朝散歩

2021年07月10日

これより石段、三百六拾五段〜朝散歩は伊香保温泉〜

超絶久しぶりの快晴、晴天。

朝は5時前に目が覚めました。

梅雨なので、洗濯もたまり、散歩も行けない日々。

やっと、青空が顔を出してくれました。

洗濯を2回まわして、外に干して、7時過ぎには出発。

車で30分くらい走らせて、到着。


<伊香保温泉、日本の名湯>

DSC_0842


古くは万葉集にも登場する、日本の名湯「伊香保温泉」

DSC_0843


石段で有名な温泉街ができたのは、戦国時代。

1574年、山の傾斜を利用して源泉からお湯が運ばれ、お湯が流れる管路の上に石段が整備され、その左右に温泉宿が建てられたとのこと。

戦の怪我の湯治のためにつくられた、計画都市とも言われています。

江戸時代には、各藩の武士、町人や農民など様々な人々が伊香保に湯治に訪れ、「子宝の湯」としても知られるように。

DSC_0844


石段は伊香保のシンボル。

その数、365段。

DSC_0845


与謝野晶子の詩が刻まれています。

DSC_0846


石段をはさんで、お土産物屋や饅頭屋、遊技場などが並び、歴史と風情を感じます。

DSC_0847


温泉娘。

全国121人いるらしい。

この子は「伊香保葉凪(はな)」さんらしい。

彼女の好きな食べ物は、湯の花饅頭と水沢うどん。

DSC_0848


この季節は、ほおずき風鈴が風物詩。

DSC_0849


石段を登りきると、温泉と医療の神様を祀る「伊香保神社」

HORIZON_0001_BURST20210710084543807_COVER


伊香保神社から奥に進むと「河鹿橋」

DSC_0850


その奥には「伊香保温泉飲泉所」と「伊香保露天風呂」と続きます。

DSC_0853


石段を下ります。

足腰に効きますね。

DSC_0855


昔は関所も設けられていました。

伊香保関所(伊香保口留番所)

DSC_0856


渋川市といえば、頭文字Dとコラボしたマンホール蓋が有名。



久しぶりの青空の下、約1時間半の快適な朝散歩でした。



kou_blue97 at 17:42|PermalinkComments(3)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • 「おみくじ」を生活の指針として取り組もう!
  • 「おみくじ」を生活の指針として取り組もう!
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!