2009年05月10日

焼いたり焦げたり

e69eb649.jpg


30aac8a1.jpg
こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



土曜日。

朝7時起床。幼稚園が休みの日に限って息子は早起き。睡眠時間は約4時間。

朝ご飯を食べて無理やりハイテンション。眠気を吹き飛ばす。

妻がクリーニングに寄る間、図書館とスーパーの間の広場で子供2人と追いかけっこで燃焼系。体脂肪をエネルギーに変える。

そして図書館で子供達に『うさぎ姫とピーマンカレーライス』と『ネコたくんのお手紙』の紙芝居を読む。紙芝居なんて久しぶりで意外に楽しい。

でみんなそれぞれ本を借り、僕は『やさいの本』と『子供とはじめるアウトドア』を借りてみる。

帰りにスーパーで買い物をしていると、『お好み焼きセット』が目にとまり、キャベツと豚肉を買う。

お昼ごはんを食べ、ハイテンションで遊ぶも、寝不足と風邪で吐き気もフェーズ6となり、1時間昼寝してしまう。

夜ご飯はお好み焼き。

パパと息子と娘の3人でお好み焼きにチャレンジ。

息子が卵2個を上手に割ると娘も負けじと卵1個を自力で割る。

息子が卵と粉とか牛乳とか混ぜ混ぜする隣で娘が生卵を食い出す。

生卵を食べられる日本で良かった。

フライパンを温め油を引いてお好み焼きを焼くも焦げる。もうめっちゃ焦げる。

恋に恋焦がれ恋に泣くあの季節よりも焦げる。

たまらず妻にヘルプして、ちょっといじける。

妻が美味しくお好み焼きを焼き上げる。子供達もオタフクソースとマヨネーズで顔を書いて、パクパク食べる食べる。


やっぱり妻の料理は美味しいねということで。

土曜の午後の青空と生意気な子供達の話。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月19日

卵かけご飯

携帯のデータが消えて一週間。

なかなかメモリが増えません。

みんな僕にメールアドレス教えてください。

かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



最近、朝ご飯をちゃんと食べるようになってきました。

朝から脳もフルスロットルでいきたいですよね。



朝ご飯の定番は何ですか?



焼き鮭?

卵焼き?

トースト?

スクランブルエッグ?

立ち食いそばや朝マック。

いろんな朝ご飯がありますよね。



僕は卵かけご飯が好きでした。

海苔を刻んだり、

しらすをまぶしたり、

納豆を混ぜたり。



夢はふくらむばかりです。



卵を生で食べる日本人。

進んだ衛生管理技術のたまものです。

卵の価格があがらないから安く買える日本人。

進んだ生産システムのたまものです。



安く安全な生卵が手に入るなんてとても幸せなことですよね。



安くて安全。

安さって何だろう?

安全って何だろう?



安くて安全って、明瞭会計のお店って意味じゃないッスよ。



卵のつくり方には、

細木数子先生もいろいろお考えがあったようですが、

もう一度しっかり考えたいですね。



ウインドレス鶏舎の鶏と、

外で飼われている鶏の、

どちらが安全か。



確かに、ウインドレス鶏舎の鶏は太陽の光を浴びない。

でも、空調により快適な温度や環境が整っている。

一方、外で飼われている鶏は、

太陽と自然たっぷりで育つものの、

伝染病や鳥インフルエンザなどのリスクは山ほどの環境。



そこには、

勉強やゲームに追われ、外で遊んだり自然に触れ合えない子供たちと、

外で遊んだり自然に触れ合う子供たちのどちらが健康かという議論と、



野宿し風呂も着替えもしない人間と、

家の中で普通に暮らす人間のどちらが健康かという議論が、

交錯しあっている気がします。



健康とは何か、

衛生とは何か、

よくわからなくなるけど、

生卵を食べる食習慣は後世に残したい。



栄養価は高いし、

善玉コレステロールを摂取出来るし、

何より美味しい。



飼料価格は高騰しても、

卵の値段はあがらない。

でも頑張って欲しい。

日本の卵を食べ続けるため。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京