生き方

2011年01月28日

お金に困らない生き方

「お金に困らない生き方」という雑誌を読みました。

給料は増えず、ポストは減り、雇用やキャリアに対する不安が大きい、そんな希望のない環境の中で、働くモチベーションは何かという心理調査がありました。

54%が「お金」という答えでした。



月曜日から金曜日まで、朝早く起きて夜遅く帰る生活。

何のために働くのか。

生きるため。

そして、家族を養うため。

お金が必要ですよね。

これって質問の仕方が難しいですよね。

生活のために働いてない人なんてごく一部のはず。

自己実現とか出世とか社会貢献なんて、最低限の生活があって成り立つものだから。

マズローの欲求ですね。

働くモチベーションというよりも、「仕事を頑張るモチベーション」とか「仕事で一番何を優先するか」という質問だとわかりやすいかも。



何で頑張るか。

何で遅くまで残業するのか。



よく「仕事好きなの?」とか聞かれます。



仕事は嫌いじゃないけど、生活を犠牲にしてまで好きじゃありません。

遅くまで残業することを美徳だとも当然思ってません。



じゃあなんで残業するのか。



それは仕事があるから。

仕事1つ1つにお客さんの顔があるから。

次々と相談されるから。

仕事が好きとか嫌いとかじゃない。

ただ、相談されて放っておくなんて出来ないだけ。

いつまでも待たせるわけにはいかないだけ。

それって当たり前だよね。



自分の仕事を評価するのは、人事なんかじゃなく、上司でもなく、お客でしかない。

お客に評価されればそれでいい。

人事評価なんてクソくらえだ(笑)



ただ、若い人に誤解されたくないが、お客の評価というのは要望に応えるだけではない。

要望に応えないことも含めて、お客のために考えること。



俺なんてまだまだだ。

でもそうやって生きていきたい。



それが僕のモチベーションです。

僕が死んでも、子供達には伝えて欲しい。

僕はこうやって生きようとしていた、と。


かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 21:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年02月28日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが提供するサラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴る押





人事部の菊池課長のもとへ、前工場長がやって来た。

「菊池くん、ご栄転おめでとう。本社はどうだい?」



菊池課長は立ち上がり、前工場長を迎える。

「ご無沙汰していました。お元気そうで何よりです。」



「実はな、早期退職制度を利用しようかと思っているんだ。」

工場にいた頃よりは穏やかな顔をしている。



「知り合いのちょっとした小さな工場で働かないかと話があり、

家からも近いし、前向きに話を進めていこうかなんて考えている。」



やはり、人事異動の傷は癒えないんだろうか。



「あれからいろんなことを考えたよ。

辛く悲しい思いももちろんした。

でも、大切なことを気付かせてくれた。」



菊池課長は完全に聞き手にまわっている。



「どうだ?

やっぱり俺は出世ラインから外れた負け組みにしか見えないか?」

笑いながら前工場長は続ける。



「仕事は、わがままも許してもらったし、

自分の好きなようにやらせてもらうことが出来て、本当に満足している。

この年にもなって、他人の評価が全てで一喜一憂するなんて寂しい人生じゃないか。

自分の信念を貫いて今までやってきて本当に良かったと思っている。

そして工場長としていい仲間たちに囲まれて、これ以上の贅沢はあるか?



俺は胸をはって会社を辞めれるよ。俺は頑張ったってな。



これからも、新しい現場でバリバリ頑張るさ。



菊池くんとか、工場のケンタとか熱いハートの男には、

後悔しない充実した仕事と人生を歩んでもらいたい。



信念と誇りをもって、楽しかったと胸をはれるよう頑張って、

この会社を支えていって欲しいと思うよ。



老兵は去るのみ。頑張ってくれ。みんなによろしくな。」



そう言って、前工場長はこの部屋を後にした。



★★★


俺は、数週間後に菊池課長の口から聞いた。

さすが男だなって率直に思った。

ジュンペイもわかってんだかわかってないんだかよくわからないが、

「格好いいっスね」と口にしていた。



俺は、それから全工場長に会うことはなかった。



でも、前工場長は工場にいろいろなモノを残していった。

一緒に働くことが出来たのはわずかだが、

俺の心の中にもたくさんのモノが残っている。



「胸をはって辞められる」という言葉の意味を深く感じる。



それは、時をかけて、社会をめぐって、次代に引き継がれ、

そうして誰かの心に伝わっていく。

そうして時代に刻まれてゆく。



そのために、鐘は鳴っているのかもしれない。





□第20話が最終回です□


人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 00:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)