2016年06月23日

本気の涙

子供達にゲームを買ってあげられなかったあの日から1週間が過ぎました。



「嬉し涙」=兒玉遥

ClWRJ8pUkAEagoP[1]


・ずっと、選抜からの景色を見るのが夢でした。
・私はあと一歩という所で手が届かない事が多くて、選抜に入るのにも少しばかり時間がかかってしまってファンの皆さんを悲しませてしまいました。こめんなさい。
・でも、どんなに辛いことがあっても、「夢は手を伸ばした1ミリ先にある」という言葉を信じて、頑張ることが出来ました。


「悔し涙」=宮脇咲良

ClQnTP-UgAAzHju[1]


・私は本当に何も足りていなくて、足りないものが多すぎて何から手を付けたらいいか分からないし、努力の仕方があっているかも分からないし、今自分が進んでいる方向が前なのかも分かりません。
・初めてこのスピーチの場で涙を流しました。うれし涙を流したいと思っていたんですけど…悔しいです。
・来年こそは1位を目指してもいいですか?



本気の涙って美しい。

本気の涙を流せる人生がいいな。







kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月31日

いろんな子供がいる

c78d2aa8.jpg


816a5ee2.jpg




全日本大学アメリカンフットボール選手権
東日本代表校決定戦 準決勝
第24回 パインボウル 2011

小樽商科大学トマホークス(北海道リーグ優勝)
vs
仙台大学シルバーファルコンズ(東北リーグ優勝)

平成23年11月26日(土)
札幌ドーム
12時 kick off!!



さて先週末。

土曜日の午前中は息子が勉強やら宿題やらをまとめてやります。

というわけで、娘と2人で七井戸公園へ。

遊具で遊んだり、かくれんぼしたり、探検したり。

久しぶりにゆっくり公園に来たけど楽しいね。



午後は、息子と娘連れて3人で映画。

スイートプリキュア。

ポップコーン食いながら、マジカルライトかざしましたわ。



日曜日は、僕と息子はフラッグフットボールの大会で成田へ。

妻と娘はユーカリフェスタのお手伝い。

午前中は晴天の中、芝の上で楽しく汗を流しました。



2年生チームの試合が白熱。

ラスト2ミニッツの攻防。

逆転に逆転を重ねた展開。

2年生チームも、プレーアクションパスが立て続けに決まり、2ミニッツで2本のTDを決めましたが、相手がそれを上回りました。

後一歩力及ばず悔し泣きする2年生達。



相手チームが3年生ばかりでズルいと文句タラタラの1年生チームと大違い。



僕らが2年生の時

悔し泣きなんてしただろうか?



僕が少年野球始めたのは3年生から。

試合出たのは4年生か5年生だと思う。



小学2年生で悔し泣き出来ること

そんなチーム

そんなスポーツ

そんな仲間達

そんな親達

そして、子供達。



凄いなって心から感じました。

フラッグフットボールって凄いな。



涙を流した彼らは彼女らは

たくさん成長するんだろうな。



僕も涙がこぼれそうだったよ。


kou_blue97 at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月27日

涙の理由

昨日はジムのマシンで汗を流しながら、

SHINJOの涙の打席と、

SHINJOの涙の守備を見ていました。





大学4年のTOMAHAWKSでの引退試合。

第4Q残り2分弱、
10‐7と3点リード、
自陣30ヤードからの相手チームの4thダウン10ヤード。

相手チームの試みたパスを、
TOMAHAWKSのエースがカットし、
パスインコンプリートとなった瞬間、

まだ残り時間は残っているにも関わらず、
勝利=1部昇格を確信した僕たちは、
フィールドの上で泣きくずれました。



僕が人生の中で、
嬉しさで涙が止まらなかったのは、
最初で最後のような気がします。





たぶん、
その前の年とか、
その前の前の年とかに、
心の底から悔しくて流した涙や、
心の底から努力して流した汗や、
心の底から信じた仲間が、
TOMAHAWKSにはあったからこそ、


幸せにもそんな素晴らしい経験に出会えたのだと思います。






明後日は第29代TOMAHAWKSの最終戦であり、
4年生の引退試合となります。



試合の勝利と

試合が最高の思い出となることを

お祈りさせていただきます。


kou_blue97 at 21:21|PermalinkComments(6)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京