出世

2011年12月06日

仕事観

最近たまにあるんだけど、先週もそうでした。

懇親会でのひとコマ。

「今の支店結構長いよね」

「そうなんですよ。事務所で1番の古株になってしまいました」

「偉くなって、また戻って来いよ」



お客様から「また戻って来い」と言っていただけるのは、社交辞令だとしてもビジネスマンとして嬉しいものですよね。

でも「偉くなって」とか「支店長になって」とかがついてきます。

先日は、「出世はまあ出来なくても」みたいな話をすると、「なんだお前、偉くなりたくないのか」みたいに言われてしまいました。



偉くなりたくないわけではないけど、偉くなることが最優先ではないですよね。

偉くなるとは出世することなので、出世するには会社と上司に評価されなければならない。

毎日頑張るモチベーションって、そんな評価なんかじゃないですよね。

もちろん会社の利益や目的のために行動しなければならないんだけど、必ずしも顧客や自己実現と一致するわけではない。

顧客満足を最優先に考えながら、自己の満足感や納得感を持って、さらに会社の利益も求める感じですよね。

「あいつに融資してもらって助かった」とか

「あいつにキツイこと言われたけど、やっぱり事業をやんなくて助かった」とか

そういうものを求めて仕事頑張るんだよね。

自分の手柄とかアピールとかには興味ないわ。



それって、たぶん出世の近道ではないだろうし、若者のきれいごとの部分も大きいんだろうけど、それだけは譲れない。



お客さんとしても、自分の担当が偉くなって戻ってきたら嬉しいだろうけど、無理っぽいからゴメン(笑)



そんなこと最近考えました。



何が優先なのか、仕事のモチベーションはなんなのか、人それぞれバラバラなんだろうな〜。

さあ今日も頑張ろう。


kou_blue97 at 07:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月01日

島耕作も出世した

こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



ようやっと年度末の仕事が終わりました。なんとか新しい年度を迎えられそうです。
我ながら頑張った。年度が変わってもやることは山積みだけどな。


さていつの間にか島耕作が社長になってました。

順調に出世の階段を登ってますね。

サラリーマンの夢ってなんなんだろう。



僕は出世にはあまり興味がなく、出来ることなら本部なんかには行かないで、いつまでも現場にいたいと思っていました。

思っていますではなくて、思っていました。

ただ、現場に居続けた時に、本部の指示がおかしかったり、上司がダメだったりした場合のことを考えると、それはちょっと危険かなと強く感じはじめました。

どうせ仕事をするなら、どうせ貴重な時間を費やすなら、人のためお客さんのために頑張りたい。

この理念は変わりません。

ただ、お客さんのためになるってどんなことだろうと考えました。

いくら現場の僕が頑張ったって、上司がお客さんのことを思えなければ、僕には何も出来ません。

だからもしかしたら現場で頑張り続けることよりも、僕よりダメな人が出世しないように自分が出世することが、お客さんのためになるのかもしれません。

僕なんかより相応しい人達ばかりなら、出世なんてしない方がいいですよね。

ただ、経営を行うとなると話はちょっと別ですね。

いくら現場思いでも、いくら素晴らしい人でも、経営が成り立たなければ意味がない。

理念や情熱だけじゃ飯は食っていけないから。



そういう意味では島耕作は社長に相応しいのかもしれませんね。

島耕作には尊敬して憧れますが、仕事とプライベートは充実していても、家庭がダメですからね。

ああはなりたくないのも本音です。



家庭があって

家族がいて

僕があるのだから。


人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 21:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年11月06日

お仕事

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



2年前くらいに、仕事でどうしても理不尽なことがあり、かけだし妻に相談した。



『人事評価が下がり、出世も出来なくなり、ボーナスも減るかもしれないけど、どうしても譲れない部分があるんでこだわってもいい?』

と聞いてみた。



その時は

『やりたいようにやれば』

と言ってくれた。





もともと妻も看護師時代は、現場優先、お客さん優先の仕事のやり方で、上にはいろいろ反発したりしていたようなので、同じような想いはわかってくれる。



特に

最近『貸しはがし』や『貸ししぶり』のニュースが流れるたび

『こんなひどいことをしたら離婚』と言われている。





子供が2人になり

家計は破綻懸念状況となり

ちょっとかけだし家庭環境が変わってきたので

もう一度確かめてみた。





『やっぱりお客さんと地域のためにやれることはやんなきゃなんないから

これからもそこにはこだわり続けるんで

出世とか出来なくてもいい?』



と聞いたら



『心配しなくても、お前は出世なんか出来ないぞ。』



と即答。



よーくわかっていらっしゃる。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 07:46|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年02月20日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが提供するサラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴る』



『これは本社からの指示であり、社長の意向である。』

新しい工場長がやって来た。



あだ名はイエスさん。
目上だけに忠実だという意味のイエスマンと、イニシャルのSさんが合わさったらしい。
イニシャルではなく、部下を苛めて喜ぶからSさんと呼ばれているという説もある。

まあそんなあだ名のとおりの男だ。

そしてもちろん事業部長の忠実な飼い犬でもある。



『今、工場に求められていることは、
コスト削減と人員削減である。

いかにスムーズに工場を縮小出来るかということを第一に意識して欲しい。

本社の指示通り動いてくれればそれなりの待遇が待っている。

本社の方針に従わない者は、リストラの最有力候補とせざるを得ない。』



リストラの言葉を発しながら、薄気味悪い笑みを浮かべている。



『何がリストラだ。

無能な管理職を削減することが先だろ。

一番最初がお前だよ。』

と心の中で呟いた。



本社の指示に忠実な者が出世する構造。

その指示が正しいか正しくないかの判断はいらない。

YESと言えば、出世の階段に残り、

NOと言えば、出世の階段から蹴落とされる。



それが歪んだ組織の秩序であり、道徳とされている。




『こうして世界は回っていくんだ。』

青空を見上げながら、

ケンタのため息が、雲に向かって上っていく。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月16日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが提供するサラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴る─



熱燗をやりながら、

課長がしんみり語り始めた。



『俺たちも入社したての頃は、

やってやろうじゃねぇかと、

熱いハートを持った仲間が多かったな。

ケンタを見てると思い出すよ。』

ナスの浅漬けをつまんでいる課長の顔に笑みが浮かぶ。



『課長が入社した頃って、

高度経済成長の時代ッスか?』



『バカやろう。

俺がそんなに老けて見えるか?

俺なんてついこないだも、

30代かと思ったぁ〜、

って言われたんだぞ。

吉祥寺のキャバクラの○×△□。。。



おい、

何冷たい目で見てるんだよケンタ。

冗談に決まってるだろ。』



軽く無視してミキちゃん似の店員さんにカシオレを注文する。



『でもうちの会社も当時はすごい勢いだった。

技術革新やらなにやらで、

現場だけでなく営業や事務方でも、

モノづくりの誇りを感じていられたんだ。



多分、会社や仕事に夢を持つことが出来たから、

出世や保身なんか考えなくとも良かったのかもしれないな。』



カシオレの甘さとともに、

複雑な想いが胃を通じて体に響く。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 13:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月14日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが提供するサラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴るΑ




『おい、ケンタ。ちょっと飲みに行くぞ。』

上司の菊池課長に連れられ、居酒屋の暖簾をくぐる。



『お前、今日はいったいどうしたんだ。何ずっとふてくされてるんだよ。』

バイトと思われる店員さんが、

ふてくされている俺とは対照的な笑顔で、

生中2杯を運んできた。



『だって、工場長の左遷と工場の縮小なんて納得出来ないッスよ。』

ジョッキーの1/3程を流し込む。



『たしかに工場長の左遷はデメリットが多いが、

工場の縮小は今の情勢を考えるとやむを得ない面もある。

ケンタだってそれくらいわかってるだろ。』

笑顔がキュートな店員さんが枝豆とたこわさを運んでくる。

バイトの女子大生だろうか。



『でも、工場長がいるから工場がうまくいってるのに。

頑張っていて部下の信頼も厚くて、

そんな人が左遷させられ、

人望がないのに世渡り上手なだけで出世するなんて、

そんなの絶対におかしいッスよ。

何のために毎日頑張ってるのか、

こんな会社にいていいのか、

なんかわかんなくなってきました。』

串焼きを運んでくれたさっきのお姉さんに、

生ビールのお代わりを注文する。

キュートな笑顔が、大学時代のマネージャーのミキちゃんに似ている。



頑張っていたあの頃の記憶が蘇る。


kou_blue97 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月13日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが提供するサラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴るァ



『これからの時代は国内から海外へ。

我が社も生産拠点をアジアへシフトすることが必要だ。

君の工場での実績は高く評価している。

君の力を、我が社のアジア進出に生かすため、

是非海外調査室で頑張ってもらいたい。』



人事部から呼ばれた後、

事業部長から話があった。



君の実績を高く評価している、だと。

とんだ狸め。



だが人事部まで根回ししているとなると、どうやら俺の異動は揺るがないようだ。



海外調査室か。

事実上の左遷であることは誰の目にも明らかだ。



たしかに、国内生産でコスト競争を勝ち抜くのは難しい。

工場にもさらなる効率化が求められるのも当然だ。

人員削減を含めたリストラクチャリングの必要性もやむを得ない。



ただし、

削減すべき人員は工場だけではなく、

むしろ役員や本社にこそあり、

見直し再構築すべきものは、

役員や部長などの心構えにこそあろう。



長かった工場勤務の終わりが現実味を帯びてきたが、

工場とその従業員の未来は閉ざしてはいけない。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 00:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年02月12日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが贈る、サラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴る』

誰のために、何のために、僕らは毎日頑張るのか。。。

最後までお付き合い願います。

かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



都内の某小料理屋。

「工場縮小計画。成功すれば、お前も取締役の仲間入りだな。」



お酒も入り饒舌な専務が俺に伝える。



業績不振で前社長が引責辞任したのは3年前。

社長交代により、社長−専務ラインの派閥の俺も、

専務の計らいで事業部長へと順調に昇進。



そして、今

目の前には取締役就任への道が開け始めている。

これも全て専務のおかげ。



前社長の象徴とも言えるあの工場を大幅に縮小し、

前社長の色、息のかかった人材をを全て無くすこと。

専務、ひいては新社長の意向。

それが、俺の出世の条件。



人事部への根回しも済み、

後任の工場長は俺の息のかかった部下を送り込み、

工場で大幅なリストラを決行する。

計画に問題ない。



「そろそろ実行に移す時期だな。」

環八を走るタクシーの中で、俺の決意は固まった。



取締役まで、後一歩。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月11日

誰がために鐘は鳴る

新連載シリーズ。

『誰がために鐘は鳴る』

サラリーマン物語。

勝手にモデルにしたとある男からやっと了解取り付けました(笑)。

といっても大半は想像でしか過ぎませんが。。。

最後までお付き合い願います。

かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。




「あなた、お風呂が沸いてるわよ。

最近お疲れみたいね。温まってゆっくり休んでください。」

台所から妻の声が聞こえる。



子供たちは無事に独立して、今は妻と二人暮らし。

俺がこうして工場長になることが出来たのも、

子供たちが無事に大人になることが出来たのも、

全ては妻のおかげだ。



そして工場で働くみんなにも、

支えてくれる妻や、

生きがいを与えてくれる子供たちなど、

守らなければならない家族が存在するのだ。




最近、部長が進めようとしている「工場合理化計画」。

合理化計画という名のリストラ、首切り。

たしかに、3年前までは不採算部門で会社の足を引っ張ってはいたが、

中期改善計画のもと前期は黒字回復。そして今期も黒字見込みではないか。



俺も工場長になって5年。

前社長の意思を受け継ぎ、現場の前面に出て、率先して中期計画を実現してきた。

工場のみんなも一生懸命頑張ってくれた。

やっと軌道に乗り、さあこれからっていう時に。

結果も出しているのに。

理不尽な首切りなど、納得なんか出来るわけがない。



そして何より、頑張ってくれている工場のみんな。

口が悪かったり、不器用だったり、いろいろな人がいるが、

不採算部門を黒字化するために、一生懸命頑張ってくれた。

その結果として、工場の今がある。



工場のためにも、

工場で働く人々のためにも、

工場で働く人々が支えていかなければならない家族のためにも、



俺は、この「合理化計画」という名の首切りを、

絶対に阻止しなければならない。

断固、反対する!!



そんな俺に、部長からの呼び出しがかかった。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月23日

出世できる大学

10a2d936.jpg


6b380b4a.jpg


うちの大学が雑誌に載るなんて珍しい。

田舎の地方大学ですから。

昔はそれなりに凄かったみたい。

今は評価も雰囲気も様変わりしたって書かれてます(笑)。



出世なんかよりも

家庭とか

人間としての成長とか

もっと大切なものを

大切にしていけるだけの

当たり前の人間になりたいですね。





もちろん仕事に対する

責任感を持たなければ

それはそれで人間失格ですけどね。





でも

仕事も常にベストを尽して

ちょっとくらいは出世しないと

大変なことになってしまいます。



出世払いが貯まってるからな!!


kou_blue97 at 14:15|PermalinkComments(10)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 今、改めて壁に挑む
  • 初めての首都高速道路
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島