埴輪

2021年06月26日

国宝級の埴輪が歴史と時の権力者を物語る(34劼離汽ぅリング)

今週末は雨だからどこにも行けないかなと思ってたら、晴れるみたい。

さて、どこに行こうか。

まん延防止措置が終わったら行こうと思っていた「群馬県立歴史博物館」に決めました。

朝6時に予約サイトを見てみると、空いてます。

9:30を予約(開館時間は空いてるよね)

車で行こうかな?

自転車で行こうかな?

そうだ、俺にはVAAM(バーム)があるんだ!

というわけで、自転車に決定。

<VAAM>

HORIZON_0001_BURST20210626074117876_COVER


1日に100劼眸瑤屮好坤瓮丱繊

しかし固形物を食べず、体内の脂肪をエネルギーに変えて飛び続けます。

その脂肪の成分(17種類のアミノ酸)を研究して開発された飲み物がVAAM。

2000年のシドニーオリンピックの女子マラソン。

金メダルを獲得した高橋尚子さんが飲んでいたのがVAAMです。

時は同じく2000年の春。

僕は「この試合はVAAMを飲まない」と決意し、春のオープン戦に出場。

その結果、試合中に足をつりました。

試合中に足をつったのはこの試合だけ。

足だけではなく、疲労感も過去最大級。

こうして、VAAMの実力を知ることとなりました。
(秋の公式戦は、全試合VAAMを飲んだよ)



<群馬の森>

7:30に家を出て、のんびり自転車で9時過ぎに到着。

群馬県立都市公園「群馬の森」

DSC_0793


緑と青空が清々しい。

明治百年記念事業として設置された森林公園です。



<群馬県立歴史博物館>

歴史博物館は、この群馬の森の敷地内にあります。

DSC_0791


9:30の開館と同時に入場。

DSC_0790


国宝に指定された古墳出土品が展示されています。

「埴輪」だけでも見る価値あり!

そして、群馬県の歴史が学べます。

・大和王権と連合関係を結んだ豪族たちが、東アジアの文化や技術を取り入れて栄えた古墳時代。
・仏教文化を受け入れ、馬の飼育や鉄生産が盛んになり、東国政策の拠点として上毛野国が成立。
・上杉氏、新田氏、北条氏、武田氏などの戦乱を生き抜き、地方文化を築いた戦国時代。
・関東の水陸交通の要衝の地となり、養蚕・製糸・織物業が発達した江戸時代。
・浅間山の噴火や飢饉を乗り越え、生糸の生産地として養蚕技術や製糸場とともに発展した近世。



<群馬県立近代美術館>

博物館の隣には、美術館。

DSC_0792


暑くなる前に帰りたかったので、今度ゆっくり見に来ます。



<綿貫観音山古墳>

DSC_0794~2


群馬県高崎市綿貫町にある前方後円墳。

6世紀後半(古墳時代後期)の築造とされる。

DSC_0797~2


横穴式石室。

発掘当時、天井石や壁石が崩落しており、調査は難航したが、盗難を免れ、数多くの副葬品が出土。

DSC_0799~2


古墳の上に登ることもできて、周りを歩くこともできます。

DSC_0800~2


大きくて、形状も美しい前方後円墳。

そして、造形に優れた埴輪ときらびやかな副葬品の数々。

ヤマト王権とのつながり、東アジアの国々とのつながりが窺える。

被葬者たる時の権力者は、何を思い、何を夢見て、文化を生み出したのだろうか。



<本日のサイクリング結果>

Screenshot_20210626-121729~2


33.94

1,452kcal

VAAMによる効果に期待。



kou_blue97 at 22:30|PermalinkComments(5)

2021年05月02日

前橋市内の散策と焼きまんじゅう

いろいろ群馬県の素晴らしさを満喫中。

本日は、前橋市内をのんびり散策。



まずは、敷島公園。

DSC_0460


門倉テクノばら園。

普段、平日朝にラジオ体操とかしている公園。

バラ園はお初。

DSC_0459


花が咲き始め。

あと1〜2週間くらいで満開かな。

美しい花と癒しの香りに包まれます。



こちらは臨江閣。

臨江閣の庭園から望む県庁。

DSC_0461


前橋公園。

DSC_0462


群馬県庁まで歩きます。

県庁の前には、馬形埴輪(うまがたはにわ)。

馬は、財力や軍事力など権威の象徴。

DSC_0464


アニメ「あーい、はに丸」のひんべいに似てますね。



さて、群馬県庁。

群馬県庁は33階建て153m。

道府県庁舎として日本一の高さ。

32階は展望フロアがあります。

DSC_0463


展望フロアからの眺め。

赤城山、榛名山、妙義山の上毛三山や前橋の市街地を見渡せます。

高所恐怖症には少し怖い。



朝の散策が終わると、小腹が空きます。

上州名物「焼きまんじゅう」

DSC_0468


観光雑誌やパンフレットには絶対登場する「焼きまんじゅう」

群馬県の郷土料理。

起源は幕末頃。

発祥説は、前橋市、伊勢崎市、沼田市など。

群馬県は、古くから二毛作による冬季の麦作が盛んだったため、焼きまんじゅうが食べられていた歴史あり。

やっと食べる機会に恵まれました。

jpg


今回いただいたのは、「原嶋屋総本家」

安政4年(1857年)に初代原嶋類蔵が焼きまんじゅうを作り出したと伝えられています。

焼きたて、熱々。

秘伝のタレが香ばしい。

餡子が入った餡入りの焼きまんじゅうもあるらしい。

「餡入りのまんじゅうは、焼きまんじゅうとして邪道か、否か」論争もあるとのこと。

次は、餡入りを食べてみよう。



kou_blue97 at 21:30|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜