札幌

2015年12月17日

禁じられた、禁断のタブー

12月も3週目に突入。

聖なる夜が近いですね。

「禁じられた恋」とか
「禁断の恋」とか
「恋のタブー」とか

そんなフレーズが世間を賑わす季節です(妄想)。

わが家でも禁じられた季節がやってきました。

わが家で禁断のタブーならぬ、食ベモノと言えば・・・

「刺身」と「牡蠣」です。

毎年恒例。

お正月を札幌で元気に楽しく過ごすためです。



マスクを着用。

うがい手洗いを徹底。

刺身や寿司など生ものは食べない。

「牡蠣」は絶対に食べない。



この時期に「牡蠣」を食べたら、「離婚」されますからっ。

マジだよ。



というわけで年末ですね。

年末といえば、仕事が立て込んで、忘年会などで大忙し

お忍びの彼女ともなかなか逢えない。

「5分だけでいいから」と逢いに来てくれたり

「タンス動かすの手伝って」と大掃除をお願いされたり

「シチュー冷めちゃうよ」と手料理の写メが送られてきたり

「遊んでくれないと合コン行っちゃうよ」と脅されたり

「今日は帰りたくない」と明日も忙しいのに小悪魔に駄々をこねられたり

「仕事と私、どっちが大事?」と悪魔の質問をされたり

本当に、年末って大変なイメージ(妄想)。



僕といえば

昨夜なんて

定時に仕事を終えて

家にまっすぐ帰って

妻と子供達とFNS歌謡祭見て

妻と子供達と「トランプ」で、大富豪とポーカーとブラックジャックをして

妻と子供達と「日本年号かるた」をして

とっても盛り上がったよ。



早く家に帰ると妻も子供達も喜んでくれて

子供達と一緒に布団に入って学校の話とか聞けて

父親としてはとっても幸せなんだけど。



忙しいはずの年末に早く家に帰るなんて

妻からは

「とうとう会社で干されたか?心配するな、家では干されない!」

と慰められたりしてます。



社会人として

男として

これでいいのだろうかと

胸に手を当ててちょっとしんみりしたり・・・。




子供たちを寝かせて、リビングの妻のところに戻ったら、

妻が腹痛で、トイレに立てこもり。



「大丈夫?なんか変なもの食べた?まさか、お前、禁断の牡蠣食ったのか?

「大丈夫。そんなにひどくないから。大丈夫。生牡蠣じゃなくて、カキフライでちゃんと熱を通したから。

「無理しないで、早めに寝た方がいいよ。カキフライには何をかけだんだ?レモン汁か?柚子か?もしや、タルタルソースか?

「うん。ありがとう。でも台所が・・・。もちろん、自家製のタルタルソースよ!

「食器洗いと米とぎくらいはやっておくからまかせておけ。徳島なんだから、柚子果汁だろ!

「ごめんね。ありがとう。じゃあ、横になるね。お前にはわからなくても結構。

「おやすみ。夜中に辛くなったら起こしていいからね。はっきり言う。気にいらんな。



今朝は、妻を寝かせてあげようと、早起きしてみんなの朝ごはんを作って、自分のお弁当も作りました。

家では干されないように気をつけないとな。



今日は、会社から帰ったら妻も大丈夫そうでひと安心。

夕食の食器を洗い終わって、子供達とブラックジャックで盛り上がったところ。

子供ながらに、チップをかけてギャンブルするのは楽しいみたいだ。

自分も、子供のころはブラックジャックが好きだったな。

ブラックジャックは、小学2年生の算数の足し算の勉強に最適かもしんない。






kou_blue97 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月13日

ぼくの冬休み

ぼくは、お正月に札幌のおじいちゃんとおばあちゃんの家に行ってきました。徳島から札幌までは遠くて、朝から夜までかかりました。

徳島から神戸までは車で行きました。うずしおで有名な大鳴門橋を越えて淡路島に行き、明石海峡大橋を越えて神戸に行きました。神戸から関西空港までは船で行きました。船は窓を開けれなくて、結構揺れて気持ちが悪くなりました。パパは船に乗る時にズボンが破れました。たぶん太ってるからだと思います。

関西空港で、僕はたこ焼きを食べました。ママもたこ焼きを食べました。パパはお好み焼きを食べました。妹は焼きそばを食べました。僕はちょっと酔って気持ち悪かったのでたこ焼きを残し、ママと妹も飛行機に乗る前だからと少し残したけど、パパが全部食べました。せっかく破れたズボンをはきかえたのに、また破れるんじゃないかと心配でした。

飛行機の窓からは富士山が見えました。とても大きかったです。シークヮーサージュースを飲みたかったけど、キウイジュースしかありませんでした。飛行機の窓からも雪が見えました。久しぶりの雪でした。

おじいちゃんとおばあちゃんとおじさんとおばさんといとこが新千歳空港まで迎えに来てくれました。空港ではロイズとかいうチョコレート屋さんのお姉さんにじゃんけんで勝てば生チョコが貰えて、じゃんけんしようとしたら「生チョコじゃんけん、じゃんけんぽん」と言うお姉さんのタイミングが難しくて、なんか恥ずかしかったです。

札幌に着いたらもう夜で、お腹が空いたので「花まる」でお寿司を食べました。いくらが美味しかったです。生のエビしかなくて、いつものゆでたエビがありませんでした。パパは生ホッキとか銀ガレイとかたくさん食べていて、またズボンが破れないか心配でした。

次の日からは冬遊びしました。ウィンタースポーツというらしいです。

スケート場に行きました。ツルツルの氷の上をすべりました。さいしょは立ってるだけでつらかったけど、ゆっくりすべれるようになりました。パパは足がいたいとか言って休んでばかりでした。たぶん太ってるからだと思います。でも、パパは昔はスポーツがとくいだったみたいで、けっこう早くすべってました。なかなかやるなと思ったら、調子にのって思いっ切り転んでました。かなり痛そうだったけど、太ってるから大丈夫みたいでした。パパはこの危機のために太ってたのかなぁ。スケート場では、途中で氷をきれいにする車がかっこよかったです。おじいちゃんも転んでカメラをこわしたのは、おばあちゃんにはないしょです。

他にも、大きな公園でソリやったり、雪だるま作ったり、お家の前でかまくら作ったり、落とし穴作ったりしました。雪は固いときもあり、ベトベトのときもあり、サラサラのときもありました。サラサラの雪も気持ちいいけど、ちょっとベトベトの方が雪玉つくりやすいです。あんまりベトベトだと雪だるま作るとくにすぐ重くなりました。あと、屋根のつららがきれいでした。強い武器になりそうでした。

いよいよ明日はスキーという時に、パパはスケートで転んだ背中がいたいいたいと言いはじめました。けっきょく、パパはスキーをお留守ばんになりました。せっかく北海道にきたのにスキーができないなんて残念な大人です。たぶん日ごろの行いがわるいんだと思います。

スキーは今年で3回目。なれてきたけど、ゆだんするとスピードが出るのでちょっとこわいです。やっぱり自分のペースですべれるからスケートの方が好きです。

札幌では、ジンギスカン食べました。羊の肉らしいです。妹がジンギスカン美味しい美味しいってめっちゃ食べてました。パパみたいにならなければいいけど。ぼくは、おばあちゃん自家製のいくらがあれば、ごはんがいくらでも食べれます。いくらだけに。

あっとゆう間に帰る日になりました。ぼくは8日から学校だけど、いとこは19日から学校らしい。冬休み長くてずるいなぁと思いました。

札幌から徳島も、朝から夜までかかりました。帰りは飛行機と船で妹が酔って大変でした。飛行機で妹が気持ち悪くて大変な時に、後ろに座ったパパは隣の外国人のお姉さんに「サンキュー」って言われてました。パパ、何したんだろう。新千歳から大阪までの飛行機は、とても遠回りしてました。岡山を通ってから大阪に戻るルートでした。淡路島くらいで下ろしてくれたら早く帰れるのに。

徳島に帰ると、家の中がさむくておどろきました。北海道より寒いです。

明日から学校という時に、「星空のかんさつ」の宿だいをやってないことに気づきました。寒い中、パパと外に出て星空をかんさつしました。ぎょしゃざのカペラとオリオンざが見えました。たぶん。北海道に行くのには海を2回超えなければならないけど、空はつながってるんだなと思いました。風が冷たくて、北海道の真っ白な雪の景色を思い出しました。

僕もいつか愛する人が出来たら、北海道の雪の景色を見せてあげたいと思いました。

とても楽しい冬休みでした。




kou_blue97 at 22:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月29日

僕の夏休み 札幌編

b1543cf6.jpgつり橋


9bf5b445.jpg虫かご


4941fdf4.jpg滝野


夏休みをいただいて、地元札幌に里帰りしました。

思えば昨年の夏休みと言えば、原因不明の高熱でうなされ入院してたのが思い出される。

健康って大切だね。



さて札幌は涼しくて、本当に過ごしやすかった。

窓開けて寝たら、朝方は肌寒いくらい。

避暑地には最適でした。

札幌はなんだかんだで1年半以上ぶり。



今回の帰省は、子供達の夏の思い出いっぱいにしよう、というテーマ。

だって千葉は真夏日が続いて、朝の天気予報じゃ運動禁止って言われるくらいだったんで。

というわけで、マイミクさんやblog見てくれてるみんなに連絡もせず札幌を後にしました。

またの機会に会おう。

誰か結婚式とかあったら呼んでください。



さて、札幌では夏休みの思い出いっぱい。

滝野すずらん丘陵公園でキャンプしました。子供の谷で遊んで、キャビンでバーベキューしてお泊り。

滝野ってこんなに楽しかったっけ?

小学生の時に遊んだ記憶があったけど、めちゃくちゃバージョンアップしてました。

トンボもチョウも人に慣れてないのか、手で捕まえられるくらい。

千葉は虫も警戒心が強いことを発見。

子供達にとっては初めてのキャンプと初めてのバーベキューだったんで、いい思い出になるはず。



後は、弟の家に遊びに行って甥っ子とうちの息子と娘が仲良くなったり、庭の枝豆とかご馳走になったり、弟家族とさとらんどやトンデンファームで遊んだりもしました。

甥っ子くんも大きくなって言葉を発してて驚き。



後は、大家族で札幌ビール園でジンギスカンして、大通公園でとうきび食べて、小金湯温泉行って、家の前でテント張ってまたバーベキューしたりしました。



いろいろお世話になりました。

楽しかった2010年夏@札幌



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 23:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年02月05日

札幌雪祭りが開幕

こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



今日から札幌雪祭りが開幕みたいですね。
小さい頃に家族で雪祭りの真駒内会場に行き、
雪と氷のすべり台で遊んだのをよく覚えています。
大通会場も彼女と歩いて回りましたね。

さて僕が中学生とか高校生の頃、
恋人同士で雪祭りに行くと別れるというジンクスがありました。
いろんな地域にそういうジンクスの場所ってありますよね。

そのジンクスは大抵当たります。
当たって当然。
なぜなら中学生とか高校生の時のカップルが、
一度も別れることなく結婚まで行く確率ってどれくらいだと思いますか。

雪祭りに行こうが行くまいが
若者たちにはいつか別れがやってきて
傷つき悲しみ成長して
また新しい恋をするものですからね。

久しぶりに雪祭りなんか行ってみたくなりました。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 12:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年01月07日

冬休みの思い出,けだし息子

こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



冬休みの思い出

かけだし息子編



冬休みにパパとママと僕とぴーたんで札幌ばばのお家に行きました。

僕はもう3歳なので飛行機だって一人で座ってベルトもちゃんと出来るんだよ。

札幌は雪があって雪やコンコンって感じでした。

パパとソリすべりをしたり公園で遊んだり楽しかったけど

たまに痛いやつが飛んできて顔に当たって目があけられなくて痛かったよ。

あとお家の前がこおりですべってころんだりもしました。

おおみそかはお外の温泉にはいったけど

お風呂のところに雪があってパパに投げたりして楽しかったんだ。

札幌ではじょうざんけい温泉花もみじのカニとか

なごやかていの鉄火の巻きちゃんとか

すてらぷれいすのピザが美味しかった。



じじとかばばとかおばあちゃんとか

おねえちゃんとかおじさんかぞくと一緒で楽しかったけど

やっぱりパパが一番大好き

帰りの電車ではパパの抱っこで寝んねして帰りました。

パパと一緒がいい

って毎日言っていたね。



パパ大好き。

明日から幼稚園頑張ります。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月05日

快適な冬の過ごし方

426a6b03.jpg


19d0340b.jpg


こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



千葉に戻ってきました。

家の中

寒いですね。



しみじみと感じます。



札幌なんて夜中でも

半袖Tシャツ1枚に

トランクス1枚で

Wii Fitやってましたからね。



外はしばれてましたが。



風邪ひかないように気をつけましょう。




kou_blue97 at 18:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年12月01日

お土産

8390758a.jpg


ddb7dffb.jpg


こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



お土産はやっぱり札幌ラーメンの『すみれ』ですよね。

リクエストどおり。

子どもたちも食べる食べる。





kou_blue97 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月28日

Book of days

90f85988.jpg


08104eca.jpg


こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



僕はあんまり物事にこだわらない方だと思うのですが、自分の結婚式に関してはとてもこだわりました。

それは2人にとってかけがえのない特別なものだから。

一生に一度の大切な思い出になるものだから。





あれは5年前の夏。

妻と籍を入れ、青森で一緒に住み始めた頃でした。

一週間の休みを取り、来年の春に予定している結婚式の会場と日程を決めるため、生まれ故郷の札幌へと旅立ちました。

事前に気になっていた4〜5つのホテルのブライダルコーナーの話を聞き、悩みに悩んだ結果、僕に『第一印象から決めてました』と言わしめたホテルに翌日決定しました。

ホテルモントレエーデルホフ札幌
12F『ベルクホール』



ホテルモントレグループは西洋を中心とした世界各都市の建築様式をイメージしたホテルを展開しており、ホテルモントレのエーデルホフ札幌は19世紀末のウィーンを演出。

特にウィーンには何も思い出も思い入れもありませんが、披露宴会場『ベルクホール』が僕のイメージとぴったり。

ウィーンの街並みを囲む雄大な山並みをイメージした天井に、欧州を緩やかに流れるドナウ川を表現した深緑と白の大理石張りの床。

気品に満ちた空間と安らぎに満ちたひと時は、支えられお世話になった方々とともに迎える2人の特別な旅立ちに最適です。



このベルクホールに決めた時、僕の心には決して揺るがないこだわりが芽生えました。

それはまるでドナウ川のような揺るぎなきこだわりが。



.Εーンに日本の曲はなじまない。

披露宴の最中のBGMは全て2人で選曲。たとえBGMと言えども日本の曲はそぐわない。僕の人格を形成したミスチルであっても。。。

新郎新婦入場には披露宴の入場曲として人気の高いエンヤのBook of daysを、その他のシーンでも90%近くエンヤの曲で統一しました。



▲Εーンに日本の歌はなじまない。

同じ理由でカラオケも避けたいがために、余興の時間をなくしました。
余興はなくとも、テーブルスピーチ、ちょっとした演出、デザートブッフェでの新郎新婦のケーキサーブにゆっくり時間をかけることが出来て、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。



ウィーンに和食はなじまない。

ご年配の方への配慮が足りないかもしれませんが、洋食フルコースにさせていただきました。この雰囲気に和食はちょっと。。。



ぅャンドルサービスは必要。

最近、キャンドルサービスを行う結婚式が減って来ているとのこと。アクアが流行ってるみたいですね。

でも言い伝えによるとキャンドルに火が灯る時、妖精達が舞い降りてきて願い事を叶えてくれるとのこと。

大切な結婚式に妖精達をお招きしないわけには行かないですよね。make a wish。





こうして、平成16年4月17日、あたたかく大切な方々に迎えられ、幸せな結婚式を迎えることが出来ました。



ちなみに今の僕の目覚ましアラームは、エンヤのBook of daysで目覚めています。





結婚式というかけがえのない時間

この日くらい

2人だけの幸せが

2人だけのわがままがあってもいいんじゃない?





kou_blue97 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月23日

現実への帰還

3b0fe291.jpg



こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



新千歳空港からの帰還

現実へ舞い戻りました。





kou_blue97 at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月02日

結構雪が降りましたね

dd6d328d.jpg


78a506d2.jpg


やっぱり雪が降らないと、

北海道の冬って感じがしませんよね。

雪やこんこん。

かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 11:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)