2022年11月16日

身近な自然〜前橋と高崎〜

最近、土日が忙しい…

秋やからね。

秋は、アメフトがあったり、行事やイベントがあったり…

全然、群馬を満喫できない!!

ということで、前橋市内と高崎市内。

身近なところにも、自然がいっぱい。

自然のエネルギーを貰いに行ってきました。



<覚満淵>

赤城山の標高1,360mに位置する湿原

DSC_2738~2

水面が水鏡になる瞬間も。

DSC_2734

水鏡、其の二。

DSC_2735~2

太陽の光が降り注ぐ幻想。

DSC_2736

風に揺れる水面と圧巻的な空の青さ。

DSC_2737

1周約800mほどの小さな湖沼と湿原。



<赤城山>

高崎市街と赤城山。

DSC_2774

赤城山は標高1,828mの黒檜山を主峰とする複成火山。

日本百名山、関東百名山、上毛三山に数えられる名峰。

中央部には、カルデラ湖の大沼や覚満淵や火口湖の小沼が。


<榛名山>

DSC_2782


榛名山は、榛名富士を標高1,449mの掃部ヶ岳などが囲む多くの峰を持つ。

中央部には、カルデラ湖の榛名湖と火口丘の溶岩ドームが。



<大自然>

DSC_2790


ジブリのアニメに出てきそうな山道

DSC_2789


見渡す限り、秋。

「森の中にむかしから住んでる?」

DSC_2777


ちゃんと、秋も見つかります。



どうですか?

前橋と高崎。

単身赴任の住み家から、すべて車で40分程度。

こんな素敵な場所があるなんて、最高やん。

エネルギーいただきましたっ。

頑張ろう。



kou_blue97 at 21:43|PermalinkComments(0)

2022年10月23日

秋の風物詩

今年も秋がやってきました。

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。

あれっ、毎年同じこと書いてるかも。

ということで、少し振り返ってみました。



<2021年の秋に書いたblogの1コマ>
〜食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。皆さま、どんな秋をお過ごしでしょうか?〜

<2020年の秋に書いたblogの1コマ>
〜毎年恒例、「紅葉を見に行こうよう」企画〜

<2019年の秋に書いたblogの1コマ>
〜なんだか、もう秋ですね。秋を感じてますか?それとも、飽きを感じてますか?〜

<2016年の秋に書いたblogの1コマ>
〜天気の良い週末は本当に嬉しい。秋を探しにドライブ&散歩〜

<2014年の秋に書いたblogの1コマ>
〜さて、10月ですね。なんか、もう、あっと言う間。秋、深まってます。秋、盛り上がってます。「スポーツの秋」ですもんね〜

<2013年の秋に書いたblogの1コマ>
〜秋ですね〜秋といえば…って、毎年この時期になるとたぶん同じようなことをblogに書いてるんだろうなぁ。そんな僕に、もう飽き飽き。。。秋だけにな。てへっ。(〃∇〃)〜

<2012年の秋に書いたblogの1コマ>
〜真夏の暑さも、阿波おどりの盛り上がりとともに和らぎ、秋を感じさせる季節になってきました〜

<2011年の秋に書いたblogの1コマ>
〜見渡せば 花ももみじもなかりけり 紅く色付く 秋の夕暮れ。三夕の歌をアレンジしました〜

<2010年の秋に書いたblogの1コマ>
〜実りの秋が今年もまた僕らのもとへやって来てくれますね。ちょっとずつ近づいてきているのがわかります。まだまだ暑い日々ですが、秋の気配、感じますよね。いろんなところに、小さな秋が落ちてますよ。ほらっ、そこにも〜

<2009年の秋に書いたblogの1コマ>
〜子供たちが「トトロに逢いたい」というので「どんぐりを拾えばトトロに逢えるかもね」と答えていたので、日曜日は「どんぐり拾いに行こう」とおねだりされました。パパだってトトロに似てるっちゃ似てるのに〜

<2007年の秋に書いたblogの1コマ>
〜北海道から大好物の秋の味覚が送られてきました。昔住んでいた思い出の街、寿都町産の『ほっけの飯寿司』です。秋の味覚と大地の恵みに感謝〜

<2006年の秋に書いたblogの1コマ>
〜いよいよ秋。スポーツの秋、食欲の秋、味覚の秋、読書の秋、女心の秋。秋って名詞でも形容詞でも、なんでも似合う言葉ですね〜



いかがでしたでしょうか?

やっぱり同じようなことを思ってたり。

それでいて、ちょっと切り口を変えて表現してみたり。

というわけで、2022年の秋の風物詩です。



<北海道のイクラ>
CENTER_0001_BURST20221015074546553_COVER

イクラちゃん。
「ハーイ。ちゃーん。バブー。」



<山わさび>
DSC_2616

北海道に自生する山わさび。
おじいちゃんの畑にも昔は自生していました。
懐かしい。



<柿>
DSC_2614

自分が北海道に住んでいる時には柿が木に実っているところを見たことがない。
というわけで、本州の柿はいつでも新鮮です。

DSC_2636

柿食へば、秋を感じる。



<秋映>
DSC_2613

秋映(あきばえ)という品集。
長野「りんご3兄弟」の1つ。



<小鍋立て風>
DSC_2637

秋から冬にかけて、自炊は一人鍋。
カッコよくいうと、小鍋立て風。
具材はシンプルに。



<豚汁>
DSC_2638

群馬の単身赴任の主食は「豚汁」
群馬県産の食材だけで豊富な豚汁がつくれます。



<秋はアメフト>
DSC_2623

群馬スタリオンズの2022年シーズン第2戦。
試合は午後なので、午前の第1試合を見ながら準備。

DSC_2625

グラウンド間近で観戦できます。
アメフト、大迫力の興奮と感動。

DSC_2629

試合前のハドル。
大宮けんぽグラウンドにも陽が差して青空が。

DSC_2630

ハーフタイムのハドル。
休みながら作戦会議。
午後は涼しくなってきました。

DSC_2631

試合後のグラウンド。
秋の夕暮れ。



まだまだ2022年の秋を満喫しましょう!





kou_blue97 at 19:55|PermalinkComments(2)

2022年10月10日

食欲の秋 〜2022〜

食欲の秋

秋は、実りと収穫の季節。
秋は、冬に向けてエネルギーをため込む季節。

諸説ありますが、秋は「食欲の秋」と言われる季節です。

秋の味覚を中心に、ここ最近の食べ物等を記録しました。



1.群馬の美味しいもの

<牛すじぷるぷるこんにゃく定食>
道の駅「あぐりーむ昭和」のムラノナカ食堂
DSC_2396

・野菜王国の昭和村の蒟蒻や地元産の食材がたっぷり!
・漬物のレタスも昭和村の特産品。

<いちごみるく>
道の駅「あぐりーむ昭和」のムラノナカ珈琲
DSC_2397

・これまた地元産のイチゴと牛乳をふんだんに利用!
・白と赤のコントラストも色鮮やか。

<白いトンカツ>
前橋市「かつひろ」のロースかつ定食
DSC_2576

・低温揚げのためサクサクで旨味がたっぷり!

DSC_2577

・群馬県は国内有数の豚肉の産地で脂の甘みが最高!

<手打ちうどん>
前橋市の手打ちうどんの老舗「大黒屋」
DSC_2567

・米麦二毛作で小麦文化の群馬でも老舗の美味しいうどん。

<ひもかわうどん>
桐生市で地元民に連れて行ってもらった店
DSC_2311

・薄くとものどごしが最高のひもかわうどん。

<焼きまんじゅう>
これぞ群馬の粉もの文化
DSC_2312

・甘い味噌だれで焼いた郷土食「焼きまんじゅう」

<黒舞茸のきのこうどん>
浅間酒造観光センターの秋のメニュー
DSC_2445

・幻のキノコと言われる黒舞茸がふんだんに入ってます。

<牛乳とんこつラーメン>
吾妻地域の牛乳を使ったラーメン
DSC_2471

・あっさりしつつコクもある。まさに、群馬を飲む。

<かわばジェラート>
川田牧場ジェラート工房
HORIZON_0002_BURST20220921132941961~2

・川場村の大地で育った乳牛の搾りたて100%。

<味付豚ホルモンねぎ塩>
工場直送の自動販売機「ど冷えもん」
DSC_2358

・もつ煮とねぎ塩ホルモンを購入。

DSC_2367

・こちらはねぎ塩ホルモン。
・ねぎ塩でさっぱりしつつホルモンも旨い。

<僕らの未来カレー>
「えばらハーブ豚未来」のカレー
DSC_2316

・完全無投薬で飼育された「えばらハーブ豚未来」を使ったカレー

DSC_2315

・豚肉もルーのスパイシー感も美味しくて安全・安心。



2.家族で美味しく

<びっくりドンキー>
定番の味「チーズバーグデッシュ」
DSC_2489

・35年以上前から美味しく食べている大切なソウルフード。

DSC_2490

・彩り野菜たっぷりの「いろどりセット(おろしそ)」

<たまにはパパ料理>
休日のお昼はパスタにしてみよう
DSC_2497

・パスタはひき肉と野菜を炒めるところから始まる。

DSC_2501

・こんにゃくパスタでヘルシー感も演出。



3.単身赴任の自炊

<みそ漬豚ロース>
DSC_2582

・鉄スキレットで焼いてみた群馬県産豚肉

<キタアカリ>
DSC_2505

・札幌の実家で収穫された愛情たっぷり「キタアカリ」

<茹でた野菜にカレー>
DSC_2556

・昭和村産のレタス
・前橋産のタマネギ
・実家のキタアカリ
・生協のキーマカレー
・単身赴任の自炊なんてこんなもん





kou_blue97 at 21:02|PermalinkComments(2)

2022年09月23日

秋を感じる〜2022年群馬の秋〜

群馬の夏は暑い。

そんな暑さもだんだん和らいできました。

さようなら、2022年の夏。

ようこそ、2022年の秋。

ということで、秋を感じる群馬のものたちです。



<りんご>

HORIZON_0001_BURST20220921133236258_COVER


群馬県のりんごは、利根沼田た吾妻などの標高が高い地域で栽培。

HORIZON_0001_BURST20220921133218710_COVER


日照時間が長く、昼夜の気温差が大きいため、甘くて美味しいりんごが育ちます。

DSC_2465


これは、樹上完熟になるのかな。

HORIZON_0001_BURST20220921133133854_COVER


群馬県のりんごの収穫量は全国第8位。

HORIZON_0001_BURST20220921133058331_COVER~2


美味しいりんごが実りますように。



<栗>

HORIZON_0001_BURST20220921132226261_COVER


栗もまた、秋を感じさせてくれます。

縄文時代から食べられていたという栗。

DSC_2462


たわわに実ってます。



<柿>

HORIZON_0001_BURST20220921133748499_COVER


柿は北海道では栽培されていません。

なので、自分にとってはいつも新鮮な風景。

DSC_2466


色づくまでは、あと少し。



<蒟蒻畑>

DSC_2468


リアル蒟蒻畑。

DSC_2469


土の中で大きく育つ蒟蒻芋。



<おぜの紅>

DSC_2475


群馬のりんご「おぜの紅」

果実は大玉。

糖度と酸味のバランスが良く、香りも良好。



<アップルシナモントースト>

DSC_2476


群馬の秋の味覚。

もちろんそのままいただきますが、ちょっとした一工夫。

アップルシナモントーストで子供たちと朝ごはん。



kou_blue97 at 20:56|PermalinkComments(0)

2021年11月03日

群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜

<秋の群馬県をめっちゃ歩きたい>

緊急事態宣言が解除されて以降、初のなんにも予定がない日。
これは嬉しすぎますね。
これでも意外といろいろ忙しいんですよ。

仕事が忙しくなってくると食べる量が少し増えがち。
我慢しなきゃと言いつつ誘惑に負けて切り捨てられた思いが化けて出てきて
「歩きたい めっちゃ歩きたい」と枕元で言うのです。
そこで、じゃーん『秋の群馬県をめっちゃ歩こう企画』
パチパチパチ。

さてどこに行こうか。
そういえばありましたね。
いつか歩こうと思いつつ、まだ完全制覇していない場所。
『アプトの道』
4月にぐんまワンデー世界遺産パスを使って碓氷関所跡へ
5月に家族で峠の釜めしを食べた後の腹ごなしにめがね橋へ
と過去2回少し歩きました。
今回は、集大成かつ完全制覇を達成します!!



<アプトの道のおさらい>

・信州本線は、今は横川が終着駅ですが、昔は横川から軽井沢までつながっていました。
・1893年、日本で唯一のアプト式、山岳電化鉄道として開通。
・アプト式とは、線路の中央にノコギリ型のラックレールを置き、機関車のピニオンギア(歯車)を組み合わせて登る仕組み。
・1997年、長野・北陸新幹線開通に伴い廃線。
・廃線敷を利用して、横川駅から熊ノ平駅の間の約6kmが遊歩道(アプトの道)として整備されました。



<本日の歩きかた>

朝は6時半に出発
家からJR前橋駅まで歩きます。
(3.2辧
ウォーミングアップですね。

JRで前橋→高崎→横川
横川駅西側の起点からスタート。
アプトの道を歩きます。

DSC_1329


アプトの道はこんな感じです。
配線敷をひたすら歩きます。
青空が気持ち良くて空気が美味しい。
ん?
んん??
何かいますね。上のほう。

HORIZON_0002_BURST20211103090118700


野生の猿。
おサルさんたちです。
おとなしくて穏やかでした。

DIAGONAL_0001_BURST20211103090057231_COVER


電線もめっちゃ歩いてる。

HORIZON_0001_BURST20211103091018520_COVER


レンガ造りの建物が見えてきます。
旧丸山変電所。
碓氷峠を行き来する列車に電力を供給するための建物。
明治44年に機械室棟と蓄電池室棟は国の重要文化財。
(1.8辧針榮通算5.0辧

DSC_1331


これは1号トンネル。
アプトの道には、1号から10号までトンネルがあります。

DSC_1332


トンネルの中は空気が冷えていて気持ち良いです。

DSC_1334


そして2号トンネル。

DSC_1335


トンネルは入口も内部もそれぞれの顔があります。
少しずつ違っていて、特徴が。

DSC_1336


3号トンネルの奥に、4号と5号が見えます。

DSC_1333


ススキが良いアクセントに。

HORIZON_0001_BURST20211103100145756_COVER


碓氷第3橋梁に到着。
通称「めがね橋」
200万8000個のレンガで造られている4連アーチ式鉄道橋。
長さは91m、高さは31m。
明治25年に完成した碓氷線のシンボル。
(3.7辧針榮通算8.7辧

DSC_1337


6号トンネル。
ここからは未知の世界。

DSC_1338~2


とても長くて神秘的な雰囲気。
トンネルの長さは546mとアプト最長。

HORIZON_0001_BURST20211103101127261_COVER


排煙口がまた良い味を出してます。

DSC_1338


9号トンネル。
その手前に第5橋梁。

HORIZON_0001_BURST20211103102028250_COVER


9号トンネル内部。
奥にはラスト10号トンネル。

HORIZON_0001_BURST20211103102633233_COVER


10号トンネルを抜けると旧熊ノ平駅。

DSC_1339


アプトの道の終着駅。
(1.4辧針榮通算10.1辧

それでは来た道を戻ります。
足にきますね。
上りは心肺系に負担
下りは筋肉系に負担
これ、上り下り負担の原則です。
試験に出るから覚えましょう!

DSC_1341


10号トンネルから3号トンネルまで歩きます。
アプトの道の西側にあるのは碓氷湖。
四方を国有林の大木に覆われた静かな湖。
(2.4辧針榮通算12.5辧

DSC_1340


秋〜の夕日〜に〜照る山〜もみじ〜♪
動揺「紅葉(もみじ)」
作詞は長野県出身の国文学者である高野辰之さん。
そして、この歌の舞台はここ、碓氷峠の風景とのこと。

HORIZON_0001_BURST20211103111551867_COVER


碓氷湖を1周歩ける遊歩道があります。
(1.2辧針榮通算13.6辧

DSC_1330


碓氷峠くつろぎの郷で休憩。
紅葉も美しいです。
天然温泉「峠の湯」でひと休み。
温泉、久しぶり。
(1.2辧針榮通算14.8辧

HORIZON_0002_BURST20211103131534706~2


温泉効果もあり、帰りは快調な足取り。
トロッコ列車が通り過ぎました。
ぶんかむら駅(碓氷峠鉄道文化むら)から
とうげのゆ駅(碓氷峠くつろぎの郷)まで
土日祝日のみの運行のようです。

DSC_1326


ここがスタート&ゴール
やったぜ、アプトの道を完全制覇!

DSC_1345


帰りはJR横川駅
(2.8辧針榮通算17.6辧

DSC_1344


駅にはマンホールの蓋。
碓氷峠の自然とめがね橋をイメージ。

DSC_1326~2


JR信越本線からJR両毛線への乗り換え。
高崎駅まで行かず、北高崎駅で降りて高崎問屋町駅まで歩く。
ちょうどよいクールダウン。
(2.3辧針榮通算19.9辧

最後はバス停から家まで100mは歩いている。
というわけで、本日は20卻發ました!

結構歩いたね。
もちろん、朝からVAAM飲んでます。

歩くと気持ち良いし、いろんなことを考えられる。
仕事とか生活とか人生とか。
自分だけではなくて、家族の生活とか人生とかも。
そして、リフレッシュできました。

また明日からも頑張りましょう!



kou_blue97 at 18:23|PermalinkComments(2)

2021年10月31日

社会経済活動が少しずつ再開した秋〜充実した10月〜

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。

皆さま、どんな秋をお過ごしでしょうか?



緊急事態宣言が9月末に解除。

公私ともに、社会経済活動が段階的に再開しました。

感染症対策を講じながら、経済貢献もしていかなければなりません。



という状況を踏まえて10月を振り返ってみると。

なかなか忙しかった。

忙しかったということは、充実していたということ。

たしかに緊急事態宣言中は閉塞感が強かった。

充実感が大きいということは、良いことですね。



このまま、11月そして年末までフルスロットルで駆け抜けていきましょう!

感染症対策と危機意識を忘れずに、毎日を楽しもう。



<秋映>

・濃い赤色が素敵な秋映(あきばえ)

CENTER_0001_BURST20211014194210275_COVER~2


・りんごの飾り切り
・こんなこともできるようになった単身赴任

TRIPART_0001_BURST20211014193930904_COVER~2




<さつまいも>

・川越さつまいもチップス
・妻とちょっとしたドライブ

HORIZON_0001_BURST20211010114609161_COVER




<朝マック>

・乾燥で手荒れがひどくい朝。
・朝マックで30分小説を読んでから出勤

DSC_1301




<新幹線>

・駅に牛肉どまん中弁当おにぎりが売っていた。
・山形新幹線つばさでよく食べた懐かしの味。

DSC_1307




<自宅bar>

・なかなか良い仕事をやり遂げた夜。
・barで一杯飲んでる風をイメージ。

DSC_1247


・仕事でくたくたになった夜。
・居酒屋で心温まる料理をビールとともに風をイメージ。

HORIZON_0001_BURST20210930221909186_COVER




<アメフト>

・緊急事態宣言解除を受けてまたアメフトチームに参加。
・スタッフとしてだけど、やっぱり試合は盛り上がる!

1635666021085




kou_blue97 at 18:02|PermalinkComments(0)

2021年10月10日

夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜

<嬬恋村のキャベツ畑>

DSC_1175


これが噂の嬬恋キャベツ。

後ろに見えるは浅間山。

DSC_1174


圧巻の眺めですね。



<昭和村のこんにゃく畑>

HORIZON_0001_BURST20211008103629637_COVER


何の畑だろうって一瞬思いました。

こんにゃくの畑は群馬県ならでは。

HORIZON_0001_BURST20211008103727288_COVER


まさしく、リアル蒟蒻畑。



<通勤ルートのミカンの木>

HORIZON_0001_BURST20210825073552243_COVER


夏くらいから、通勤中に気になる果実。

木になる実。

HORIZON_0001_BURST20210909073935088_COVER


少しずつ、色づきはじめる。

DSC_1237


日常の一部だけど、季節を感じられる。

お気に入りの通勤路。



<敷島公園のバラ園>

DSC_1223~2


8月は一輪のバラも咲いておらず。

HORIZON_0001_BURST20211002065026081_COVER~2


秋に向けて、エネルギーを蓄えていたんだね。

HORIZON_0002_BURST20211002065233536~2


また少しずつ咲きはじめました。

DSC_1222~2


色とりどりのバラたち。

DSC_1220~3


秋の満開まで、あと少し。



<芝のフィールド>

DSC_1236~3


緊急事態宣言も解除されたので、芝生で体を動かします。

DSC_1235


青空と 緑の芝生に 楕円形



10月だけど、まだまだ暖かい日々。

そんな中にも、本格的な秋は一歩ずつ感じられますね。

群馬は秋も美しい。


kou_blue97 at 08:28|PermalinkComments(0)

2020年12月06日

東京を歩く〜2020年秋〜

<国営昭和記念公園>

毎年恒例、「紅葉を見に行こうよう」企画。

今年は、国営昭和記念公園。

「みどりの文化ゾーン」

DSC_0515~2


ススキ(イネ科ススキ属)で秋を感じる。

東京都にも茅場あり。

昭和天皇記念館で文化的な嗜みも。

「森のゾーン」

HORIZON_0002_BURST20201123133420388~2


カエデ(ムクロジ科カエデ属)で秋深きを感じる。

DSC_0513~2


残念ながらイチョウ(イチョウ科イチョウ属)は枯れておりました。



<ファーレ立川>

秋といえば、芸術の秋。

イタリア語の「FARE(創る・創造する、生み出す)」に立川の頭文字“T”をつけた「ファーレ(FARET)立川」。

世界36か国92人の作家による109点のパブリックアート。

DSC_0526


NO.73「サンデー・ジャック・アクパン」

ナイジェリアのアートです。

ちなみに、ナイジェリアの首都はアブジャ。
(息子が地理のテストで勉強している)



<江戸川河川敷>

江戸川。

利根川水系の分流である一級河川。

現在でも、天然ウナギが獲れるらしい。

江戸川河川敷 篠崎グラウンド。

交流戦前のウォーミングアップ。

秋といえば、スポーツの秋。

BlogPaint


秋深き 隣は何を する人ぞ



kou_blue97 at 20:46|PermalinkComments(0)

2020年09月18日

涼しくなってきたね

9月になって、涼しくなってきました。

暑い夏を乗り越えたね。

わが家のカタツムリたち。

DSC_0106


土管に並ぶ姿。

DSC_0063


成長してますね。

DSC_0265




夏といえば、米ナス。

DSC_0236


米ナスのミートソース焼き。

DSC_0237


これは・・・

DSC_0234


カタツムリたちのベッドに!

DSC_0235




カタツムリハウスのいろいろ。

DSC_0107



CENTER_0001_BURST20200802090602996_COVER



DSC_0149



DSC_0184



DSC_0218



DSC_0259



DSC_0262


秋はどんなレイアウトにしようか、わくわく。

kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)

2018年10月30日

秋深き

なんだか、もう秋ですね。

秋を感じてますか?

それとも、飽きを感じてますか?



なかなか東京にいると秋を感じることが少ないです。

残念。

「秋深き 隣は何を する人ぞ」

いや

東京の人たちは、何に秋を感じているのだろうか?



ちょっと公園に足を運んでみると。

DSC_1675


ドングリに出会えたりします。

癒される。



東京で暮らしていても、癒しの風景も。

DSC_1635


こんなロケーションで、のびのびと過ごせる時間も、また癒しなり。

DSC_1640


日常を忘れさせてくれます。



このグラウンドは、赤いフェニックスグラウンド。

DSC_1679


「汝、不死鳥たれ!」


仕事場でも、また然り。

よし、頑張ろう。








kou_blue97 at 00:35|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜