経済

2011年03月03日

囚人のジレンマ

前回の記事に書いた「囚人のジレンマ」

「何それ」と言われたのでわかりやすく解説。



囚人のジレンマとは、ゲーム理論や経済学で、個々の最適な選択が全体として最適な選択とならない状況のこと。



よく言われる例は、ある事件で共犯者2人が逮捕され、司法取引を持ちかけられた場合だが、もっとわかりやすく説明しよう。



ある会社で既婚者2人の社内W不倫が人事部にバレた。

2人は別々に人事部長に呼び出された。



(1)もし2人とも黙秘したら、それぞれボーナス20%カットだ。

(2)もし相手が黙秘しても、お前だけ自白したら、お前は処分なしにしてやろう。だが、相手はボーナス100%カットだ。

(3)逆に相手だけが自白して、お前だけ黙秘したら、お前はボーナス100%カットで、相手は処分なしだ。

(4)なお、2人とも自白したら、2人ともボーナス70%カットだ。



前提条件としては、2人とも相手に同じ条件が提示されていることを知っていて、お互い連絡は一切取れないこととする。



あなたなら自白を選択しますか?

それとも黙秘を選択しますか?





経済学的に説明するため、自白を裏切りとし、黙秘を協調とする。



お互い裏切ってボーナス70%カットとなるよりは、お互いに協調してボーナス20%カットを受入れる方が得である。

しかし、お互いが自分の利益を追求する限り、お互いが裏切り続けるという結果が囚人のジレンマと呼ばれる内容です。



なぜなら、相手が協調を選択した場合、自分が協調すればボーナス20%となるのに対し、自分が裏切れば処分なしとなるので、自分は裏切った方が合理的です。

逆に、相手が裏切りを選択した場合、自分が協調すればボーナス100%カットとなるのに対し、自分が裏切ればボーナス70%カットとなるので、自分は裏切った方が合理的です。

つまり、相手によらず自分は裏切る選択をするということ。

念のため、経済学なんで立場や感情は考慮しません。





現実社会では、お互い核兵器を持たなければ平和だけどお互いが核兵器を持たざるを得ない状況とか、お互いが値下げしなければ利益を生むがお互いが値下げをしなければならない状況など、いろいろな面で応用されているようです。



かけだし金融マンの豆知識でした。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 12:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年02月23日

TPPについて考えてみた

TPPについていろいろ考えていますが、イマイチよくわかりません。

誰か議論してください。



いったいTPPに参加するメリットは本当は何なのでしょうか。

平成の開国って何だろう。



まず、TPPに参加しないと世界に取り残されるという懸念。

これは、TPPの本質は環太平洋諸国の問題ではなく、実質的な日米FTAの問題であるとも言われています。

GDPなどをみてもそうなのでしょう。

そんな中で、世界に取り残されるとかルール作りに参加出来ないとか。

そのデメリットはイマイチしっくり来ません。



次に、TPP参加のメリットはどうか。

輸出の増加や韓国の事例についてもよく議論されます。

輸出産業については、関税と為替と人件費が大きな要素を占めます。

関税はたしかに撤廃されますが、円高ドル安の日本とウォン安ドル高で単純に比較することは出来ません。

また安い労働者の流入によるコスト削減と国内雇用確保の問題も無視出来ません。



逆にTPP参加のデメリットは何だろう。

デメリット=アメリカが日本に何を売りたいかということ。

アメリカは日本のマーケットに、当然ながらコメ、小麦、牛肉などを売ります。

さらにNAFTA締結後のカナダのように、牛肉加工や小麦製粉・加工などアグリビジネスの部門もアメリカ企業の支配が増えるかもしれません。

それ以上に、金融サービス、保険サービス、医療サービスなど、あらゆる分野での進出も懸念されるところです。



とにかく、アメリカ大統領の輸出拡大・雇用増大の一番の近道が、日本のTPP参加であることは間違いないでしょう。



他にも、日本の食料自給率が40%から14%への低下というのも根拠が乏しい一方で、日本の国内総生産に占める第一次産業の割合が1.5%だからといのも先進国の中で比べ決して軽視出来るものでもありません。



TPP賛成の人の賛成意見(メリットの説明)があまり説得力がない。

TPP反対の人の反対意見(デメリットの説明)も農業保護に限定されている。

そんな感じがしています。



そんな感じがしませんか?



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月04日

こども手当

最近、仕事で車運転する時に、よく国会中継聞いてます。



こども手当についても議論されてますね。



父親として

子育てにはお金がかかるので助かります。国が、安心して子育て出来る環境をつくるのは当然だと思ったりもします。次代の国を支えるのだから。



扶養者として

経済的な負担が減るのでたすかります。実質的には子育てを含めた生活費の補填となります。直接的な支出がどれだけ増えるかはわかりません。



納税者として

少子化対策としての費用対効果がどれだけなのか疑問もあります。もっと対象者を絞り込み、使途も制限すべきだと思います。



こども手当のあるべき姿

[対象者]
1.年収500万円以下の子供がいる世帯

2.上記以外で3人以上子供がいる世帯



[使途]

1.3歳未満の子供については、食べもの・子供服・ベビー用品にしか使えない「こども商品券」を支給する。

2.幼稚園、小学生、中学生については、入学金や学費や給食費について無償とする。



安心して子育てが出来、単なるバラマキとはならず、政策効果が期待出来ませんか?

3人以上子供を育てる世帯が増えなければ、人口は増えませんから。

そういう世帯に優しい国にしていきましょう。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 20:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年08月18日

僕の単身生活

91563463.jpg


9ab788e7.jpg
こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



単身生活って、自由な反面やはり自己責任が伴いますね。

堕落していけばたぶんどこまでも堕落していくんだろうな。

早起きしてお弁当作ったりもしました。ただ玉子焼き作って、ウィンナー焼いて、冷蔵庫のナスとタマネギを炒めただけのお弁当に、ふりかけおにぎり添えただけですけど。

ご飯は冷凍して夜に食べました。もやしとキノコ焼いたりしました。キノコとナスと市販のパスタソース炒めたりもしました。

本屋に行くと、大学時代から個人的な海外作家ビッグ3のうち2人の文庫本が出版されており、一気に読み漁りました。

ちなみに、ジョン・グリシャムの『謀略法廷(新潮文庫)』とジェフリー・アーチャーの『誇りと復讐(新潮文庫)』です。どちらもかなりおすすめです。

本を売りにブックオフに行ったら500円くらいで売れたので、『はじめは中古のBMWに乗りなさい』と『日本の「食」は安すぎる』と『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』を買いました。

僕の生活に必要不可欠な経済と農業と育児の本です。

あー早く子供たちを抱きしめたいな。

今週末に迎えにいきます。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 21:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年02月23日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが提供するサラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴る』



お互い心地良い酔い加減の中、俺はジュンペイに語りかける。



『人生はな、必ずしも平等とは限らない。

今回みたいに不運な状況に陥ることも多い。

嘆いていればいいのか、

恨めばいいのか、

それとも逃げればいいのか。』



『僕ならとりあえずやけ酒っすよ』

ジュンペイが応える。



『まあたまにはいいよな。

でもそればっかりじゃ悲しいだろ。



何事も、

今おかれている環境のせいにしちゃいけない。

言い訳したくもなるし、

恨み辛みもある。

となりの芝生だって青く見えるからな。



でも、格好いい生き方ってゆうのは、

どんな環境だろうと、

与えられた環境の中で、

精一杯努力し、

常に前を向いている、

そんな生き方なんじゃね〜かな。』

ヒートアップして、さらに体が熱くなる。



『そうっすね。

周りの環境とかじゃなく、

要は自分がどれだけ出来るかってことですよね。

自分との戦い。

なんか超ヤバいっすね。

ケンタさんどんだけヤバいっすか。』



ジュンペイの気分の高揚が、

言葉を意味不明に変えてゆく。



『そうだ。

人や周りに惑わされるな。

自分の信念を貫け。

やってやろうじゃねぇか。』



繁華街で拳を握りしめるスーツ姿の若造2人が、

明日の日本経済を支える。



『ケンタさん、俺、明日から超〜頑張りますよ。

今日の俺なんてバイバイ、

常に今の自分を超え続けてやる。

信念を貫きます。』



いつになく頼もしい後輩の姿。



『熱く語り合える仲間って、最高だな。』

俺も清々しい気分だ。



『先輩、俺、信念を貫きます。

だから、明日から頑張るために、ちょっとキャバクラ行きたいっス。

この前、菊池課長に連れてってもらったとこ。』

ジュンペイの目が爛々と輝いている。



『しょうがねぇな。

割り勘だぞ。』



繁華街で拳を握りしめるスーツ姿の若造2人が、

今日の夜の経済をも支えている。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 02:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月10日

誰がために鐘は鳴る

新連載シリーズ。

『誰がために鐘は鳴る』

サラリーマン物語。

お付き合いください。

かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



俺の名前はケンタ。社会人3年目。



小さい頃から楽しく生きることがモットーで、

学生時代はやんちゃばかり楽しい日々だった。

でも、曲がったことが大嫌いで、人の気持ちとか、人と人とのふれ合いとか、そういうものは大切にしてきたつもりだ。

特に、大学時代にアメフトというスポーツを通じて得た経験と出会った仲間たちのおかけで、本当に大切なものは何かってことに気付くことが出来た。



で、今は某メーカーの会社に就職して3年目。

工場に配属されて、ヘルメットをかぶり作業着を着ながら、

現場のおっちゃんに怒られたり、どなられたりしながらもうまく連携をとり、

事務やら、企画やら、運営やらを頑張っている毎日。



就職活動では、大手都銀とかからも内定をもらっていたけど、

銀行なんかよりメーカーの方が、人情味があるというか、泥臭いというか、

なんか人と人とのふれ合いがありそうと思ったから今の会社を選んだ。

ヘルメットだってアメフトで慣れっこだし、作業着を着て現場に出れるってのも、

俺にぴったりな感じだと思う。

工場長も男気があり、人間の温かみを感じさせてくれる人だから、

今の環境でバリバリ頑張ろうって、そんな生活を送っていた。



そんな矢先に、工場長が異動でどこかに飛ばされるなんて噂が流れてきた。

まさか。。。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 13:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月09日

ガソリン代は高い

早いものでもう11月ですねかけだし金融マンです。



千葉に来て、焼き芋を食べる機会が増えました。

千葉ってサツマイモの生産高がすごいんですよね。

サツマイモだけじゃなく、農畜産物全般に言えることですがね。



さて、かけだしと愉快な子供たちは、

最近全然寝てくれません(涙)。



ということで、深夜ドライブによる寝かしつけが、

かけだし家で流行ってます。

おかげで、近所の道路に詳しくなりました。



昨日なんて、

22時45分帰宅

23時夕食

23時20分かけだし息子と深夜ドライブ開始

23時40分かけだし息子が就寝

23時50分帰宅

みたいなスケジュールです。



ガソリンの減りが早いんです。



kou_blue97 at 08:03|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年02月22日

金融経済学的視点で日本経済を斬る!!

日本経済を斬りたいのはやまやまですが、まだまだかけだしなのでちょっと斬れません。逆に斬られてしまいます。


livedoorblogを利用させていただいて、『経済』→『金融』カテゴリに登録し、ブログスコアも順調に伸びていますが、金融的な話とか経済的な話とかためになる話がほとんどありませんよね(笑)。


まだかけだしだからとか、まだまだ未熟だからとかいう理由ですが、後どれくらい経てば日本経済を斬れるくらいになるのでしょうか?一般社会ではかけだし期間はどれくらいでしょうか?


最初は知識・情報を詰め込む時期だと思います。たまに吸収しきれずに消化不良をおこしますが(笑)。今はいろいろと経験を重ねる中で、知識や情報と経験をマッチングさせていく時期かなと思います。今後は知識と情報と経験から、自分なりの考えを外に発信していかなければなりませんよね。


目指せ、金融経済学的な視点で日本経済を斬る!!今日も頑張っていきましょう。結局、金融的な話も経済的な話も出来ませんでした(笑)。


kou_blue97 at 08:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年02月18日

僕が金融マンを目指した理由(part2)

高校生くらいまで、公務員や銀行員は格好悪いと思ってました。印象と言えば、堅い人間・真面目で面白みのない人間。そう思ってる方は少なくないと思います。どうしてだろう?


中学生くらいから、親や先生は堅い仕事に就くことは良いこと、と教育を受けます。理由は?と尋ねると、安定しているから、と回答されます。仕事の魅力について触れてないですよね。その時は、そんな面白くない職業なんて絶対嫌だと、子供ながら思っていました。


もし自分が中学生に戻れるなら、もしかしたら公務員を目指すかもしれません。仕事でお付き合いのある人の中に、政策達成のため・産業発展のため、骨身を削って頑張っている人を何人も知っています。やりがいがあると思いますし、尊敬に値します。それなのに、多かれ少なかれ夢や希望を抱いている子供たちに、安定しているからで片付けるなんて。悲しすぎます。印象も悪くなりますし。


教育の中で、社会や経済を知る機会が少ないと思います。僕だって大学4年になるで、ほとんど知りませんでしたから。それはそれで恥ずかしいですが、社会に出る前に知ることが出来て幸運でした。僕が金融マンを目指した理由は過去に書いたとおりですが。


将来をちゃんと考える機会が必要ですが、教えることが出来る人は少ないかもしれませんね。




kou_blue97 at 08:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末