温泉

2022年11月26日

群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆

県内各地に源泉が湧き出る群馬県。

「自然湧出量日本一」
「日本三大美人の湯」
「天下一の露天風呂」

宿泊できる温泉地は100、源泉数は453とも言われています。

まさに温泉天国、温泉王国。

温泉に癒される群馬生活、最高です!

というわけで、これまで行った温泉を思い出として記します。

ちなみに、2022年4月時点では7か所。

「温泉王国 ぐんま」(リンク)の記事を参照。
 ※2022年4月29日のブログ記事です

それから約半年で5か所が追加!
(8〜12)



8.西の河原露天風呂
・吾妻郡草津町
・草津温泉街の西側
・草津白根山麓
・酸性塩化物硫酸塩温泉
・神経痛、関節痛、うちみ、やけど、慢性消化器病

 日本三名泉の1つであり、温泉の自然湧出量が日本一を誇る草津温泉。「草津よいとこ一度はおいで」で有名。西の河原露天風呂は、草津温泉街の西側の荒原地帯にあり、圧倒的なスケールの大露天風呂。その開放感と雄大な自然に癒されます。
 2022年7月30日の記事をぜひ(リンク)
DSC_2288




9.伊香保石段の湯
・渋川市伊香保町
・伊香保温泉街の石段
・榛名山麓
・カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉
・神経痛、筋肉痛、関節痛、子宝の湯

 古くは万葉集にも登場する日本の名湯「伊香保温泉」。石段の登ったのは3回目にして、伊香保温泉の湯に浸かるのは初めて。平日の夜、仕事が終わった後にもこんな名湯に入れるなんて最高やん。源泉を直接引いた伊香保特有の茶褐色が身にしみます。
 2022年7月30日の記事をぜひ(リンク)
DSC_2745


 

10.伊香保温泉・黄金の湯館
・渋川市伊香保町
・伊香保温泉街の入り口
・榛名山麓
・カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉
・健康増進・病後回復期・美肌・腰痛

 400年以上の茶褐色「黄金の湯」を源泉かけ流しで楽しめる日帰り温泉。しかも、22時まで営業という神対応。平日の夜、仕事終わりに行きました。ひと仕事終えた夜の露天風呂は温泉天国の至福のひと時を感じさせてくれます。
DSC_2794


DSC_2796




11.金島温泉・富貴の湯
・渋川市川島
・JR金島駅から徒歩圏内
・吾妻川河畔
・カルシウム・ナトリウム・塩化物塩泉
・神経痛、筋肉痛、貧血

 滾々と湧き出る豊富なお湯が源泉かけ流し。カルシウムイオンやマグネシウム、マンガンイオン、鉄イオンなどを多量に含み、飲用にも最適な泉質とのことであり、ひと口いただきました。夜の露天風呂は癒されました。お湯は茶褐色で伊香保温泉に近い感じ。
CENTER_0001_BURST20221125191108408_COVER


HORIZON_0001_BURST20221125193200004_COVER



DSC_2832





12.仏岩温泉・鈴森の湯
・利根郡みなかみ町
・JR水上駅から西に数
・利根川系の阿能川河畔
・カルシウム・硫酸塩泉
・高血圧、動脈硬化、糖尿病、皮膚病

 源泉かけ流しの美肌の湯。ぬる湯もあり、ゆっくり浸かればお肌はつるつる身体はぽかぽか。そして、露天風呂は眼下を流れる川の音が響き、自然を感じる贅沢なひと時。風情ある日帰り温泉です。

DSC_2839


DSC_2838


DSC_2837


DSC_2836




今回追加したのはこの5か所。

1〜7の分は「温泉王国 ぐんま」(リンク)の記事にあります。

1.富士見温泉見晴らしの湯
・前橋市富士見町
・道の駅ふじみに併設
・赤城山山麓
・ナトリウム・カルシウム・塩化物温泉(塩分)

 群馬県に引っ越してきて最初の土日にドライブがてら行きました。源泉は約1,500m以上の深さにある大深度温泉。塩分濃度が高く「美人の湯」と言われる源泉。赤城山の自然を感じながら、素敵なお湯を味わえます。


2.リゾートピア吉岡
・北群馬郡吉岡町
・道の駅よしおか温泉に併設
・利根川河畔
・弱アルカリ性低張性高温泉(ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉)
・泉温59.5℃
・慢性皮膚炎、慢性婦人病、神経痛

 平日、仕事を定時に上がってからひと風呂浴びに行きました。利根川河畔の地下1,300mから湧き出るアルカリ泉(船尾の湯)が源泉。利根川の川面を渡るさわやかな風と雄大な眺めを楽しみながら、大露天風呂で素敵なお湯を味わえます。


3.小野上温泉センター(八夕の湯)
・渋川市村上
・JR小野上温泉駅から徒歩圏内
・吾妻川河畔
・アルカリ性低張性高温泉(ナトリウムー塩化物温泉)
・源泉46.8℃
・神経痛、筋肉痛、疲労回復、慢性消化器病、慢性皮膚炎

 車が使えない週末に、JRで行けそうな温泉を探して見つけました。公共としては日本初めての日帰り温泉施設。とろんとした湯の感触が美肌の湯(美人の湯)として人気が高く、「草津温泉の上がり湯」としても有名。やわらかい湯が肌も喜び、ゆっくりと素敵なお湯を味わえます。


4.ユートピア赤城(敷島温泉 赤城の湯)
・渋川市赤城町
・JR敷島駅から徒歩圏内
・利根川河畔、赤城山山麓
・弱アルカリ性低張性高温泉(単純泉)
・源泉45.5℃
・神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、疲労回復

 同じく車が使えない(故障)週末、JRで行けそうな温泉を探そう第二弾。雄大な赤城山のふもと、利根川のほとりにあるのどかな景観の温泉。利根川と榛名山を一望できる露天風呂で、なめらかな泉質の「敷島の湯」を味わえます。

5.峠の湯
・安中市松井田町
・JR横川駅からアプトの道をかなり歩く
・碓氷峠
・弱アルカリ性低張性温泉(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉)
・無色透明
・腰痛症、神経痛、胃腸機能の低下、疲労回復

 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜の帰りに立ち寄りました。アプトの道を歩いて疲れた身体と心を癒してくれます。露天風呂からの自然の眺望が抜群で、素敵なお湯を味わえます。


6.ばんどうのゆ(komorebiテラス)
・渋川市北橘
・JR八木原駅か高台まで結構歩く
・利根川河畔
・弱アルカリ性低張性高温泉(ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉)
・火傷、消化器病、神経痛、筋肉痛

 仕事が疲れてきた年末、近くに行ける温泉を探して行きました。車で30分かからずにこんな素敵な温泉に入れるなんて幸せ。坂東太郎と言われる利根川を見下ろす高台に位置する温泉。露天風呂から見下ろす美しい眺望と良質な温泉に身も心も癒されました。


7.川原湯温泉 王湯
・吾妻郡長野原町
・JR川原湯温泉駅から徒歩圏内
・八ッ場ダム湖畔
・低張性中性高温泉(カルシウム・ナトリウムー塩化物硫酸塩温泉)
・神経痛、胃腸病、婦人病

 八ッ場ダムと川原湯温泉〜冬の群馬を電車でぶらりァ舛波ッ場ダムを歩いた後に立ち寄りました。源頼朝が発見してから800年以上も時を紡ぐ川原湯温泉。八ッ場ダムを取り巻く雄大や山々等の景観が素敵な露天風呂で、良質な温泉を味わえます。


kou_blue97 at 22:24|PermalinkComments(0)

2022年07月30日

草津よいとこ一度はおいで(日本一の湧出量と殺菌効果)

2022年5月22日
【「Re:Hack」が草津温泉にやってきた旅】
というblog記事を書きました。
リンク(「Re:Hack」が草津温泉に)

山本一太群馬県知事が、ひろゆき氏と成田悠輔氏を草津温泉にアテンドした旅番組。

これを見て、草津に行かねばなるまい。

そう思い数か月…やっと実現しました。



<西の河原露天風呂>

DSC_2288


前橋を早朝に出発して、午前中早い時間に到着。

人も少ないうちに、大露天風呂を堪能。

DSC_2290


西の河原(さいのかわら)は、草津温泉街西側の荒原地帯に湧く源泉の総称。

川の水も暖かく、源泉が流れています。

DSC_2291


現在は「西の河原公園」として遊歩道などが整備され、気軽に温泉が湧出する様子を観察できます。

天然の足湯も至る所に。


<湯畑>

HORIZON_0001_BURST20220724104617251_COVER


温泉街の中心部に湧き、名実ともに草津温泉の中核をなす源泉。

HORIZON_0001_BURST20220724104830248_COVER


囲いの内側にある湯樋は、高温すぎる源泉水を加水することなく低温化するためのもの。

HORIZON_0001_BURST20220724104842391_COVER


そして、湯の花を採集する目的も兼ねている。

湯の花の採集は、江戸時代中期にあたる寛政2年(1790年)頃に始められ、採集は年に3回行われている。

HORIZON_0002_BURST20220724105046646


現在の湯畑の周囲はロータリー状に整備。

DSC_2292


1975年(昭和50年)当時の町長の経営するホテルに投宿した芸術家・岡本太郎が、地域づくり計画の一環として太郎に手がけてほしいという町長の要請に応じて、デザインと監修を受け持ったもの。

DSC_2293


木樋を通った湯が流れて、

DSC_2294


最後に滝に到達。


<地蔵>

DSC_2296


古くから眼病に効くという言い伝えがある地蔵源泉。

DSC_2295


顔湯の下には地蔵源泉が流れており、箱の中を覗き込むと温泉の蒸気が顔に。



<草津温泉>

日本三名泉の1つである草津温泉。

自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300リットル以上。

1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています。

さらに驚くべきは、その泉質。

日本有数の酸性度で、pH値はナント2.1(湯畑源泉)。

雑菌などの殺菌作用は抜群。

起源は古く、鎌倉幕府が開かれた翌年の1193年。

源頼朝が浅間山麓での狩りを楽しんだ際に草津温泉に訪れたと言われている。

「万病に効く」と言われ、昔から「恋の病以外効かぬ病はない」との言い伝えがあるほどの効能。


草津よいとこ 一度はおいで
お湯の中にも 花が咲くヨ


kou_blue97 at 11:59|PermalinkComments(0)

2022年04月29日

温泉王国 ぐんま

県内各地に源泉が湧き出る群馬県。

「自然湧出量日本一」「日本三大美人の湯」「天下一の露天風呂」など。

宿泊できる温泉地は100、源泉数は453とも言われています。

<群馬四大温泉地>

〜霙轍浩
・日本三名泉(草津、有馬、下呂)の一つ。
・毎分4,000リットルの源泉が湧き出ており、自噴湧出量は日本一。
・「湯畑」や「湯もみ」が有名。

伊香保温泉
・万葉集や古今和歌集にも多く登場する歴史の古い温泉。
・黄金の湯と白銀の湯という2種類の源泉。
・「石段街」や「河鹿橋」が有名・

DSC_0842


四万温泉
・四万の病を癒す霊泉が名前の由来と言われる四万温泉。
・標高1,800mにある源泉であり、国民保養温泉地の第1号。

た緇絏浩
・谷川岳の麓にある水上温泉郷の中心地。
・与謝野晶子、太宰治などの詩人や文学者に愛された渓谷美。

また、万座、老神、藪塚、磯部、猿ヶ京を合わせて群馬九大温泉地とも。



というわけで、温泉王国ぐんまに住み始めてちょうど1年。

本当はもっと温泉に入りたいところだけど、緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置などもあり、なかなか温泉にも行きにくい環境。

そんな中でも、なんとか行くことができた温泉を記録として残しておきます。

「草津温泉」と「伊香保温泉」は家族で行きたいので、独りでは行きません!


1.富士見温泉見晴らしの湯
・前橋市富士見町
・道の駅ふじみに併設
・赤城山山麓
・ナトリウム・カルシウム・塩化物温泉(塩分)

 群馬県に引っ越してきて最初の土日にドライブがてら行きました。源泉は約1,500m以上の深さにある大深度温泉。塩分濃度が高く「美人の湯」と言われる源泉。赤城山の自然を感じながら、素敵なお湯を味わえます。


2.リゾートピア吉岡
・北群馬郡吉岡町
・道の駅よしおか温泉に併設
・利根川河畔
・弱アルカリ性低張性高温泉(ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉)
・泉温59.5℃
・慢性皮膚炎、慢性婦人病、神経痛

 平日、仕事を定時に上がってからひと風呂浴びに行きました。利根川河畔の地下1,300mから湧き出るアルカリ泉(船尾の湯)が源泉。利根川の川面を渡るさわやかな風と雄大な眺めを楽しみながら、大露天風呂で素敵なお湯を味わえます。


3.小野上温泉センター(八夕の湯)
・渋川市村上
・JR小野上温泉駅から徒歩圏内
・吾妻川河畔
・アルカリ性低張性高温泉(ナトリウムー塩化物温泉)
・源泉46.8℃
・神経痛、筋肉痛、疲労回復、慢性消化器病、慢性皮膚炎

 車が使えない週末に、JRで行けそうな温泉を探して見つけました。公共としては日本初めての日帰り温泉施設。とろんとした湯の感触が美肌の湯(美人の湯)として人気が高く、「草津温泉の上がり湯」としても有名。やわらかい湯が肌も喜び、ゆっくりと素敵なお湯を味わえます。

HORIZON_0001_BURST20210411100106118_COVER



4.ユートピア赤城(敷島温泉 赤城の湯)
・渋川市赤城町
・JR敷島駅から徒歩圏内
・利根川河畔、赤城山山麓
・弱アルカリ性低張性高温泉(単純泉)
・源泉45.5℃
・神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、疲労回復

 同じく車が使えない(故障)週末、JRで行けそうな温泉を探そう第二弾。雄大な赤城山のふもと、利根川のほとりにあるのどかな景観の温泉。利根川と榛名山を一望できる露天風呂で、なめらかな泉質の「敷島の湯」を味わえます。


5.峠の湯
・安中市松井田町
・JR横川駅からアプトの道をかなり歩く
・碓氷峠
・弱アルカリ性低張性温泉(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉)
・無色透明
・腰痛症、神経痛、胃腸機能の低下、疲労回復

 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜(リンク)の帰りに立ち寄りました。アプトの道を歩いて疲れた身体と心を癒してくれます。露天風呂からの自然の眺望が抜群で、素敵なお湯を味わえます。


6.ばんどうのゆ(komorebiテラス)
 ・渋川市北橘
 ・JR八木原駅か高台まで結構歩く
 ・利根川河畔
 ・弱アルカリ性低張性高温泉(ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉)
 ・火傷、消化器病、神経痛、筋肉痛

 仕事が疲れてきた年末、近くに行ける温泉を探して行きました。車で30分かからずにこんな素敵な温泉に入れるなんて幸せ。坂東太郎と言われる利根川を見下ろす高台に位置する温泉。露天風呂から見下ろす美しい眺望と良質な温泉に身も心も癒されました。

DSC_1492<



7.川原湯温泉 王湯
 ・吾妻郡長野原町
 ・JR川原湯温泉駅から徒歩圏内
 ・八ッ場ダム湖畔
 ・低張性中性高温泉(カルシウム・ナトリウムー塩化物硫酸塩温泉)
 ・神経痛、胃腸病、婦人病

 八ッ場ダムと川原湯温泉〜冬の群馬を電車でぶらりァ繊リンク)で八ッ場ダムを歩いた後に立ち寄りました。源頼朝が発見してから800年以上も時を紡ぐ川原湯温泉。八ッ場ダムを取り巻く雄大や山々等の景観が素敵な露天風呂で、良質な温泉を味わえます。

DSC_1817



群馬に来て、2年目がスタート。

温泉王国群馬のお湯をもっと味わいたい!


kou_blue97 at 20:58|PermalinkComments(2)

2022年02月23日

八ッ場ダムと川原湯温泉〜冬の群馬を電車でぶらりァ

正月太りの解消と健康増進。

電車に乗って、見知らぬ土地をたくさん歩こう企画。

<第5弾>

冬の八ッ場ダム周辺を歩いてみよう。

目的地は「八ッ場ダム」

最寄り駅は「JR吾妻線 川原湯温泉駅」

駅から八ッ場大橋を渡り歩いて約1時間(5辧砲任后



<八ッ場ダム>

DSC_1816


吾妻川(利根川の主要な支流の1つ)の中流部に建設された「八ッ場ダム」

重力式コンクリートダムで高さは116m。

1986年の「八ッ場ダムの建設に関する基本計画」を基に、工期の延長を経て、2020年4月1日から運用を開始。

DSC_1809


観光船が運航。

DSC_1812


夏場の青と緑の八ッ場ダムも美しかった。

でも、冬場の青と白の八ッ場ダムも素晴らしい。

HORIZON_0001_BURST20220223114634013_COVER


八ッ場大橋の八ッ場バンジースポット。



<川原湯温泉>

DSC_1808


源頼朝が発見してから800年以上の時を紡ぐ川原湯温泉。

八ッ場ダムの建設により源泉及び温泉街が八ッ場あがつま湖に水没。

2014年7月、名残惜しまれながら新源泉に移転。

湖畔の温泉街として生まれ変わった。

DSC_1819


元の湯源泉。

湯の歴史は1193年からとの言い伝え。

強酸性の草津温泉に対し中性の川原湯温泉は「草津の上がり湯」として親しまれてきた。

DSC_1820


源氏の家紋「笹竜胆」

DSC_1821


1193年、源頼朝が湯につかった際に脱いだ衣をかけておいたと言われる大石「衣掛石」

DSC_1807


JR吾妻線「川原湯温泉駅」

1946年に川原湯駅として開業し、2014年に駅舎移転。



駅も温泉も、八ッ場ダムとともに新たな歴史がまた刻まれる。







kou_blue97 at 17:16|PermalinkComments(0)

2022年02月12日

磯部温泉は温泉記号と舌切雀の発祥地〜冬の群馬を電車でぶらり〜

正月太りの解消と健康増進。

電車に乗って、見知らぬ土地をたくさん歩こう企画。

<第3弾>

温泉記号発祥の地、磯部温泉を散策。

目的地は「温泉記号発祥のルーツを辿る」

最寄り駅は「JR信越本線 磯部駅」

駅から歩いて約20分(1辧砲任后



<磯部温泉>

磯部温泉は、群馬県安中市(旧上野国)にある温泉であり、温泉記号(♨)の発祥の地。

DSC_1761


1661年(万治4年)に江戸幕府の評決文に記された温泉記号。

HORIZON_0001_BURST20220205140421197_COVER


江戸幕府が農民の土地の境界をめぐる訴訟に対して出した評決文の絵図に、磯部温泉の位置を表す湯気の出ている記号2つが描かれており、温泉記号発祥とされる。


DSC_1760


これがその絵図。

SYMMETRY_0001_BURST20220205134823984_COVER


磯部温泉は、群馬県の南西部に位置し、五街道の中山道が通っており、碓氷峠を往来する旅人や湯治客で古くから賑わった温泉街。

明治になってからは、信越線の開通により首都圏からの避暑の客も。

1783年(天明3年)の浅間山の大噴火で湯量が飛躍的に増加。

豊富な鉱泉を利用して作られる磯部せんべいは有名。

さらに、あの「舌切雀(したきりすずめ)」の伝説が残る磯部温泉。

「竹の春 雀千代ふる お宿かな」

舌切雀伝説の発祥の地でもあるようだ。




kou_blue97 at 22:45|PermalinkComments(0)

2021年11月23日

織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)

本日は、甘楽町を歩きます。

HORIZON_0001_BURST20211123101035450_COVER


<群馬県西南部に位置する甘楽町(かんらまち)>
・群馬県の西南部を流れる鏑川南岸の町。中心地区の小幡は、もと小幡藩の城下町。国指定名勝の楽山園、名水百選の雄川堰がある。昭和中期ごろまで養蚕が盛んであったが、昭和後期から平成にかけて野菜・果樹の生産量が増加し、キウイフルーツの特産地。また城下町小幡さくら祭り「武者行列」も有名。

いろいろと歴史ある町ですが、まずは散策から。

HORIZON_0001_BURST20211123113008551_COVER


甘楽町を南北に縦断する一級河川「雄川」

雄川沿いに遊歩道

「せせらぎの路」

DSC_1444


入口付近には背の高い木々が迎えます。

HORIZON_0001_BURST20211123113952821_COVER


見えるかな?

風が吹くと落ち葉がひらひらと

HORIZON_0001_BURST20211123122509987_COVER


川と山と空が奏でるハーモニー

DSC_1456


橋の上から1枚

山の緑と空の青と雲の白

散歩道で自然を満喫した後は、まち中巡り。

DSC_1437


<甘楽町歴史民俗資料館>

このレンガ造りの建物は、養蚕が盛んだった1926年に建設されたもの。

組合製糸小幡組の繭倉庫として利用されていた模様。

入口には「かかあ天下像」

<かかあ天下〜ぐんまの絹物語〜>
・古くから絹産業の盛んな上州(群馬県)では、女性が養蚕・製糸・織物で家計を支え、近代になると、製糸工女や織手として活躍。男たちは、おれの「かかあは天下一」と呼び、これが「かかあ天下」として上州名物になるとともに、現代では内に外に活躍する女性像の代名詞に。家計を支え日本経済を支えた、まさに天下一の上州女性たち。

HORIZON_0001_BURST20211123111347370_COVER


このあたりは城下町小幡の面影がある街並み。

往時のたたずまいを感じさせてくれます。

DSC_1442


<道の駅 甘楽>
いろいろと特色を出している観光地として存在感のある道の駅。

・もちきびやキジの肉が入っている「桃太郎ごはん」
・甘楽町の地粉をつかった「上州うどん」や「おっきりこみ」
・本格窯焼きの「甘楽町産地粉ピザ」
・姉妹都市イタリアのチェルタルド市からの「直輸入ワイン」

おひとり様だとなかなか食べられないのが悲しい。

TRIPART_0001_BURST20211123121440871_COVER


<国指定名勝 楽山園>

眼光鋭い覇王様(織田信長公)

DSC_1455


楽山園は、江戸時代初期に織田信雄(織田信長の次男)によって造られた小幡藩邸の庭園。

DSC_1445


楽山園の由来は「論語」から。

「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」の一文とのこと。

DSC_1451


織田宗家ゆかりの大名庭園

美しい、池泉回遊式庭園です。

DSC_1453


梅の茶屋

庭園全景が見渡せる高台に建てられた茶屋。

ここで藩主は何を見て、何を思ったか。

HORIZON_0001_BURST20211123120627465_COVER


腰掛茶屋

五角形の珍しい茶屋

CENTER_0001_BURST20211123124151725_COVER


<甘楽ふるさと館の「せせらぎの湯」>

炭酸カルシウム温泉でリフレッシュ。

先日の長距離ドライブの疲れを癒しました。

織田宗家のゆかりの城下町を満喫!

・本能寺の変により織田信長が明智光秀に攻められ自害。織田信忠(織田信長の長男)も二条城にて自刃し、織田政権が崩壊。織田宗家の家督は、織田秀信(織田信忠の長男。三法師)が継ぐ。織田秀信は関ヶ原の戦いで西軍に属して戦ったため、改易し高野山に送られた。織田秀信の弟(織田信忠の次男)も同時期に改易。
・一方、織田信雄(織田信長の次男)は清州会議以降は羽柴秀吉と争ったり服従したりを見せたが、1584年に羽柴秀吉に臣従し、秀吉も織田信雄を正式な織田家の当主と認めた。その後、関ヶ原の戦いでは西軍寄りの傍観的態度に終始、大阪冬の陣の直前に徳川家康に与する等を見せ、1615年に上野国甘楽郡など5万石を与えられた。領地に楽山園を造る一方、養蚕などの産業育成にも注力した。
・上野国織田家は、織田信良(織田信雄の四男)に小幡藩2万石を分知し立藩、初代藩主となる。以降、織田家が第七代小幡藩主まで続くこととなった。甘楽町崇福寺には織田氏七代の墓が祭られる。小幡藩の初代藩主は信雄又は信良の両説がある。





kou_blue97 at 18:49|PermalinkComments(0)

2021年07月10日

これより石段、三百六拾五段〜朝散歩は伊香保温泉〜

超絶久しぶりの快晴、晴天。

朝は5時前に目が覚めました。

梅雨なので、洗濯もたまり、散歩も行けない日々。

やっと、青空が顔を出してくれました。

洗濯を2回まわして、外に干して、7時過ぎには出発。

車で30分くらい走らせて、到着。


<伊香保温泉、日本の名湯>

DSC_0842


古くは万葉集にも登場する、日本の名湯「伊香保温泉」

DSC_0843


石段で有名な温泉街ができたのは、戦国時代。

1574年、山の傾斜を利用して源泉からお湯が運ばれ、お湯が流れる管路の上に石段が整備され、その左右に温泉宿が建てられたとのこと。

戦の怪我の湯治のためにつくられた、計画都市とも言われています。

江戸時代には、各藩の武士、町人や農民など様々な人々が伊香保に湯治に訪れ、「子宝の湯」としても知られるように。

DSC_0844


石段は伊香保のシンボル。

その数、365段。

DSC_0845


与謝野晶子の詩が刻まれています。

DSC_0846


石段をはさんで、お土産物屋や饅頭屋、遊技場などが並び、歴史と風情を感じます。

DSC_0847


温泉娘。

全国121人いるらしい。

この子は「伊香保葉凪(はな)」さんらしい。

彼女の好きな食べ物は、湯の花饅頭と水沢うどん。

DSC_0848


この季節は、ほおずき風鈴が風物詩。

DSC_0849


石段を登りきると、温泉と医療の神様を祀る「伊香保神社」

HORIZON_0001_BURST20210710084543807_COVER


伊香保神社から奥に進むと「河鹿橋」

DSC_0850


その奥には「伊香保温泉飲泉所」と「伊香保露天風呂」と続きます。

DSC_0853


石段を下ります。

足腰に効きますね。

DSC_0855


昔は関所も設けられていました。

伊香保関所(伊香保口留番所)

DSC_0856


渋川市といえば、頭文字Dとコラボしたマンホール蓋が有名。



久しぶりの青空の下、約1時間半の快適な朝散歩でした。



kou_blue97 at 17:42|PermalinkComments(3)

2015年11月15日

上勝ドライブ

2週連続の週末の悪天候。

日頃の行いが悪いのか。

待ちに待っている「みかん狩り」になかなか行けません。またもや延期。

週末に天気が悪いと、テンションがた落ちです。

土曜日は1日中雨。何も出来ません。

日曜日は、晴れ予報ながら午前中は曇り空。

外遊びは出来ないかもしれないと半分あきらめモード。

ドライブがてら、「月ヶ谷温泉」を目指します。

いざ、上勝!



天気も回復し、約1時間で「月ヶ谷温泉」に到着。

まずは、勝浦川渓流沿いを散策。

fc9a3683.jpg


秋の深まりを肌で感じながら、沈下橋。

なかなか風情ありますね。

227d03cb.jpg


近づくとこんな感じ。

8f2de2f6.jpg


沈下橋の真ん中から眺める景色。

雨上がりなのに、水はきれいです。

そして流れも結構早い。

66e3bcbb.jpg


小さな滝も流れてます。

苔も風情あり。

6757824c.jpg



対岸の広場で、家族4人でアメフト対決。

妻は、某アメフト部のマネージャー出身。

子供たちは、最近「アイシールド21」のアメフト漫画にはまり中。

なので、ルールもやっと覚えられるようになりました。

トライフォーでキックを選ぶかプレーを選ぶかとか、悩んでます。

もちろん、ボールはいつものサイン入りボール。

オービックシーガルズの大橋HCと#6QB菅原選手のサインです!

21fc14cf.jpg



ドキドキしていたXリーグ2ndステージの本日の試合結果は、以下。

・富士通 34-24 LIXIL
・ IBM 37−20 アサヒ飲料
・パナソニック 36-0 ノジマ相模原

オービックシーガルズ、何とか4位と踏ん張り、ファイナルステージ(ベスト4)進出おめでとうございます!


それと、パインボウル2015の試合結果は、以下。

・東北大学 17-0 北海道大学

東北大学が北日本王座に輝きました。

僕の後輩が審判をしていたようで、凄い!

お疲れさまでした!



心地よい汗をかいた後は、「月ヶ谷温泉」

弘法大師ゆかりの湯で、勝浦川の渓流を眺めながら、温泉を堪能。




帰り道に、「RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store」に立ち寄り。

取り壊された家の窓枠や建具などを集めて作られています。

また外壁や通路、家具や什器なども廃棄予定であったものを利用しています。

fa014128.jpg


柑橘系のお出迎え。

6e98ab71.jpg


KAMIKATZ LEUVEN WHITE(カミカツルーヴェンホワイト)をお買い上げ。

上勝特産の柑橘であり、爽やかな香りとまろやかな味わいが特徴の「柚香(ゆこう)」の皮が、香りづけに使われてます。

楽しみだけど、今月末に愛弟子が徳島に来る時に、一緒に味わうことにしました。

それまでは、おあずけ。

ce5ab0d5.jpg




さて、来週こそは、「みかん狩り」に行きたいです!


kou_blue97 at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月17日

六甲山と有馬温泉

子供たちの秋の運動会のため、札幌から両親が徳島に来たので、徳島のお隣の兵庫県を観光してきました。



まずは子供たちを遊ばせるため、六甲山フィールドアスレチックで自然を堪能。

75c4d5e3.jpg


5e2e7eca.jpg


35012f55.jpg


1caec19f.jpg


大自然の中で体いっぱい遊ぶのは大切。

徳島も大自然いっぱいだけど、場所を変えるとまた新鮮な気持ちでワクワクします。

六甲山カンツリーハウスで、パターゴルフ。

02b4aa17.jpg






太閤秀吉の愛した有馬温泉。

太閤橋。

28ebce28.jpg



有馬川

44d90d6b.jpg



ねね橋

54a16f52.jpg





有馬サイダーと炭酸煎餅を堪能。

kou_blue97 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月20日

ユリカモメ

57f39e46.jpgゆりかもめ


c772960a.jpg


54ab2036.jpg科学館


一昨日は温泉に行きたいという妻と娘のリクエストに応えて、手賀沼温泉満天の湯に行きました。

温泉ついでに我孫子市の鳥の博物館に寄りました。

いろんな鳥がいましたね。

手賀沼にはハクチョウもいました。

ハクチョウは青森で餌あげたりしたのが懐かしいです。

鳥の博物館ではユリカモメと目が合いました。

ユリカモメって初めて見たかも。

足とクチバシが赤いんですね。

道の駅しょうなんに寄り、梨を買いました。

しょうなんって沼南なんですね。



今日は電車に乗りたいという息子のリクエストに応えて、ゆりかもめに乗りました。

妻と息子と娘はゆりかもめ初体験。

1番前の座席に座れて子供達もご機嫌。

ゆりかもめって電車なのか車なのかって息子と議論しましたが、新交通システムらしいですね。

電気で道路を走る車なんで略したら電車でいいかも。

ゆりかもめついでに船の科学館に寄りました。

そういえば一昨日はスワンボートに乗りました。

息子は、スワンボートよりゆりかもめに乗る方が楽しかったそうです。



ユリカモメって東京都の都鳥なんですね。

カモメと言えば、オービックシーガルズは今日1stステージ2連勝しました。

QB菅原俊くんがスタートから出てたみたいで観たかったです。

この間千葉マリンスタジアムで試合後に握手してもらったけど、手はゴツくてデカかったです。

そうじゃないとあんなパス投げれないか。

カモメと言っても千葉マリンマリーンズはもう粘らないで、北海道日本ハムファイターズにクライマックスシリーズを譲って欲しい。

小樽商科大学トマホークスは、札幌学院大学クリムズンナイツに17−7で勝利し、順当に3連勝中です。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜