札幌

2016年09月28日

北海道で撮った写メたち

せっかく北海道で撮った写メたち。

何年か後に懐かしく思い出に浸るためだけに掲載しておこう。



<小樽運河>

3de2f94b.jpg


・小樽運河とは、北海道開拓の玄関口。
・日本国内唯一の海岸沖合埋め立て方式の運河。

718f8dc2.jpg


・石造倉庫群とカモメ。



<うだつ小僧>

3fdd0f08.jpg


・小樽出抜小路のシンボル「うだつ小僧」。
・丁稚奉公から事業を興した先駆者たちをイメージし、商売繁盛と立身出世を叶える。
・北の商都の繁栄の地。



<鮭の遡上>

c8e65e40.jpg


・小樽一番の観光通りである堺町通りを歩いていると、川で鮭が遡上。
・小樽運河から於古発川下流にやってきて堺橋へ。でもここから上流には進めないらしい。
・一生懸命泳いでるけど、上流には行けないなんて・・・切なすぎる(涙)。



<LeTAO>

db0eb1e0.jpg



・堺町通りに「ルタオ」が出来てた。
・「パトス」という名前で、ルタオ最大の店舗らしい。
・とりあえずカフェで休憩。



<まりもっこり>

542a907d.jpg


・特別天然記念物である阿寒湖の「まりも」を下ネタにしたらあかん。



<ドスケベアー>

614e3d1d.jpg



・この熊は凶暴なので餌を与えないようにしないとダメらしい。



<ジンギスカン鍋>

a8f65114.jpg


・丸い形でおなじみのジンギスカン鍋。
・真ん中がもっこり盛り上がっていて、お肉の溶けた脂が流れ落ちて野菜を煮込んでくれます。



<今シーズン初どんぐり>

dcf91d62.jpg


・どんぐりを見て思う、秋の気配。

f457138a.jpg


・北海道は、秋の訪れも一足早いようです。



<弟子屈ラーメン>

99854817.jpg


・弟子屈(てしかが)は道東最古の温泉地だったらしい。



<おめかししたかけだし子供たち>

BlogPaint


・おしまい。




kou_blue97 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月25日

豊かで濃厚な家庭とコクのある人生

札幌でかけだし妹の結婚式。

いやー、めでたい。

家族と親族で宴が続きました。

ほぼ全て飲み干した。

お祝いですから。



〇大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)/徳島県のお酒

58f14b80.jpg




〇芳水(ほうすい)/徳島県のお酒

3e2544ac.jpg




〇穣(ゆたか)/徳島県のお酒

f0e6fb7f.jpg




〇南(みなみ)/高知県のお酒

76d99889.jpg




〇福祝(ふくいわい)/千葉県のお酒

f298e819.jpg





〇竹鶴(たけつる)21年ピュアモルト/マッサンのお酒

22d075b8.jpg


豊かで濃厚な香りとコク。

夢と情熱の結晶。



妹夫婦も、二人力をあわせて豊かで魅力的な家庭を築いてください!



kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月10日

ご当地もの

札幌に帰省中、札幌市営地下鉄でPASMOが使えるかどうか、駅員さんに聞いてしまいました。

たしか、数年前に使えなかった記憶が・・・。

調べたら2013年6月に相互利用可能になったみたいです。

そういえば、北海道のKitacaカードをまだ見たことがないなぁ。

全国のご当地交通系電子マネー、たくさんあるみたいですね。

PiTaPaとかICOCAですら見たことがないので、今度誰かに見せてもらおう。



僕の実家は近くにイオンがあるので、母がWAONカードを愛用してます。

WAONカードの決済音。

「ワオン♪」

数年前、初めて聞いたときは衝撃でした。



今回の帰省では、さらに衝撃が。

クロネコヤマトの電子マネーカードの決済音。

「ニャニャニャニャーン♪」

超絶、可愛いぜ。



使ったことはありませんが、

楽天Edyや三井住友IDの決済音もユニークみたいです。



ご当地と言えば、札幌で買ってきました。

「やきそば弁当/東洋水産」

定番です。



徳島だと、これです。

「金ちゃんラーメン/徳島製粉」



昨日、ドラッグストアで買いました。

「うまかっちゃん/ハウス食品」

HKT48とコラボしていて、パッケージの宮脇咲良に娘が気がつきました。

さすが、俺の娘。

教えてくれてありがとう。

パパのが喜ぶツボをわかってる!



昨日、徳島そごうに行ったら、「全国うまいもの大会」が開催されていました。

「マルセイバターサンド/六花亭」が売っていました。

全国に通用する味ですからね。



さて、今日は初詣。

徳島で迎える4回目の新年です。

無病息災のご利益と言えば、「霊山寺/鳴門市」。

今年は、無病息災を心から願いました。

そして、ご当地徳島の「おいべっさん 」に。

「おいべっさん」と呼ばれる通町の事代主神社のえびす祭り。

笹で商売繁盛を願います。

今日は十日戎なのでとても賑わってました。



皆さまにも、福がありますように。









kou_blue97 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月04日

年末年始〜家族の絆編〜

徳島から新千歳空港まで、自分と子供達の3人での長旅です。

「今日は、なんかゲボりそうだ乗り物酔いしそうだ」と朝から不穏な言葉を発する娘。

娘を助手席に乗せて、徳島から神戸空港までの1時間半超のドライブがスタート。

ゲボ袋エチケット袋は3セット準備完了。

でも、淡路島南PAのタマネギスープの試飲はやめられない子供達。

美味しくいただき、お土産に購入。

そんなこんなで無事に神戸空港に到着。

飛行機に乗ります。

座席は3列横並び。

息子が窓際、自分が真ん中に座ろうとすると、娘が真ん中に。

ということで自分は通路側です。

1時間50分という長めのフライト。

比較的快適な旅も、着陸間近になって揺れ始めます。

読書をやめない子供達。

着陸と同時に、リバースしました。

もう飛行機止まってるのに、ギリギリ。

新千歳空港にお迎えに来た自分の両親(子供たちのジジ&ババ)。

飛行機に酔ったことと昼ごはんがまだであることを伝える。

空港から自宅までは約1時間かかるため、少し休みながら軽く食事。

子供たちに「何、食べたい?」と聞くと、

息子「しょうゆラーメン」

娘「カツ丼」

おい、リバースしたばかりやないか!

結局、美味しく平らげました。

札幌までの車内は爆睡。



そして帰り道、おばあちゃんの病院にお見舞い。

93歳のおばあちゃんは、11月下旬に入院。

調子の良い時は元気みたいだけど、調子の悪い時はなかなか難しいみたい。

調子良ければいいなと、いざ病室へ。

僕の名前をちゃんと呼んでくれた。

そして、「今日、飛行機で来たのかい?」と帰省したことも認識。

5人でのお見舞いだけど、ちゃんと名前を認識してくれたのは自分だけ。

感慨深いね。

覚えていてくれたのかな?

それとも、見た目がインパクトあるのかな(笑)?



そして、福山雅治とまさかのかぶせ婚となった妹の新居に立ち寄り。

なかなかいいとこ住んでるやんけ。

札幌ビール園では、弟家族と妹夫婦とジンギスカン鍋を囲む。

子供たちは、ババと弟の奥さんにおまかせで、美味しいビールをゆっくり味わう。

妹の旦那さんとは隣の席。

兄たち家族を見習って、幸せな家庭を築きたまえ!

正月は妹は妹旦那さんの両親と温泉にお泊り。

「気を使って温泉まんじゅうなんて買ってこなくていいからね。
 絶対に買ってこなくていいからね!
 絶対に絶対に買ってこなくていいからね!」

とメールしたら、温泉まんじゅう買ってきた妹。

買わなくていいって言ったのに〜。



スキーには、弟家族も参加。

娘と甥っ子は同学年。

会話も盛り上がる。

でも、自分は心配性だなってつくづく感じました。

特に娘がスキーで暴走してケガをしそう(又はケガをさせそう)で怖い。

いつでも娘を止められるポジションをキープし続けた結果。

全身、筋肉痛。

過保護かもしれないけど、やっぱり怖いわ。

スキーも頑張ったし、お昼ご飯の時間。

子供たちに「何、食べたい?」と聞くと、

息子「しょうゆラーメン」

娘「カツ丼」

どこかで聞いたな、このやりとり。

自分は、札幌なので、「みそラーメン」と「あんかけ焼きそば」で悩む。



結婚13年目にして、妻と一緒に過ごせない初めての大晦日とお正月。

大晦日の夜に、妻に「今年もいろいろありがとう。愛してる。」なんてメールするのも13年ぶりか。

恋愛時代を思い出します。

そばにいないのは寂しいけど、ちょっと新鮮な感じでいいかも。

その時、妻は紅白歌合戦でムーンライト伝説(セーラームーン)を見て、僕の「宮脇咲良」推しを妻の家族に暴露していたとさ。



札幌最後の夜。

食べたいものをババから聞かれた。

息子「何でもいいけど、家で食べたい。」

娘「カツ丼」

自分「カキフライ」

ということで、カキフライ&ホタテフライ&トンカツ。

子供達はカツ丼。

美味しくいただきました。



そんで、娘が寂しくて号泣。

徳島から札幌に来る前も、「ママと離れるのが寂しい」って泣いた。

そして、札幌から徳島に帰る時も、「ジジとババといとこと離れるのが寂しい」って泣いてます。

カツ丼1人前を余裕で食ってるけど、まだまだ小学2年生の女の子なんだよね。

あまり泣かれるのは困るけど、寂しいって思う感性は嫌いじゃないです。

人の心がわかる人間になって欲しいから。

でも、寂しくなんかないよ。

パパがついているから。

パパもママも、ちゃんと愛してるから。

大丈夫。



心配ないからね

信じることさ

必ず、最後に愛は勝つカツ!





kou_blue97 at 22:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年01月03日

北海道でいただきましたっ

油断して体重のピークを迎えた2015年10月。

さすがにヤバいと、11月、12月は少しだけダイエットを意識。

体重は△5圓杷末を迎えました。

とはいえ、北海道はダイエットの天敵。

今年も北海道で美味しいものをいただきました。

体重計に乗るのは徳島に帰ってからのお楽しみ。

(奥様、ごめんなさい)



まずは、北海道といえばジンギスカン。

ジンギスカンの鍋が北海道の形をしています。

260b297a.jpg


両親と、弟家族と、昨年入籍したばかりの妹夫婦を交えて、「札幌ビール園」でご会食。

5f4b6da9.jpg


生ラムとサッポロビール(クラシック、ファイブスター)が最高です。

子供たちは、定番のリボンナポリン。



続いて、北海道といえばお寿司。

北海道の回転寿司をバカにしてはいけません。

有名店の中でも、かけだし家の行きつけは「なごやか亭」です。

美味しいし、歩いて行ける距離だから。

写真は、鰊(手前)と秋刀魚(奥)。

秋刀魚の寿司や刺身は本州でも食べられるようになったけど、鰊(にしん)はまだあんまり食べられないですよね。

ホッケもかな。

35e2aad4.jpg


絶対に食べたいのが、活ホッキ、活ツブ、活ホタテ、銀ガレイ(柚子塩)ですね。

どのネタも美味しいけど。

本当は、ウニの季節に北海道に帰りたい・・・。



続いて、札幌ラーメン。

「えびそば 一玄」

本流の札幌ラーメンではないけど、人気店。

おススメは塩味(えびしお)って聞いたけど、北海道を離れるとね、味噌が食べたくなるんだよ。

美味しい味噌ラーメン、本州ではなかなか食べられないから。

というわけで、「えびみそ ほどほど」。

3848ff10.jpg


あと、普通にスキー場で「みそラーメン」食べたけど、美味しかった。

徳島ラーメンに慣れ親しんだ僕には、普通の札幌みそラーメンが新鮮です。



最後に、びっくりドンキー。

北海道が誇るハンバーグレストラン。

味と、コンセプトと、環境への取組みなど、子供を連れて行きたい外食チェーンの中でNo.1です。

36ff1f68.jpg


徳島にないのと、娘のリクエストで。

調べたら、全国で店舗がないのは、徳島・島根・鳥取だけでした・・・。

頑張れ、徳島!



あと、写メ撮りわすれたけど、北海道っぽいものを他にもいろいろ美味しくいただきました。

・毛ガニ
・北海シマエビ
・ホッケの開き
・ニシンの開き
・あんかけ焼きそば

振り返ってみると、「スープカレー」を食べなかったくらいかな。



帰ったら、体重計が待っています。

こわい。

でも、新千歳空港で何食べようかな。

てへっ。







kou_blue97 at 08:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年01月02日

ぼんぼやーじゅ

12月31日くらいから気温が上がってきて、粉雪からベタ雪へ。

念願のゆきだるまづくりにチャレンジ。

頭をのせて、形だけゆきだるまっぽくなった。

5e32efbe.jpg


でも、すぐに子供たちの跳び箱へと変化して、破壊。

寿命、3分でした。



かまくらの貫通工事。

崩れないように気をつけて、工事。

0116f31c.jpg


やっと貫通。

8f57345a.jpg


かまくらも、3か所の入り口が完成。

8639897c.jpg



こんな感じ。

11026ac0.jpg


自分は、通れないけどな。



いよいよ、明日は徳島に帰ります。

そして、明後日からは仕事です。

神戸空港や関西空港から新千歳空港に行く飛行機より、新千歳空港から神戸空港や関西空港に帰る飛行機の方が、フライト時間が20分くらい長いんです。

結構、遠回りします。

去年も、新千歳空港から関西空港に行く飛行機でふと窓をみたら、新千歳→新潟上空→舞鶴上空→岡山上空→小豆島上空→淡路島上空→関西空港でした。

そんな空旅の時間は、読書に限ります。
(子供たちが乗り物酔いしなければ・・・頼むから酔わないで、眠ってくれ。切実なお願い)

今回の帰省の旅のお供のブックカバーは、「すだちくん」。

新千歳空港や飛行機の中で、「徳島」と「すだちくん」をさりげなくPRしよう大作戦。

43d6ea45.jpg


パパと子供2人の長旅。楽しもう。

ぼんぼやーじゅ。






kou_blue97 at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月31日

雪遊び

札幌にて、子供たち念願の雪遊びです。

まずは雪合戦。

シンプルだけど、一番盛り上がる。

でも、寒い日が続いているから、パウダースノー。

パウダースノーって、雪玉も作りづらいし、雪だるまも難しいんです。

だから、日中気温が上がって、雪が少しベタつくくらいの日まで、雪だるまづくりはお預け。

そのかわりに、かまくら作り。

かまくらは、庭を除雪した雪を積み上げて固めれば作れます。

とりあえずこんな感じ。

4e4d58b6.jpg


子供2人入るくらいまで拡張中。

帰省中に、お茶でも飲みながらみかんでも食べられるくらいまで空間を広げたい。

f60c338e.jpg


同じく雪山。

雪山を上って、ソリ遊び。

9ea59da0.jpg



プラスチック製のソリはもちろん、ドーナツ型のチューブも家庭に常備しています。

4008011e.jpg


僕が子供のころは、ゴミ袋とかコメ袋で雪山を滑ってました。

懐かしい。

これは、ソリ遊びから格闘技系の遊びに進化してます。

雪が深いと、タックルしたり相撲したりも面白い。

6e70fa8a.jpg


あと、スノーロードでラジコンとかも。

60a4d651.jpg



僕が子供のころは、ミニ四駆を走らせたりしました。

庭にミニ四駆用のサーキットを作り、水をまいて、氷のサーキットづくりにチャレンジしました。

もちろん、成功なんてしませんでしたけどね。



ふかふかの雪に寝っ転がり、大空を眺めているだけで気持ちいい。

ジャンパーや手袋についた雪を眺めていると、雪の結晶が見えたりもします。




「自然の神秘に魅せられて 2015 北海道の冬」



皆様も、素敵な冬休みをお過ごしください。

どうぞ、よいお年をお迎えください。

来年も、よろしくお願いいたします。




2015.12.31





kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年12月30日

ススキノからのスキー

17:00

大学同期とススキノ集合。
ホッケの開きやホッケの刺身を肴に、近況や人生を語り合う。
店内もやや寒く、三平汁と熱燗で体を温める。


20:00

後輩が合流し、カラオケに。
僕らが現役の時に流行っていた歌で盛り上がる。
友達ではなく、同じ時代に同じグラウンドで戦った戦友であるからこそ、すぐにあの頃に戻れる。


22:00

監督の店で、アメフトや人生を語り合う。
ススキノで飲んでいた後輩たちが、続々と監督の店に合流する。
いろんな人生があって、いろんな幸せの形がある。
あっという間に4時間が経過する。


02:00

こんな時間だけど、最後はもちろんラーメン。
ここ2年は「けやき」が続いていたので、今年は「えびそば一玄」。

3848ff10.jpg


「えびみそ ほどほど」
濃厚なえびのスープと太ちぢれ麺が美味。

ススキノ滞在、約10時間の濃厚な至福の時間。


03:00

帰宅して就寝。


07:00

起床。


09:30

朝里川温泉スキー場。
たぶん13年以上ぶり。

夜中に積雪もあり、天気も良くて素晴らしいゲレンデコンディション。

父と孫のペアリフト。

f7cc6379.jpg


スキーを楽しむ息子。

e3821a51.jpg


ちょっと雲がかかって雪もちらついてきた。

ba187555.jpg


こんな感じ。

1e3c6cec.jpg


子供2人に自分と父でマンツーマン体制。
全滑降の半分くらいは後ろ向きで教えながら滑っていたと思う。
明日は全身筋肉痛やな。
子供たちが暴走しないか、怪我しないか、怪我させないかの気疲れでクタクタ。
もちろん自分の腕試しのための上級者コースに行けるわけもなく、すべて初心者コースのみ。
それでも、子供たちの成長を見るのが楽しくて、幸せです。

いろんな人生があって、いろんな幸せの形がある。
昨夜もいろいろ語り合いました。

僕は、スキーに行って自分が楽しむよりも、子供たちに初心者コースで教えながら滑り、心も体もクタクタになる幸せの道を選びたいなって思いました。



合流してくれた後輩たち、電話かけて話をしてくれた後輩たち、ありがとう!
また来年も、ぜひよろしく!
よいお年をお迎えください!








kou_blue97 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月17日

禁じられた、禁断のタブー

12月も3週目に突入。

聖なる夜が近いですね。

「禁じられた恋」とか
「禁断の恋」とか
「恋のタブー」とか

そんなフレーズが世間を賑わす季節です(妄想)。

わが家でも禁じられた季節がやってきました。

わが家で禁断のタブーならぬ、食ベモノと言えば・・・

「刺身」と「牡蠣」です。

毎年恒例。

お正月を札幌で元気に楽しく過ごすためです。



マスクを着用。

うがい手洗いを徹底。

刺身や寿司など生ものは食べない。

「牡蠣」は絶対に食べない。



この時期に「牡蠣」を食べたら、「離婚」されますからっ。

マジだよ。



というわけで年末ですね。

年末といえば、仕事が立て込んで、忘年会などで大忙し

お忍びの彼女ともなかなか逢えない。

「5分だけでいいから」と逢いに来てくれたり

「タンス動かすの手伝って」と大掃除をお願いされたり

「シチュー冷めちゃうよ」と手料理の写メが送られてきたり

「遊んでくれないと合コン行っちゃうよ」と脅されたり

「今日は帰りたくない」と明日も忙しいのに小悪魔に駄々をこねられたり

「仕事と私、どっちが大事?」と悪魔の質問をされたり

本当に、年末って大変なイメージ(妄想)。



僕といえば

昨夜なんて

定時に仕事を終えて

家にまっすぐ帰って

妻と子供達とFNS歌謡祭見て

妻と子供達と「トランプ」で、大富豪とポーカーとブラックジャックをして

妻と子供達と「日本年号かるた」をして

とっても盛り上がったよ。



早く家に帰ると妻も子供達も喜んでくれて

子供達と一緒に布団に入って学校の話とか聞けて

父親としてはとっても幸せなんだけど。



忙しいはずの年末に早く家に帰るなんて

妻からは

「とうとう会社で干されたか?心配するな、家では干されない!」

と慰められたりしてます。



社会人として

男として

これでいいのだろうかと

胸に手を当ててちょっとしんみりしたり・・・。




子供たちを寝かせて、リビングの妻のところに戻ったら、

妻が腹痛で、トイレに立てこもり。



「大丈夫?なんか変なもの食べた?まさか、お前、禁断の牡蠣食ったのか?

「大丈夫。そんなにひどくないから。大丈夫。生牡蠣じゃなくて、カキフライでちゃんと熱を通したから。

「無理しないで、早めに寝た方がいいよ。カキフライには何をかけだんだ?レモン汁か?柚子か?もしや、タルタルソースか?

「うん。ありがとう。でも台所が・・・。もちろん、自家製のタルタルソースよ!

「食器洗いと米とぎくらいはやっておくからまかせておけ。徳島なんだから、柚子果汁だろ!

「ごめんね。ありがとう。じゃあ、横になるね。お前にはわからなくても結構。

「おやすみ。夜中に辛くなったら起こしていいからね。はっきり言う。気にいらんな。



今朝は、妻を寝かせてあげようと、早起きしてみんなの朝ごはんを作って、自分のお弁当も作りました。

家では干されないように気をつけないとな。



今日は、会社から帰ったら妻も大丈夫そうでひと安心。

夕食の食器を洗い終わって、子供達とブラックジャックで盛り上がったところ。

子供ながらに、チップをかけてギャンブルするのは楽しいみたいだ。

自分も、子供のころはブラックジャックが好きだったな。

ブラックジャックは、小学2年生の算数の足し算の勉強に最適かもしんない。






kou_blue97 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月13日

ぼくの冬休み

ぼくは、お正月に札幌のおじいちゃんとおばあちゃんの家に行ってきました。徳島から札幌までは遠くて、朝から夜までかかりました。

徳島から神戸までは車で行きました。うずしおで有名な大鳴門橋を越えて淡路島に行き、明石海峡大橋を越えて神戸に行きました。神戸から関西空港までは船で行きました。船は窓を開けれなくて、結構揺れて気持ちが悪くなりました。パパは船に乗る時にズボンが破れました。たぶん太ってるからだと思います。

関西空港で、僕はたこ焼きを食べました。ママもたこ焼きを食べました。パパはお好み焼きを食べました。妹は焼きそばを食べました。僕はちょっと酔って気持ち悪かったのでたこ焼きを残し、ママと妹も飛行機に乗る前だからと少し残したけど、パパが全部食べました。せっかく破れたズボンをはきかえたのに、また破れるんじゃないかと心配でした。

飛行機の窓からは富士山が見えました。とても大きかったです。シークヮーサージュースを飲みたかったけど、キウイジュースしかありませんでした。飛行機の窓からも雪が見えました。久しぶりの雪でした。

おじいちゃんとおばあちゃんとおじさんとおばさんといとこが新千歳空港まで迎えに来てくれました。空港ではロイズとかいうチョコレート屋さんのお姉さんにじゃんけんで勝てば生チョコが貰えて、じゃんけんしようとしたら「生チョコじゃんけん、じゃんけんぽん」と言うお姉さんのタイミングが難しくて、なんか恥ずかしかったです。

札幌に着いたらもう夜で、お腹が空いたので「花まる」でお寿司を食べました。いくらが美味しかったです。生のエビしかなくて、いつものゆでたエビがありませんでした。パパは生ホッキとか銀ガレイとかたくさん食べていて、またズボンが破れないか心配でした。

次の日からは冬遊びしました。ウィンタースポーツというらしいです。

スケート場に行きました。ツルツルの氷の上をすべりました。さいしょは立ってるだけでつらかったけど、ゆっくりすべれるようになりました。パパは足がいたいとか言って休んでばかりでした。たぶん太ってるからだと思います。でも、パパは昔はスポーツがとくいだったみたいで、けっこう早くすべってました。なかなかやるなと思ったら、調子にのって思いっ切り転んでました。かなり痛そうだったけど、太ってるから大丈夫みたいでした。パパはこの危機のために太ってたのかなぁ。スケート場では、途中で氷をきれいにする車がかっこよかったです。おじいちゃんも転んでカメラをこわしたのは、おばあちゃんにはないしょです。

他にも、大きな公園でソリやったり、雪だるま作ったり、お家の前でかまくら作ったり、落とし穴作ったりしました。雪は固いときもあり、ベトベトのときもあり、サラサラのときもありました。サラサラの雪も気持ちいいけど、ちょっとベトベトの方が雪玉つくりやすいです。あんまりベトベトだと雪だるま作るとくにすぐ重くなりました。あと、屋根のつららがきれいでした。強い武器になりそうでした。

いよいよ明日はスキーという時に、パパはスケートで転んだ背中がいたいいたいと言いはじめました。けっきょく、パパはスキーをお留守ばんになりました。せっかく北海道にきたのにスキーができないなんて残念な大人です。たぶん日ごろの行いがわるいんだと思います。

スキーは今年で3回目。なれてきたけど、ゆだんするとスピードが出るのでちょっとこわいです。やっぱり自分のペースですべれるからスケートの方が好きです。

札幌では、ジンギスカン食べました。羊の肉らしいです。妹がジンギスカン美味しい美味しいってめっちゃ食べてました。パパみたいにならなければいいけど。ぼくは、おばあちゃん自家製のいくらがあれば、ごはんがいくらでも食べれます。いくらだけに。

あっとゆう間に帰る日になりました。ぼくは8日から学校だけど、いとこは19日から学校らしい。冬休み長くてずるいなぁと思いました。

札幌から徳島も、朝から夜までかかりました。帰りは飛行機と船で妹が酔って大変でした。飛行機で妹が気持ち悪くて大変な時に、後ろに座ったパパは隣の外国人のお姉さんに「サンキュー」って言われてました。パパ、何したんだろう。新千歳から大阪までの飛行機は、とても遠回りしてました。岡山を通ってから大阪に戻るルートでした。淡路島くらいで下ろしてくれたら早く帰れるのに。

徳島に帰ると、家の中がさむくておどろきました。北海道より寒いです。

明日から学校という時に、「星空のかんさつ」の宿だいをやってないことに気づきました。寒い中、パパと外に出て星空をかんさつしました。ぎょしゃざのカペラとオリオンざが見えました。たぶん。北海道に行くのには海を2回超えなければならないけど、空はつながってるんだなと思いました。風が冷たくて、北海道の真っ白な雪の景色を思い出しました。

僕もいつか愛する人が出来たら、北海道の雪の景色を見せてあげたいと思いました。

とても楽しい冬休みでした。




kou_blue97 at 22:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 10月の思い出
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」