浅草

2016年04月09日

春が来るのはまだ遙か・・・(第4話)浅草編

翌朝、目覚めると隣には遙の寝顔。

いつもは優しくて可愛いくて、優等生キャラの遙。

でも昨日は想いの内をぶちまけていた。

遥もいろいろ悩んでるんだろうな。

咲良と比べるなんて・・・意外だけど、愛おしく感じる。




今日、土曜は仕事の関係もあり浅草へ。

4117a717.jpg




浅草寺の雷門や仲見世のお土産等を見てはしゃぐ姿は、またいつも通りの遙だ。

本当に健気で無邪気。

遙には、幸せになってもらいたいし、春が訪れて欲しい。

遙か先ではなくて、すぐ近い将来に。



仕事の所用も終え、浅草の下町を散策。

遙「すごいねぇ〜、いろんなお店があって面白い。そして、昼間からお酒飲んでる人がいっぱい!」

俺「面白いなぁ、さすが下町!」

遙「ちょっと楽しそうですね。飲んじゃいませんか?」

俺「いいけど、おしゃれな感じじゃなくていいの?」

遙「もうそんな年じゃありませんよ。昭和の女ですから。さあ、入りましょう!」



店に入り、おススメのハイボールを片手に、モツ煮を味わう。

俺「なんか、こんな天気の良い昼間からお酒を飲むなんて、美味しいけどバチ当たりな気分だな。」

遙「ホント。お酒だけじゃなくて、いろんな意味で罪悪感があってドキドキですよね。」

俺「もう・・・酔っ払っちゃえ。」

aeb3f072.jpg


遙「先輩と咲良さんって、絶対結婚するだろうと思ってたくらい仲良しだったのに、別れたって聞いたとき凄い驚きました。なんで別れたんですか?」

紅く染まった顔の遥がいろいろと聞いてくる。

俺「若かったからな。お互い。いろいろあったんだよ。もういいじゃん。それより、遥は結婚しようと思ったことはないの?」

遙「私は、つき合った人とは結婚を考えたことはあるけど・・・。この人かな?って思っても、この人じゃないなって思っちゃって。運命の人に出会えてるんだか、まだ出会えてないんだか、もうわかんないや。」

俺「たぶん、これから出会えるんだよ。だから、大丈夫!」

遙「こっちにいた方が出会えるのかな、それとも札幌に帰った方が出会えるのか、教えて欲しい。」

俺「神様に聞いてみるしかないね。」

遙「神様、私の運命の人はどこにいますか?もしかしたら、今わたしの目の前にいますか?」

俺「俺なんかよりもっと素敵な男が現れるはず!」

遙「そうだといいな・・・。」



店を出て駅に向かう。



俺「途中の駅まで送るよ。大丈夫か?」

遙「大丈夫、羽田空港までついて行くから。」

俺「昨日から疲れてるだろ?無理するなよ。」

遙「ダメ。人の多いところでも、ラブラブしちゃうの。」

俺「今日もだいぶ飲んだな〜。」

遥「先輩の思い通りにばかりはさせないですから。絶対に都合の良い女になんてならないんだから。」



羽田空港についても、身体を密着させて、手をつないでくる。

誰かに見つからないことを祈るばかり。

酔っ払った遥は、もう手をつけられない。



俺「じゃあ、行くよ。元気でな。」

遙「ちゃんと娘さんにクッキー買った?息子くんは、奥さんにも忘れちゃダメだぞ!」

俺「忘れてないよ。こんな時に家族のことを思い出させなくていいから。」

遙「先輩だけ幸せなんてズルいな。これからも、先輩の思い通りにばっかりなんてさせないから。覚悟してくださいね。」

俺「覚悟しとくよ、ずっと(笑)。」

遙「ウフフっ。大好き。」



遙に、早く春が訪れますように・・・心の底からそう思い始めてきた。

でも、春が来るのはまだ遙か先の予感・・・











kou_blue97 at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月23日

まるごとにっぽん

金曜日は午後から東京で仕事のため、朝から飛行機。

上京物語。

お昼は、久しぶりに会う同期4人でランチ。

午後は仕事。

ビルの18階からスカイツリーが良く見えました。

そして、夜は情熱。

情熱の国スペインのお酒で乾杯。

エストレージャ ダム
(バルセロナの人々を虜にするスペイン産ビール)

ラ ロスカ ブリュット
(スペイン産カバ)

786e2b8c.jpg


そして、これ。

リコール・デ・ベジョータ
(スペイン産リキュール)

21d66f1d.jpg


べジョータとは、どんぐり。

どんぐりのお酒です。

どんぐり(ベジョータ)のエキスを配合した香ばしいナッツの香りのお酒。

どんぐりのエキスをたくさん吸収すれば、僕も立派なイベリコ豚になれるかなっ!



翌、土曜日はここです。

0be306f2.jpg


浅草寺。

頭がよくなって欲しいから。

観光客で賑わってました。

5a527a4e.jpg


舟和のどら焼き(芋ようかん入り)。

目的地に到着。

「まるごとにっぽん」

7caa9a06.jpg


昨年の12月17日にオープンした施設。

6ad568f9.jpg


47都道府県の「ふるさと」に出会えます。

生鮮も、工芸品も、伝統文化も、ご当地食材レストランも。

日本の魅力、全部まるごと味わえます。

もちろん、徳島の食材も!

ec83982a.jpg


「れんまる」

ccc25e76.jpg


徳島産のレンコンや鳴門金時、ゆずやすだち、鳴門わかめなどの食材を用いた加工品がたくさん。

eee7fe07.jpg


徳島の魅力、全国に、そして全世界に広がればいいな。

「まるごとにっぽん」

場所は、WINS浅草のお隣です。

まるごとにっぽんを堪能した後は、浅草を散策。

さすが下町、昼間から飲んでます。

ちょっと時間があったので、競馬中継の音量が流れる浅草二丁目酒場へ。

ab9aee2f.jpg



お昼ごはんを兼ねて、ハイボールにやきとんと白もつ煮込み。

豚肉は、千葉県産のなでしこポーク。

美味しい。

昼から飲むなんて、バチ当たり的な罪悪感が、お酒を美味しくさせます。

店内は、競馬新聞保有率95%。

若いカップルも、競馬新聞片手にハイボールやホッピー飲んでます。



そして、羽田空港に到着。

西日本行きの飛行機がどんどん欠航になっていく・・・。


(羽田空港南ウイングのコイン式パソコンでこのblogを書いてます)




kou_blue97 at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京