紅葉

2021年12月04日

太田金山子育て呑龍。そして、不落の城。

今年一番というか、ここ数年で一番の紅葉。

DSC_1520


さて、12月ですね。

寒くなってくると、運動量が減ります。

これはまずい。

あまり遠くないところを歩きたい。

ということで、やってきました。

<太田駅>

DSC_1506


新田義貞の銅像。

鎌倉幕府の本隊を倒すという武功を立てた、後醍醐天皇による建武新政樹立の立役者の一人。

銅像の後ろにはSUBARUの文字。

株式会社SUBARUの群馬製作所です。

SUBARUのルーツは、ここ太田市の飛行機研究所。

飛行機研究所→日本飛行機製作所→中島飛行機製作所→中島飛行機株式会社→富士産業株式会社→GHQの財閥解体の対象となり工場ごとに分割。

そして、1955年。
旧中島飛行機グループの5社の合併により富士重工業株式会社が発足。
・富士工業(群馬県太田市)
・富士自動車工業(群馬県伊勢崎市)
・大宮富士工業(埼玉県)
・東京富士産業(東京都)
・宇都宮車両(栃木県)

2016年、富士重工業株式会社は株式会社SUBARUに社名変更。

丸の中に6つの星が描かれたSUBARUのロゴマークは、この「5社が集まって1つの大きな会社になった」ことを意味しているとのことです。



<大光院>

DSC_1508


義重山大光院新田寺。

通称「子育て呑龍(どんりゅう)」「呑龍様」

1611年に徳川家康が、徳川一族の繁栄・天下奉平・先祖供養(新田義重等)のため菩提寺の建立を計画し、建立のために招聘されたのが呑龍上人。

呑龍上人は、当時多くの子供が間引かれて殺されていたことを悲しみ、これらの子供たちを弟子として引き取って育てたため、後世の人々から「子育て呑龍」と慕われた。

上毛かるたでは「太田金山 子育て呑龍」として採録。

ちなみに、中島飛行機(SUBARUのルーツ)で開発された航空機(一〇〇式重爆撃機)の愛称は「呑龍」



<金龍寺>

DSC_1512


大田山義貞院金龍寺。

金山城主横瀬氏(のちの由良氏)の菩提寺。

歴代金山城主の五輪塔や新田義貞の供養塔が祀られる。



HORIZON_0001_BURST20211204121750680_COVER


大光院と金龍寺を過ぎて、さらに山道を歩きます。

道なのか、どこに向かうのか。

落ち葉を踏みしめながら、未知の世界へ進みます。

DSC_1518




<新田金山城>

DSC_1525


「金山城」、「新田金山城」

群馬県太田市のほぼ中央にそびえる標高236mの独立峰、金山の頂上にある山城。

1469年に新田一族の岩松家純によって築城。

以降、由良成繁・国繁親子が城主となる。

上杉謙信や武田勝頼などから十数回に及ぶ攻撃を受けるも、一度も落城したことがない不落の城。

DSC_1527


堀切や大手虎口など、当時の堅固さの面影が残る城址。

石垣を多用した山城。

DSC_1524



戦国時代の関東の山城には本格的な石垣普請の城はないという従来の定説を覆したという。



<新田神社>

DSC_1521


太田金山山頂に鎮座する新田神社。

当時の新田山城状の本丸跡に位置。

紅葉が美しすぎる。

時の城主は、この紅葉を見て何を思っていたのか。



<東の景色>

DSC_1523


栃木県足利市の方向。

渡良瀬川が流れます。


<西北西の景色>

DSC_1528


太田市内の農地が広がります。

その奥は前橋市。

右手に見えるのが、赤城山と榛名山。

左手に見えるのが、妙義山。

かな?


<南南東の景色>

DSC_1526


利根川を越えて、さいたま市、そして東京都心。

天気が良ければ、富士山まで見えるとのこと。



<南の景色>

DSC_1529


屋根沿いに少し下って、西城から望む景色。

太田市内がよく見えます。



山道でちょっと転んだ。

そして、帰りの下り道もなかなか急だった。

少し、膝が痛い。

日頃の運動不足かな。




kou_blue97 at 19:37|PermalinkComments(0)

2021年11月03日

群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜

<秋の群馬県をめっちゃ歩きたい>

緊急事態宣言が解除されて以降、初のなんにも予定がない日。
これは嬉しすぎますね。
これでも意外といろいろ忙しいんですよ。

仕事が忙しくなってくると食べる量が少し増えがち。
我慢しなきゃと言いつつ誘惑に負けて切り捨てられた思いが化けて出てきて
「歩きたい めっちゃ歩きたい」と枕元で言うのです。
そこで、じゃーん『秋の群馬県をめっちゃ歩こう企画』
パチパチパチ。

さてどこに行こうか。
そういえばありましたね。
いつか歩こうと思いつつ、まだ完全制覇していない場所。
『アプトの道』
4月にぐんまワンデー世界遺産パスを使って碓氷関所跡へ
5月に家族で峠の釜めしを食べた後の腹ごなしにめがね橋へ
と過去2回少し歩きました。
今回は、集大成かつ完全制覇を達成します!!



<アプトの道のおさらい>

・信州本線は、今は横川が終着駅ですが、昔は横川から軽井沢までつながっていました。
・1893年、日本で唯一のアプト式、山岳電化鉄道として開通。
・アプト式とは、線路の中央にノコギリ型のラックレールを置き、機関車のピニオンギア(歯車)を組み合わせて登る仕組み。
・1997年、長野・北陸新幹線開通に伴い廃線。
・廃線敷を利用して、横川駅から熊ノ平駅の間の約6kmが遊歩道(アプトの道)として整備されました。



<本日の歩きかた>

朝は6時半に出発
家からJR前橋駅まで歩きます。
(3.2辧
ウォーミングアップですね。

JRで前橋→高崎→横川
横川駅西側の起点からスタート。
アプトの道を歩きます。

DSC_1329


アプトの道はこんな感じです。
配線敷をひたすら歩きます。
青空が気持ち良くて空気が美味しい。
ん?
んん??
何かいますね。上のほう。

HORIZON_0002_BURST20211103090118700


野生の猿。
おサルさんたちです。
おとなしくて穏やかでした。

DIAGONAL_0001_BURST20211103090057231_COVER


電線もめっちゃ歩いてる。

HORIZON_0001_BURST20211103091018520_COVER


レンガ造りの建物が見えてきます。
旧丸山変電所。
碓氷峠を行き来する列車に電力を供給するための建物。
明治44年に機械室棟と蓄電池室棟は国の重要文化財。
(1.8辧針榮通算5.0辧

DSC_1331


これは1号トンネル。
アプトの道には、1号から10号までトンネルがあります。

DSC_1332


トンネルの中は空気が冷えていて気持ち良いです。

DSC_1334


そして2号トンネル。

DSC_1335


トンネルは入口も内部もそれぞれの顔があります。
少しずつ違っていて、特徴が。

DSC_1336


3号トンネルの奥に、4号と5号が見えます。

DSC_1333


ススキが良いアクセントに。

HORIZON_0001_BURST20211103100145756_COVER


碓氷第3橋梁に到着。
通称「めがね橋」
200万8000個のレンガで造られている4連アーチ式鉄道橋。
長さは91m、高さは31m。
明治25年に完成した碓氷線のシンボル。
(3.7辧針榮通算8.7辧

DSC_1337


6号トンネル。
ここからは未知の世界。

DSC_1338~2


とても長くて神秘的な雰囲気。
トンネルの長さは546mとアプト最長。

HORIZON_0001_BURST20211103101127261_COVER


排煙口がまた良い味を出してます。

DSC_1338


9号トンネル。
その手前に第5橋梁。

HORIZON_0001_BURST20211103102028250_COVER


9号トンネル内部。
奥にはラスト10号トンネル。

HORIZON_0001_BURST20211103102633233_COVER


10号トンネルを抜けると旧熊ノ平駅。

DSC_1339


アプトの道の終着駅。
(1.4辧針榮通算10.1辧

それでは来た道を戻ります。
足にきますね。
上りは心肺系に負担
下りは筋肉系に負担
これ、上り下り負担の原則です。
試験に出るから覚えましょう!

DSC_1341


10号トンネルから3号トンネルまで歩きます。
アプトの道の西側にあるのは碓氷湖。
四方を国有林の大木に覆われた静かな湖。
(2.4辧針榮通算12.5辧

DSC_1340


秋〜の夕日〜に〜照る山〜もみじ〜♪
動揺「紅葉(もみじ)」
作詞は長野県出身の国文学者である高野辰之さん。
そして、この歌の舞台はここ、碓氷峠の風景とのこと。

HORIZON_0001_BURST20211103111551867_COVER


碓氷湖を1周歩ける遊歩道があります。
(1.2辧針榮通算13.6辧

DSC_1330


碓氷峠くつろぎの郷で休憩。
紅葉も美しいです。
天然温泉「峠の湯」でひと休み。
温泉、久しぶり。
(1.2辧針榮通算14.8辧

HORIZON_0002_BURST20211103131534706~2


温泉効果もあり、帰りは快調な足取り。
トロッコ列車が通り過ぎました。
ぶんかむら駅(碓氷峠鉄道文化むら)から
とうげのゆ駅(碓氷峠くつろぎの郷)まで
土日祝日のみの運行のようです。

DSC_1326


ここがスタート&ゴール
やったぜ、アプトの道を完全制覇!

DSC_1345


帰りはJR横川駅
(2.8辧針榮通算17.6辧

DSC_1344


駅にはマンホールの蓋。
碓氷峠の自然とめがね橋をイメージ。

DSC_1326~2


JR信越本線からJR両毛線への乗り換え。
高崎駅まで行かず、北高崎駅で降りて高崎問屋町駅まで歩く。
ちょうどよいクールダウン。
(2.3辧針榮通算19.9辧

最後はバス停から家まで100mは歩いている。
というわけで、本日は20卻發ました!

結構歩いたね。
もちろん、朝からVAAM飲んでます。

歩くと気持ち良いし、いろんなことを考えられる。
仕事とか生活とか人生とか。
自分だけではなくて、家族の生活とか人生とかも。
そして、リフレッシュできました。

また明日からも頑張りましょう!



kou_blue97 at 18:23|PermalinkComments(2)

2020年12月06日

東京を歩く〜2020年秋〜

<国営昭和記念公園>

毎年恒例、「紅葉を見に行こうよう」企画。

今年は、国営昭和記念公園。

「みどりの文化ゾーン」

DSC_0515~2


ススキ(イネ科ススキ属)で秋を感じる。

東京都にも茅場あり。

昭和天皇記念館で文化的な嗜みも。

「森のゾーン」

HORIZON_0002_BURST20201123133420388~2


カエデ(ムクロジ科カエデ属)で秋深きを感じる。

DSC_0513~2


残念ながらイチョウ(イチョウ科イチョウ属)は枯れておりました。



<ファーレ立川>

秋といえば、芸術の秋。

イタリア語の「FARE(創る・創造する、生み出す)」に立川の頭文字“T”をつけた「ファーレ(FARET)立川」。

世界36か国92人の作家による109点のパブリックアート。

DSC_0526


NO.73「サンデー・ジャック・アクパン」

ナイジェリアのアートです。

ちなみに、ナイジェリアの首都はアブジャ。
(息子が地理のテストで勉強している)



<江戸川河川敷>

江戸川。

利根川水系の分流である一級河川。

現在でも、天然ウナギが獲れるらしい。

江戸川河川敷 篠崎グラウンド。

交流戦前のウォーミングアップ。

秋といえば、スポーツの秋。

BlogPaint


秋深き 隣は何を する人ぞ



kou_blue97 at 20:46|PermalinkComments(0)

2009年11月28日

紅葉狩りと椎茸狩り

b9b092ab.jpg庭園


dff1402b.jpg紅葉


95f8b5e2.jpg紅葉


e9a5b80c.jpg落穂拾い


2aeab0f4.jpg椎茸狩り



こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



今日は天候にも恵まれたので、紅葉狩りに川村記念美術館の公園へお出かけ。

帰りは佐倉きのこ園で椎茸狩り。



kou_blue97 at 21:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年11月23日

落ち葉拾い

f8a63cda.jpg


59408cd0.jpg


cae9b0d7.jpg


こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



落ち葉拾いました。

紅や黄色の色とりどり彩り豊か。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 14:21|PermalinkComments(1)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜