札幌

2022年06月20日

札幌帰省 in SAPP‿RO(4日目/最終日)

早いもので最終日。

朝からドライブがてら、寄り道しながら羽田空港に向かいます。


DSC_2182


テイクアウトしたスープカレー。

妹の家に立ち寄り、いただきます。

スープカレーも北海道の恵み。


DSC_2180~2


八紘学園のソフトクリーム。

自然な甘さで牛乳の旨味が凝縮。


DSC_2190


新千歳空港。

その先の、道へ。北海道。

娘が好きな、初音ミク。

札幌生まれらしい。自分と一緒。



今回の、札幌帰省。

父親も元気。

母親も元気。

妹夫婦も元気。

そして、北海道の魅力と味覚を堪能。

それだけで、充実した時間になりました。

また来るぜ、北海道。

そしていつか、住みます、札幌。







kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)

2022年06月19日

札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)

時間があったので小学校と中学校まで歩いてみた。

懐かしい通学路。


変わらない香り 景色 風
ここに立つと蘇る
こみ上げる記憶 読み返す
思い出は 俺 輝いた証だ



変わらない景色もあれば、大きく変わった風景も。

そんなことを思い出しながら、向かった先は…



<八乃木>

DSC_2160


札幌といえば、ラーメン。

もちろん、みそラーメン。

DSC_2159


「八乃木」の店主の修行先は、札幌みそラーメンの名店「すみれ」

全国で4店舗、北海道では2店舗しかない「すみれ」から暖簾分けされたラーメン店。

とても美味しくいただきました。



<夜の大通公園とテレビ塔>

DSC_2168


<夜の時計台>

DSC_2169


昨日は、日中に大通公園を歩き、テレビ塔や時計台を散策。

青空の下も映えるけど、夜のライトアップも幻想的。



<月と太陽 BREWING>

DSC_2176


まじめ、ときどき、おおらか。

北海道のクラフトビール。

クラフトビール好きの自分につき合ってくれた両親。

DSC_2175


ペールエール
IPA
ブラウンエール
スタウト

いろいろな味のビール、美味しいです。

フィッシュアンドチップスは、北海道のホッケとジャガイモ。

DSC_2174


北海道のソイのカルパッチョ。

料理も北海道が味わえるお店。


<札幌市電>

DSC_2164


札幌の夜を彩る路面電車。

DSC_2167


最新型の車両も。

久しぶりの札幌の夜を歩いた。



kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)

2022年06月18日

札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)

わが家の畑。

自分が小学生の頃は、広い畑だと思っていた。

今は、畑も小さくなった。

でも、いろいろ思い出のある畑。

父と母がいろいろ作物を増やしていて楽しい。



<じゃがいも>

DSC_2121


子供のころからずっと変わらないじゃがいも畑。

ここ数年はキタアカリ。

HORIZON_0001_BURST20220618114216676_COVER



<いちご>

DSC_2125


北海道は6月からが最盛期。

HORIZON_0001_BURST20220618114541026_COVER



<ぶどう>

DSC_2117


今年くらいから実がなるかどうか。


<ブルーベリー>

DSC_2120


これは実を結びそう。


<トマト>

HORIZON_0001_BURST20220618115050283_COVER


夏野菜と言えば、トマト。


<ナス>

DSC_2127


そして、ナス。



気持ち良い天気。

両親と大通公園を散歩。



<大通公園>

HORIZON_0002_BURST20220618151523500


ライラックなどの木々に囲まれた札幌中心部のオアシス。

札幌市民や観光客の憩いの地。

水遊びしている子供たち。

6月の札幌も暖かい。


<SAPP‿RO>

DSC_2135


サッポロスマイル

食や自然、四季折々の様々なイベントなど、多くの魅力的な資源に恵まれた『笑顔になれる街』札幌をイメージしたロゴ。


<テレビ塔>

DSC_2136


ここまで歩いた。

さっぽろテレビ塔。

高さは147.2m

テレビ父さんがお出迎え。

非公式キャラクターらしい。


<時計台>

DSC_2137


観光客の気分。

正式名称は「旧札幌農学校演武場」

約130年に渡り時を刻み続ける。


<牡蠣>

DSC_2142



<ウニ>

DSC_2146


言葉はいらない。

至福の時。

思い出と脳裏と遺伝子に刻まれた香りと味。



kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)

2022年06月17日

札幌帰省 in SAPP‿RO(1日目)

2018年までは、毎年、家族揃って年末年始に帰省していた札幌。

それから、コロナ禍等により家族揃っての帰省はできず。

2019年2月に法事で帰省。

2020年11月に仕事で帰省。

そして、今回、約1年半ぶりに帰省となりました。



<抗原定量検査>

今回の帰省の目的は手術後の父親のお見舞い。

ということで、安心を確保するために、羽田空港で抗原定量検査を実施。

DSC_2099


予約時間に到着。

鼻腔をぬぐって検査。

待ち時間が約30分。

検査結果は…

1656148303274~2


陰性/Negative

というわけで、飛行機に乗ります。

フライトは、AIRDOの道民割引。

もちろん、AIRDO道民会員です!



もともと、今回の帰省は家族と家の時間にしようと決めていました。

なので、遊びも観光も予定せず、友達等にも伝えず帰省。

春は仕事も忙しかったので、家でのんびりしようと思っていたら…

父親、とても元気だったのでお寿司を食べに。



<なごやか亭>

生ビールで乾杯。

DSC_2104


トロサンマ(道東産)

サンマ漁は通年操業解禁で嬉しいけど、絶滅危惧種に指定される懸念も。

いつまでもこの美味しいサンマが食べられる未来を。


DSC_2105


オヒョウ(道産)

オヒョウはカレイ目カレイ科オヒョウ属。

鮮度が命なので北海道ならではの味覚。


DSC_2108


本ます(寿都 檜山産)

一般的に、マスとサケの境界は世界的にも曖昧らしい。

日本では、一般的にサケ類でサケと呼ばれる魚以外の魚をまとめた総称でもある。

イワナ、ヤマメ、ニジマスなどもマス類と呼ばれる。

本ますについて、北海道ではカラフトマスを指すようだが、関東や東北の一部ではサクラマスを指す。

ということで、たぶんカラフトマス。

いずれにしても美味しい。


DSC_2107


貝づくし
(活あわび、活ホッキ、ほたて)

貝づくし食べた後、活ホッキと活つぶも追加。

魚介類という言葉。

北海道は魚だけではなく、介(貝など)が本当に美味しい。



父親と二人でビールを飲みながら寿司を食らう。

大切な時間。




kou_blue97 at 23:10|PermalinkComments(0)

2020年11月22日

札幌に凱旋

2週間以上経過したので・・・

このあいだ、出張で札幌に凱旋しました。

久しぶりの、札幌。


<ホテルモントレ エーデルホフ札幌>

DSC_0397


16年前にここで結婚式をあげました。

思い出の聖地。


<時計台>

DSC_0398


時計台。

久しぶりにゆっくり見ました。



<テレビ塔>

DSC_0405


夜のテレビ塔も、数年、10年以上見ていないかも。


<札幌ラーメン>

DSC_0445


てつや。

初めてかも。

美味かった。



<厚岸ウイスキー>

HORIZON_0002_BURST20201107173638683


いま、話題らしい。

北の大地のジャパニーズウイスキー。



試される大地。

コロナに負けるな!




kou_blue97 at 23:12|PermalinkComments(0)

2019年02月13日

SAPPORO SNOW FESTIVAL

祖母の1周忌と祖父の13回忌のため、札幌に帰省。

さっぽろ雪まつり会場に立ち寄ってみた。

開幕直前だった・・・。

一部、最終調整中。ご苦労様です。



とりあえず。3丁目から11丁目まで歩いてみる。



3丁目

「白い恋人PARK AIRジャンプ台」

DSC_1905


4丁目

「初音ミク&戸山香澄」

DSC_1908


5丁目東

「北海道を駆ける! サラブレッド」

DSC_1909


5丁目西

「【大氷像】 台湾−玉山と高雄駅」

DSC_1910


6丁目くらいか?

DSC_1911


7丁目

「【大雪像】 ヘルシンキ大聖堂」

DSC_1913


陸上自衛隊の皆さまの卓越した技術。

DSC_1915


9丁目 市民の広場

「【中雪像】 たいせつなこと、みんな仲間」

DSC_1919


DSC_1920


わが家のSNOW FESTIVAL

かまくらづくり

「俺と甥っ子と妹」

BlogPaint



kou_blue97 at 22:26|PermalinkComments(0)

2019年01月05日

2019年がスタート

たくさんの人に支えられ、助けられた2018年。

そして、新たな時代が始まる2019年。

今年もよろしくお願いします。



お正月と言えば、餅。

焼いてます。

DSC_1861

餅・・・もち米を加工して作る食品。正月などのハレの日の行事には欠かせない縁起物の食材。


スキー。

海が見えます、石狩湾。

BlogPaint

石狩湾・・・小樽市や石狩市などが面する日本海につづく湾。札幌圏の海上物流拠点。サケ、カレイ、イカ、ホッケ、シャコ、エビ、ソイなどが生息。


孫と一緒にスキーを楽しむ父親。

古希ながら元気に滑ってる。

BlogPaint

古希・・・原文の標記は古稀。70歳のこと。唐の詩人である杜甫の詩が由来。



朝里川温泉スキー場。

小樽市の標高680mの小さな山。

DSC_1784


ポーズだけは一人前の娘。

DSC_1793




ルスツリゾートスキー場。

留寿都村の標高994mの山。

2015年に「雪の新体験が満喫できるリゾート」ランキングで全国1位。

DSC_1815


朝一番なので、ここに映っている全員が、親族。

贅沢なくらいふかふかのパウダースノー。

ふかふかすぎて、転んでも痛くない息子。

DSC_1807

パウダースノー・・・さらさらの粉雪。気温が低い時に降る。スキーに好適。

DSC_1821


ルスツは、欧米人が多くて、コロナビールがめっちゃ売れてた。


息子は、3泊4日のスキー移動教室があるので、猛練習。



北海道と言えば、ジンギスカン鍋でジンギスカン。

DSC_1772

ジンギスカン・・・マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉料理。モンゴル帝国を率いたチンギス・カンが遠征の陣中で兵士と食べた羊肉料理(羊肉串)という説や、源義経が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンになってという説に由来する等、俗説がある。


札幌ラーメン。

札幌の味噌ラーメン。

DSC_1768



年末年始の充電完了。

エネルギー補給も完了。

今年もよろしくお願いします。


kou_blue97 at 12:57|PermalinkComments(0)

2016年09月28日

北海道で撮った写メたち

せっかく北海道で撮った写メたち。

何年か後に懐かしく思い出に浸るためだけに掲載しておこう。



<小樽運河>

3de2f94b.jpg


・小樽運河とは、北海道開拓の玄関口。
・日本国内唯一の海岸沖合埋め立て方式の運河。

718f8dc2.jpg


・石造倉庫群とカモメ。



<うだつ小僧>

3fdd0f08.jpg


・小樽出抜小路のシンボル「うだつ小僧」。
・丁稚奉公から事業を興した先駆者たちをイメージし、商売繁盛と立身出世を叶える。
・北の商都の繁栄の地。



<鮭の遡上>

c8e65e40.jpg


・小樽一番の観光通りである堺町通りを歩いていると、川で鮭が遡上。
・小樽運河から於古発川下流にやってきて堺橋へ。でもここから上流には進めないらしい。
・一生懸命泳いでるけど、上流には行けないなんて・・・切なすぎる(涙)。



<LeTAO>

db0eb1e0.jpg



・堺町通りに「ルタオ」が出来てた。
・「パトス」という名前で、ルタオ最大の店舗らしい。
・とりあえずカフェで休憩。



<まりもっこり>

542a907d.jpg


・特別天然記念物である阿寒湖の「まりも」を下ネタにしたらあかん。



<ドスケベアー>

614e3d1d.jpg



・この熊は凶暴なので餌を与えないようにしないとダメらしい。



<ジンギスカン鍋>

a8f65114.jpg


・丸い形でおなじみのジンギスカン鍋。
・真ん中がもっこり盛り上がっていて、お肉の溶けた脂が流れ落ちて野菜を煮込んでくれます。



<今シーズン初どんぐり>

dcf91d62.jpg


・どんぐりを見て思う、秋の気配。

f457138a.jpg


・北海道は、秋の訪れも一足早いようです。



<弟子屈ラーメン>

99854817.jpg


・弟子屈(てしかが)は道東最古の温泉地だったらしい。



<おめかししたかけだし子供たち>

BlogPaint


・おしまい。




kou_blue97 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月25日

豊かで濃厚な家庭とコクのある人生

札幌でかけだし妹の結婚式。

いやー、めでたい。

家族と親族で宴が続きました。

ほぼ全て飲み干した。

お祝いですから。



〇大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)/徳島県のお酒

58f14b80.jpg




〇芳水(ほうすい)/徳島県のお酒

3e2544ac.jpg




〇穣(ゆたか)/徳島県のお酒

f0e6fb7f.jpg




〇南(みなみ)/高知県のお酒

76d99889.jpg




〇福祝(ふくいわい)/千葉県のお酒

f298e819.jpg





〇竹鶴(たけつる)21年ピュアモルト/マッサンのお酒

22d075b8.jpg


豊かで濃厚な香りとコク。

夢と情熱の結晶。



妹夫婦も、二人力をあわせて豊かで魅力的な家庭を築いてください!



kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月10日

ご当地もの

札幌に帰省中、札幌市営地下鉄でPASMOが使えるかどうか、駅員さんに聞いてしまいました。

たしか、数年前に使えなかった記憶が・・・。

調べたら2013年6月に相互利用可能になったみたいです。

そういえば、北海道のKitacaカードをまだ見たことがないなぁ。

全国のご当地交通系電子マネー、たくさんあるみたいですね。

PiTaPaとかICOCAですら見たことがないので、今度誰かに見せてもらおう。



僕の実家は近くにイオンがあるので、母がWAONカードを愛用してます。

WAONカードの決済音。

「ワオン♪」

数年前、初めて聞いたときは衝撃でした。



今回の帰省では、さらに衝撃が。

クロネコヤマトの電子マネーカードの決済音。

「ニャニャニャニャーン♪」

超絶、可愛いぜ。



使ったことはありませんが、

楽天Edyや三井住友IDの決済音もユニークみたいです。



ご当地と言えば、札幌で買ってきました。

「やきそば弁当/東洋水産」

定番です。



徳島だと、これです。

「金ちゃんラーメン/徳島製粉」



昨日、ドラッグストアで買いました。

「うまかっちゃん/ハウス食品」

HKT48とコラボしていて、パッケージの宮脇咲良に娘が気がつきました。

さすが、俺の娘。

教えてくれてありがとう。

パパのが喜ぶツボをわかってる!



昨日、徳島そごうに行ったら、「全国うまいもの大会」が開催されていました。

「マルセイバターサンド/六花亭」が売っていました。

全国に通用する味ですからね。



さて、今日は初詣。

徳島で迎える4回目の新年です。

無病息災のご利益と言えば、「霊山寺/鳴門市」。

今年は、無病息災を心から願いました。

そして、ご当地徳島の「おいべっさん 」に。

「おいべっさん」と呼ばれる通町の事代主神社のえびす祭り。

笹で商売繁盛を願います。

今日は十日戎なのでとても賑わってました。



皆さまにも、福がありますように。









kou_blue97 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜