散歩

2021年11月23日

織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)

本日は、甘楽町を歩きます。

HORIZON_0001_BURST20211123101035450_COVER


<群馬県西南部に位置する甘楽町(かんらまち)>
・群馬県の西南部を流れる鏑川南岸の町。中心地区の小幡は、もと小幡藩の城下町。国指定名勝の楽山園、名水百選の雄川堰がある。昭和中期ごろまで養蚕が盛んであったが、昭和後期から平成にかけて野菜・果樹の生産量が増加し、キウイフルーツの特産地。また城下町小幡さくら祭り「武者行列」も有名。

いろいろと歴史ある町ですが、まずは散策から。

HORIZON_0001_BURST20211123113008551_COVER


甘楽町を南北に縦断する一級河川「雄川」

雄川沿いに遊歩道

「せせらぎの路」

DSC_1444


入口付近には背の高い木々が迎えます。

HORIZON_0001_BURST20211123113952821_COVER


見えるかな?

風が吹くと落ち葉がひらひらと

HORIZON_0001_BURST20211123122509987_COVER


川と山と空が奏でるハーモニー

DSC_1456


橋の上から1枚

山の緑と空の青と雲の白

散歩道で自然を満喫した後は、まち中巡り。

DSC_1437


<甘楽町歴史民俗資料館>

このレンガ造りの建物は、養蚕が盛んだった1926年に建設されたもの。

組合製糸小幡組の繭倉庫として利用されていた模様。

入口には「かかあ天下像」

<かかあ天下〜ぐんまの絹物語〜>
・古くから絹産業の盛んな上州(群馬県)では、女性が養蚕・製糸・織物で家計を支え、近代になると、製糸工女や織手として活躍。男たちは、おれの「かかあは天下一」と呼び、これが「かかあ天下」として上州名物になるとともに、現代では内に外に活躍する女性像の代名詞に。家計を支え日本経済を支えた、まさに天下一の上州女性たち。

HORIZON_0001_BURST20211123111347370_COVER


このあたりは城下町小幡の面影がある街並み。

往時のたたずまいを感じさせてくれます。

DSC_1442


<道の駅 甘楽>
いろいろと特色を出している観光地として存在感のある道の駅。

・もちきびやキジの肉が入っている「桃太郎ごはん」
・甘楽町の地粉をつかった「上州うどん」や「おっきりこみ」
・本格窯焼きの「甘楽町産地粉ピザ」
・姉妹都市イタリアのチェルタルド市からの「直輸入ワイン」

おひとり様だとなかなか食べられないのが悲しい。

TRIPART_0001_BURST20211123121440871_COVER


<国指定名勝 楽山園>

眼光鋭い覇王様(織田信長公)

DSC_1455


楽山園は、江戸時代初期に織田信雄(織田信長の次男)によって造られた小幡藩邸の庭園。

DSC_1445


楽山園の由来は「論語」から。

「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」の一文とのこと。

DSC_1451


織田宗家ゆかりの大名庭園

美しい、池泉回遊式庭園です。

DSC_1453


梅の茶屋

庭園全景が見渡せる高台に建てられた茶屋。

ここで藩主は何を見て、何を思ったか。

HORIZON_0001_BURST20211123120627465_COVER


腰掛茶屋

五角形の珍しい茶屋

CENTER_0001_BURST20211123124151725_COVER


<甘楽ふるさと館の「せせらぎの湯」>

炭酸カルシウム温泉でリフレッシュ。

先日の長距離ドライブの疲れを癒しました。

織田宗家のゆかりの城下町を満喫!

・本能寺の変により織田信長が明智光秀に攻められ自害。織田信忠(織田信長の長男)も二条城にて自刃し、織田政権が崩壊。織田宗家の家督は、織田秀信(織田信忠の長男。三法師)が継ぐ。織田秀信は関ヶ原の戦いで西軍に属して戦ったため、改易し高野山に送られた。織田秀信の弟(織田信忠の次男)も同時期に改易。
・一方、織田信雄(織田信長の次男)は清州会議以降は羽柴秀吉と争ったり服従したりを見せたが、1584年に羽柴秀吉に臣従し、秀吉も織田信雄を正式な織田家の当主と認めた。その後、関ヶ原の戦いでは西軍寄りの傍観的態度に終始、大阪冬の陣の直前に徳川家康に与する等を見せ、1615年に上野国甘楽郡など5万石を与えられた。領地に楽山園を造る一方、養蚕などの産業育成にも注力した。
・上野国織田家は、織田信良(織田信雄の四男)に小幡藩2万石を分知し立藩、初代藩主となる。以降、織田家が第七代小幡藩主まで続くこととなった。甘楽町崇福寺には織田氏七代の墓が祭られる。小幡藩の初代藩主は信雄又は信良の両説がある。





kou_blue97 at 18:49|PermalinkComments(0)

2021年05月08日

赤城の山も早朝を限り

人を避ける散策。

第1弾は赤城山。

赤城山を構成する山々は全部で12の山。

1つの山ではなく、平野部から眺めた山全体を「赤城山」という。

赤城山を構成する山々は、前橋市、桐生市、みどり市、沼田市、渋川市、利根郡昭和村の5市1町。

どっしり構え、関東平野を見下ろしている。



早朝5時前に起き、6時前に家を出て、7時前に大沼付近に到着。

コロナ禍でも、これでは人っ子一人いやしねえだろう。

標高1340mの山の早朝は、想像以上に寒かった。


<大沼>

赤城山の山頂カルデラにある火口源湖。

利根川に注がれる。

DSC_0488


半島部の小鳥ヶ島には赤城神社が鎮座。

(老朽化のため、橋は渡れない)

早朝であり、赤城神社の参拝も自粛。

DSC_0493


朝7時からこんなに青々。

とりあえず大沼を小一時間かけて1周しましたが、誰一人すれ違いませんでした。

DSC_0500


大沼1周の終着には弁天宮。

奈良時代、修行の地であった赤城山を訪れた僧侶たちにより、水の上の本地仏として弁財天が祀られたもの。


<覚満淵>

大沼から600mほど南東。

DSC_0501


古くは湖だったが、覚満川を通じて水が大沼へ流出し、湿原となったもの。

DSC_0504


湿原を一周。

お一人だけすれ違いました。

DSC_0505


覚満という平安時代の比叡山延暦寺の高僧が当地で法会を行ったらしい。

おたまじゃくしが大量に泳いでました。


<小沼>

大沼から2劼曚鋲酖譟

長七郎山の火山活動でできた火口湖。

DSC_0506


豪族の16歳の娘が入水して大蛇となり沼の主になったという小沼伝説あり。

地元の村では、16歳の娘は赤城山を登ってはいけないという迷信も、

DSC_0507


1周約30分。

DSC_0508


ちらほらと人が出てきたので、急いで退散。

街中は春から夏の気温になってきたけど、標高1300mはまだ冬が終わったところで、これから春でした。

新緑、そしてレンゲツツジ等の咲く季節は、また素晴らしい眺めなんだろうな。

山は、季節ごとにいろんな顔を見せてくれるので、また来よう。

国定忠治の有名な台詞「赤城の山も今宵を限り」

コロナ禍にあっては「赤城の山も早朝を限り」ですね。





kou_blue97 at 17:32|PermalinkComments(0)

2021年05月07日

花 ‐Memento‐Mori‐

群馬県も、新型コロナ第4波が来つつあります。

生活に必要な外出を除く、不要不急の外出は自粛。

温泉は自粛していたけど、観光も自粛しないといけませんね。

とは言え、健康の維持・改善のためのウォーキングは止められません。

必要、火急。

3密を避ける不断の努力を行った上でのウォーキング。



人のいない散歩。

足元を見てみれば、きれいな花が咲いています。

耳を澄ませば、川のせせらぎや、鳥のさえずりが聞こえてきます。



たしかに花はきれいなんだけど、花の名前ってわからない。

花の名前、サクラ、チューリップ、タンポポ、ヒマワリ、コチョウラン、バラくらいか。

いい大人なのに、花の名前がわからないなんて恥ずかしいよね。

ということで、「花の名前がわかるアプリ」を使い始めました。

スマホで写真を撮ると、アプリがAIを活用して自動で花の名前を教えてくれます。


<ナガミヒナゲシ>

Screenshot_20210508-144803~2


4〜5月にオレンジや赤の花をつけるケシ科の一年草。

原産地はヨーロッパ。

花言葉は「平静」「慰め」「癒し」


<シラン>

Screenshot_20210508-144822~2


5〜6月に赤や紫の花をつけるラン科の多年草。

福島県から沖縄にかけて分布。

環境省のレッドリストで準絶滅危惧に登録。

花言葉は「あなたを忘れない」「変わらぬ愛」


<ラッパスイセン>

Screenshot_20210508-144916~2


黄色の花をつけるヒガンバナ科の植物。

ヨーロッパに分布し、ウェールズの国花。

花言葉は「報われぬ恋」「あなたを待つ」「尊敬」


<スズラン>

Screenshot_20210508-144836~2


4〜6月に白い花をつけるユリ科の多年草。

日本全国に分布(比較的寒い地方や標高の高い草地)。

花言葉は「再会」「ほのかな幸せ」


<シバザクラ>

Screenshot_20210508-144901~2


4〜5月にピンク、赤、紫、白の花をつけるハナシノブ科の多年草。

原産は北米。

花言葉は「臆病な心」「合意」「一致」


<ツツジ>

Screenshot_20210508-144850~2


4〜6月に花をつけるツツジ属の総称。

ツツジ属には、ツツジやサツキ、シャクナゲなど種類が多い。

アジアに広く分布、ネパールでは国花。

国内でも多くの都道府県や市町村の花。

群馬県の花は、レンゲツツジ。

前橋市の花は、バラとツツジ。

ツツジの花言葉は「節度」「慎み」

赤のツツジの花言葉は「恋の喜び」

白のツツジの花言葉は「初恋」

レンゲツツジの花言葉は「あふれる向上心」


<ハナショウブ>
ではなく
<ジャーマンアイリス>
らしい

Screenshot_20210507-063852~2


5〜6月に赤、ピンク、オレンジ、青、紫、白、黄色、オレンジ、複色の花をつけるアヤメ属の多年草。

原産地はヨーロッパ。

ジャーマンアイリスの花言葉は「使者」「恋のメッセージ」

ちなみに、ハナショウブはアヤメ属だけど、日本原産。

アプリ(AI)も間違うくらい、似ているみたい。



お一人さま散歩はしばらく続くので、せっかくだから花の名前を覚えよう。

コロナ禍でも、負けないように、枯れないように、笑って咲く花になろう。

心の中に永遠なる花を咲かそう。









kou_blue97 at 21:49|PermalinkComments(0)

2021年04月14日

さんぽみち

群馬県内を散歩して、いくつか気がついたこと。

1.古墳が多い

群馬県は、古墳時代から奈良時代にかけて、東国文化の中心、「上毛野国(かみつけのくに)」として栄えました。

豊かな自然に恵まれ、交通の要衝にあった上毛野国は、ヤマト王権と連携して大きな勢力となっていったとのこと。

ヤマト王権とのつながりを示す歴史的な遺産が、群馬県内に数多く残っています。

現在でも、群馬県には2,000基あまりの古墳があるようです。



近所にも、こんな古墳がありました。

<宝塔山古墳>

HORIZON_0002_BURST20210411080919539


7世紀半ばに造られたとされる。

DSC_0256
 

自然石を積み上げる石室。


<愛宕山古墳>

DSC_0257


方墳という四角い形状の古墳。



2.川が多い

<吾妻川>

群馬県を流れる一級河川、利根川の支流。

DSC_0260


青空、山の緑、川、三位一体ですね。

心、癒される、日本の風景。

HORIZON_0001_BURST20210411095627379_COVER


河童も住んでるのかな。

DSC_0263


童心に返って、石と石を飛んで向こう岸に渡りたい。

DSC_0264


たぶん、絶対に落ちる。そして、濡れる。

DSC_0267


小さな魚も泳いでます。

メダカ?

サクラマスか鮎の稚魚?

DSC_0270


昔は、魚が住めない川だったようです。

草津温泉や万座温泉を起源とする強酸性の水が流れ込んでいたから。


3.公園でラジオ体操

前橋市内の2つの公園では、朝、ラジオ体操に市民が集ってます。

DSC_0273


前橋公園と敷島公園。

ただの散歩でも、いろんな発見。


kou_blue97 at 20:19|PermalinkComments(0)

2021年04月01日

前橋散歩、桜が見頃

人生、初の単身赴任生活。

毎朝、散歩が日課です。



散歩コースは、前橋公園。

DSC_0186~3


さちの池があり、群馬県庁が見えます。

DSC_0185~3


さちの池は、鶴舞う形の群馬県をかたどっているとのこと。

DSC_0180~2


群馬県は、川が多くて水資源が豊富。

桜と川と群馬県庁。

県庁は、前橋市のシンボル。

土地勘がなくて道に迷っても、県庁を見れば方向感がわかります。

DSC_0181~2


桜、今がちょうど見頃。

DSC_0186~2


臨江閣と日本庭園。

近代和風建築の迎賓館として建てられたもの。

臨江は、利根川に臨むという意。



そして、自炊してます。

DSC_0177


群馬県産だけで食べる、男飯。

群馬県産の豚肉、コンニャク、キャベツ、ネギなど。


kou_blue97 at 22:30|PermalinkComments(0)

2016年11月13日

秋をさがしに焼山寺

天気の良い週末は本当に嬉しい。

秋を探しにドライブ&散歩。

DSC_0074


山の木々も少しずつ色づき始め、秋の深まりを感じる季節となりました。



〔第12番札所 焼山寺〕

DSC_0065


標高938mの焼山寺山の八合目。

四国山脈の山々に囲まれて空気が清らかです。

昔、大蛇が火を履いて山を焼いてしまったので、焼山寺と呼ばれたようです。

DSC_0070


空高くそびえ立つ杉の木とイチョウ。

DSC_0071


秋の気配は、本堂の裏が一番。

DSC_0072


参拝者の鐘突きが許可されていました。

一礼して、三突きまで。

澄んだ空気に響く鐘の音は、煩悩を除き、清らかな心にしてくれます。



さあ、明日からまた頑張ろう!



kou_blue97 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月02日

川村記念美術館

e70b355e.jpg


ba0ab1a4.jpg


cb629a56.jpg
こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



今日のお散歩コースは川村記念美術館の散策路

ツツジがきれいに咲いてます。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月04日

散歩道

83708b15.jpg


7b4c0a65.jpg


bfb349df.jpg
こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



お花見と散歩をかねて

子供達と3人でお出かけ。



自然とふれあう。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月08日

安らぎの場所へ

お久しぶりでございますかけだし金融マンです。



6月8日(金)23時42分

清々しい夜道を一人歩く

ふぅ〜今週もそれなりに頑張った

悲しみ怒り憎しみ

無造作に夜空に放り投げて

つかの間の休息を堪能しよう



良い週末を!!



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2Blog Ranking


kou_blue97 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜