2016年02月01日

カラタチの木と子供達へのいつまでも消えることのない愛

先日、子供のために図書館で「ミカンの歴史」の本を借りました。

柑橘類は、インドや中国生まれ。

ライムやレモンから、ブンタンやダイダイに発展し、みかんが生まれ、日本に伝わりました。

でも、日本にも古くから原生していた柑橘類があります。


<橘(タチバナ)>

ミカン科−ミカン属−ミカン類
日本に古くから野生していた日本固有の柑橘。


そんな橘から名前がついた柑橘類もあります。


<カラタチ>

ミカン科−カラタチ属−カラタチ
原産地は中国。日本には8世紀頃に伝わり、唐橘(からたちばな)から名が来ている。


そんなカラタチには、葉の付け根にトゲが出ています。

人が侵入できないように、昔は生け垣によくカラタチが使われました。

徳島が誇る柑橘、「ゆず」や「すだち」にもトゲがあります。



「カラタチの木の棘のように あらゆるものに尖り自分を守った でも今は恐れることは何もないと つよがりじゃなく思える」

「たった今わかったのは 誰もが『生きる奇跡』
生まれてきた ただそれだけで 愛されてる証」


Mr.Childrenの「放たれる」という曲の歌詞です。

何度聞いても泣けてくる曲です。



今日、久しぶりに息子を思いっきり怒鳴りつけました。

しかも、生意気に口答えしようとするから、荒い口調でたたみかけた。

普段は甘いから、たまには本気で怒鳴らないと。

本気で怒るのって、なかなか難しいんだけど・・・。



自分に厳しくするのって人間は甘えが出てしまうから難しい。

けど、実は他人に厳しくするよりも簡単だったりします。

他人に厳しくするのって、本当に難しい。

とっても苦手。

でも、相手のことを考えたら、しっかりと厳しくしてあげた方がいいことも多々あるんだけどね。



今日は、厳しく怒鳴らないと息子のためにならないと思えるタイミングでした。



「カラタチの木の棘のように あらゆるものに尖り自分を守った」

自分の人生の中では、「誰のせいにも出来ない不運や不幸を目の前にして、滅茶苦茶に自分を傷つけたい衝動に駆られ、自暴自棄になりそうな時」というものが、ほとんどありませんでした。

幸せなことです。

両親や家族、そして周りの方々の支えがあったからですね。

ありがとうございます。



将来、子供達にも、そんな状況にならないようにして欲しい。

だから、親としてやらなければならないこともあるし、心を鬼にしなければならない時もあるし、本気で怒らなければならないこともあるんですよね。

頭ではわかってるんだけどさ。

「生まれてきた ただそれだけで 愛されてる証」



将来の息子と娘へ

「いつまでも消えない愛がお前たちの心の中にあるんだから、たまには思い出せよ!」







kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月08日

もうすぐ10周年

2016年2月で、なんと「かけだし金融マンのblog」はblog開設10周年を迎えます。

パチパチパチ。

この記事で、掲載した記事数は1,444になりました。

144記事/年。

3日に1記事超の計算になりますね。

そして掲載した画像は約1,700枚。

ちょっと感慨深い。

よく続いたなぁ。

読んでいただいた皆さんのおかげです。

そして、支えてくれた家族、生んでくれた両親のおかげです。



もうすぐ10周年ということに気がつきました。

この10年の軌跡、記事と画像を、今週は妻と一緒に懐かしんでます。

寄り添いながら、2人の愛の思い出を確かめ合っています。




<2006年5月に掲載した画像>

・大きな仕事が行き詰って、「今日も残業で遅くなるからゴメンね。」と妻にメールした時に、妻から送られてきたメールに添付されていた画像です。

3be4b906.jpg


忘れないよ。



<2007年12月に掲載した画像>

・娘が生まれて8か月。娘が生まれてから、初めて妻と2人でデートをした時の画像。

cfd67fff.jpg


これも忘れない。



<2008年11月に掲載した画像>

・僕たちの結婚式(結婚式は2004年4月)。

e12bd6d0.jpg


c4cbcdbf.jpg


53191be3.jpg


あの時の誓いは、絶対に忘れない。


(決して、浮気心を抑えるためにあの時の誓いを思い出したわけではない)



kou_blue97 at 20:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年12月19日

乙女座O型男子です

僕は、乙女座O型男子です。


(1)乙女座O型男子の特徴

「優しい物腰が特徴的な、積極性と社交性を持った男性」

へー、そうなんだ。
たしかに物腰は優しいかも。
積極性と社交性もまあまああるかも。ないかも。


(2)乙女座O型男子の性格

・人当たりのいい優しい雰囲気が特徴的。
・穏やかな雰囲気が自然と伝わってくるため、初対面の人であってもあまり警戒心を抱かれない。
・誰とでもすぐに仲良くなることができる社交性があり、特に年上にかわいがられる人懐っこい性格。
・どんなことに対しても積極的に行動できる。
・自分が興味を持ったことはとことん追求したいと考え、勉強もするし、努力も怠らない。

ふーん。良いことしか書いてないやん。
年上に、可愛がられればいいな。もっと。
興味がないことには、ほとんど関心を持たないけどね。


(3)乙女座O型男子の恋愛傾向

・優しい物腰や、人懐っこい社交性、努力を続ける積極的な姿勢・・・などなど、女性から好意を寄せられることが多い。
・しかし、この女性の好意をあまり断ろうとせず、少しプレイボーイなところがあるため、同時に何人もの女性に愛情を注ぐことができる。
・こうした独特の恋愛観は独身の間だけで、結婚した後は落ち着き、妻を一途に愛する男性へと変貌を遂げる。

うん、最後に良いことが書いてある。
その通り。間違いない!



さらに、乙女座O型男子は、「女性的な感性」を持ち、現実的でありながら同時に「夢想や理想を追い求めるロマンチスト」なんです。

昨日の忘年会でこんな話を聞きました。

東京ディズニーランドでゴミ掃除をしてるスタッフに「何してるんですか?」と聞くと、決して「ゴミを拾っている」とは言わないそうです。

「星のかけらを探しています」とか

「夢のかけらを集めています」とか

「思い出のかけらを拾っています」とか。

こういうの、本当にグッとくる。

胸キュン。

さすが、俺。ロマンチストだ。



そしてもう1つ、乙女座O型男子は、「負けず嫌い」です。特に、他人に負けるよりも、自分に負けたくない。

興味のない分野だと、勝とうが負けようが関心がありません。

でも、興味のある分野だと、急に負けず嫌いになります。

この間も、旦那さんのことをこよなく愛する女性の話を聞いて、負けず嫌いな一面が出ました。

俺も負けたくない!

妻に、「その女性が旦那さんに注ぐ愛の力よりも、お前が俺に注ぐ愛の力で負けるなよ!」とはっぱをかけさせました。

本当はそれよりも、その旦那さんが奥さまに注ぐ愛の力よりも、自分が妻に注ぐ愛の力で負けたくないんです。

さらにいうと、自分の限界まで、自分の理想とする形まで、妻に愛を注ぎたいのです。

「1番負けたくないのは、昨日までの自分」ですから。


毎日、少しずつでもいいから、「愛のかけら」を積み重ねていければいいな。






kou_blue97 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月05日

9年前の今頃

9年前の今頃。季節は11月。

若かりし僕はどんなblogを書いていたのかと振り返ってみたら、意外とクオリティが高かった。

もったいないから振り返ってみます。



<2006年11月2日>
海のミルクを食べてみるく

最近、お昼の定食屋でも、夜の居酒屋でも、
カキフライを中心とする牡蠣メニューが目立つ季節になりましたね。
まさに旬の味覚。

牡蠣って美味しいだけじゃなく、
ビタミン豊富でミネラル豊富で、
栄養価が高いことから、
海のミルクど呼ばれています。

海のミルク(牡蠣)とか、
森のバター(アボガド)とか、
なんか格好良い愛称ですよね。

これが牛のミルクとか、牛のバターとかだったら、
ただの原料表示でしかないわけだからな。

こんなに美味しくて高級食材である牡蠣は、
決して子供達に食べさせてはいけないので、
気をつけろ!!

R指定だけにな。
(Rのつく月が食べ頃)

甥っこに牡蠣を食べさせると、
美味しくて美味しくて虜になってしまって、
彼の中でヒーローというか、
スター的存在になるかもしれないから、
気をつけろ!!

オイスターだけにな。

食べたいってお母さんにねだっても、
お母さんはきっと渋ると思うけど、
お母さんの気持ちもわかってあげろ!!

シブ(渋)牡蠣隊世代だけにな。

食べ始めると、
法隆寺の鐘が鳴るから、
気をつけろ!!



<2006年11月5日>
いい人いい人、どうでもいい人

合コン後の女性陣の
「いい人そうなんだけどね」という感想とか、
結婚式の後の新婦友人達の
「いい人そうな旦那さんね」という感想とか、
決して悪意はないにしろ、
男としての魅力とか、
男としての色気とかがちょっと足りない場合で、
どうでもいい人だという意味だとしか思えないのは、
被害妄想でしょうか?

たしかに学生時代は、
真面目な優等生よりは、
スポーツが出来たり、
ちょい悪だったり、
ちょっと不良気味だったり、
勉強だけでなくそういう一面を持った男が、
女の子にモテていたのは間違いありません。

僕も学生時代は、
ちょい悪ながらも実は勉強が出来て、
ちょい悪ながらも物事の考え方に筋が通っているのが、
格好良いと思っていたので、
授業中は眠っていたり、
留年してみたり、
夜中に夜景を見に行ったり
パーマをかけてみたり、
(欧米かっ!!)
金髪にしてみたり、
(欧米かっ!!)
アメフトやってみたり、
(欧米かっ!!)

今でこそ会社でいい人演じて、
組織の枠にはめこまれてしまって、
どうでもいい人になってしまったサラリーマン達も、
昔はたぶんいろんなことがあったんでしょうね。

今や、
みんなの憧れる人になろうかなんて、
大それた気持ちはないです。
どうでもいい人でもなんでもいいけど、
ただ、
愛する妻とか、
愛する息子にとっての、
頼りになり、
そばにいて欲しいと思われる、
そんな人間に僕はなりたい。



<2006年11月7日>
幸せのつかみかた

QB(クォーターバック)やRB(ランニングバック)という花形のポジションがある一方で、
体を張ってQBを守り、
体を張ってRBの走るコースを導いたりすることで、
チームの勝利に貢献する誇れるポジションもあるように、

会社や組織の中にだって、
日の当たる部署もあれば、
後方支援に徹するような部署だってあります。

要はどこにいるかじゃなくて、
そこで何がどれだけ出来るか。

肝心なことを最近忘れていたような気がします。

与えられた環境で、
精一杯努力し、
昨日の自分を越えてゆくこと。

それが僕の目指す姿じゃなかったのか?

今の僕は、
向上心と、
ハングリー精神に欠けていて、

僕の部署を支えてくれている、数多くの人達への感謝とか、
忘れてはいけない何かを感じることが出来なくなりつつあるのかもしれない。

ちょっと自分を見つめ直して、
また頑張ろうかな。

安直だけど純粋さが胸を打つのです。
わかってながら僕らはまた繰り返す。
そんな旅人。



<2006年11月30日>
幸せを求めて今

僕は北海道で生まれ育ち
やがて北海道を無事に巣立ち
暖かく平和な家庭を築き
暖かく優しい家族に気付き

いつも書類の山に埋もれながら
いつか未来の夢を描きながら
いつもの店で酒に溺れながら
いつまでも僕の旅は終らない


たとえ先の見えない航海であっても
たとえば全てが公開されていても
君は人生に後悔しないかい?
誰に人生の教えを請うかい?

幸せはきっと見つけられるから
幸せは君を見つめているから
幸せを求めて今羽ばたこう
幸せを目指して今旅立とう



kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月13日

夫婦の信頼感

例えば残業で疲れて家に帰った時。

妻が夕食を用意していませんでした。

まず、何を思いますか?

妻に、なんて声をかけますか?





僕なら、

「どうしたの?具合悪い?」

又は

「子どもたちに何かあった?」 

と言います。(実話)





妻が夕食を用意していないなんて、

よほど体調が悪いか、よほど忙しい何かがあったか、そのどちらかです。




たぶん、それが12年間の夫婦の信頼関係。




似たようなものだと、

夕食のおかずのお肉を全部子どもたちが食べちゃって、

野菜系のおかずしか残ってない時は、

「子供らも元気でよく食うようになったなぁ」 と嬉しく思います。(実話)




たぶん、それが子供たちの成長の喜び。




結婚して12年経ちました。

結婚12年のお祝いは、絹婚式というらしい。

柔らかく艶があり、それでいてさらさらときめ細かい二人の愛情とのこと。




相変わらず子供達が中心な生活で慌ただしく、季節外れの台風とともに、結婚記念日は過ぎ去って行きましたが、愛情と感謝の気持ちは記念日なんかじゃなくて、毎日積み重ねて行動に示して伝えていくものだと思います。

特別なことをしなくても、お互い分かりあえるよね。

これからも、よろしく。

(夫婦そろって、結婚記念日を忘れていただけだけどな。毎年恒例。そんな夫婦もあるさ。)


kou_blue97 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月25日

GIFT〜love one another〜 第2話

X'masは、娘と息子のために料理に腕をふるう。

毎年恒例のクリスマスチキンと手作りケーキ。

子供達のリクエストどおり。

旦那とは10年くらいクリスマスなど過ごしていない。

もちろん旦那からはプレゼントなどない。

毎年、手作りのクリスマスケーキを美味しそうに食べてくれる子供達の笑顔が最高のX'masプレゼント。

それだけで充分に幸せ。



それに、今年は。。。

ケンジとの楽しいひと時。

「神様がくれたX'masプレゼントだったのかな。」

大切な思い出として胸に刻み込まれた。



でも、もう思い出してはいけない。

胸の奥に封印しないと。

夢は見ない。

見てはいけない。

目の前の現実という幸せを、子供達の笑顔を、大切に守らなければならないんだから。




「たぶん、人生で男の人とKissをすることなんて、もう二度とないことだろうな。。。」

ケイコは自分にそう言い聞かせた。





kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月24日

GIFT〜love one another〜 第1話

X'masは赤ちゃんを囲みながら家族水入らずで過ごし、年末年始は実家に帰ったケンジ。

家族の絆を再認識する時間が流れる。

胸の中につかえる罪悪感と背徳感。

夜、布団に入り寝ようとすると、ケイコの笑顔が思い出される。

「こういう風に終わって良かったんだ」 そう、言い聞かせる。

それが正しい選択。



年が明け、また現実の多忙な日々が戻る。

仕事は忙しい。

忙しくて、幸せだ。

いろんなことを忘れさせてくれる。

「家族のために、チビのためにも、頑張らないとな。」 充実した日々。



「ケンジさん、最近輝いてますね!なんかいいことあったんですか?」 昼飯を食いながら、ジュンペイが声をかける。

「まぁな。守るべきものがあると、男も強くなるんだよ。お前もそのうちわかるさ。」 軽くケンジが返す。

「今日は夕方から営業会議ですよね。終わったらパァーと行きましょうね!」



営業会議。

3月は多忙だ。スケジュール確認のため手帳を開く。

3月19日に赤いマークが。

「ケイコさんの誕生日だ。」

忘れかけていたケイコを強く思い出す。


kou_blue97 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月23日

GIFT〜love one another〜 Prologue

こないだリメイクした大人の恋の物語「Xmasの贈り物」。

続編を望む声をいただきありがとうございます。

ご期待に添えるかどうかわかりませんが、ケンジとケイコの恋の物語の続編をStartしたいと思います。

タイトルは「GIFT〜another one love〜」

見切り発車な感じで、結末もまだイメージ出来ていませんが、楽しんで読んでいただけるようゆっくり掲載していきますので、よろしくお願いします。



<主人公>

ケンジ

28歳営業マン。入社5年目。
そして結婚3年目。今年子供を授かったばかりであり、父親としても、人間としても大きく成長していく年頃。


ケイコ

37歳。一流企業に勤める夫、中学生の娘と小学生の息子がいる家庭。夫は単身赴任が長いため、実家の母と同居。昼間は外で働いている。



<前作「Xmasの贈り物」のラストシーン>

『ねぇ、俺のことを忘れさせてくれなきゃ終われないよ。』 ケンジが悲しい目でケイコを見つめる。

ケイコはしばらく無言で考えた後、目を閉じ、ケンジにもたれかかり、ケンジの唇に重なり合う。

『ばーか。そんなことしたら本気で忘れられなくなるだろうが。Merry Christmas !』

ケンジはそう囁いて、深く長い口づけをした。



kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月31日

シンデレラの魔法

息子は5歳なう。

もうすぐ小学生うぃる。

「なう」と「うぃる」の使い方はよくわかりません。

本田△(本田さんかっけー)とか
(((【【【[[[[本田]]]】】】)))(本田かっこつけすぎ)とかはわかりやすかったですね。



さて我が家ではパパ&息子のペアとママ&娘のペアに分かれて寝たりします。

部屋が狭いからなう。

息子が生まれて、パパ-息子-ママという川の字で過ごした月日。

娘が生まれると、赤ちゃん(娘)-ママという構図が生まれ、必然的に息子-パパという構図になります。

たぶん普通の流れですよね。

息子1人の時はよくパパと息子のお出かけがありましたが、今ではパパ-息子-娘というお出かけはあれども、パパ-娘というお出かけって実は少ないんです。

みんなのところも同じ感じでしょうか。



さて土曜日と日曜日は娘と2人の時間がありました。

土曜日は公園→買い物。

日曜日は散歩→ミスド。

娘はミスドで、エンゼルテディパン見て「わぁ-、こんなに可愛いのあたし食べられな-い」って言ってました。

みんなのところも同じ感じでしょうか。



ちょっと前までは、
娘「今何時?」
パパ「○時」
娘「え-、3時が良かった-」というのが流行ってましたが、最近は
娘「今何時?」
パパ「3時」
娘「4時」
パパ「5時」
娘「ヤギ」というのが流行ってます。

なにかが面白いみたいです。

みんなのところも同じ感じでしょうか。



「パパ一緒にお風呂入ろう」とか
「パパ本読んで」とか
「パパ大好き」とか言うのに、
ちょっと眠たくなると、
「ママと寝る。パパ大嫌い。パパあっち行って。」と言われます。

我が家ではシンデレラの魔法が解けたと読んでます。

みんなのところも同じ感じでしょうか。



今日もシンデレラの魔法が解けるまでラブ×2したいと思います。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 20:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年09月29日

子育て

朝起きて新聞を軽く目だけ通してシャワーを浴びるとだいたい6時半。

そこから息子を起こして、おはようと抱きしめる。

それが毎日の習慣。



息子の目覚めがいいときは一緒に朝ご飯を食べたりし、息子の目覚めが悪い時はちょっとグダグダする。

娘はたいてい起きない。

家を出るときには、娘と息子に行ってきますの抱っことタッチは欠かせない。

娘は寝たままの時も多い。

それが毎日の習慣。



夜はだいたい21時前後に帰宅する。

幼稚園で疲れた息子はたいてい寝ている。

20時前に帰れた時は起きてたりもする。

息子はたいてい隣で寝たがる。

日中昼寝をしている娘はたいてい起きている。

それが毎日の習慣。



娘はパパお帰りと抱きついてから、ママにパパ帰ってきたよと報告する。

ご飯食べたりシャワー浴びたりトイレに行ったりするのにもついてきてくれる。

体に乗ったり楽しく遊んでくれるが、いざ寝るときはママのもとに行ってしまう。

ちょっぴり寂しい。



それが毎日の習慣。



親バカとか子煩悩良くないとか、父性がどうとかいろいろ難しいことを学者は言う。

でも、たとえわがままになってしまったとしても、親の愛を、愛されることを知らないで育つよりはいいだろう。

子育てはこうすればいいなんて偉そうなことを言うつもりはないし、何が正しいかはわからない。

だけど、僕は子供達を毎日抱きしめて、大好きだよと伝えたい。

今までも、そしてこれからも、僕はそうする。

それが僕の気持ち。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)