牛乳

2014年11月21日

バターはどこへ消えた?

お店からバターがなくなりつつあります。

チーズ_SL160_[1]


昔、流行りました。

「チーズはどこへ消えた?」

たしか、僕が大学生くらいの時の本です。

迷路の中で2匹のネズミと2人の小人がチーズを探す物語。「チーズ」とは「私達が人生で求めるもの」であり、手に入れるためには「変化に敏感になり、変化に合わせて新しい行動を行うことが必要だ」というテーマです。


バター_SL160_[1]


「バターはどこへ溶けた?」

続いてこんな本もありました。

森の中で2頭のネコと2頭のキツネがバターを探す物語。「バター」とは「追い求め出したらキリがないもの」であり、「今までバターがなくても生きていけたのだから、わざわざバターを探しに行く必要があるのか。幸せはここにあるのではないか」というテーマです。

僕は、「バターはどこへ溶けた?」を読んで、良い印象を持ったことを思い出しました。内容は忘れちゃったけど。たしか、ネコのプライドを感じたはず。


チーズは消えました。
バターは溶けました。

だから、お店からバターがなくなったんやね。

違うか。



平成18年にも、お店からバターがなくなる事態がありました。
当時は、バターの過剰在庫による牛乳の生産調整を行ったタイミングで、オーストラリアの干ばつ等による輸入バターの減少により、バター不足となりました。

そして平成26年、再びお店からバターがなくなる事態となりました。今回はさらに深刻です。
国内の牛乳生産量が減少し、国内需要をカバー出来ない状況となりました。

牛乳生産量の減少の理由は、平成25年の猛暑による影響とも言われていますが、後継者不足と生産コストの上昇による酪農家の減少です。

生産コストの上昇による経営環境の悪化は、国際的な穀物価格の上昇や円安による輸入価格の上昇により、さらに進む見通しです。

子供達の成長に必要な牛乳や乳製品、人々の健康と豊かな食生活を維持するのに欠かせないバターをはじめとする牛乳や乳製品。

異常気象や新興国の需要増によりいつでも輸入に頼れる環境ではありません。 

生産サイドにはより一層のコスト削減を求めるものの、安全性確保の面からも、限界はあるでしょう。

生産サイドの状況や農業のあり方についてもう一度しっかりと見つめ直し、再生産可能な価格転嫁を受け入れる姿勢が、消費サイドと流通サイドに必要なのではないでしょうか。

子供達の将来の笑顔のために、僕たちは、やらなければならないことが、きっとある。






kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月28日

No beef、No life

僕は牛

名前は特にないけど
耳にはピアスをしていて
僕だけの番号が記載されている。

個体識別番号といって
僕の身分証明書みたいなもの。



お母さんはホルスタインという乳牛。

毎日乳搾りをして
人間のみんなのための牛乳をつくっている。

みんなも子供の頃は牛乳好きだったよね。

給食にもあったし

今でもお風呂あがりの牛乳好きだよね。


僕のお母さんが頑張っているからなんだ。


お父さんは黒毛和牛。

一度も会ったことはないんだけど
一流な血統なんだって。

僕も見た目は黒い牛なんでお父さん似だよ。

それが僕の誇りでもあるんだ。





僕は肥育牛として
毎日草を食べたり
配合飼料という餌を食べたりして
みんなが美味しく、たくさん食べられるように大きくなっている。

配合飼料は大豆かすやふすま(麦のかす)や米ぬかなどの穀物から出来ていて
人間の食品をつくる過程で出来た廃棄物をうまく組み合わせているんだ。



でもね

最近は牛を育てるための穀物がもったいないとか

牛肉は高くて贅沢品だとか

そんなことを言う人間が増えている。



お母さんを大切に育ててくれている酪農家のおじちゃんやおばちゃん

僕を大切に育ててくれている肉牛農家のおじちゃんやおばちゃんも凄く悲しんでいる。



牛乳をつくる酪農家は
搾乳牛1頭につき年に1頭の子牛を産み続ける。

主産物である牛乳に対し
その副産物である子牛を引き取り
人間が食べられる形、質、大きさまで育てる肉牛農家。



牛乳は必要だけど
牛肉はいらないという議論は成り立たない。


それに牛肉の必須アミノ酸やビタミンなどが豊富で
人間の健康のうえで必要性が高いことは認められている。



ただ僕は産まれてから出荷出来るように育つまで
だいたい2年半はかかってしまう。

その間の餌代や光熱費等がかかってしまう。

だからちょっと牛肉は高い。

ごめんなさい。



でもそれは

肉牛農家の努力と汗の結晶で

美味しさと幸せを作り上げている。



みんなが美味しく牛肉を食べてくれることが

僕たちの幸せ。



もっと牛肉を食べてください。



かけだし金融マン(mixi)でした。


kou_blue97 at 08:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年06月12日

TMR飼料

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。





酪農業界では

TMR飼料というのが主流になりつつあります。



TMRとは

Total

Mixed

Rationの略。



いわゆる『完全混合飼料』と呼ばれ

粗飼料(主に牧草)や濃厚飼料(トウモロコシなど)を混ぜ合わせ発酵させ水分調整して出来たエサです。





牛に必要な栄養素がバランスよく含まれており

牛が選び食いをしないように均一に混合されており

エサを与える人間の作業も楽というメリットがあります。





昨日の夜ご飯は豚汁でした。


野菜(大根、人参、玉葱、ジャガイモ、サツマイモ)や豚肉がバランス良く食べられる豚汁。



白いご飯に豚汁をかけて混ぜ合わせれば

TMRの出来上がり。





かけだし娘がパクパク食べてました。



『おいちい』って。



白いご飯に豚汁をかけるだけで

必要な栄養素がバランス良く均一に食べられ

食べやすいし

美味しい。



そして

食べさせやすい。



そんな父親心です。


牛乳も

しっかり飲モー

モー


人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月25日

Where Has My Butter Gone?(バターはどこへ溶けた?)

かけだし金融マン(mixiはこちら)です。





最近、バターが品薄みたいです。

何故品薄?

バターはどこへ溶けた?





そういえば

ホットケーキミックスが安かったので

バターとハチミツを買おうとしたら

マーガリンしか置いてなかったような記憶があります。

ついこの間でした。




バターはほぼ国産品。

家庭用バターなどは

もちろん国内の生乳からつくられる。



したがって

簡単に言えば

牛乳の生産が落ちているから

バターが足りなくなってきている。



理由は明確。

ただし原因は様々。



農政によるところ

生産団体によるところ

酪農家によるところ

製造者によるところ

流通者によるところ

販売者によるところ

穀物不足によるところ

海外事情によるところ

要因は様々。





たかがバターかもしれないが

ホクホクのじゃがいもに乗せるバターにも

熱々のご飯に乗せて新鮮たらこと混ぜ混ぜするバターにも

こんがり焼けたホットケーキの上ではちみつをたっぷりかけるバターにも



それぞれの家族の笑顔を作り上げたり

様々なシーンを彩ったりする。





未来ある子供たちが

トーストの上に

ホットケーキの上に

笑顔でバターを乗せる光景を

我々はきっと失ってはいけない。





人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月18日

第二次結婚ラッシュ

8c57729b.jpg横浜


0e8745fc.jpg新郎新婦



かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。





25歳の頃に第一次結婚ラッシュがあり

かけだし金融マンもその先陣をつとめたわけですが

30歳を前に今年は第二次結婚ラッシュの予感がしてます。



会社の同年代も

大学の同年代も

今年は結婚目白押し。



結婚には早いも遅いもないから

皆さんお幸せに。





結婚ラッシュ。



rushって

英和辞典で

《アメフト》ボールを持って突進する

という意味らしい。



先日の結婚披露パーティーでは

新郎がボールを持って突進して

腕を骨折していたあの姿を思い出していた人が

決して少なくなかったはずに違いない。

結婚ラッシュだけにな。





牛乳に相談だ。



kou_blue97 at 00:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年02月06日

牛乳に相談だ。

牛乳に相談だ。

と思ったら冷蔵庫にないから買いに行こう。

かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



さて開催されました第2回牛乳甲子園。

「牛乳に相談だ。(gyunyu.com)」

そんなキャッチフレーズを、

街中のポスターやテレビCMで見たことはありませんか?



牛乳甲子園とは、

(社)中央酪農会議が主催する「牛乳に相談だ。」キャンペーンが、

若者・元若者に贈るケータイバトル。

3人1組のチームをつくり、毎朝ケータイに届く難問・奇問のクイズに答え、

1ヶ月のチーム得点を競うものです。

様々な豪華商品あり。

優勝商品は、なんと乳牛のオーナーになる権利が貰えます。



ちなみに、(社)中央酪農会議のホームページでは、

第1回牛乳甲子園優勝チームがオーナーとなった仔牛の

乳牛育成日記を見ることが出来ます。



かけだし金融マンは、

かけだし弟と、

かけだし従兄弟と3人で、

「チームかけだし」で参加してますよ。



上位にいなくとも、キリ番とか、

いろんな賞があるみたいです。



みなさんも是非参加してみてはいかがですか?



「牛乳に相談だ。」

牛乳はカルシウム吸収率40%と、他の食品よりも高いです。

「牛乳に相談だ。」

牛乳には元気の源ビタミンBに加え、各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸が含まれた
完全栄養食品です。

「牛乳に相談だ。」

牛乳は一日に必要な栄養素を少ないカロリーで摂取できる、優れたダイエット食材です。

「牛乳に相談だ。」

温かい牛乳には脳に安眠を指令するセロトニンをつくる成分が含まれており、快眠をもたらします。



「牛乳に相談だ。」

と思ったら冷蔵庫にないから買いに行こう。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 23:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年12月12日

それでも子供に飲ませたい

牛乳って白いですよね。

あの白さがたまりません。

白が与える清潔感はこの上ない。

ドキンちゃんも惚れちゃうくらい。

やっぱりカレーパンマンより食パンマンの方が好感度は高い。

それも白さのせい。

好感度と言えば、

白衣の天使も捨てがたい。

それも白さのせい?



こんにちはかけだし金融マンです。




さて牛乳の与える白のイメージ。

清潔。

衛生的。

コクがある。

骨になる。

いろいろありますね。



牛乳は文字通り牛の乳です。

牛という生き物を飼い、

牛の命を守り、

乳を搾る。

その乳の鮮度と栄養価を維持しながら、

衛生的な牛乳を家庭に送るとともに、

安全と安心を提供してくれる。



その苦労は計り知れない。

その努力は尽きることない。



『牛乳30年ぶり値上げ』との日経記事。

バイオ燃料需要拡大によるエサ価格高騰や、

原油価格高騰による資材等原材料の値上げによるものであり、

やむを得ない当然の事態と考える。




企業努力による生産コスト削減は当然必要だが、

本質を無視したコスト削減により、

安全や安心が損なわれるのであれば、

多少価格が高くとも安全と安心は最低限提供して欲しい。



必要最低限の安全と安心を得るために、

安全料と安心料を支払わなければならない時代であり、社会なのかもしれない。


最低限必要不可能な値上げは大いに結構。



育ち盛りの子供達のために、

安全と安心だけは提供し続けて欲しい。



明日は白のワイシャツにしようか。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 00:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年09月14日

牛乳が売れない夏

148832f5.jpg


こんにちわ。牛くんです。

はじめましての人もいますね。

たまに登場する牛くんです。

よろしくお願いします。






いきなりですが

牛乳っていつ飲みたいですか?


売れる季節はいつ頃ですか?





いきなり!!
牛乳伝説!!





朝飲むも良し

お風呂あがりも良し

お酒の前も良し


いつでも美味しくいただけます。





牛はもともと暑さに弱く、

寒さに強い生き物です。

夏なんてぐったり。

だから生乳の生産量は冬がピークで、

夏は落ち込みます。





一方、牛乳が売れるのは暑い夏です。

冷夏は牛乳が売れません。

でも、猛暑でも、

お茶がさらに売れるので、

牛乳は伸び悩みます。

デリケートな立場なんです。




需要と供給がまさにアンバランス。



生産者も

製造者も

苦労して提供してくれているのです。




太るから牛乳は嫌いとか言いながらも、

お菓子やファーストフードばかり食べている若者が、

子供を授かって親になった時、

牛乳の大切さをきちんと伝えられるか不安です。






美味しく

栄養価の高い

そんな牛乳を

毎日飲んではいかがですか?





健康にいいか

体調にいいか

自分で試してミルク?


kou_blue97 at 22:08|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2006年05月11日

健康診断で乳脂肪分3.8%は欲しいところ

皆さんおはようございます。


牛くんです。
最近登場頻度が増してますが、決してネタ切れではありませんよ。



今日かけだし金融マンは、朝から健康診断に行ったので、代わりに牛が記事を書きます。



かけだし金融マンは最近帰りも遅いし、仕事もHGだし、診断結果がちょっと心配です。




最低でも、乳脂肪分3.8%、無脂固形分8.8%は欲しいところです。



量的には9,000kg/年は出したいですよね。



もちろん対細胞数は300千ml以内に絶対押さえて。



最近は衛生面について消費者は厳しいですからね〜。




かけだし金融マンが、

無事に診断をクリアし、

出荷停止にならないことを、

皆さんもお祈りしていてくださいね。





それではまた登場する時まで。


kou_blue97 at 07:58|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2006年03月25日

僕と彼女と彼女の生きる道

23aff3a9.jpg



今日は牛くんのお母さんに登場してもらいました。


名前は、『こくさんの牛さん』です。


昔から、いつも本当にお世話になってました!!






さて、普段行くスーパーなどで陳列されている牛乳って、紙パックを見ると牧場でのびのびと過ごしている牛さん達がいます。


でも実態は、牧場でのびのび出来る牛さんなんて、北海道のごく一部の牛さんだけです。


普段口にする牛乳の牛さんは、大抵牛舎の中だけで育っています。


多分それが、牛さん達の世界ではないでしょうか?





でも、繋ぎ飼いだからこそ酪農家のおっちゃんやおばちゃんの愛情は大きいかもしれません。



繋ぎ飼いだからこそ、1頭1頭の体調管理は徹底出来ます。


食欲はあるのか、どこか怪我してないか、出産時期はいつ頃か、などなど。







所詮、人間様の都合なんですけどね。







美味しいって言ってくれるだけで幸せ、


命の大切さを感じてくれるだけで幸せ、


この考えも、人間のエゴですか?


kou_blue97 at 10:51|PermalinkComments(22)TrackBack(3)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末