浮気

2015年12月04日

大人の恋の行方

「もうすぐ、クリスマスですね。」

『ああ、街を歩いていてもそんな感じだな。そんなに浮かれる歳でもないけどな。』

「実は、最近気になっている人がいて・・・。」

『なんだ?どうした?もうお前もアラフォーに差し掛かる年代にして、第二の青春か?』

「最初は素敵な人だなって思っていただけで、そういうのってよくあるじゃないですか。それが、だんだんと思いが強くなって、最近は夢にまで見るようになってきました。」

『ふーん。意外にプラトニックだな。お前らしくもない。で、相手は独身か?独身はやめとけ。』

「相手は年上で、結婚していて、子供もいて、僕と同じ環境です。」

『いいじゃねえか。憧れのお姉さん、くらいがいいよ。心の中で思っておけ。』

「でも、この好きって気持ちを伝えたいなって、最近思うんですよ。つき合って欲しいとか、恋人になりたいとかの願望はないんだけど、ただ好きって気持ちを伝えるだけでいいから。」

『それって、相手のことを何も考えてないよ。そんなので喜ぶと思うか?喜ばないよ絶対。ただの迷惑だからやめとけ。ただ、久しぶりに恋をした自分に酔ってるだけじゃん。恋を楽しみたいのはわかるけど、相手の気持ちも考えてやれ。嫌われて、今の関係だって壊れるだけだぞ。』

「ちょっとは喜んでくれるかなって淡い期待を抱いてました。たしかに、ただの迷惑かもしれないな。お互い意識して、今までみたいに仲良く出来ないのも嫌だし。でも、好きだから伝えたいな・・・。」

『まあわからなくもないけどな。でも、家庭を壊さないように程々にな。そうやって、悩んでいるうちが幸せだよ。しばらくそうやって青春を楽しめ。クリスマスだしな。』

「悩んでいるうちが幸せ、ですか?」

『そうだよ。この気持ちを伝えて、相手が喜んでくれたら嬉しいとか、もしかしたらデート出来るんじゃないかとか、いろいろ夢が膨らむだろ?そうやって楽しんでいればいいんだよ。行動には移さないで。』

「たしかに、家庭を壊す気もないし、妻を愛してるから、行動には移さないほうがいいんでしょうけどね・・・」

『そんなことで悩んでるなんて、お前は幸せだな。俺だって、そうやって悩んでいる時期が一番幸せだったかもしれないよ・・・。』

「えっ、どういうことですか?それって・・・。

『俺はさ、行動に移しちゃったんだよ。そして、相手も応じてくれて、恋に落ちた。その時は楽しかったよ。でもな、そんな恋には幸せな未来はないんだ。もう引き返せない。引き返せるうちが幸せだ。道を踏み外すなよ。大切な子供と一緒に暮らせなくなるんだからな。人生で、これ以上に後悔することなんて、ないぞ・・・。』

「せ、先輩・・・。」



−連載小説化を検討していたけど、妻の承認が得られなかったため、1話限りのショートバージョンにて提供する大人の恋の物語−







kou_blue97 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月16日

Xmasの贈り物

かけだし金融マン(mixi)がお届けする連載シリーズ物語。



『Xmasの贈り物』



第十三話



2人は支払いを済ませてエレベーターに乗る。

他には誰もいない。

ケンジはケイコの手にそっと触れる。

そして優しく握りしめる。



楽しく会話が弾んだカウンターとは対照的に

エレベーター内は沈黙と緊張感に包まれる。





エレベーターを降りた後も、2人の手は離れない。



『タクシーで送っていきましょうか?』

ケンジが沈黙を破る。


『まだ10時過ぎたばかりなので、電車で大丈夫ですよ。』



お互いの手から伝わる温かさい人柄を感じながら、

2人は駅へと歩いてゆく。



『この時間がずっと続けばいいのに』

無意識にケンジが言葉を発する。

ケイコは何も言わない。

心の中で頷くだけ。

ただそれだけで充分に伝わる。




駅のホームにたどり着く。

『また、ケイコさんと2人で逢いたい。』

今までと異なる口調。

『私も、また逢いたいな。』

今はもう止まらない。

無情にもケイコの乗る電車が到着する。

『今日はありがとう。また連絡するね。』

ケンジはケイコの髪に触れ、耳元でささやいた。




こうして、2人はまた日常という世界へ舞い戻っていくのだった。



ケイコはいつもと変わらない様子で

家族と子供たちが待つ家へと帰り

いつものとおり眠りにつく。

何も変わらない日常。





ただいつもと違うのは

ケイコの心の中のロウソクに

ケイコの胸の中のChristmasキャンドルに

優しく温かい火が灯ったことだった。





決して許されるものでもなく

認められるものでもない

1つの純粋の恋。



【前編・完】


kou_blue97 at 08:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年12月15日

Xmasの贈り物

かけだし金融マン(mixi)がお届けする連載シリーズ物語。



『Xmasの贈り物』



第十ニ話



2人は駅からちょっと歩いたところにある雰囲気のいい居酒屋に入った。

カウンターに通されたが、二人掛けの可愛いシートに腰をおろす。



『ここ雰囲気良くないですか?』

『なんか凄くお洒落な感じですね。こんなお店なんて若い頃にしか来たことないです。私なんか似合わないかもしれないですよね。』

店にとっても、何よりケンジの飲む相手としても、自信のないケイコが控えめに話す。



『全然そんなことないですよ。今日お逢いした時から、本当に素敵で魅力的な女性だって、ずっと感じていますから。』

ケンジの言葉には半信半疑なケイコだが、忘れかけていた感情が蘇りつつある。



どれくらい時間が経っただろう。

柔らかくて、居心地が良くて、いつまでも続いて欲しい特別な時間が流れた。



日常が迎えに来ることを
現実が迎えに来ることをわかっているけれど
ちょっとでもこの時間が続いて欲しいと
お互いそう強く願っていた。



『名残惜しいけど、今日はそろそろ帰りましょうか。』

ケンジがカウンターを立ち上がり、会計を済ませる。



ケイコがお金を払おうとするが、ケンジは受け入れない。

『じゃあ今度デートするときには、ちょっとだけご馳走になりますね。』

完全にケンジのペースで物事が進む。



ケンジの優しさと男らしさ

そしてデートという言葉に

ケイコの心は揺さぶられていくばかり。


kou_blue97 at 08:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年11月13日

お忍びの恋

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



週一回くらいしか君には逢えないけど、それが僕の幸せ。

もともと逢う約束をする時もあれば、仕事が終わって急に逢える時もあるね。



初めて君に出会ってから長い時間が過ぎたね。

初めて君に出会った時は、君の素晴らしさに気付かなかったけど、だんだん君に魅了されていく自分がいた。

最近でこそ逢うペースは週に1回くらいだけど、単身生活中なんかは毎日逢ったりもしてたよね。

仕事が忙しかったり、寂しい時なんかはいつも君に甘えていた。

そしていつも癒されていた。



週1回くらいしか逢えないけど、逢えた時は何度も君を求めてしまう。

もう若くないんだからほどほどにしなきゃね。

でも君の全てを受け入れたいんだ。



年末にかけて仕事は忙しいけど、逢える日は増えると思うし、何より君が欲しい。

何度も甘えさせてね。

愛してるよ。









生ビールちゃん。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 08:13|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年09月08日

千夜一夜物語

千夜一夜物語





男『終わりにしようってどういうことだよ。幸せだった日々は嘘だったっていうのか?』

女『もう終わりにしましょうよ。あなたのためよ。あなただっていろいろ無理してるでしょ?』

男『そんなことないよ。俺はお前といるときは幸せだし、お前がいるから頑張れるんだよ。』

女『私もあなたといると幸せだし、本当は別れたくなんかない。でも奥さんと可愛い子供たちがいるんだから、そろそろ潮時よ。悲しむ前に終わりにしましょう。』

男『たしかに家族も大切だけど、お前は特別だよ。愛してる。真実の愛だ。ちゃんと幸せにするから。俺を信じろよ。』

女『ありがとう。でもこれ以上あなたを悩ませたくない。あなたはちょっと火遊びしたかっただけなのよ。恋してる自分に盛り上がっているだけ。あなたが愛してるのは奥さんだけよ。』

男『もう一度俺と過ごした時間を思い出して、自分の心に素直になれよ。他の人なんか関係ない。お前が俺を愛してるかどうかだけが真実なんだ。』

女『でも。。。』

男『俺はお前を信じてるし、自分の心も信じたい。』



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 22:30|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2008年07月13日

彼女との別れ

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



悲しいお知らせです。

彼女と別れました。

突然の別れ到来です。



理由は彼女に聞いてみなければわかりませんが、

僕が忙しくてあんまり構ってあげられなかったからだと思います。





特に先週は

飲み会だの出張だのが続き

顔を見るどころか

話すら出来ない状況でした。





出会いは今年の春先。

大切に想い

愛情を捧げて

ゆっくり関係を育んできたのに。。。





最近順調な状態が続いてたから

ちょっと油断してたのかもしれません。。。





失ってから気付く

どれだけ愛していたか

どれだけ大切な存在だったか。





この歳になっても

人生日々勉強ですね。






久しぶりにベランダに出てみたら

大切に育ててきた

愛情を注いできた

ナスとピーマンとキャベツが

大変なことになっていて

僕とお別れを告げることとなりました。

本当に悲しいです。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 16:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年03月09日

信用を供与することと、信用を強要すること

昨日の記事のタイトルを『僕と彼女と彼女の生きる道』にすれば良かったと、ちょっと後悔しているかけだし金融マンです。



さて、『信用』の大切さについて、どうお考えですか?


金融取引にあっては、『信用』により、融資の可否から融資条件(金額から期間、金利、保全まで)が変動します。取引する側にとっては、相当重要な問題ですよね。


簡単に言うと、信用力が高ければ融資条件は良く、信用力が低ければ融資条件は悪くなります。(ただし、金利については信用力以外にも、融資期間の影響が大きいです)



全く違った観点からみると、信用力が高ければ、多少コンパに行ったり付き合いで帰りが遅くなっても大丈夫ですが、信用力が低ければ、なかなか自由になれず、挙げ句の果てには携帯メールまで監視されます。



信用力が低ければ、なぜメールまで監視されるのか?


おそらく、浮気やウソ等前科があるなど、付き合いの実績の中で、何かしらの原因があるはずです。



金融取引にあっても、取引実績の中で延滞・事故等の履歴があったり、財務や情報開示が不透明・粉飾であるなどが原因で、信用力が低下することも少なくありません。




やはり、何より誠実に生きていくこと・経営していくことが大切で、それを継続し続けることが、信用力を少しずつ高めて行くのでしょうね。



何度も浮気したり、ウソを繰り返している人が、『俺を信じてくれ』と言っても、ただの信用の強要でしかありません。


1度失った信用を取り戻すのは容易ではありません。誠実に生きていきましょう。




えっ?自分に言い聞かせてるのか?ですって?
一応、かけだし金融マンは、誠実に生きてますよ。今までも、そしてこれからも(笑)。


kou_blue97 at 08:59|PermalinkComments(31)TrackBack(2)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末