審判

2017年07月01日

試合帰りに横浜中華街

朝起きたら雨。

これは試合中止かなと思ったら、横浜につく頃には雨も上がりました。



ということで、審判デビュー。

DSC_0822


審判グッズ。

黒と白の縦ストライプ。

ユヴェントスみたい。

イエローフラッグ。

黄色いてるてる坊主みたい。



そして、グラウンドに突入してきた車。

BlogPaint


宣伝カー。

エナジー補給に最適の場所。



ドキドキの審判もなんとか無難に終わりました。

娘も、試合でパスキャッチデビュー。

試合時間がいつもの半分とは言え、一日4試合。

娘も自分も経験値とレベルが上がったはず。



実は、今日は普通の練習だと思っていて、試合だと気がついたのは前日。

ろくに準備も出来ずに、出発。

しかも雨だから中止だと思ってたから・・・。

というわけで娘のエネルギー補給と留守番の息子のご飯の準備で精一杯。

自分と妻は、朝食はちいさなおにぎりだけ。

昼食はバナナだけ。

昼過ぎに試合が終わって、さあご飯!ご飯!



なんと、試合会場から車で10分のところに、横浜中華街。

BlogPaint


チャイナタウン。

試合が終わった格好のままでもいいから、行っチャイナ。

そんな格好の母と娘。

身長が同じくらいです。



中華料理の美味しさに、思わず・・・

10085820302[1]


お手上げ!




kou_blue97 at 20:20|PermalinkComments(0)

2006年03月15日

神の裁きに逆らうべからず(インスタント・リプレイはどうですか?)

スポーツにおいて、ルールは絶対です。


ルールを守らなければ、ゲームは成り立ちません。


したがって、ルールの番人である審判の判定も絶対です。


そうしなければ、ゲームは成り立ちません。


だからこそ、審判には、透明性を持って、健全にルールを運用してもらいたい。


プレーヤーとしての、切実な願いです。






果たして、神と科学は融合するのでしょうか?






スポーツにおいて、審判は神様です。


しかし、神の御裁きを超越するシステムが存在します。


その名も『インスタント・リプレイ』。


ご存じですか?

聞いたことくらいありますか?



米国アメリカンフットボールで導入されている制度で、審判の判定に不服がある場合は、判定の再確認をチャレンジ出来る制度です。


ヘッドコーチがチャレンジすると、主審はビデオでプレイのリプレイを確認します。


そして、再度判定を行います。



こんな制度はどうですか?



まさに、神をも超える科学の力。



個人的には、良い制度だなと思います。


判定をめぐって、後味が悪くなるのは嫌ですから。


最後のデザートまで、美味しくいただきたいものですね。



kou_blue97 at 06:06|PermalinkComments(26)TrackBack(5)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京