受験

2011年03月04日

大学入試問題

カンニング問題が必要以上に騒がれている感じがしてやまないこの頃です。



さて僕は今、金融機関で働いています。

今こうして、曲がりなりにも財務分析をしたり、金融法務を理解したりと、一般的な金融マンとして仕事をしているわけです。



仕事をするうえで必要なことって、いつ学んだんだろう。



大学受験は、前期で北海道大学に失敗し、後期で小樽商科大学に合格しました。



北海道大学の二次試験の英語は全然わからんかった。

「Cricket moved」みたいな始まりの長文。

「クリケットが、動いた・・・」みたいな。

スポーツ?、じゃなさそうだ。

人名?、でもなさそうだし。

長文問題なのに意味が全く理解出来ませんでした。

問題なんか解けるわけない。

帰って調べたら、Cricketってコオロギなんですね。

そんなん知らんわ。

こうして僕の北大受験は終わりました。



果たして、Cricketがコオロギだと知っていたら、僕の人生は変わっていたのか。



それは、わかりません。

もしかしたら良くなってたかもしれないし、もしかしたら悪くなってたかもしれない。

ただ、そんなんどっちでもいいよ。

今を生きることが大事だから。



じゃあ高校の授業とか大学の授業とかはどんだけ意味があったのか。

どっ、どんだけー!!

論理力とか思考力とかを鍛える上ではかなり意味があったのでしょうが、テーマなり内容が最適だったのかというと疑問です。

例えば高校で学んだ世界史。

4月に始まり、アウストラロピテクスから学びます。丁寧に。

で、年が明けて1月くらいにやっと近代史を学ぶけど、時間がなかったりで、はしょるはしょる。

だから、みんなアウストラロピテクスとかクロマニョン人とかは詳しいけど、社会に出てから必要となる近代史とか現代史をしっかり学べません。

高校3年の政治経済もそう。

あんまり受験に関係ないから先生も手抜きオーラが出てましたね。



僕は、もっと高校の一般教養で近代史とか政治や経済を学びたかったと今では思います。

数学とかあそこまで難しいことやる必要があったのかなって。



振り返ってみても、高校というステージにおいては、もっと社会に役立つことを学びたかった。

受験勉強史上主義みたいな世の中が嫌でした。



就職では出身大学史上主義ですか。



有名大学に入れば、後は真面目に勉強しなくてもそれなりの会社に入れて、有名大学に入れなければ、大学や専門学校で一生懸命勉強してもいい会社には入れない日本。



そうじゃなくて、高校時代から実社会に役立つことを学び、大学ではそれをしっかり学ぼうとするインセンティブが働くような世の中になってもらいたい。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 12:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月05日

東大に受かる方法

こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



ライブドア元社長のblogに刺激を受けています。

もちろん相容れない面もありますが、彼の理念は筋が通っていて説得力がありますね。

僕も30代に突入というこで、知識と情報を吸い上げるだけじゃなく、
自分の中でしっかり組み立てて、形として発信していかなければならない時期だなと強く感じています。

そういう意味では堀江さんから受ける影響は大きいかもしれません。



さて彼が東大に合格した勉強法は、簡単に言えば英単語の暗記です。

英語が最重要という認識は僕も彼も一緒でしたが
僕はあえて英単語の暗記の道を選びませんでした。

なぜなら全ての英単語を暗記出来るわけはなく
仮に英単語の暗記しかやらなかったら
知らない英単語が出てきた時点で終わりだからです。

僕の勉強法は、知らない英単語が必ずあるという前提で、
その中で英文をどう読むか、どう理解するか、という勉強を重視していました。
受験では必ずそういう状況になるはずだからです。

高校3年の英語の授業は、英文を読み、訳して、問題を解くという授業でした。

予習は必須でしたが、僕は予習なんかしませんでした。

予習せずに授業中にぶっつけ本番。

まさに受験さながらですよね。

先生には怒られました。結構。

でも辞書引いて訳して予習してから問題解いたって
授業で先生に褒められるかもしれませんが
あんまり実力向上には役立ちませんよね。

予習なんかする暇があったら
もっとたくさんの英文に触れた方が有意義しゃないかなって思います。

復習の方が大切だし。





まあ結果としては

堀江元社長は東大前期に合格し

僕は北大前期に落ちました。



たぶんどちらもその要因は英語だったはず。

最大の要因は才能なのかもしれませんが。



とはいえ
もう一度高校生に戻ったとしても
英単語の丸暗記だけはやるつもりありません。



今となっては受験も懐かしい経験ですね。

結果はともかく
学校の先生とかの言いなりではなく
高校3年生という1年間だけは
自分でプランを立てて自分の納得のいく勉強が出来たので
ああ良かったなと思ってます。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月02日

ビジョンとプロセス(受験編)

高校生活の山場というか、クライマックスと言えば、
夏休みの花火大会やキャンプやクリスマスなど
青春の1ページを飾るイベントはいろいろありますが、
大学受験も大きな出来事の一つです。





高校2年の冬休み、
きっかけが欲しかった僕は某予備校の冬期講習に参加しました。


そこの偉大な講師の話と、
今の自分の現状を照らし合わせると、
やるべき道は必然的に見えてきました。



現状の実力は、
数学85点
英語75点
国語65点
化学50点
世界史50点。


センター試験は5科目で、
二次試験は3科目。





センター試験まで、残り1年。
1年計画はこんな感じでした。

/学は勉強しなくてもセンター試験は大丈夫なので、センター試験が終わるまで勉強しない。センター試験が終わってから二次対策。

⊇まで約9ヶ月はみっちり国語と英語だけを勉強する。夏くらいまでにセンター試験レベルは終え、それから応用・二次対策を秋までやる。

世界史と化学はセンター試験のみで二次試験はないため、基本の暗記でOK。10月くらいまでは一切勉強しない。短期集中とする。


揺るがない信念で取り組みました。



夏から秋にかけてプレ試験みたいなものが続きますが、
もちろん数学は高校の授業だけで高得点、
国語と英語もかなり追い上げましたが、
世界史と化学は何もやってないので、30〜40点台でした。

世界史と化学が足をひっぱり点数が伸びず、
合格判定はいつも微妙でした。
先生からや親も相当心配してましたし、
先生からは志望校を見直しては、
みたいな話もありました。


でも、自分にとっては完全に予定どおり。

気持ち良かったです。





結果として、センター試験は自分の目標を大きく達成することが出来ました。





何が言いたいかというと、
自己分析をしっかりし、
自分の特徴や欠点を認識したうえで、
世間一般の流れや計画を理解し、
自分にあわせた形にしていくことが必要だと、
たぶん初めて気が付いたのだと思います。



学校の先輩や、
先生や、
予備校の講師が言っている、
一般論としてのサクセスストーリーが、
自分にピッタリマッチすれば良いですが、
自分に合わない場合は、
加工したり修正したり、
自分にあわせることが不可欠ですよね。


受験生の皆さん、頑張ってください。


kou_blue97 at 22:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京