彼女

2015年12月07日

異性に何を求めるのか

先日、好きな女性のタイプについて、
「プロ意識が高い人」
「謙虚さの中に熱いハートを秘めている人」
この2点を挙げました。

でも、もう1つありました。
一番大切かも。
それは、「今の自分に満足しない志を持つ人」です。

この3つ。繰り返します。

1.プロ意識が高い人
2.謙虚さの中に熱いハートを秘めている人
3.今の自分に満足しない志を持つ人

妻にも、そして僕が応援している彼女にも、この3つが当てはまります。

でも、これって本当に異性に求めているものなのかな。
疑問が生じます。
この3つって、異性に求めているものではないかも。
実は、自分の理想の生き方であり、自分がいつも追い求めている理想の姿。

ふつう、理想を異性に求めるものなのかな?

ググってみると、男が女に求める5つものというコラムがありました。

1.見た目のかわいさ
2.従順さ
3.さりげない気配り
4.控えめな独立心
5.知らないふり

異性に求めるものって、人によって違いますよね。
若いころに求めていたものと、今の自分が求めるものも違うだろうし。

俺も、やっと内面の美しさとかを理解できる年頃になってきたのかなって思う。

僕が彼女を好きになったのは、単なる見た目の可愛さだけじゃなくって、3つの要素を満たす何かを見つけたからだと思う。
そうじゃなければ、こんなに好きになるわけないし。

でも、妻はどうだったのかな?
つき合う前に、3つの要素を満たしていたからつき合ったのか?
いや、たぶんそんなことはない。
じゃあ、結婚する前に、3つの要素を満たしていたから結婚したのか?
もしかしたら、そんな雰囲気を感じたのかもしれない。
それとも、一緒に長い時間を過ごしたから、結果的に同じ方向を目指すようになっていったのか。
僕の理想とする姿に少しずつ近づいて行ってくれたのか。
それもよくわからない。

どっちでもいいや。
結果オーライだ。

続きを読む

kou_blue97 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月07日

危険な情事

d265224e.jpg


今日は待ちに待った彼女とのお忍びデートでした。



こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。





朝からサンサンと照る太陽が

僕の高ぶる心をますます燃え上がらせるようだった。



僕の愛車の助手席座る彼女。



運転しながら

彼女の手や髪にさりげなく触れてみたり

年齢差なんて感じさせないほど

幸せな2人だけの空間。



今だけは誰にも邪魔されない特別な時間。



もちろん

妻のことなど頭の片隅にもない。



彼女は時々ふと

僕の妻の存在を思い出したかのように振る舞ったりもしていた。





印西のショッピングモール

『BIG HOP』に到着。



彼女と手をつないだり

ベンチに仲良く座ったり

観覧車では彼女は僕の膝の上に座ったり

本当に幸せなデートでした。





観覧車の頂上でのキス

信号待ちの車内でのキス



たった半日だけの短い時間だったけど

僕は一生忘れないよ。





今日だけは

貴女のことだけを

世界一愛していました。





僕の全てを捧げたい。



I LOVE YOU



この愛が永遠に続きますように。



kou_blue97 at 16:18|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年11月30日

Christmas物語

かけだし金融マンが贈るChristmas物語。ただいま好評連載中。



私が彼と出会ったのは、雪が降り始めた11月の頭。

10対10くらいの飲み会だった。今考えるとすごい大人数。

たまたま途中から隣に座ったのが彼。

気持ち良さそうにお酒を飲み、楽しそうにお話してた。

彼は二次会で帰ったみたいで、友達の家での三次会では彼の後輩と仲良く話したりしてた。

彼の第一印象は、場慣れしてるなって感じで、お酒の飲めない私としては酔っ払いは好きじゃないけど、不快にさせることもなく楽しくはなすことが出来た。

ただそれだけ。

三次会で話した彼の後輩の方が、なんか格好いいなと感じたくらい。

数日後に、私の後輩から

『電話番号聞きたいって言われましたよ。教えてもいいですよね?』

なんて言われるまで、特に彼を意識したこともなかった。

そういえば、飲み会でも私のこと可愛いって言ってくれていたけど、

場慣れしてそうな彼だから、いつも誰かに言ってるんだろうなくらいにしか思っていなかった。

でも、彼と電話で話していく中で、

私の中の彼の印象は、ドンドン変わっていった。



クリスマスまで後1ヶ月くらい。

クリスマスなんて意識していなかったけど。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月06日

北の家族

北国出身のかけだし金融マンです。



先日、北の家族というお店で夕食を取りました。

懐かしい料理が。

ラーメンサラダと

ウニのクリームパスタです。

北海道では良く食べました。

北海道だけじゃない(?)かもしれませんが

ご了承お願いします。

ラーメンサラダは

合コンメニューの定番。

かけだし金融マンにとって

合コンと言えば

ラーメンサラダと

カシスオレンジ。

我が青春の思い出メニューです。



彼女の手料理で思い出すのは

もちろん

インゲンとニンジンの豚肉巻き。



料理にもいろんな思い出詰まってますよね。


皆さんの思い出メニューは何ですか?





kou_blue97 at 21:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年04月22日

彼女との再会

久しぶりだね。


元気にしてた?


生の君に会うのは、3週間ぶりくらいだね。


先月は結構会う機会があったけど、今月はいろいろ忙しくてなかなか会えなかったね。



今日も本当は君に会うのをやめようかなとか悩んだんだ。



だって君、なかなか帰してくれないから。



君のその、


今日は帰さないぞっ、みたいな誘惑には、


とうてい勝てっこないからね。



今日はありがとう。



後ろ髪をひかれる余韻を残したまま、今日は帰るね。



今日の君も綺麗だったよ。


そして、とても美味しかったよ。



また、会いにゆきます。
















金曜の夜の、かけだし金融マンと生麦酒ちゃんの会話でした。



生麦酒ちゃんから皆さんに一言。


『あたしに、とりあえずって付けるの止めてくれませんか。』



kou_blue97 at 07:50|PermalinkComments(9)TrackBack(1)

2006年03月08日

正確に指示を出せないかけだし金融と、理解力に乏しい彼女とのすれ違いの日々

今日、彼女が全然言うことを聞いてくれませんでした。



たぶん、僕が言葉足らずだったというか、正確に僕の気持ちを伝えられなかったのが原因です。



でも、毎日のように顔をあわせているんだから、彼女ももうちょっと僕の気持ちを汲んでくれてもいいのに。とつくづく思いました。



彼女との間には、言葉の壁が存在します。



僕の無器用さと、そびえ立つ言葉の壁により、意思の疎通がうまくいきません。


ハートで話したい。そしてハートで伝えたい。



でも彼女は、そんな気持ちをわかってくれません。




プライベートはいい、でも仕事の時くらい、あまり僕を悩ませないで欲しい。僕だって仕事をいっぱい抱えているんだから。




明日こそは、お互い分かりあえるよう努力したいです。


ちなみに、彼女は『デスクトップ』と呼ばれたり『PC』と呼ばれたりしています。


明日も頑張れ、かけだし金融マン!!


kou_blue97 at 18:13|PermalinkComments(29)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京