近い感じ。
CENTER_0001_BURST20221125191108408_COVER


HORIZON_0001_BURST20221125193200004_COVER



DSC_2832





12.仏岩温泉・鈴森の湯
・利根郡みなかみ町
・JR水上駅から西に数
・利根川系の阿能川河畔
・カルシウム・硫酸塩泉
・高血圧、動脈硬化、糖尿病、皮膚病

 源泉かけ流しの美肌の湯。ぬる湯もあり、ゆっくり浸かればお肌はつるつる身体はぽかぽか。そして、露天風呂は眼下を流れる川の音が響き、自然を感じる贅沢なひと時。風情ある日帰り温泉です。

DSC_2839


DSC_2838


DSC_2837


DSC_2836




今回追加したのはこの5か所。

1〜7の分は「温泉王国 ぐんま」(リンク)の記事にあります。

1.富士見温泉見晴らしの湯
・前橋市富士見町
・道の駅ふじみに併設
・赤城山山麓
・ナトリウム・カルシウム・塩化物温泉(塩分)

 群馬県に引っ越してきて最初の土日にドライブがてら行きました。源泉は約1,500m以上の深さにある大深度温泉。塩分濃度が高く「美人の湯」と言われる源泉。赤城山の自然を感じながら、素敵なお湯を味わえます。


2.リゾートピア吉岡
・北群馬郡吉岡町
・道の駅よしおか温泉に併設
・利根川河畔
・弱アルカリ性低張性高温泉(ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉)
・泉温59.5℃
・慢性皮膚炎、慢性婦人病、神経痛

 平日、仕事を定時に上がってからひと風呂浴びに行きました。利根川河畔の地下1,300mから湧き出るアルカリ泉(船尾の湯)が源泉。利根川の川面を渡るさわやかな風と雄大な眺めを楽しみながら、大露天風呂で素敵なお湯を味わえます。


3.小野上温泉センター(八夕の湯)
・渋川市村上
・JR小野上温泉駅から徒歩圏内
・吾妻川河畔
・アルカリ性低張性高温泉(ナトリウムー塩化物温泉)
・源泉46.8℃
・神経痛、筋肉痛、疲労回復、慢性消化器病、慢性皮膚炎

 車が使えない週末に、JRで行けそうな温泉を探して見つけました。公共としては日本初めての日帰り温泉施設。とろんとした湯の感触が美肌の湯(美人の湯)として人気が高く、「草津温泉の上がり湯」としても有名。やわらかい湯が肌も喜び、ゆっくりと素敵なお湯を味わえます。


4.ユートピア赤城(敷島温泉 赤城の湯)
・渋川市赤城町
・JR敷島駅から徒歩圏内
・利根川河畔、赤城山山麓
・弱アルカリ性低張性高温泉(単純泉)
・源泉45.5℃
・神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、疲労回復

 同じく車が使えない(故障)週末、JRで行けそうな温泉を探そう第二弾。雄大な赤城山のふもと、利根川のほとりにあるのどかな景観の温泉。利根川と榛名山を一望できる露天風呂で、なめらかな泉質の「敷島の湯」を味わえます。

5.峠の湯
・安中市松井田町
・JR横川駅からアプトの道をかなり歩く
・碓氷峠
・弱アルカリ性低張性温泉(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉)
・無色透明
・腰痛症、神経痛、胃腸機能の低下、疲労回復

 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜の帰りに立ち寄りました。アプトの道を歩いて疲れた身体と心を癒してくれます。露天風呂からの自然の眺望が抜群で、素敵なお湯を味わえます。


6.ばんどうのゆ(komorebiテラス)
・渋川市北橘
・JR八木原駅か高台まで結構歩く
・利根川河畔
・弱アルカリ性低張性高温泉(ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉)
・火傷、消化器病、神経痛、筋肉痛

 仕事が疲れてきた年末、近くに行ける温泉を探して行きました。車で30分かからずにこんな素敵な温泉に入れるなんて幸せ。坂東太郎と言われる利根川を見下ろす高台に位置する温泉。露天風呂から見下ろす美しい眺望と良質な温泉に身も心も癒されました。


7.川原湯温泉 王湯
・吾妻郡長野原町
・JR川原湯温泉駅から徒歩圏内
・八ッ場ダム湖畔
・低張性中性高温泉(カルシウム・ナトリウムー塩化物硫酸塩温泉)
・神経痛、胃腸病、婦人病

 八ッ場ダムと川原湯温泉〜冬の群馬を電車でぶらりァ舛波ッ場ダムを歩いた後に立ち寄りました。源頼朝が発見してから800年以上も時を紡ぐ川原湯温泉。八ッ場ダムを取り巻く雄大や山々等の景観が素敵な露天風呂で、良質な温泉を味わえます。


kou_blue97 at 22:24|PermalinkComments(0)

2022年11月22日

白衣観音 慈悲の御手

<白衣観音 慈悲の御手>
(びゃくいかんのん じひのみて)

上毛かるたは「ひ」の札です。



<高崎観音山>

高崎市の高崎観音山(標高227m)
DSC_2775

その丘陵に大きな足跡。

その先には…
DSC_2779

御顔が見えてきました。

DSC_2780

だんだん近づいてきます。

<高崎白衣大観音>

TRIPART_0001_BURST20221116094706719_COVER

上毛かるたの角度。

高崎白衣大観音像。

通称「高崎観音」

高野山真言宗慈眼院の境内にあります。

DSC_2781

正面からの御姿。

1936年に建立。

高さ41.8m、重さ5,985t

CENTER_0001_BURST20221116095221945_COVER

後ろ姿に紅葉が映える。

DSC_2788

ひびき橋(つり橋)からの観音様。



当時の混迷した思想界に1つの光明を点じ、観世音菩薩の広大な功徳をあまねく世の人たちに分かちあおうとの志から建立されたもの。

現在の先行き不透明な時代においても、功徳が分かち合うことができますようにという願いを込めて。





kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)

2022年11月16日

身近な自然〜前橋と高崎〜

最近、土日が忙しい…

秋やからね。

秋は、アメフトがあったり、行事やイベントがあったり…

全然、群馬を満喫できない!!

ということで、前橋市内と高崎市内。

身近なところにも、自然がいっぱい。

自然のエネルギーを貰いに行ってきました。



<覚満淵>

赤城山の標高1,360mに位置する湿原

DSC_2738~2

水面が水鏡になる瞬間も。

DSC_2734

水鏡、其の二。

DSC_2735~2

太陽の光が降り注ぐ幻想。

DSC_2736

風に揺れる水面と圧巻的な空の青さ。

DSC_2737

1周約800mほどの小さな湖沼と湿原。



<赤城山>

高崎市街と赤城山。

DSC_2774

赤城山は標高1,828mの黒檜山を主峰とする複成火山。

日本百名山、関東百名山、上毛三山に数えられる名峰。

中央部には、カルデラ湖の大沼や覚満淵や火口湖の小沼が。


<榛名山>

DSC_2782


榛名山は、榛名富士を標高1,449mの掃部ヶ岳などが囲む多くの峰を持つ。

中央部には、カルデラ湖の榛名湖と火口丘の溶岩ドームが。



<大自然>

DSC_2790


ジブリのアニメに出てきそうな山道

DSC_2789


見渡す限り、秋。

「森の中にむかしから住んでる?」

DSC_2777


ちゃんと、秋も見つかります。



どうですか?

前橋と高崎。

単身赴任の住み家から、すべて車で40分程度。

こんな素敵な場所があるなんて、最高やん。

エネルギーいただきましたっ。

頑張ろう。



kou_blue97 at 21:43|PermalinkComments(0)

2022年10月23日

秋の風物詩

今年も秋がやってきました。

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。

あれっ、毎年同じこと書いてるかも。

ということで、少し振り返ってみました。



<2021年の秋に書いたblogの1コマ>
〜食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。皆さま、どんな秋をお過ごしでしょうか?〜

<2020年の秋に書いたblogの1コマ>
〜毎年恒例、「紅葉を見に行こうよう」企画〜

<2019年の秋に書いたblogの1コマ>
〜なんだか、もう秋ですね。秋を感じてますか?それとも、飽きを感じてますか?〜

<2016年の秋に書いたblogの1コマ>
〜天気の良い週末は本当に嬉しい。秋を探しにドライブ&散歩〜

<2014年の秋に書いたblogの1コマ>
〜さて、10月ですね。なんか、もう、あっと言う間。秋、深まってます。秋、盛り上がってます。「スポーツの秋」ですもんね〜

<2013年の秋に書いたblogの1コマ>
〜秋ですね〜秋といえば…って、毎年この時期になるとたぶん同じようなことをblogに書いてるんだろうなぁ。そんな僕に、もう飽き飽き。。。秋だけにな。てへっ。(〃∇〃)〜

<2012年の秋に書いたblogの1コマ>
〜真夏の暑さも、阿波おどりの盛り上がりとともに和らぎ、秋を感じさせる季節になってきました〜

<2011年の秋に書いたblogの1コマ>
〜見渡せば 花ももみじもなかりけり 紅く色付く 秋の夕暮れ。三夕の歌をアレンジしました〜

<2010年の秋に書いたblogの1コマ>
〜実りの秋が今年もまた僕らのもとへやって来てくれますね。ちょっとずつ近づいてきているのがわかります。まだまだ暑い日々ですが、秋の気配、感じますよね。いろんなところに、小さな秋が落ちてますよ。ほらっ、そこにも〜

<2009年の秋に書いたblogの1コマ>
〜子供たちが「トトロに逢いたい」というので「どんぐりを拾えばトトロに逢えるかもね」と答えていたので、日曜日は「どんぐり拾いに行こう」とおねだりされました。パパだってトトロに似てるっちゃ似てるのに〜

<2007年の秋に書いたblogの1コマ>
〜北海道から大好物の秋の味覚が送られてきました。昔住んでいた思い出の街、寿都町産の『ほっけの飯寿司』です。秋の味覚と大地の恵みに感謝〜

<2006年の秋に書いたblogの1コマ>
〜いよいよ秋。スポーツの秋、食欲の秋、味覚の秋、読書の秋、女心の秋。秋って名詞でも形容詞でも、なんでも似合う言葉ですね〜



いかがでしたでしょうか?

やっぱり同じようなことを思ってたり。

それでいて、ちょっと切り口を変えて表現してみたり。

というわけで、2022年の秋の風物詩です。



<北海道のイクラ>
CENTER_0001_BURST20221015074546553_COVER

イクラちゃん。
「ハーイ。ちゃーん。バブー。」



<山わさび>
DSC_2616

北海道に自生する山わさび。
おじいちゃんの畑にも昔は自生していました。
懐かしい。



<柿>
DSC_2614

自分が北海道に住んでいる時には柿が木に実っているところを見たことがない。
というわけで、本州の柿はいつでも新鮮です。

DSC_2636

柿食へば、秋を感じる。



<秋映>
DSC_2613

秋映(あきばえ)という品集。
長野「りんご3兄弟」の1つ。



<小鍋立て風>
DSC_2637

秋から冬にかけて、自炊は一人鍋。
カッコよくいうと、小鍋立て風。
具材はシンプルに。



<豚汁>
DSC_2638

群馬の単身赴任の主食は「豚汁」
群馬県産の食材だけで豊富な豚汁がつくれます。



<秋はアメフト>
DSC_2623

群馬スタリオンズの2022年シーズン第2戦。
試合は午後なので、午前の第1試合を見ながら準備。

DSC_2625

グラウンド間近で観戦できます。
アメフト、大迫力の興奮と感動。

DSC_2629

試合前のハドル。
大宮けんぽグラウンドにも陽が差して青空が。

DSC_2630

ハーフタイムのハドル。
休みながら作戦会議。
午後は涼しくなってきました。

DSC_2631

試合後のグラウンド。
秋の夕暮れ。



まだまだ2022年の秋を満喫しましょう!





kou_blue97 at 19:55|PermalinkComments(2)

2022年10月10日

食欲の秋 〜2022〜

食欲の秋

秋は、実りと収穫の季節。
秋は、冬に向けてエネルギーをため込む季節。

諸説ありますが、秋は「食欲の秋」と言われる季節です。

秋の味覚を中心に、ここ最近の食べ物等を記録しました。



1.群馬の美味しいもの

<牛すじぷるぷるこんにゃく定食>
道の駅「あぐりーむ昭和」のムラノナカ食堂
DSC_2396

・野菜王国の昭和村の蒟蒻や地元産の食材がたっぷり!
・漬物のレタスも昭和村の特産品。

<いちごみるく>
道の駅「あぐりーむ昭和」のムラノナカ珈琲
DSC_2397

・これまた地元産のイチゴと牛乳をふんだんに利用!
・白と赤のコントラストも色鮮やか。

<白いトンカツ>
前橋市「かつひろ」のロースかつ定食
DSC_2576

・低温揚げのためサクサクで旨味がたっぷり!

DSC_2577

・群馬県は国内有数の豚肉の産地で脂の甘みが最高!

<手打ちうどん>
前橋市の手打ちうどんの老舗「大黒屋」
DSC_2567

・米麦二毛作で小麦文化の群馬でも老舗の美味しいうどん。

<ひもかわうどん>
桐生市で地元民に連れて行ってもらった店
DSC_2311

・薄くとものどごしが最高のひもかわうどん。

<焼きまんじゅう>
これぞ群馬の粉もの文化
DSC_2312

・甘い味噌だれで焼いた郷土食「焼きまんじゅう」

<黒舞茸のきのこうどん>
浅間酒造観光センターの秋のメニュー
DSC_2445

・幻のキノコと言われる黒舞茸がふんだんに入ってます。

<牛乳とんこつラーメン>
吾妻地域の牛乳を使ったラーメン
DSC_2471

・あっさりしつつコクもある。まさに、群馬を飲む。

<かわばジェラート>
川田牧場ジェラート工房
HORIZON_0002_BURST20220921132941961~2

・川場村の大地で育った乳牛の搾りたて100%。

<味付豚ホルモンねぎ塩>
工場直送の自動販売機「ど冷えもん」
DSC_2358

・もつ煮とねぎ塩ホルモンを購入。

DSC_2367

・こちらはねぎ塩ホルモン。
・ねぎ塩でさっぱりしつつホルモンも旨い。

<僕らの未来カレー>
「えばらハーブ豚未来」のカレー
DSC_2316

・完全無投薬で飼育された「えばらハーブ豚未来」を使ったカレー

DSC_2315

・豚肉もルーのスパイシー感も美味しくて安全・安心。



2.家族で美味しく

<びっくりドンキー>
定番の味「チーズバーグデッシュ」
DSC_2489

・35年以上前から美味しく食べている大切なソウルフード。

DSC_2490

・彩り野菜たっぷりの「いろどりセット(おろしそ)」

<たまにはパパ料理>
休日のお昼はパスタにしてみよう
DSC_2497

・パスタはひき肉と野菜を炒めるところから始まる。

DSC_2501

・こんにゃくパスタでヘルシー感も演出。



3.単身赴任の自炊

<みそ漬豚ロース>
DSC_2582

・鉄スキレットで焼いてみた群馬県産豚肉

<キタアカリ>
DSC_2505

・札幌の実家で収穫された愛情たっぷり「キタアカリ」

<茹でた野菜にカレー>
DSC_2556

・昭和村産のレタス
・前橋産のタマネギ
・実家のキタアカリ
・生協のキーマカレー
・単身赴任の自炊なんてこんなもん





kou_blue97 at 21:02|PermalinkComments(2)

2022年10月01日

自然と歴史を感じられる最高の群馬(大間々とか)

1 2022/10/01(土)10:50
さて、週末。掃除と洗濯を終えて、歯医者の治療が完了。天気が良いので、少し自然を感じたい。ということで、中央前橋駅に到着。鉄道むすめがお出迎え。
#上毛電気鉄道 #上毛電鉄 #中央前橋駅 #グンマー
DSC_2516


2 2022/10/01(土)11:05
上毛電鉄1日乗り放題のワンデーフリーパスを購入。1,000円なんてめっちゃお得やん。電車に自転車を乗せるなんて40年以上生きてきて、群馬が初やねん。楽しい!
#上毛電鉄 #ワンデーフリーパス #乗り放題 #お得な切符
DSC_2518


3 2022/10/01(土)11:10
やっぱ電車に自転車を乗せるって映える。歴史を感じる車内。電車が動き出したら自転車が倒れないように抑えなければならんけど、足と肘をうまく使って固定するの上手くなったww
#電車 #自転車 #サイクルトレイン
DSC_2519


4 2022/10/01(土)11:53
上毛電鉄赤城駅に到着。写メ取り忘れた。自転車で大間々駅へ!
#上毛電鉄 #赤城駅


5 2022/10/01(土)12:10
わたらせ渓谷鐡道の大間々駅に到着。おおままやで。ここに自転車を置いて歩きます!日頃の運動不足を解消して自然の中でリフレッシュしたい!
#大間々駅 #自然の中を歩きたい #運動不足を解消したい
DSC_2524


6 2022/10/01(土)12:15
大間々駅に展示されているわたらせ渓谷鐡道「わ89-100形」
#わたらせ渓谷鐡道 #わ89-100形 #あまり詳しくない
SYMMETRY_0001_BURST20221001121125939_COVER


7 2022/10/01(土)12:25
大間々駅からながめ公園(余興場)を歩いて高津戸橋まで歩きます。天気も良くて眺めも眺望も良か良か。
#ながめ公園 #ながめ余興場 #眺め良し


8 2022/10/01(土)12:32
高津戸橋に到着。橋から眺める渡良瀬川。緑と青の大自然のコントラスト。見たかった。お前をずっと見たかったんだ!!
#高津戸橋 #渡良瀬川 #緑と青のコントラスト #お前をずっと見たかった
DSC_2526


9 2022/10/01(土)12:35
高津戸橋を渡るとこんな看板が。渡良瀬川の散策に行こうと思ったけどまずは要害山に行ってみようか。メインディッシュは最後に取っておかないとね。
#要害山 #近道 #山道きついかな #渡良瀬川はおあずけ
DSC_2529


10 2022/10/01(土)12:37
見渡す限り緑。自然を感じる幸せ。
#自然 #緑 #足腰に来そう
DSC_2531


11 2022/10/01(土)12:39
要害山散歩道。いやプチ山登りやろ。絶対に足しんどくなるで。
#散歩道 #山登り #しんどいで
DSC_2532


12 2022/10/01(土)12:40
どんぐりが落ちてくる。落ちるたびに音がしてちょっとビビる。ヘビとか怖いし。子供たちとどんぐり拾いに行ったこととかたくさん思い出す。
#どんぐり #ころころ #ヘビとか怖いで
DSC_2534


13 2022/10/01(土)12:46
小屋がある。まるでトム・ソーヤの小屋みたい。そして秘密基地。
#トムソーヤ #秘密基地 #冒険
DSC_2537


14 2022/10/01(土)12:48
トム・ソーヤ小屋からの眺望。緑の向こうに関東平野。
#秘密基地からの眺望 #展ける景色
DSC_2536


15 2022/10/01(土)12:51
要害山の展望台。残暑が暑いぜ。
#要害山 #展望台 #残暑 
DSC_2535


16 2022/10/01(土)13:00
スタート位置まで降りてきた。ちょうど25分だから小高い丘くらいの間隔か。心地よい汗。そして、足腰への大きな不安。
#小高い丘 #心地よい汗 #それだけで足腰が悲鳴


17 2022/10/01(土)13:06
本日のメインは渡良瀬川。高津戸峡散策道を歩きます。普通の橋もいつもよりワクワク。
#渡良瀬川 #高津戸峡散策道 #40過ぎてもワクワクしたい
DSC_2539


18 2022/10/01(土)13:08
もうこの時点で癒されるやん。自然の力と美しさ。ちょっと足を伸ばすだけでこんな自然に出会えるなんて。群馬最高。グンマー最高。
#自然の力 #自然の美しさ #グンマー最高 
DSC_2540~2


19 2022/10/01(土)13:09
さらに降ります。もっと身近で水を感じたい!
#大自然 #また下りですか #ホント膝とか大丈夫かね
DSC_2541~2


20 2022/10/01(土)13:10
だんだん川が近づいている。もうすぐ会えるね。やっと会えるね。久しぶりの再会にときめき。
#恋人気分
DSC_2542~2


21 2022/10/01(土)13:15
お目当てスポットに到着。渡良瀬川中流の流れも迫力が!
#川の流れのように #鳴門のうず潮みたい
HORIZON_0001_BURST20221001131530240_COVER~2


22 2022/10/01(土)13:15
はねたき橋を見上げてみます。やっぱ青空が最高。
#はねたき橋 #吸い込まれる青空 #またあそこまで登るのか
DSC_2543~2


23 2022/10/01(土)13:16
渡良瀬川の下流側。水面レベルで感じられます。
#下流側 #水面レベル #高津戸峡
DSC_2544~2


24 2022/10/01(土)13:17
渡良瀬川の上流側。甲乙つけがたし。
#上流側 #甲乙つけがたし #高津戸峡
DSC_2545~2


25 2022/10/01(土)13:40
高津戸ダム。ここまで登ってくるの大変だった。本当に大変だったのよ。青空がまぶしい。
#高津戸ダム #利根川水系 #マジでしんどかった
DSC_2540


26 2022/10/01(土)13:43
はねたき橋。鱍瀧橋。岩に水が当たって飛散する様が滝のように見えることからはねたき橋。
#はねたき橋 #A型ラーメン橋
TRIANGLE_0001_BURST20221001134512205_COVER


27 2022/10/01(土)13:45
はねたき橋からの渡良瀬川。この角度からの景色も最高やね。どうやん。
#はねたき橋 #渡良瀬川
DSC_2542


28 2022/10/01(土)13:47
はね瀧道了尊にある天狗の大下駄。山野を疾風のように駆け巡る大天狗のご利益が。天狗のように足腰が丈夫になりますように。
#天狗 #下駄 #足腰 #登ったり下りたりする前にご利益がほしかった
DSC_2543


29 2022/10/01(土)14:04
銘酒「赤城山」の蔵元。近藤酒造。昭和初期の顔が残る大間々の町並みを歩きます!
#赤城山 #近藤酒造 #大間々の町並み #もう上り下りは限界です
HORIZON_0001_BURST20221001140412347_COVER


30 2022/10/01(土)14:06
赤城山の煙突が青空に。今度は赤城山の大吟醸を飲んでみよう!
#赤城山 #大吟醸 #煙突 #そういえば9月は一滴もお酒飲んでないやん
DSC_2544


31 2022/10/01(土)14:10
近江商人の商いの心で誰でも使えるようにと堀の外につくった「三方良しの井戸」。
#近江商人 #売り手よし #買い手よし #世間よし
DSC_2545


32 2022/10/01(土)14:11
日本一しょうゆ。江戸時代に水が豊かで銅街道の宿場町として栄える上州は大間々の地にで始まった醤油醸造。
#木桶仕込み #天然醸造 #なんか凄そう 
DSC_2547


33 2022/10/01(土)14:15
醤油ソフトクリーム美味い。ソフトクリームの甘さの中に醤油の味わいと香ばしさが。間違いない!
#醤油ソフトクリーム #甘さと醤油の香ばしさ #醤油の存在感
DSC_2549


34 2022/10/01(土)14:32
大間々博物館。コノドント館。謎の化石コノドントが大間々で発見。日本で最初は大間々?
#コノドント #謎の生物 #階段の上り下りが膝にしみる
DSC_2550


35 2022/10/01(土)15:31
大間々駅で自転車に乗って桐生へ。約8kmのサイクリングで桐生天満宮まで来ました。見知らぬ道のサイクリングもまた新鮮。
#桐生天満宮 #サイクリング #8km
DSC_2553


36 2022/10/01(土)15:36
せっかくの桐生なので歴史と伝統を感じる。桐生新町の伝統的建造物群。やっぱり矢野本店の景観は好き。
#桐生 #伝統的建造物群 #矢野本店 #ここに来たのはもう4回目
HORIZON_0001_BURST20221001153502214_COVER


37 2022/10/01(土)15:38
赤レンガも好き。赤レンガ倉庫といえば横浜、神戸、函館、そして小樽。全部港町。群馬の赤レンガは繭と絹。
#赤レンガ #港町 #群馬 #貴女と歩きたい赤レンガ街
DSC_2554


38 2022/10/01(土)15:55
西桐生駅から上毛電鉄で帰ります。今日は自然の美しさを感じて心地よい疲労。それと危険な膝の痛み。たった半日でこんなに自然や歴史を感じられるなんてやっぱグンマー最高です。
#上毛電鉄 #西桐生駅 #群馬最高 
DSC_2551



kou_blue97 at 20:36|PermalinkComments(2)

2022年09月23日

秋を感じる〜2022年群馬の秋〜

群馬の夏は暑い。

そんな暑さもだんだん和らいできました。

さようなら、2022年の夏。

ようこそ、2022年の秋。

ということで、秋を感じる群馬のものたちです。



<りんご>

HORIZON_0001_BURST20220921133236258_COVER


群馬県のりんごは、利根沼田た吾妻などの標高が高い地域で栽培。

HORIZON_0001_BURST20220921133218710_COVER


日照時間が長く、昼夜の気温差が大きいため、甘くて美味しいりんごが育ちます。

DSC_2465


これは、樹上完熟になるのかな。

HORIZON_0001_BURST20220921133133854_COVER


群馬県のりんごの収穫量は全国第8位。

HORIZON_0001_BURST20220921133058331_COVER~2


美味しいりんごが実りますように。



<栗>

HORIZON_0001_BURST20220921132226261_COVER


栗もまた、秋を感じさせてくれます。

縄文時代から食べられていたという栗。

DSC_2462


たわわに実ってます。



<柿>

HORIZON_0001_BURST20220921133748499_COVER


柿は北海道では栽培されていません。

なので、自分にとってはいつも新鮮な風景。

DSC_2466


色づくまでは、あと少し。



<蒟蒻畑>

DSC_2468


リアル蒟蒻畑。

DSC_2469


土の中で大きく育つ蒟蒻芋。



<おぜの紅>

DSC_2475


群馬のりんご「おぜの紅」

果実は大玉。

糖度と酸味のバランスが良く、香りも良好。



<アップルシナモントースト>

DSC_2476


群馬の秋の味覚。

もちろんそのままいただきますが、ちょっとした一工夫。

アップルシナモントーストで子供たちと朝ごはん。



kou_blue97 at 20:56|PermalinkComments(0)

2022年09月21日

群馬県内の道の駅を制覇!〜全32か所〜

群馬県内にある道の駅の数は「32」

週末は、コロナ禍でホームステイしたり、帰省したり、アメフトの練習に行ったりと忙しかったので焦らず自然体で。

と言いつつ、約1年半で全制覇できました!

行った順番にご紹介。

(1)道の駅「こもち」
・渋川市白井
・難攻不落「白井城」を象徴する城造りの建物。
・引っ越し早々のドライブで立ち寄り。
・いろんな蒟蒻が売っていて群馬を感じました。

(2)道の駅「ふじみ」
・前橋市富士見町
・雄大な赤城山の南麓。
・併設する富士見温泉「見晴らしの湯」の塩分を堪能。
・露天風呂から関東平野を見下ろせます。

(3)道の駅「よしおか温泉」
・北群馬郡吉岡町
・利根川の清流と裾野が長く美しい赤城山を望める
・パークゴルフ、サイクリングロード、そして温泉。
・平日、仕事終わりの露天風呂は気持ち良かったです。

(4)道の駅「あぐりーむ昭和」
・利根郡昭和村
・日本で最も美しい村。
・野菜畑と上信越の山々の雄大な風景。
・高原野菜の産地として新鮮野菜と農産加工品。
・リアル蒟蒻畑(蒟蒻芋の葉)を見て感動。
・ムラノナカ食堂の牛すじプルプルこんにゃく定食おいしかった。

(5)道の駅「川場田園プラザ」
・利根郡川場村
・楽しさいっぱい、美味しさいっぱい。
・川場の大自然を自然遊歩道とともに満喫。
・武尊山とりんご畑の風景の美しさ。
・ジェラートも美味しい。

(6)道の駅「白沢」
・沼田市白沢町
・片品川河岸段丘の眼下。
・白沢高原温泉「望郷の湯」が併設。
・沼田とんかつ街道の近く。
・白沢高原牧場のソフトクリームいただきました。

(7)道の駅「みなかみ水紀行館」
・利根郡みなかみ町
・登山のメッカ谷川岳のふもとの利根川源流沿い。
・利根川沿いの諏訪峡の散歩道をゆっくり歩きました。
・与謝野晶子の歌碑なども。
・利根川にはラフティングの若者たちで賑わってました。

(8)道の駅「月夜野矢瀬親水公園」
・利根郡みなかみ町
・平安時代に名付けられた「月夜野」
・公演は矢野遺跡があり、歴史を感じられる公園。
・月夜野はーべすとで新鮮野菜が売ってます。

(9)道の駅「中山盆地」
・吾妻郡高山村
・雄大な三並山と美しい田園風景と満天の星空。
・日帰り温泉や宿泊用のコテージも併設。
・観光地のロックハート城が近くにあります。

(10)道の駅「赤城の恵」
・前橋市荻窪町
・赤城南麓の豊かな自然と美しい夜景。
・併設する荻窪公園では蛍の飛翔が見えます。
・そういえば、自転車の夜道が怖かった。

(11)道の駅「しもにた」
・甘楽郡下仁田町
・下仁田町の「小さな拠点」として充実した施設。
・下仁田名産の「こんにゃく」や「下仁田ネギ」
・東京から高速道路で下仁田ICを降りてすぐ。
・家族と一緒にドライブで立ち寄りました。

(12)道の駅「オアシスなんもく」
・甘楽郡南牧村
・清流南牧川が流れる美しい自然に囲まれた施設。

(13)道の駅「上野」
・多野郡上野村
・四方を山に囲まれた自然豊かな山村。
・プラムのソフトクリームが美味しかった。
・上野村スカイブリッジ帰りに立ち寄りました。

(14)道の駅「万葉の里」
・多野郡神流町
・神流川の清流沿いの自然豊かな施設。
・展望デッキから神流川が見下ろせます。

(15)道の駅「ららん藤岡」
・藤岡市中
・上信越自動車道藤岡ICに隣接。
・中心には子供たちの遊び場「噴水広場」
・農産物やお土産、飲食店等18の専門店。
・いつも観光客で賑わってます。

(16)道の駅「おのこ」
・渋川市小野子
・群馬県のほぼ中央に位置。
・吾妻温泉郷(草津温泉や四万温泉)の玄関口。
・美人の湯で有名な小野上温泉の近隣。

(17)道の駅「ぐりーんふらわー牧場・大胡」
・前橋市滝窪町
・赤城山南麓の裾野に位置。
・北関東一のオランダ型風車と展望塔。
・ぐりーんふらわー牧場にはかわいい動物たちが。

(18)道の駅「甘楽」
・甘楽郡甘楽町
・織田宗家ゆかりの城下町小幡の玄関口。
・国の名勝指定「楽山園」の近く。
・城下町散策は楽しかったです。

(19)道の駅「玉村宿」
・佐波郡玉村町
・採れたて新鮮野菜や卸売市場直営店の「肉の駅」
・上州牛や上州麦豚のコロッケやメンチが大人気。
・高崎玉村スマートICすぐそば。

(20)道の駅「おおた」
・太田市粕川町
・国道17号上武道路沿い。
・徳川発祥の地及び中島飛行機生誕の地。
・群馬県は東部に道の駅が少ないなぁ。

(21)道の駅「くらぶち小栗の里」
・高崎市倉渕町
・倉渕の緑豊かな大地で育ったお米や新鮮農産物。
・温泉や登山、キャンプの際の寄り道どころ。
・新車で嬬恋村に向かう途中に立ち寄りました。
・たくさんの案山子が歓迎してくれました。

(22)道の駅「八ッ場ふるさと館」
・吾妻郡長野原町
・国土交通省の八ッ場ダムの絶景に囲まれた施設。
・水陸両用バスがいつもスタンバイしてます。
・歩いて八ッ場ダムを眺望できます。

(23)道の駅「あがつま峡」
・吾妻郡東吾妻町
・国指定名勝「吾妻峡」の自然を生かした道の駅。
・吾妻峡温泉「天狗の湯」が併設。

(24)道の駅「尾瀬かたしな」
・利根郡片品村
・尾瀬国立公園や日光国立公園の玄関口。
・標高の高さと冷涼な気候による自然の宝庫。
・トウモロコシが美味しかった。
・山の日の山ドライブで立ち寄りました。

(25)道の駅「富弘美術館」
・みどり市東町
・山々に囲まれた草木湖のほとり。
・水彩の詩画を通して生命の尊さと優しさを
 語りつづける作品を公開する富弘美術館
・草木湖も山の日の散策に最適。

(26)道の駅「くろほね・やまびこ」
・桐生市黒保根町
・花と緑と清流の里
・地粉天ぷらうどん(冷)が美味しかった。
・舞茸の天ぷらと菊芋の葉の天ぷらが絶品。

(27)道の駅「上州おにし」
・藤岡市譲原
・廃校になった小学校跡に建てられた道の駅。
・三波石に関する資料展示など。
・下久保ダムカレーが美味しそうでした。
 (おなかが空いてなくて…残念)

(28)道の駅「みょうぎ」
・富岡市妙義町
・上毛三山の一つ「妙義山」のふもと。
・国重要文化財の「妙義神社」が併設。
・妙義ふれあいプラザ「もみじの湯」も併設。
・雨が降ってしまって散策できず残念。

(29)道の駅「草津運動茶屋公園」
・吾妻郡草津町
・「草津よいとこ一度はおいで」の草津温泉の玄関口。
・お土産屋さんのほかにミュージアムショップと充実。
・日本近代医学の父「ベルツ記念館」も。

(30)道の駅「六合」
・吾妻郡中之条町
・群馬県の西北部に位置する「旧六合村」
・日帰り温泉入浴施設「くつろぎの湯」が併設。

(31)道の駅「霊山たけやま」
・吾妻郡中之条町
・町のシンボル「嵩山(たけやま)」のふもと。
・登山客が結構いました。

(32)道の駅「たくみの里」
・利根郡みなかみ町
・ふるさとの心象風景が満載された農村地域。
・たくみの家が25軒点在し、散策も楽しい。
・カタチに残る想い出作りのできる里
・子供が小さいときに来たら楽しいだろうなぁ。



というわけで、群馬県内の道の駅ベスト3を発表。

順位をつけるのがあまり好きではないので、順不同でトップ3



★道の駅「川場田園プラザ」
・利根郡川場村
・楽しさいっぱい、美味しさいっぱい。
・川場の大自然を自然遊歩道とともに満喫。
・武尊山とりんご畑の風景の美しさ。
・ジェラートも美味しい。

【理由】
・道の駅だけでも素晴らしいロケーション。
・隣接する温泉とジェラート屋さんもあり、
 りんご畑を歩く遊歩道も楽しめます。
・帰りには「水芭蕉」の酒蔵もあったり。
・ドライブコースとしてもおすすめです。

★道の駅「八ッ場ふるさと館」
・吾妻郡長野原町
・国土交通省の八ッ場ダムの絶景に囲まれた施設。
・水陸両用バスがいつもスタンバイしてます。
・歩いて八ッ場ダムを眺望できます。

【理由】
・八ッ場ダムの眺望は圧巻ですね。
・河原湯温泉の王湯などがあったり。
・嬬恋村や草津温泉の帰り道にも寄りやすくて
 ドライブコースとしてもおすすめです。

★道の駅「たくみの里」
・利根郡みなかみ町
・ふるさとの心象風景が満載された農村地域。
・たくみの家が25軒点在し、散策も楽しい。
・カタチに残る想い出作りのできる里
・子供が小さいときに来たら楽しいだろうなぁ。

【理由】
・ふるさとを感じられる農村地域です。
・体験施設も多くて散策するだけで楽しい。
・たくさん思い出がつくれそうです。
・アマビエのモニュメントも圧巻。
・家族連れにはぜひおススメ。



いや、他にも良いところがたくさんあります。

皆さんも、ぜひ群馬県内の道の駅の全制覇をしてみてはいかがでしょうか!




kou_blue97 at 20:13|PermalinkComments(0)

2022年08月31日

2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜

夏が過ぎ 風あざみ



2022年の夏も少しずつ暑さが和らぎ

夜風も心地よい涼しさを感じる今日この頃

皆様、いかがお過ごしですか?

単独ではブログの記事にならなかった写真たちを

急遽、大公開。

(妄想シリーズが続いたので早く現実に戻りたい)



1.群馬の緑の美しさ

DSC_2301

ここは群馬の森。
緑の空気を散策し、木陰でちょっと読書したり。


2.群馬の森の美術館

DSC_2304

群馬県立近代美術館。
うるわしき薔薇「バラ図譜」の展示を眺める。


3.黒と緑の縦縞で瑞々しいやつ

DSC_2338

スイカは90%が水分。
水分補給や身体を冷やす効果もあり夏には最高の野菜。


4.プチプチ弾ける黄色いやつ

DSC_2343~2


タンパク質や糖質に加えビタミン・ミネラル・食物繊維も豊富。
夏バテによる疲労回復や栄養補給に効果的。


5.まだ未成熟な畑の肉

DSC_2340

青々として栄養満点の枝豆。
大きくなったら畑の肉と呼ばれる大豆になります。


6.道に迷わないために照らす灯り

HORIZON_0001_BURST20220717170639386_COVER

地域の灯籠展示。
娘と一緒にお手伝い。

HORIZON_0001_BURST20220717190457909_COVER

夜は明るく灯ります。


7.肉の駅の揚げたてのやつ

DSC_2260

肉の駅で揚げたての「上州麦豚メンチカツ」
味だけではなく、車の内装色とのコントラストも絶妙。


8.夏の自炊メニュー

DSC_2351

冬は忙しくて気持ちも乗らずにあまり自炊できず。
夏の自炊はこんな感じ。

DSC_2273

鉄スキレットも半年ぶりの登場。
肉も焼き焼き。


9.片品ブリューイング

HORIZON_0001_BURST20220817172242104_COVER

片品村の尾瀬から流れる水で作られたクラフトビール。
2022年に誕生した個性豊かなビール。




10.あたしゃあなたのソバが良い

DSC_2373

夏は蕎麦が食べたくなります。
昔は夫婦喧嘩と夏の蕎麦は犬も食わないと言われるけど、美味しい。

DSC_2320

野菜たっぷりの冷やしたぬきそば。


11.青と白と緑の風景

DSC_2353

ブルー、ホワイト、グリーンそして楕円形のボール。
癒しのひと時。




kou_blue97 at 23:26|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜