物語

2015年09月13日

もしアメフトの魅力を・・・物語を書くとしたら (第2章)

もしアメフトの魅力を知ってもらうための物語を書くとしたら

第2章 チームの歴史

<第4話>

 合宿2日目の朝。主将の高橋は朝5時半に目を覚ました。起きる時間にはまだ早いが、空模様を確認するために玄関に向かった。途中、食堂では既に女子マネのリーダーであり部の主務である前田奈津子(まえだなつこ)が、他のマネが集まる前に、一人朝御飯の準備を始めていた。
「なっちゃんおはよう。」主将が声をかける。
「おはよう。早いね。疲れてるんだから、ギリギリまで寝ていれば良いのに。」
「なっちゃんこそ、まだ早いんじゃない?ありがたいけど、無理しないでね。」
「だって、部員もこの春で一気に30人、マネも入れたら35人の大所帯になったんだよ。もう、朝からご飯、何合炊かなきゃならないと思ってるの?」
 前田は少し口を尖らせて主将に詰め寄る。前田は、少し不満げな素振りを見せているが、部員が増えたことで本心は喜んでいる。それを主将もわかっている。

 このアメフト部は、創部3年目と歴史は浅い。2年前に、現主将の高橋の手で部が立ちあげられたばかりであり、北海道リーグに加盟したのは昨年。対外試合も当然ながら昨年が初めて。結果は、2部リーグ全敗で最下位に終わった。部員達は試合を出来た喜びとこのスポーツの魅力を感じるとともに、勝てない悔しさに打ちのめされる、最高に充実したシーズンとなった。

 高橋は、神奈川県出身。中学高校と陸上部に所属し、短距離走でそれなりの成績を残してきた。彼が毎日トラックで汗を流している頃、隣のグラウンドではアメフト部の同級生が汗を流していた。部室も、アメフト部が隣だった。そんな縁もあり、アメフト部の試合もたまに観に行った。試合に勝ちチームメイトと喜ぶ姿や試合に負けて泣きながら抱き合う姿を見て、チームスポーツへの憧れを覚えた。そして、アメフトへの興味も高まっていった。
 志望する学部と自分の偏差値、そして北海道での一人暮らしをしたいという思いから、高橋はこの大学へ進学した。個人競技である陸上を続けるつもりはなかった。しかし、この大学には興味を示し、本気で取り組みたいと思える部もサークルも、スポーツもなかった。そんな中、週末に河川敷でアメフトをやっているチームに気が付いた。地元の社会人チームだった。すぐにチーム所属し、アメフトを始めることを決意した。社会人チームはサラリーマン主体のため練習は週末のみだが、平日は走り、身体を鍛え、アメフトを勉強した。そして大学1年生の秋、社会人チームの交代要員としてユニフォームをまとい、試合に出場した。
陸上で鍛えた脚力には自信があったが、彼はアメフトを知らな過ぎた。ボールを持って、「さあ行くぞ」とギアを加速する前に、相手選手にタックルされて、地面に仰向けに倒れこんだ。太陽が眩しく、身体は痛かった。それよりも、味わったことのない屈辱を感じた。

「アメフトだ。大学で、アメフト部を立ち上げよう!」そう決意した瞬間だった。



<第5話>

 北海道では11月下旬には雪が降っており、野球やサッカーを初めとする外のスポーツが出来ないオフシーズンを迎える。アメリカンフットボールも同様だ。社会人チームの活動が11月で終わると、高橋は来年の春には新しいアメフト部が誕生すると信じて、文字通り草の根の活動から動き始めた。
 高橋と同じ1年生の中には、高校時代に運動部を経験し、大学でも何か運動を続けたかったものの、その何かを見つけられず、何か物足りない毎日を過ごしている者もいた。あるいは、サークルに参加したものの、その活動内容では刺激が足りず飢えている者もいた。しかし、大学2年生以上の者は、日々に物足りなさを感じている者は存在したものの、何か新しいことに挑戦しようという意欲がアメフトに向かう者には出会えなかった。
結局、高橋は1年生の中からアメフト部立ち上げに賛同する男4人に加え、誰よりも高橋の情熱と熱意に感銘を受けそして誰よりも熱いハートを持った女1人(前田奈津子)の計6人により、アメフト同好会が立ちあがった。

 2月には期末テストも無事終わり、大学生は長い春休みを迎える。そして、1年で最も大切な時期とも言える「新入生の勧誘」の季節である。高橋とその仲間達には乗り越えなければならない壁が2つあり、1つは「同好会から部として正式に認められること」、そしてもう1つは「試合が出来る11名のプレーヤーを確保すること」である。
 同好会は立ちあがったものの、雪深くグラウンドは使えないので、体育館での体力づくりと身体づくりが中心の彼らには、まだユニフォームがなければ防具もない。そんな状況での新入生の勧誘は、当然ながら難航する。それでも、彼らは熱心に話しかけ、語りかけた。最初からアメフトをやりたいと思う人などいない。アメフトに興味を持っている人などいるはずがない。でも、自分たちのように、いつかアメフトに興味を持ってくれるかもしれない。そう信じて、アメフト部の売り込みだけではなく、大学の先輩として、どんな学生生活を送るべきか、本音で真摯にアドバイスを送った。高橋も、仲間達も、そして前田も。

 高橋には予想外の出来事が2つあった。1つは、新入生の勧誘が想像以上に難しかったことだ。アメフト部を立ち上げようと思いつき、約2カ月で同好会メンバー5人を口説き落とした実績から、新入生の勧誘もそれなりに上手くいくと思っていた。しかし、同好会メンバーは同級生として友達感覚で口説くことが出来たし、何より運動部経験者や今の学生生活の状況というフィルタにかけられたターゲットを絞り込んでいた。だから、それなりの効果が見出せた。しかし新入生の勧誘はフィルタにかける余裕もないなかで、口説かなければならず、想像以上の困難さであった。もう1つの予想外の出来事は、自分の勧誘以上に、主務の前田の勧誘の効果が大きいことだった。

 努力の結果、新入生は5人入り、計11人にて正式にアメフト部として認められることとなった。しかし、マネージャーを除くとプレーヤーは10人だった。



<第6話>

 主将の高橋の2年生のシーズンは、アメフト部が成立し、北海道リーグに正式に加入したものの、プレーヤーは10人であり、公式な対外試合を行うことはなかった。平日の練習の他、週末は社会人チームの練習に全員で参加させてもらい、経験豊富なオジさん達から技術や知識を学んだ。試合形式での練習はもちろん、社会人チームの人数不足の際には助っ人で試合にも出させてもらった。ここでも主務の前田の存在は大きく、社会人チームには大きな便宜を図ってもらえた。

 そして高橋が3年生となる頃には、新入部員が10人、新入マネージャーが5人入部した。部の雰囲気は大きく変わった。春及び夏の合宿を終える頃には、新入部員は8人、新入マネージャーは2人に減っていたが、熱いハートを持つ者たちが全員生き残った。

 アメフト部として初めて挑む秋のシーズンが始まった。北海道リーグには12の大学が存在し、1部6チーム、2部6チームで構成される。新加入のチームは、当然ながら2部リーグの最下位の位置からのスタートとなる。「公式戦、初勝利」を掲げて戦ったものの、5戦5敗の最下位に終わった。
 全敗対決の最終戦。主将高橋の個人能力により点の取り合いとなったシーソーゲームも、シーズン終盤の総力戦の中では、層の薄さが致命的となり、28−35で惜しくも敗れた。足が速い高橋がリーダーシップを発揮し、攻撃ではQB(クォーターバック)、守備ではFS(フリーセーフティ)と文字通り縦横無尽にフィールドを駆け回ったが、チームとしての武器は足の速さだけだった。社会人チームが採用しているオフェンス(プロI体型)をそのまま用いて、バランス良くオーソドックスに戦った。セオリー通りに攻撃し、セオリー通りに相手に防がれた。それを打ち砕くだけの戦術もシステムも持ち合わせていなかった。

 それまでの試合でも敗戦の悔しさは身にしみていたが、最終戦だけは主審の笛が鳴り敗戦が決まると、全員がフィールドの上で悔し涙を流した。
 アメフト部を立ち上げようと決意してから2年、高橋は部を立ち上げ、仲間も増やし、試合を行うことを実現した。大きな喜びと達成感を味わうことが出来たが、その喜びと達成感を超える悔しさと不甲斐なさを痛感した。
「俺は、こんな想いを味わうためにアメフトを始めたわけじゃない。まだ甘えがあった。勝つために、俺はまだやらなければならないことがある。」主将の高橋は強く誓った。
 フィールドの横でも、控えの1年生達とマネージャーも悔し涙を流していた。
「勝つために、まだやれなければならないことがある。」前田も同じく、強く心に誓っていた。



<登場人物>
宮脇拓哉/みやわきたくや
 …主人公(僕)。1年生。
高橋湊斗/たかはしみなと
 …アメフト部主将。4年生。
児玉悠斗/こだまはると
 …1年生。アスリートで自信家。
朝長幹男/ともながみきお
 …1年生。巨漢。AKB好き。
前田奈津子/まえだなつこ
 …4年生。主務兼女子マネージャー。




kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月10日

もしアメフトの魅力を・・・物語を書くとしたら (第1章)

もしアメフトの魅力を知ってもらうための物語を書くとしたら

第1章 アメフトとの出会い

<第1話>

 3月上旬。北海道では、桜どころか街中はまだ雪景色で肌寒い季節。春の気配はまだ遠く冷たい風が吹く中、僕の身体は、3回、4回と胴上げされて宙を舞った。人生て初めて体験する胴上げ。
大学の合格発表を見に来た僕は、いきなりアメフトの防具を身に付けた男たちに担ぎあげられた。
「合格、おめでとう。」
志望大学に合格した僕は、合格の嬉しさと胴上げされた高揚感により興奮したまま、その鮮やかな青のユニフォーム姿の男達に連れられた。
 アメフトというスポーツ。僕の人生には全く関係のないものだった。男達は、大学生活の過ごし方について、部活やサークルについて、アメフト部について、語ってくれた。いろいろ勉強になることも多かった。うちの大学は地方の小さな大学なのでサークルが少なく活発でないことを知った。帰り道、僕がアメフトをやっている姿を想像しようと試みたが、身体の大きな男達につぶされる姿しか想像できなかった。
 
 それから1ヶ月後、僕はアメフト部に入部した。

 僕の名前は、宮脇拓哉(みやわきたくや)。大学生になって、まさかアメフト部に入るなんて思ってもみなかった。親も、高校時代の友達も驚いている。だって、僕は特別運動神経が良いわけではなく、身長や体重も人並みだ。小学校の頃はスイミングや少年野球、中学ではバスケ部に入っていたものの、高校では特にスポーツはやらなかった。
 高校生活は、部活をやっている仲間と比べ、自分のペースで勉強したり、自分のペースで好きなことをしたりと自由度は高く、そのおかげで大学受験を乗り切ることが出来たのかもしれないが、充実感としてはやや物足りなかった。だから、大学生活では勉強以外にも、また何か一生懸命打ち込めるものに挑戦したいという思いが強く芽生えていた。
 だが、何をやるかと考えると、経験している水泳、野球、バスケなどは、今から大学で始めても高校までの経験者には敵わない現実に気付く。選択肢は必然的に絞られる。
 合格発表の後、多くの部活やサークルからの勧誘が続いた。アメフト部の先輩達は、良く見ると身体の大きな人もいれば、そうでない人も結構いることに気付いた。そこで、初めてアメフト部が僕の選択肢に加わった。主将の高橋湊斗(たかはしみなと)さんを初めとして、優しそうな先輩が多かった。

 最終的に、僕がアメフト部に決めたのは、部の雰囲気も大きいが、殺し文句は「関東関西と違い、地方のアメフト部は、全員が初心者からのスタート。努力した分だけ、結果につながる。」という言葉だった。



<第2話>

 4月に入学式を終え、4月下旬のゴールデンウィーク。山の雪解けも進み、桜の花が今まさに花開こうという季節。大学生活とは、花見をして、ジンギスカンを食べて、友達と車でドライブしたりして過ごすもの。僕は、ずっとそう思っていた。
 しかし、僕達のゴールデンウィークは、グラウンドで走り、体育館でトレーニングをし、朝から夜までアメフト漬けの合宿生活だった。入部した新入生15人のうち、既に3人が辞めていた。

 春合宿の1年生のテーマは、身体づくり。大切なことは3つ。走って体力をつけること、トレーニングで筋肉をつけること、そして食事で身体を大きくすること。それが全て。それ以上でもそれ以下でもない。そんな合宿でも楽しいこともある。その1つは、女子マネージャーの手料理。夕食はもちろん特盛で、ご飯はお代わりが必須。ハードなトレーニングをした先輩達は余裕で平らげる。
 夕食後は、ミーティング、勉強会、練習内容のビデオ確認と続く。特に1年生は、アメフトのルールすら知らないので、ここでみっちりと教えられる。合宿中にテストもある。身体は休めても、頭は休まらない。アメフトの戦術性が「頭脳スポーツ」とか「フィールドのチェス」と呼ばれる所以だ。

こうして合宿初日が終わろうとしている。身体も頭もクタクタとなったその時、主将が1年生に声をかける。
「鬼退治の時間!」
主将が待つ食堂に集まると、夜食用の大きなおにぎりが山積み。このおにぎりの山を食べて退治することが、1年生に課せられた本日最後の役割。通称「おに退治」。
「ちょうど小腹が空いてきたところ。超絶美味しい。」と同期トップの巨漢である朝長幹男(ともながみきお)がハイペースでおにぎりを退治する。
「これもエースQBへの試練の道。俺に乗り越えられないわけがない。」と同期トップのアスリート兼自信家である児玉悠斗(こだまはると)も続く。
僕も、この日最後の強敵に苦戦しながらも、無事に退治することが出来た。

布団に到達する頃には、肉体も、まぶたも、そして胃袋も、自分の限界に挑戦していた。



<第3話>

 僕と同期の仲間達も全員がアメフト未経験者=初心者である。巨漢である朝長も、アスリート兼自信家である児玉も同様だ。そしてもちろん、アメフト部との出会いは僕と同じく、あの胴上げから始まった。

 朝長も、僕より1時間ほど遅れて、ユニフォーム姿の先輩達に胴上げされた。ただし僕とは違い、先輩方には最重要人物として、丁重に扱われた。それは、身長はもちろん、体重を確認してからは、さらに顕著になった。彼は、まさしく大型新人だ。
 ただし、朝長にとっても、アメフトというスポーツは全く縁のないものだった。先輩達は、大学生活の過ごし方について、部活やサークルについて、アメフト部について、語った。「その身体を生かせば、試合で活躍できる。」という先輩達の言葉は全く響かなかったが、女子マネージャーの勧誘の笑顔と優しい眼差しはとても響いた。帰り道、自分がアメフトの試合で活躍し、女子マネージャーの視線を独占している姿しか想像できなかった。
それから1ヶ月後、彼はアメフト部に入部した。

 朝長は、中学の時は担任の先生の薦め(半強制)で柔道をやっていたが、高校時代は帰宅部だった。インドア派であり、外で体を動かすよりもパソコンでAKBの動画を見ているほうが楽しい性格だった。推しメンは、小嶋真子だ。

 児玉も、朝長よりさらに1時間ほど遅れて、ユニフォーム姿の先輩達に胴上げされた。彼も、その身長と筋肉で引き締まった身体つきから、先輩方には丁重に扱われた。
 児玉にとって、アメフトというスポーツはビジュアル的に憧れるものだった。先輩達は、大学生活の過ごし方について、部活やサークルについて、アメフト部について、語った。
「その筋肉はエース間違いなし。」という先輩達の言葉に大きく揺さぶられた。どのスポーツでも活躍出来る自信があり、どのスポーツで活躍するか悩んでいたが、彼は帰り道、自分がエースQBでタッチダウンパスを決めているシーンを想像し、試合後にチアリーダーと喜びハグするところまで想像することは容易だった。
 その翌日、彼はアメフト部に入部した。それから1ヶ月後、この大学にはチアリーダーが存在しないことに気付いたのが、彼の大きな誤算だった。

 児玉は、小・中・高と野球部所属。小学校時代からピッチャーでエースの看板を背負っていたが、中学と高校は絶対的エースの存在により、控えピッチャー兼外野手のポジション。エースへのこだわりは強く、自分が一番エースに相応しいとの自信だけは、絶対的エースをも上回るものだった。



<登場人物>
宮脇拓哉/みやわきたくや
 …主人公(僕)。1年生。
高橋湊斗/たかはしみなと
 …アメフト部主将。4年生。
児玉悠斗/こだまはると
 …1年生。アスリートで自信家。
朝長幹男/ともながみきお
 …1年生。巨漢。AKB好き。





kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月09日

もしアメフトの魅力を・・・物語を書くとしたら

もしアメフトの魅力を知ってもらうための物語を書くとしたら

北海道の地方大学を舞台にしたアメフトの物語。
大学でアメフトに出会い、アメフトに青春を捧げた男の、熱い情熱と苦悩と戦略的な思考をテーマとした物語。
アメフトに興味を持つ人が増えて欲しいです。

7b9417c3.jpgアメフト


kou_blue97 at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)