忘年会

2015年12月19日

乙女座O型男子です

僕は、乙女座O型男子です。


(1)乙女座O型男子の特徴

「優しい物腰が特徴的な、積極性と社交性を持った男性」

へー、そうなんだ。
たしかに物腰は優しいかも。
積極性と社交性もまあまああるかも。ないかも。


(2)乙女座O型男子の性格

・人当たりのいい優しい雰囲気が特徴的。
・穏やかな雰囲気が自然と伝わってくるため、初対面の人であってもあまり警戒心を抱かれない。
・誰とでもすぐに仲良くなることができる社交性があり、特に年上にかわいがられる人懐っこい性格。
・どんなことに対しても積極的に行動できる。
・自分が興味を持ったことはとことん追求したいと考え、勉強もするし、努力も怠らない。

ふーん。良いことしか書いてないやん。
年上に、可愛がられればいいな。もっと。
興味がないことには、ほとんど関心を持たないけどね。


(3)乙女座O型男子の恋愛傾向

・優しい物腰や、人懐っこい社交性、努力を続ける積極的な姿勢・・・などなど、女性から好意を寄せられることが多い。
・しかし、この女性の好意をあまり断ろうとせず、少しプレイボーイなところがあるため、同時に何人もの女性に愛情を注ぐことができる。
・こうした独特の恋愛観は独身の間だけで、結婚した後は落ち着き、妻を一途に愛する男性へと変貌を遂げる。

うん、最後に良いことが書いてある。
その通り。間違いない!



さらに、乙女座O型男子は、「女性的な感性」を持ち、現実的でありながら同時に「夢想や理想を追い求めるロマンチスト」なんです。

昨日の忘年会でこんな話を聞きました。

東京ディズニーランドでゴミ掃除をしてるスタッフに「何してるんですか?」と聞くと、決して「ゴミを拾っている」とは言わないそうです。

「星のかけらを探しています」とか

「夢のかけらを集めています」とか

「思い出のかけらを拾っています」とか。

こういうの、本当にグッとくる。

胸キュン。

さすが、俺。ロマンチストだ。



そしてもう1つ、乙女座O型男子は、「負けず嫌い」です。特に、他人に負けるよりも、自分に負けたくない。

興味のない分野だと、勝とうが負けようが関心がありません。

でも、興味のある分野だと、急に負けず嫌いになります。

この間も、旦那さんのことをこよなく愛する女性の話を聞いて、負けず嫌いな一面が出ました。

俺も負けたくない!

妻に、「その女性が旦那さんに注ぐ愛の力よりも、お前が俺に注ぐ愛の力で負けるなよ!」とはっぱをかけさせました。

本当はそれよりも、その旦那さんが奥さまに注ぐ愛の力よりも、自分が妻に注ぐ愛の力で負けたくないんです。

さらにいうと、自分の限界まで、自分の理想とする形まで、妻に愛を注ぎたいのです。

「1番負けたくないのは、昨日までの自分」ですから。


毎日、少しずつでもいいから、「愛のかけら」を積み重ねていければいいな。






kou_blue97 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月26日

ボウリング100点

747957d2.jpgかけだし娘


a5e0e643.jpgかけだし息子


f5a4832f.jpg粘土


最近なんか喉が痛いです。

忘年会などが続いていましたが、焼酎水割り又はウーロン茶割りfakeで、ただの水又はウーロン茶でごまかしてきたのに、なかなか治りません。

空気の乾燥とかも関係あるんでしょうか。

さて息子の強い要望で、またボウリングに行ってきました。

年忘れボウリング。

息子はストライク1回、スペア1回と大活躍で、初のスコア100点へ。

2009年の有終の美を飾りました。



今年も残すところ後5日となりました。

この前の忘年会でも、今年1年振り返ってどうでしたか?と聞かれましたが、まだゆっくり振り返っていませんでした。

今年1年どうだったんだろう。

ゆっくり振り返るのも大切かもしれませんね。

ただ忘れるだけじゃなくて。



かけだし金融マン(mixi)でした。


kou_blue97 at 23:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年12月12日

Xmasの贈り物

かけだし金融マン(mixi)がお届けする連載シリーズ物語。



『Xmasの贈り物』



第九話



一次会が終わり、ケイコは一人で駅に向かう。



駅前の広場は12月に入ったばかりだというのにクリスマスモード一色だ。

『今年のクリスマスはどこのケーキにしようかな。』

ケイコは独り言をいいながらクリスマスツリーを見つめる。



『昔は張り切ってクリスマスプレゼントとか選んだりもしたし。

可愛いコートで着飾って、ディナーに連れて行ってもらったりもしたなぁ。』



ケイコの胸の中で、恋をしていた時代の記憶が蘇る。



『私も年をとっちゃたね。』



結婚してからも、家庭のため、子供のために頑張り続けた自分に話しかける。



『でも、子供たちも元気だし、

今年もまた子供たちとクリスマスを過ごせるだけでも幸せだと思わなきゃね。』


そう言い聞かせて自宅に電話を入れる。



母も子供たちも、たまにはゆっくりしておいでよと気遣ってくれる。



そんな家庭の優しさを感じながら、

ケイコはいつものケイコに戻り、

駅のホームへと歩いてゆく。


kou_blue97 at 07:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月09日

Xmasの贈り物

かけだし金融マン(mixi)がお届けする連載シリーズ物語。



『Xmasの贈り物』



第六話



『今日は会社の忘年会だから帰りが遅くなるね。』

子ども達にそう伝え、ケイコは家を出る。



ケイコの会社では12月第一週に事務所の忘年会を行うのが恒例。

所長の意向で、社員だけではなく、取引先や業者にも幅広く呼びかける。

もちろんケイコも参加し、ケンジも参加する。





取引先回りで遅れて到着したケンジは、空いている下座の席に腰を下ろし、始まったばかりの所長の話に耳を傾ける。

そこはケイコの隣。



乾杯の音頭の前に、グラスにビールを注いでいく。

ケイコがケンジのグラスに注ぐ。

『お疲れさまです。高橋さんですよね?』

ケンジははっと目を上げ、恐縮する。

『高橋です。いつもお世話になってます。』

今度はケンジが注ぎ返す。

『いつも電話いただいたり、来店されてるんで名前は覚えてますよ。

私は木村といいます。よろしくお願いします。』



2人の瞳が交差する。



『乾杯〜』



乾杯の合図でケンジとケイコのグラスが触れ合う。



2人のグラスを持つ手には

それぞれの指輪が煌めいているだけれど。


kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月09日

忘れられない年だった会

いくつか忘年会も終わりまして暦はもう残り少なくなってきましたが、

一向に雪が積もる気配がないことにとまどいを感じながら

雪が降らない冬は初めてでどんな格好すれば良いのかとまどいを感じながら

雪が降らないクリスマスでもサンタはソリでやってくるのかどうか

悩みがつきない今日この頃です。





こんにちわ。

かけだし金融マンです。





さて、忘年会という季語が詠まれる季節になり、

忘年会という言葉をうまく使わないと字余りとか字足らずになってしまう季節でもありますが、

みなさんいかがお過ごしですか?





忘年会を通じて

1年間を振り返り

やり残したことのないよう

残りの日々を充実させていくのも

大切なことですよね。





充実した1年でしたか?

忘れられない1年でしたか?





もう少しで今年も終わり

人生という思い出にまた1つの章が刻みこまれます。



忘れられない思い出が

たくさん詰まった人生にしよう。





僕のプロポーズはこんな感じだったっけ?


kou_blue97 at 17:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京