新田義貞

2021年12月04日

太田金山子育て呑龍。そして、不落の城。

今年一番というか、ここ数年で一番の紅葉。

DSC_1520


さて、12月ですね。

寒くなってくると、運動量が減ります。

これはまずい。

あまり遠くないところを歩きたい。

ということで、やってきました。

<太田駅>

DSC_1506


新田義貞の銅像。

鎌倉幕府の本隊を倒すという武功を立てた、後醍醐天皇による建武新政樹立の立役者の一人。

銅像の後ろにはSUBARUの文字。

株式会社SUBARUの群馬製作所です。

SUBARUのルーツは、ここ太田市の飛行機研究所。

飛行機研究所→日本飛行機製作所→中島飛行機製作所→中島飛行機株式会社→富士産業株式会社→GHQの財閥解体の対象となり工場ごとに分割。

そして、1955年。
旧中島飛行機グループの5社の合併により富士重工業株式会社が発足。
・富士工業(群馬県太田市)
・富士自動車工業(群馬県伊勢崎市)
・大宮富士工業(埼玉県)
・東京富士産業(東京都)
・宇都宮車両(栃木県)

2016年、富士重工業株式会社は株式会社SUBARUに社名変更。

丸の中に6つの星が描かれたSUBARUのロゴマークは、この「5社が集まって1つの大きな会社になった」ことを意味しているとのことです。



<大光院>

DSC_1508


義重山大光院新田寺。

通称「子育て呑龍(どんりゅう)」「呑龍様」

1611年に徳川家康が、徳川一族の繁栄・天下奉平・先祖供養(新田義重等)のため菩提寺の建立を計画し、建立のために招聘されたのが呑龍上人。

呑龍上人は、当時多くの子供が間引かれて殺されていたことを悲しみ、これらの子供たちを弟子として引き取って育てたため、後世の人々から「子育て呑龍」と慕われた。

上毛かるたでは「太田金山 子育て呑龍」として採録。

ちなみに、中島飛行機(SUBARUのルーツ)で開発された航空機(一〇〇式重爆撃機)の愛称は「呑龍」



<金龍寺>

DSC_1512


大田山義貞院金龍寺。

金山城主横瀬氏(のちの由良氏)の菩提寺。

歴代金山城主の五輪塔や新田義貞の供養塔が祀られる。



HORIZON_0001_BURST20211204121750680_COVER


大光院と金龍寺を過ぎて、さらに山道を歩きます。

道なのか、どこに向かうのか。

落ち葉を踏みしめながら、未知の世界へ進みます。

DSC_1518




<新田金山城>

DSC_1525


「金山城」、「新田金山城」

群馬県太田市のほぼ中央にそびえる標高236mの独立峰、金山の頂上にある山城。

1469年に新田一族の岩松家純によって築城。

以降、由良成繁・国繁親子が城主となる。

上杉謙信や武田勝頼などから十数回に及ぶ攻撃を受けるも、一度も落城したことがない不落の城。

DSC_1527


堀切や大手虎口など、当時の堅固さの面影が残る城址。

石垣を多用した山城。

DSC_1524



戦国時代の関東の山城には本格的な石垣普請の城はないという従来の定説を覆したという。



<新田神社>

DSC_1521


太田金山山頂に鎮座する新田神社。

当時の新田山城状の本丸跡に位置。

紅葉が美しすぎる。

時の城主は、この紅葉を見て何を思っていたのか。



<東の景色>

DSC_1523


栃木県足利市の方向。

渡良瀬川が流れます。


<西北西の景色>

DSC_1528


太田市内の農地が広がります。

その奥は前橋市。

右手に見えるのが、赤城山と榛名山。

左手に見えるのが、妙義山。

かな?


<南南東の景色>

DSC_1526


利根川を越えて、さいたま市、そして東京都心。

天気が良ければ、富士山まで見えるとのこと。



<南の景色>

DSC_1529


屋根沿いに少し下って、西城から望む景色。

太田市内がよく見えます。



山道でちょっと転んだ。

そして、帰りの下り道もなかなか急だった。

少し、膝が痛い。

日頃の運動不足かな。




kou_blue97 at 19:37|PermalinkComments(0)

2021年04月29日

徳川発祥の地〜太田市〜

東武伊勢崎線は世良田駅を降ります。

世良田。

利根川氾濫の土地が開墾された広大な水田地帯。

この「世」にこれほど素晴らしい「良」い水「田」はないと言われ、地名になったそうです。

米麦二毛作の群馬なので、この時期は麦畑です。

DSC_0420~2


新田荘遺跡。

新田氏が、1108年に発生した浅間山の噴火により荒廃した新田郡を再開発し、荘園を築いたもの。

DSC_0423


世良田東照宮。

「東照大権現」としての徳川家康を祭神とする東照宮の1つ。

1617年に駿河国久能山から下野国日光へ家康の遺骸を改葬した際に建てられた社殿を、1644年に上野国世良田に移築し、創設されたもの。

この地は新田氏の開祖・新田義重(源義重)の居館跡。

新田義重の子孫は、鎌倉幕府を倒したといわれる新田義貞、江戸幕府を開いた徳川家康がいます。

DSC_0425~2


新田荘歴史資料館で、その歴史を学びます。

DSC_0424~2


1566年、松平家康は従五位下三河守に叙任された際に、徳川家康を名乗ったと言われていますが、実際は藤原家康として藤原氏一門を名乗っていたとも言われています。

家康は、藤原氏と源氏を使い分けていた記録もあり、1603年の征夷大将軍就任の際に正式に源氏を名乗っています。

源氏でなければ将軍になれないという源氏将軍神話ですね。

DSC_0422


長楽寺。

1221年、新田義重の四男で徳川氏始祖の新田義季が開基したと言われる、東国における禅文化発祥の寺です。

DSC_0427~2


江戸時代、徳川家康が徳川氏先祖の寺として長楽寺を重視し、天海大僧正を住職としました。



そして、太田駅(JR、東武鉄道)。

DSC_0428


太田駅前にも、新田義貞公。

ここから少し歩くと、天神山古墳。

東日本最大の前方後円墳。

DSC_0429


空から見ると前方後円墳ですが、いざ行ってみると形はよくわからない。

HORIZON_0001_BURST20210428172200736_COVER


前方後円墳の前方の上の部分。

DSC_0430


全長210mの大古墳。

歴史の街ですね。





kou_blue97 at 13:30|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(4日目/最終日)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(4日目/最終日)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(4日目/最終日)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(1日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(1日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(1日目)
  • 札幌帰省 in SAPP‿RO(1日目)