徳島

2016年08月15日

阿呆連に魅せられて

徳島の阿波おどり2016も今日が最終日。



なんだろう。

今年は踊らないし、もう5回目だし、なんとなく盛り上がらない自分。

その前の和歌山遠征、岡山遠征、高松遠征が充実していたからなのか。

それとも、瀬戸内海と島々と海風に癒されたからなのか。

阿波おどりモードになれない自分がいました。



男木島から帰ってきてくたびれ果てて、阿波おどりはテレビでいいんじゃないかと妥協モード。

でも、やっぱり生で見ないとと思い、2日目と3日目はしっかりと見てきました。

有名連の踊りは圧巻。

企業連や学生連も、応援する気持ちで温かく見守れました。

企業連とか学生連がないと、「みんな参加できる楽しいお祭り」じゃなくなってしまうから、それはそれで必要なんだと思います。

お祭りは、みんなが楽しめないとね。



ということで、本日は4日目最終日。

会社から帰ってひと息ついて、会場に向かいました。

当たり前だけど、南内町演舞場の当日券は完売です。

そりゃそうだ。



阿波おどりの雰囲気を肌で味わいます。

もしかしたら、最後の阿波おどりになるかもしれない。

そう思うと感慨深い。

もっと感じないと。

最後かもしれない阿波おどり。

自分はいったい、何を見たいのだろう。

そう考えると、今まで阿波おどりで一番の感動と興奮を与えてくれたものがあります。

それは、「阿呆連」さん。

「阿呆連」を見るしかない。

僕の、追っかけが始まりました。




<20:30〜南内町演舞場>

最終日の南内町演舞場のオープニングを飾るのが「阿呆連」

60d891bc.jpg


いざ、出陣。

51a9f674.jpg


演舞場の入り口に並びます。

d70668c4.jpg


みんなで集まって円陣と気合い。

アメフトの試合前のハドルに似ています。

d64a1f8e.jpg


先陣は、男踊り。

c7f23262.jpg



続いて、やっこ踊り。

220f39b7.jpg


大迫力。



<21:00〜両国本町演舞場に移動>

d6b604c3.jpg


演舞場入り口で待機。

03379387.jpg


腰の提灯の「阿呆連」

(許可いただきました)

f231c6e0.jpg



浴衣の袖の「阿呆連」

(許可いただきました)



<21:30〜両国本町演舞場>

e601c1e8.jpg


「阿呆連」が動き出します。

1864b6d3.jpg


「動」

e442968d.jpg


「静」

a3e61cd8.jpg


「奴(女)」

74f82d6c.jpg



「奴(男)」

c06640f9.jpg


出口から見る踊り。

dfc19239.jpg


お疲れ様でした。

0c0c5088.jpg


踊りの後は栄養補給。



<22:20〜南内町演舞場>

c53f913d.jpg


ラストは圧巻の総踊り。

a1693dee.jpg


今年の阿波おどりも終わりました。

630cecde.jpg



最後の記念に浴衣の「阿呆連」

(許可いただきました)



「阿呆連」様

素敵な思い出と感動をありがとうございました。






kou_blue97 at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年08月14日

阿波おどり

徳島に来て5回目の夏。

5回目の阿波おどり。



<紺屋町演舞場>

2dce08ee.jpg


86cdd58c.jpg


bba1c9da.jpg


<両国本町演舞場>

d77a6488.jpg


e6f9ee74.jpg



243ee497.jpg


fdef860c.jpg


968ae8c4.jpg


1a0efeb0.jpg


8afdf409.jpg



16740925.jpg


a30cb096.jpg


9bff69f6.jpg



「阿波おどり」

やはり感動の二拍子。無敵の二拍子です。

美しくて、力強い。女踊りと男踊り、静と動。

感動のひと時が味わえます。


徳島に来て、本当に良かった!

という気持ちも5回目。




kou_blue97 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月22日

ナイトマルシェ〜前夜祭〜

さて、7月22日〜7月24日は「水都とくしま」の魅力を体感する3日間。

俺も、体感しよう!

「徳島ひょうたん島水都祭2016」

今日は前夜祭。

「とくしまマルシェ presents ナイトマルシェ」



会社から帰宅して、18時半頃。

妻と息子がピアノのレッスンに行った隙に、娘と2人家を抜け出す。

いざ、ナイトマルシェへ。

b58903f0.jpg


水際で心地よい風を感じながら、ハゼを釣る家族連れを眺めて、苺「うずしおベリー」のアイスシェーブをいただく。

幸せなひと時。

227c897d.jpg


せっかくなので街中から駅まで散歩。

娘と2人ご飯を食べたら、もう辺りは真っ暗。

ナイトマルシェに戻ります。

幻想的な水際。

ガラケーの限界。

fa34257c.jpg


2拍子の笛と太鼓が聞こえてきて、有名連「阿波扇」が踊りの練習をしていました。

正調の踊りに扇を取り入れた踊りです。

練習でもかっこいいし美しいし迫力があります。

「夜に散歩なんて、ちょっと大人みたいで楽しいね」

家を抜け出して帰宅するまで、3時間。

娘とのナイトマルシェデート。

とっても楽しかったです。



明日は、20時から藍場浜公園で花火大会です!


kou_blue97 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月13日

徳島の活鱧料理

魚へんに豊とかいて、鱧(はも)。

鱧は、食べて美味しく心が豊かになり、滋養強壮に富み栄養が豊かです。

まさしく、魚へんに豊。



京都の祇園祭や大阪の天神祭りで欠かせない夏を鮮やかに飾る鱧。

関西で食べられている鱧は、徳島県産がNo.1のシェアです。



b0bd1a9f.jpg


鱧のあらい

見事な職人芸。

kou_blue97 at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月03日

ザリガニ釣り 〜 2016年徳島の夏 〜

コスパの良い休日の過ごし方。

(コスパ=支出した費用に対して得られた満足度の割合)

最上位にランクインするのが、ザリガニ釣り。

100円ショップで、エサ(さきいか)を買うだけです。

後は、糸と公園の木の枝だけ。

家から自転車で10分弱。

2時間は遊べるで〜。

毎年恒例です。

2015年のザリガニ釣り(←ここをクリック)

場所は、徳島中央公園。

43740eb7.jpg


糸を垂らします。

「た〜ての糸はあ〜なた〜」

f95b4ef4.jpg


HIT !

60b79ef1.jpg


ザリガニ。

8d7424b5.jpg


さきいか美味いのか。

キャッチ&リリース。

0bbacdef.jpg



しのび寄る影。

6d1655df.jpg


BIG HIT !!

8c8f069e.jpg


頭が見えます。

f8e4a7f8.jpg


甲羅まで!

45aa96e1.jpg


上がらなかったけど、亀までHITして大興奮。

2016年、徳島県、夏。







kou_blue97 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月26日

竜宮の磯

今日は6月の最終日曜日なので、朝の散歩を兼ねて「とくしまマルシェ」で娘とデート。

「美味しいお肉とアイス」をちらつかせれば、娘はついて来てくれます。

娘のお気に入りはこちら。

・阿波尾鶏フリッター
・神山鶏から揚げ
・レンコンジェラート
・米アイス

アイスと言えば、5月のとくしまマルシェで参加した「アイスグランプリ」。

アイスグランプリの記事(←こちらをクリック)

娘のお気に入りの「レンコンジェラート」が第1位のグランプリでした。

蓮の花が見事です。

25bc6b22.jpg


この蓮の葉の水でメダカを泳がせて飼いたい!

でも、娘に「ママに怒られるから絶対ダメ」って却下された・・・。



美〜なす(白ナス)とちいたけ(小さな椎茸)。

炒めてみました。

125ba3f4.jpg



美味しいんだけど。

さらに美味しく見えるように、ちょっと色合いを工夫できなかったです。

反省。



昼からは天気が良いので念願の場所へ。

4d5ea1a5.jpg


「竜宮の磯」

鳴門市の土佐泊のあたりです。

土佐泊と言えば、長宗我部元親が侵攻しても落城しなかった土佐泊城があったところらしい。

caf6a138.jpg


奥の方に、大鳴門橋が見えます。

昨日、うずしお科学館で満潮と干潮を習ったので、今日は現場学習。

干潮時刻にはもう少し潮がひいて楽しめます。



到着したばかりの時は潮のひき始めなので、水の中で待ちます。

32ff0923.jpg


はやく干潮にならないかな〜。

6eb876ab.jpg


やっと潮がひいて磯遊び。

・カニ
・ヤドカリ
・ハゼっぽい魚

d0da18c7.jpg


「竜宮の磯」

駐車場から見たらこんな感じ。

6b6c4bca.jpg


家族連れがチラホラしかいなくて、穴場スポットです。



なんだかんだ3年ぶりでした。

3年前の竜宮の磯(←こちらをクリック)

今度は、干潮時刻キッカリに行くぜ!




kou_blue97 at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月03日

グミの実

食の宝庫、徳島県。

また、素敵な出会いがありました。

この感動を、みんなにもおすそ分けしたい!



生まれてもうすぐ38年。

初めて出会いました。

これ。

de56f06a.jpg


「グミ」


グミは、グミ科グミ属の植物。

果実は楕円形。

赤く熟してます。

渋みと酸味とかすかな甘味。

リコピンを多く含み、タンニンの苦味も。



不思議な食感。

美味しい。

タネの形も細長い。

da5a803d.jpg


お菓子のグミに形が似てる〜!

って思ったけど、調べたら違いました。

お菓子のグミは、ドイツ語でゴムを意味するGummiに由来してるらしいです。



徳島県。

素敵な出会いにありがとう。







kou_blue97 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月29日

アイスグランプリに投票

今日も天気がスッキリしない。

このまま梅雨入りしちゃうのかなぁ・・・。

天気が良ければ、「ホタル観賞」と「竜宮の磯遊び」に早く行きたいぜ。



さて、今日は月に一度の「とくしまマルシェ」です。

朝9時からの「アイスグランプリ」に参加してきました。

201605marche02[1]


豊かな自然環境で大切に育てられた徳島県の食材を使った美味しいアイスを味わえるなんて。

とっても贅沢〜。



<本日試食させていただいたアイスはこちら>

・米アイス

・キウイアイスこうひ

・レンコンジェラート

・デコポンジェラート

・ぜいたくいちごアイス

・トマトアイス

・贅沢卵の阿波アイス

・ハッサクのストラッチャッテッラ

・きゅうりアイス



<娘のお気に入り>

・米アイス

「徳島県産のお米を使用して、乳製品や卵を使わない植物性のアイス」


・レンコンジェラート

「徳島名産、特別栽培のレンコン100%のパウダー入りアイス」



<息子のお気に入り>

・ぜいたくいちごアイス

「徳島産の苺をたっぷり使った、濃厚な甘みと酸味を味わえるアイス」



どのアイスも特徴があって、とっても美味しかったです。

うちの子供たちは、まだまだお子ちゃまなので、甘いのが良かったみたい。

フルーツ系のアイスも、酸味と爽やかさが絶妙で、美味しかったです。

ありがとうございました!



来月以降、夏場はどのアイスを買おうか、困っちゃうなぁ〜。








kou_blue97 at 12:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年05月23日

ちょっと磯まで

天気の良い日曜日。

昼から息子は友達の家に遊びに行くとのこと。

じゃあ、午前中だけちょっと散歩しようか。

ということで、軽くおでかけ。

車で走ること20分で到着。

松と松ぼっくりの親子。

a91049f8.jpg


松の林の向こうには・・・

b1c6dc34.jpg


海。

d912d9e4.jpg


車で20分でこんなきれいな海なんて、とっても贅沢〜

c302abf2.jpg


波打ち際 水しぶき跳ねながら 砂の上を追いかける兄妹。



水はきれいだ。

958ef8bd.jpg



階段を登って、岩壁を下りてみる。

3c8e5f9b.jpg


磯に到着。

6b24c657.jpg


子供の頃の家族での磯遊びを思い出す。

e2dc0d0b.jpg


あれは、寿都の海だった。

正確には、弁慶岬。

「勇者の泉」とか名付けて、弟や妹と遊んでました。

父は、ホッケを釣ってた。

9d36b567.jpg


なかなか気持ちい良い、午前中の散歩でした。


よし、今度は磯遊び!

カニ、ヤドカリ、貝、魚、タコなど。

鳴門の「竜宮の磯」に行かねば。









kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年05月22日

名方郡の国衙で古代ロマンに触れる

徳島県には名西郡と名東郡という地名があります。

西と東の間の「名」ってなんだろうって思ってました。



阿波国は、板野・阿波・美馬・三好・麻殖・名方・勝浦・那賀の8郡が存在し、国衙は名方郡(現在の国府町府中)に置かれたそうです。南海道の重要な位置を占め、畿内からの文化の流入も早かったそうな。

歴史的には、佐々木経高→細川和氏→細川頼春→三好義賢→長宗我部元親→蜂須賀家政の支配下になります。

廃藩置県以降は、徳島県→名東県→高知県に併合→徳島県となり、現在に至る。



勉強になりました。



阿波国では、奈良時代から平安時代にかけて名方郡に国府が置かれたということです。

現在の、徳島県徳島市国府町。

徳島県有数の古墳地帯。

「阿波史跡公園」で、竪穴式住居が復元されています。

051c38e7.jpg


竪穴式住居。

7f3443b1.jpg


古代ロマン。

60a539b9.jpg


住居の中は薄暗い。

a6ea7e01.jpg




そして、山道を歩きます。

831f4d15.jpg


こういう自然な山道。

徳島ではたくさん味わえます。

人工的な山登りコースと違って、趣があるけど、イノシシとかヘビとかちょっと怖い。

605542a8.jpg


徳島県指定文化財の史跡が。

「矢野古墳」

横穴式石室。

入るのがちょっと怖いです。

怖いもの知らずで洞窟に入っていくドラクエの勇者達、本当に尊敬します。

a84fd702.jpg


中は真っ暗。

ドラクエの世界だと、隠し階段とかがあるんだろうけど、何もありません。

dd90cf31.jpg


矢野遺跡は、弥生時代の集落跡であり、竪穴式住居や銅鐸が出土しているようです。

徳島市立考古資料館で、お勉強。

徳島市内で発掘された縄文時代から平安時代にかけての資料が展示されていました。

c5908a5d.jpg


体験学習も出来るみたい。

秋に行われる「古代米とドングリを食べてみよう」はぜひ行きたいところ!









kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • サクラサク夜、赤坂サカス〜2023東京再探索ァ
  • サクラサク夜、赤坂サカス〜2023東京再探索ァ
  • サクラサク夜、赤坂サカス〜2023東京再探索ァ
  • サクラサク夜、赤坂サカス〜2023東京再探索ァ
  • サクラサク夜、赤坂サカス〜2023東京再探索ァ
  • サクラサク夜、赤坂サカス〜2023東京再探索ァ
  • 飛び立とう 未来信じて 〜卒業式〜
  • 飛び立とう 未来信じて 〜卒業式〜
  • 飛び立とう 未来信じて 〜卒業式〜
  • 一足早く春を感じさせてくれる「梅」
  • 一足早く春を感じさせてくれる「梅」
  • 一足早く春を感じさせてくれる「梅」
  • 一足早く春を感じさせてくれる「梅」
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 龍の玉によりできた村(玉村町)を歩いてみた
  • 旅への架け橋「羽田エアポートガーデン」〜2023東京再探索ぁ
  • 旅への架け橋「羽田エアポートガーデン」〜2023東京再探索ぁ
  • 旅への架け橋「羽田エアポートガーデン」〜2023東京再探索ぁ
  • 旅への架け橋「羽田エアポートガーデン」〜2023東京再探索ぁ
  • 旅への架け橋「羽田エアポートガーデン」〜2023東京再探索ぁ