小樽商科大学

2011年11月17日

パインボウル 2011

WYyx1321454011


H1bG1321454030


11月16日(水)
関東大学代表校を決める「あずまボウル」と、
北海道・東北地区の代表校を決める「パインボウル」の記者会見が行われました!!

記者会見


小樽商科大学 監督 帰山利文

今シーズンの小樽商大は苦戦続きながらも何とかリーグ優勝することはできた。
しかし4勝1敗という結果、試合内容を考えるとまだまだ発展途上段階のチームである。
その反省を踏まえリーグ戦終了後、意識も新たにチーム一丸となって取り組んでいる。
進化したチームで東北代表の仙台大学を撃破し、北日本王者として胸を張って関東の王者に挑みたい。


小樽商科大学主将 深江恒士

今年は北海道制覇後までを見据えた目標を掲げ取り組んできました。
北海道シーズンではミスが多かっただけに、東日本準決勝パインボウルでは
今までやってきたことを全てぶつけて自分たちのフットボールをしたいと思います。
北海道代表としてすべてのプレーに気持ちを込め仙台大学に必ず勝ち、決勝の舞台へ進みます。

出場校紹介(甲子園ボウルサイト)



平成23年度全日本大学アメリカンフットボール選手権大会
東日本代表決定戦・準決勝 第24回パインボウル2011

小樽商科大学トマホークス(北海道リーグ優勝校)
vs 仙台大学シルバーファルコンズ(東北リーグ優勝校)

日時:11月26日(土)12:00 Kick off!(開場10:30)
会場:札幌ドーム
入場料:一般/当日:1000円 前売:800円
    高校生/当日:500円 前売:400円
    (中学生以下:無料)
11月10日より市内各プレイガイドで発売予定


tournament2011


kou_blue97 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月30日

北海道学生アメリカンフットボールリーグ開幕

8月29日、残暑が残る北海道札幌の大地で、関東よりも一足早く北海道学生アメリカンフットボールリーグが開幕した。

開幕カードは、第一試合が昨年準優勝の北海道大学ビッググリーンvs札幌学院大学クリムズンナイツ、第二試合は昨年優勝の小樽商科大学トマホークスvs北星学園大学パイレーツ。

王者奪回を目指す北海道大学は、春のオープン戦で関東2部リーグの東洋大学相手に勝利。今年こそはと関東挑戦に向けて開幕に挑む。

一方、連覇を目指す小樽商科大学は、春のスズランボウルで関東2部強豪の横浜国立大学に敗れるも北海道王者の底力を見せ、初の完全連覇に向けて開幕を迎える。

第一試合は北海道大学が札幌学院大学に27ー14、
第二試合は小樽商科大学が北星学園大学に49ー6と順当に勝利。

春のオープン戦では北星学園大学が小樽商科大学に23ー0と完勝したが、あくまで春の試合は調整。

5月には小樽商科大学と北海道大学が0ー0のスコアレスドローであった北海道2強の戦い。

完成度及び真の実力が上回るのはどちらのチームか。

新しい伝説が 今 始まった。



かけだし金融マン(mixi)は、OBとして今年もTOMAHAWKSが躍進することを期待して応援します。



kou_blue97 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月20日

敗戦の行方

負けてしまいました。残念です。

日本代表、残念でした。

でも今日はその話ではありません。



本日、札幌円山競技場でスズランボウルが開催されました。

結果は、42−16で小樽商科大学トマホークスは横浜国立大学マスティフスに敗れました。

速報だけで内容はわかりませんが、得点差からみてまだまだ関東2部リーグとも力の差があるようです。



同じく本日、アミノバイタルフィールドでオープン戦が行われました。

北海道1部リーグの北海道大学ビッググリーンが、関東2部リーグの専修大学バイキングスを24−23で破りました。



北大ビッググリーンと小樽商大トマホークスは春のオープン戦で0−0の引き分け。

おそらく秋の北海道リーグでは最終戦で優勝を争うこととなるチームです。



今日はとりあえず、北大に一歩リードされたと思っておきたい。

今日の敗戦を糧に、夏合宿、秋のシーズンとレベルアップして、北大との差を埋め、関東勢との差を1つずつ埋めてほしい。

期待しています。

ずっと応援もしています。



スズランボウル観戦した方、感想教えてください。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月22日

小さな国立大学の挑戦

95b9c595.jpg道新スポーツ


ff311dee.jpg大見出し


b8d748a1.jpg記事


こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



またアメフト記事です(笑)。

全日本大学アメリカンフットボール選手権東日本代表校準決勝、小樽商科大学トマホークスの法政大学トマホークスへの挑戦について、11月21日(日)の道新スポーツに「小樽商科大学トマホークス歴史的第一歩」として、特集記事が掲載されました。

「史上初のトマホークス対決」や「関東も驚きのフィールドゴール」という見出しで掲載されています。

その中で、「小さな国立大学の挑戦」という囲い記事を紹介。





今回の準決勝で道外のアメフトファンの多くが初めて小樽商科大学トマホークスという名前を知ったに違いない。

学生数2万8千人を誇る法政大学。その2/3が男子学生なのに対し、小樽商科大学は唯一の社会科学系単科大学で学生数は2千3百人。選手となる男子数は千4百人しかいない。日本一小さなキャンパスの国立大と言われているほどである。

そんな少ない学生数で、さらにスポーツ推薦などない小樽商科大学が、他大学が選手のリクルート活動に苦戦する中、順調に部員を増やし、北海道代表として戦った。

そのことは北海道はもちろん、地方大学の体育会クラブのモデルケースとして注目されるだろう。毎年合格発表時期からはじまるリクルート活動には特に力を入れ、新入生同士の交流を図る食事会に招待したり、大学の授業選択に慣れていない新入生のために履修科目のアドバイスや説明会、さらにはタッチフット体験会、練習見学会にいたるまで選手で企画し、まだまだ認知度の低いアメリカンフットボールというスポーツとトマホークスというチームを知ってもらうため全力を傾ける。その努力により毎年の新入部員はマネージャーを含め20人に及ぶ。

彼らの取り組みは学生数や部員数のハンデも努力と工夫で乗り越えられるということを他の大学に示したと言っていいだろう。



kou_blue97 at 21:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年10月25日

小樽商科大学トマホークスが北海道リーグ優勝

10月25日(日)に行われた北海道学生アメリカンフットボールの最終節、全勝同士の対決となった小樽商科大学トマホークスと北海道大学ビッググリーンの試合は、第1Qに先制した小樽商大トマホークスが、後半追いすがる北大ビッググリーンを退け16ー9で勝利し、北海道リーグ優勝を決めた。

小樽商科大学は、昨年北海道リーグを初制覇(北海道大学と同校優勝)していたが、最終節及びプレーオフと北海道大学には敗れていたため、雪辱を晴らした形での初の単独優勝(2連覇)を決めた。

今年から甲子園ボウルが全日本大学選手権へと新しく生まれ変わり、北海道リーグ優勝が「ROAD TO 甲子園ボウル」となるが、北海道リーグ代表として安定した攻撃と守備を誇る小樽商科大学TOMAHAWKSが東日本代表校決定戦準決勝に進出し、関東リーグAブロック1位校と対戦する。


kou_blue97 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月03日

そして歴史は続いていく

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



平成12年11月11日in札幌大学グラウンド

2000年度北海道学生アメリカンフットボールリーグ1部2部入替戦

東京農業大学ファイティングラディッシュ(1部6位)

VS

小樽商科大学トマホークス(2部1位)




朝から粉雪が舞い、寒さが身にしみる日曜日だった。

僕は朝はいつもより早く目覚め、シャワーを浴び、ブラックコーヒーで朝の準備をしていた。

ブラックコーヒーは集中力を高めるとマイケルジョーダンが試合前に飲んでいるとのことであり、僕も試合前のブラックコーヒーは欠かさない。

試合前のアップをするが息は白い。マネージャーに首と肩のテーピングを巻いてもらい、足首は自分で固める。怪我防止に、手の指の関節にもテーピング。緊張感が高まる。

東京農業大学ファイティングラディッシュ(以下東農大)のキックオフで試合開始。

最初のディフェンスでのハドル。

ディフェンスキャプテンとして指示を出すのもこの試合が最後。

アメフトプレイヤーとしてフィールドに立つのもこの試合が最後。

勝っても負けても引退。もう寒さも痛さも感じない。

小樽商科大学トマホークス(以下樽商大)のディフェンス最初のシリーズはSSのファンブルフォースタックルでターンオーバー。幸先のいい立ち上がり。

攻撃陣もうまく時間を使い、危なげない試合運びで第1Q終了。0ー0。

第2Qに入り攻撃陣がシフト&モーションで相手に的を絞らせず試合を優位に展開。

右TEパワーIからRB3人がシフトで左サイドのWRとなり、右のWRがアンダーモーションし、モーションWRへのスクリーンパスが成功し40y独走のTD。キックも決めて樽商大が7ー0とリード。

ディフェンス陣も危なげない守りを見せ、前半終わりにフィールドゴールを決めて第2Q終了。樽商大が10ー0で前半を折り返す。

ハーフタイムはコーチ陣と相手のプレー傾向やスカウティングによる情報を再確認し後半の開始。

やはり東農大は1部常連校。少数精鋭で技術もパワーも高く2部にはない水準。

まず攻撃陣が苦戦。もともとサイズとパワーで圧倒的な不利があるため、シフトとモーションを多用し、また複雑なブロックを組み合わせた攻撃システムと速い展開で前半は優位に運んで来たが、やはりサイズとパワーも重要な要素。なかなか攻められない時間が続く。

さあディフェンス。キックが奮闘し優位なフィールドポジションでディフェンス出来たこともあり前半は危なげない展開を見せたが、徐々にインサイドのランプレーを中心に攻められる。

インサイドが攻められると、インサイドを重視した守りとなりオープンサイドも崩され、パスもやられ始めるのがアメフトのセオリー。

インサイドを中心にオープンもパスも織り交ぜドライブを続けられたところで、今度はFSのパスインターセプトでターンオーバー。攻守交代。なんとか凌ぐが苦しい展開が続く。

次のディフェンスでも形勢不利な状況が続き樽商大は防戦一方となる。第3Q終了。樽商大が10ー0でリードのまま。

第4Qも我慢の時間が続く。ディフェンス陣はプレーを絞りきれずに自陣深くまで攻め込まれ、最後はオープンサイドのオプションーピッチでタッチダウンを許す。10ー7。

攻撃陣はリスクを抑えたプレー選択をせざるを得ない状況であり攻めあえぐ。

残り時間5分少々でのディフェンス。この試合の大きな山場を迎える。止めれば勝利がみえる。タッチダウンを許せば逆転され残り時間も少ない状況。

この重要な局面で、頼れるFSがこの試合2つ目のパスインターセプトによりターンオーバー。彼は2部リーグ敢闘賞に輝く。

残り時間は3分であり、1stダウンを更新すれば勝利がほぼ確実となる。最大限時間を費やし、パントで陣を回復したいところ。

神はそれを許さなかった。

攻撃陣が痛恨のターンオーバーで攻守交代。

残り時間2分での自陣40yからのディフェンスとなった。

2minuteオフェンスはアメフトの醍醐味。ランプレーで組み立てる時間はなく、リスクが高いがタッチダウンを狙えるパスプレーが増える時間帯。

東農大のWR陣と樽商大のDB陣の空中戦。

パス失敗やタッチダウンパスのカットにより4thダウンの攻撃。パスを止めれば勝利。パスが通れば逆転。

東農大QBの放つパスが僕の頭上を越え、エースCBがパスカットをした瞬間、フィールドの11人が、ユニフォームを着たみんなが、ベンチにいる誰もが、大粒の涙を流していた。

残り時間1分を残して止まらない涙。こんなに涙が止まらない経験は今のところ人生で最初で最後。

1分後、涙のカウントダウンで試合が終わり、小樽商科大学TOMAHAWKSは1部リーグに返り咲いた。

他大学のマネージャーだった妻も観ていてくれていた。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 23:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年10月30日

誰でもわかるアメフト講座

ffc70b8e.pngフィールド


3ef8f6b8.jpg小樽商科大学TOMAHAWKS


今日久しぶりにアメフトの観戦に行く夢を見ました。

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



アメリカンフットボールをよく知ってもらうために簡単にアメフトのルールを説明します。



.▲瓮侫箸魯棔璽襪鮨覆瓩禿世鮗茲襯好檗璽

∩蠎螢勝璽鵑縫棔璽襪鮨覆瓩襦淵織奪船瀬Ε鵝砲相手ゴールにボールを蹴る(フィールドゴール)と点が入る。

1つのプレーは、『ボールを持った人が手のひらと足の裏以外の部分が地面につく』か『ボールがフィールドの外に出る』か『パス失敗』で終わり。

ぃ寛鵑旅況盡△与えられ、10ヤード進めばさらに新たに4回の攻撃権が与えられる。

ス況皀繊璽爐魯薀鵑パスかキックを選ぶ。

攻撃チームの4回の攻撃権が終わるか、守備チームがボールを取るかで、攻撃権が相手チームに移動する。

Д侫ールドプレーヤーは11人で、プレー毎に交代が可能。基本的に攻撃と守備とキックではメンバーが入れ替え。

┘廛譟爾肇廛譟爾隆屬25秒の作戦会議が出来る。

反則があってもプレーが続き、プレーが終わった時に反則を受けた側が反則を取るか取らないか選択出来る。

知的な戦いでありフィールドのチェスと呼ばれている。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月19日

両校優勝(小樽商科大学が初優勝、北海道大学は5連覇)

10月19日、札幌円山陸上競技場で北海道学生アメリカンフットボール連盟の秋季リーグ最終節が行われ、北海道大学ビッググリーンが小樽商科大学トマホークスを18ー13で破り、北海道大学と小樽商科大学が4勝1敗と並んだため、規定により両校優勝となった。北海道大学はリーグ5連覇、小樽商科大学はリーグ初優勝。

勝てば全勝で単独優勝となる小樽商科大学は第1Qにフィールドゴールで先制、ラン攻撃の展開により優勢に試合を進め10ー7と前半リードで折り返した。

5連覇がかかる北海道は、第3Qに入り攻撃陣が奮闘。ショットガン体型からのパス攻撃を展開し13ー10と逆転。第4Qに入り小樽商科大学が粘りを見せ13ー13の同点に追いつくも、最後は北海道大学がリーグ4連覇の王者の実力を見せ18ー13と小樽商科大学を突き放した。

小樽商科大学と北海道大学はリーグ4勝1敗と勝率で並び両校優勝。

なお、パインボウル(北日本王座決定戦、北海道リーグ代表校と東北リーグ代表校)出場については、北海道大学と小樽商科大学でプレーオフが行われ、勝者がパインボウルへ出場することとなる。



次は頑張れTOMAHAWKS!!

かけだし金融マン(mixi)は小樽商科大学トマホークスをいつも応援しています。


kou_blue97 at 17:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月18日

新たな歴史が刻まれる

f3e8e22b.jpgTOMAHAWKS


明日

北海道のアメリカンフットボールに

新たな歴史が刻まれる。

10月19日

札幌円山競技場

平成20年度北海道学生アメリカンフットボール最終節

小樽商科大学
TOMAHAWKS
(4勝)

VS

北海道大学
BIG GREEN
(3勝1敗)

13時キックオフ。

結果が楽しみなかけだし金融マン(mixi)です。


kou_blue97 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月06日

小樽商科大学が北海道リーグ初優勝(アメリカンフットボール)

10月5日、札幌円山陸上競技場で北海道学生アメリカンフットボール連盟の秋季リーグ第4節が行われ、小樽商科大学トマホークスが北海道工業大学マッドウルブスを24ー7で下し四戦全勝を守ったため、最終節を待たずにリーグ優勝(同率優勝以上)を決めた。

北海道大学ビッググリーンが4連覇中であった北海道リーグだが、小樽商科大学トマホークスがこれまでの4試合で112得点の24失点と安定した試合運びで唯一全勝を守り、創部31年目にしてリーグ初優勝を果たした。

小樽商科大学を1敗差で追う北海道大学ビッググリーンは同じく1敗差で追う北海学園大学ゴールデンベアーズを16‐13で下し、最終節(10月19日)の小樽商科大学戦に同率優勝への望みを繋げた。

なお、最終節で北海道大学が小樽商科大学を下し両校同率優勝となった場合は、パインボウル(北日本王座決定戦、北海道リーグ代表校と東北リーグ代表校)出場権をかけプレーオフが行われる。



おめでとうTOMAHAWKS

最終節も期待しています。

かけだし金融マン(mixi)は小樽商科大学トマホークスをいつも応援しています。


kou_blue97 at 00:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末