公園

2021年06月22日

ほたるの光〜美しくて、儚い思い出〜

群馬県に引っ越してきて感じたこと。

「自然が美しい」

そして、「食べるものが美味しい」



ん?

自然が美しいといえば、ホタル見れるんじゃない?



そう思って調べたところ、前橋のホタルの見頃は6月上旬〜中旬。

ギリ、間に合うか。

慌てて自転車に乗り、向かうはホタルの名所「荻窪公園」



榛名山に沈む夕日がまた美しい。

DSC_0766


荻窪公園のゲンジボタル

2009年の水路工事の影響でホタルが減少したことを契機に、地元有志のボランティアの方々の環境整備により、2016年には1日1,000匹の飛翔を観測する前橋のホタルの名所。

しかし、今シーズンは新型コロナの影響でカワニナ(ホタル幼虫の餌)の放流ができず、ホタルの減少は必至の状況。

ピークも過ぎていたこともあり、見ることができるかどうか大きな不安。

スマホカメラでは見えませんが、10匹程度のゲンジボタルの飛翔を確認。

DSC_0769


徳島県に住んでいたころ、子供たちを連れてほたるを見に行きました。

初めてほたるを見たのは、8年前。その時の気持ち。
リンク ← ここをクリック)

ほたるが夜の闇の中を、光を放ちながらふわふわと舞っています。
光の放ち方も、舞い方も、美しくて、儚い。
美しくて、はかない。
でも、強い存在感。
感じる、生命力。
自然の力。圧巻です。
神秘的。
幻想的。
生きる力を、ありがとう。



そして、直近のほたる鑑賞は5年前。その時の気持ち。
リンク ← ここをクリック)

夜の闇の中を、光を放ちながらふわふわと舞っています。
明滅しながら飛翔。
「ふわふわ」って表現したくなる。
そんな、美しさと儚さ。
言葉でも、静止画でも、伝わりにくい空気感と感動。
儚いけど、強い存在感。
生命力を感じます。
自然の力は、神秘的。
そして、幻想的。



なかなかいいこと書いてるじゃん、俺。



徳島県美郷のほたるの思い出。

平日、仕事が終わって帰宅して、家族そろって夕食を食べて、そしてみんなで車に乗った。

あの頃は、まだ小学生だったね。

きれいな星空に喜んでいた子供たち。

ホタルが飛ぶところを眺めていた子供たち。

子供たちよりも感動していたパパとママ。

パパに連れて行ってもらったホタルの思い出。

覚えているかな?

もう、忘れたかな?

もしかしたら、儚い思い出かもしれないね。

でも、パパにとっては、美しくて、存在感のある大切な思い出。

いつまでも、絶対に忘れることのないもの。



ほたるの光とホタルの飛翔

そんなことを思い出しながら

2021年 前橋






kou_blue97 at 20:32|PermalinkComments(0)

2021年06月12日

高崎散策(40劼離汽ぅリング)

先々週は、利根川自転車道路をサイクリング(約35辧

先週は、桃ノ木川サイクリングロードをサイクリング(約20辧

自転車で川沿いや街中を走ると、車では気がつかないような街の雰囲気が味わえて面白い。

ということで、今週は高松市街までサイクリングにGO!



まずは大渡橋から利根川自転車道路を南下。

JR両毛線の線路を越えたあたりから、県道12号を線路に並行して走ります。

フォレストモール新前橋を通過。

高崎市飯玉町あたりで踏切を渡って、県道129号へ。

高崎市少年科学館を通過して、高崎城址公園で休憩。

ここまでで、約1時間(約15辧


<高崎城>

高崎城は、1597年に井伊直政により築城された烏川に沿いの平城。

箕輪城主であった井伊直政が、交通の要衝(中山道と三国街道の分岐点)である高松城に移り、この地を高崎と名付け、箕輪より町家や社寺を移して城下町を築いた。

DSC_0734


以降、松平家を中心とする譜代大名が城主として入れ替わり、明治維新を迎える。

明治6年(1873年)の廃城令により存城(陸軍が軍用の財産として残す)となり、歩兵第15連隊の駐屯地として利用された。

歩兵第15連隊はパラオのペリリュー島で終戦を迎えたとのこと。

DSC_0724


高崎城は、郭内だけでも5万坪を超える広大な城郭。

HORIZON_0001_BURST20210612102156604_COVER


お堀は現存しており、高崎城の面影を伝えます。

DSC_0732


高崎市役所庁舎。

公園の水飲み場も緑化。

DSC_0725


高崎公園。

市庁舎の南側に隣接する公園。

市民の憩いの場。

DSC_0728~3


烏川(からすがわ)

利根川水系の一級河川。

聖石橋から望む。



<清水寺>

征夷大将軍である坂上田村麻呂が、蝦夷征伐の兵士の健勝と武運長久を祈念し、京都東山の清水寺から勧請、開基したと伝えられる。

DSC_0730


石段の両脇には約300株のアジサイが見頃とのことだが、見つけられず。

自転車でGoogleMapでたどり着いた道にはなかった。

あと、坂道がしんどくて、限界。

アジサイを探す気力なし。

読み方は「せんすいじ」らしい。

DSC_0729~3


清水寺から望む高崎市。

さっきまでいた市役所があんなところに。



さて、暑くなる前に帰ろう。

群馬県護国神社を通り、和田橋。

和田橋からは、烏川と碓氷川の分岐が望めます。

高崎高島屋を通り、駅の東側へ。

アーセンティア迎賓館高崎を通過し、井野川沿いを北上。
(めっちゃ遠回りしてるやん。染谷川沿いを行くべきを井野川と間違えてた)

JR両毛線の線路を超えて、国道17号へ。

前橋ICを超えて、群馬大橋を超えて、無事に生還。


Screenshot_20210612-120745~2


いろいろ遠回りしたりしていたことが判明。

その結果、なんと40kmのサイクリング。

行きは時速15劼世辰燭韻鼻休憩したり、信号待ちしたり、疲れもあり、時速約10劼韮柑間。

体力、ついてきたかも。



kou_blue97 at 17:33|PermalinkComments(0)

2021年05月16日

あかぎの輝き(バラ園散策)

古くから米麦養蚕が盛んであり、現在は利根川を中心とした豊富な水資源や肥沃な土壌、冬場の日照や標高差等の自然と環境を生かし、多種多様な農林水産畜産業が行われている群馬県。

その中でも、特に冬場の晴天によるお日さまの光をたくさん浴びて育ったバラは、前橋市の花に指定されており、前橋市はバラの産地としても確立されています。

本日の朝散歩は、こちら。

<敷島公園門倉テクノばら園>

DSC_0573


入場無料です。ありがたや。

愛をつなぐアーチ。

DSC_0562~2


映えスポットですね。

あいにくの曇り空ですが、バラはほぼ満開に近い。

DSC_0559~2


赤、白、黄色。

様々な品種のバラが咲いています。

DSC_0560


600種類、7,000本のバラらしいです。

HORIZON_0001_BURST20210516071937762_COVER~2


元気をくれるフレッシュなビタミンカラー。

HORIZON_0001_BURST20210516072211024_COVER


黄色のバラの花言葉は「友情」「平和」「友愛」



やはり赤いバラは美しい。

DSC_0570


赤いバラの花言葉は「あなたを愛します」「愛情」「美」


ピンクのバラはメルヘンチック。

HORIZON_0001_BURST20210516072736570_COVER


ピンクのバラの花言葉は「おしとやか」「上品」「可愛い人」

DSC_0571


いろんな赤があり

いろんなピンクがある

HORIZON_0001_BURST20210516073147021_COVER


まさに、世界に一つだけの花。

DSC_0563


わたしは薔薇の精。


「あかぎの輝き」

DSC_0566


前橋市のバラの産地は、赤城山麓。

「裾野は長し赤城山」

前橋市オリジナル品種。

花卉の色が、つぼみから満開になるにつれ、黄色、オレンジ、赤へと変化していく品種。

HORIZON_0001_BURST20210516075058946_COVER


やや黄色っぽいオレンジ

DSC_0567


だんだんと赤みを増して

DSC_0568


最後は赤いバラ

CENTER_0001_BURST20210516075001546_COVER


意味は異なりますが、小野小町の歌を思い出しますね。

「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」



朝7時にバラ園に入り、8時過ぎまでのんびり癒されました。

素敵なバラ園です。



kou_blue97 at 16:33|PermalinkComments(0)

2020年12月06日

東京を歩く〜2020年秋〜

<国営昭和記念公園>

毎年恒例、「紅葉を見に行こうよう」企画。

今年は、国営昭和記念公園。

「みどりの文化ゾーン」

DSC_0515~2


ススキ(イネ科ススキ属)で秋を感じる。

東京都にも茅場あり。

昭和天皇記念館で文化的な嗜みも。

「森のゾーン」

HORIZON_0002_BURST20201123133420388~2


カエデ(ムクロジ科カエデ属)で秋深きを感じる。

DSC_0513~2


残念ながらイチョウ(イチョウ科イチョウ属)は枯れておりました。



<ファーレ立川>

秋といえば、芸術の秋。

イタリア語の「FARE(創る・創造する、生み出す)」に立川の頭文字“T”をつけた「ファーレ(FARET)立川」。

世界36か国92人の作家による109点のパブリックアート。

DSC_0526


NO.73「サンデー・ジャック・アクパン」

ナイジェリアのアートです。

ちなみに、ナイジェリアの首都はアブジャ。
(息子が地理のテストで勉強している)



<江戸川河川敷>

江戸川。

利根川水系の分流である一級河川。

現在でも、天然ウナギが獲れるらしい。

江戸川河川敷 篠崎グラウンド。

交流戦前のウォーミングアップ。

秋といえば、スポーツの秋。

BlogPaint


秋深き 隣は何を する人ぞ



kou_blue97 at 20:46|PermalinkComments(0)

2018年10月30日

秋深き

なんだか、もう秋ですね。

秋を感じてますか?

それとも、飽きを感じてますか?



なかなか東京にいると秋を感じることが少ないです。

残念。

「秋深き 隣は何を する人ぞ」

いや

東京の人たちは、何に秋を感じているのだろうか?



ちょっと公園に足を運んでみると。

DSC_1675


ドングリに出会えたりします。

癒される。



東京で暮らしていても、癒しの風景も。

DSC_1635


こんなロケーションで、のびのびと過ごせる時間も、また癒しなり。

DSC_1640


日常を忘れさせてくれます。



このグラウンドは、赤いフェニックスグラウンド。

DSC_1679


「汝、不死鳥たれ!」


仕事場でも、また然り。

よし、頑張ろう。








kou_blue97 at 00:35|PermalinkComments(0)

2018年10月12日

9月の合宿

9月の合宿の思い出


<1日目の練習>

DSC_1652


BlogPaint



<1日目のご飯>
BlogPaint



<2日目の早朝マラソン>

BlogPaint


DSC_1668


BlogPaint



<2日目の練習中のモグモグタイム>
BlogPaint






kou_blue97 at 23:55|PermalinkComments(0)

2016年10月10日

運動会 友情はき連

10月9日(日)は息子と娘の運動会でした。



10月3日(月)
・孫たちの運動会を見るために、両親が車で札幌を出発。

10月4日(火)
・両親、本州に到着。

10月6日(木)
・両親、四国に到着。

10月7日(金)
・両親、徳島に到着。

10月8日(土)
・徳島中央公園を散歩。
・秋を彩る野外彫刻展。

DSC_0009


DSC_0014


DSC_0015


DSC_0016


DSC_0019


10月9日(日)
・朝起きると大雨。
・1時間遅れで決行。

BlogPaint


・思えば、息子は小学校最後の運動会。
・6年生全員で阿波おどり。
・団扇には「友情はき連(友情は切れない)」。
・だんだんと天気にも恵まれ、無事終了。
・明日旅立つ両親と徳島のお酒。

DSC_0003


DSC_0004


DSC_0029


10月10日(月)
・両親が札幌に向けて旅立つ。
・娘のリクエストで動物園。

BlogPaint


BlogPaint


DSC_0035


DSC_0034





kou_blue97 at 17:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年07月21日

ラジオ体操

夏休みと言えば、これ。

9230e139.jpg


ラジオ体操!

朝6時起床、6時半体操スタート。

体操が終わって、ハンコを貰いに行く息子と娘。

徳島中央公園。

城跡。

921e6658.jpg



kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年05月22日

名方郡の国衙で古代ロマンに触れる

徳島県には名西郡と名東郡という地名があります。

西と東の間の「名」ってなんだろうって思ってました。



阿波国は、板野・阿波・美馬・三好・麻殖・名方・勝浦・那賀の8郡が存在し、国衙は名方郡(現在の国府町府中)に置かれたそうです。南海道の重要な位置を占め、畿内からの文化の流入も早かったそうな。

歴史的には、佐々木経高→細川和氏→細川頼春→三好義賢→長宗我部元親→蜂須賀家政の支配下になります。

廃藩置県以降は、徳島県→名東県→高知県に併合→徳島県となり、現在に至る。



勉強になりました。



阿波国では、奈良時代から平安時代にかけて名方郡に国府が置かれたということです。

現在の、徳島県徳島市国府町。

徳島県有数の古墳地帯。

「阿波史跡公園」で、竪穴式住居が復元されています。

051c38e7.jpg


竪穴式住居。

7f3443b1.jpg


古代ロマン。

60a539b9.jpg


住居の中は薄暗い。

a6ea7e01.jpg




そして、山道を歩きます。

831f4d15.jpg


こういう自然な山道。

徳島ではたくさん味わえます。

人工的な山登りコースと違って、趣があるけど、イノシシとかヘビとかちょっと怖い。

605542a8.jpg


徳島県指定文化財の史跡が。

「矢野古墳」

横穴式石室。

入るのがちょっと怖いです。

怖いもの知らずで洞窟に入っていくドラクエの勇者達、本当に尊敬します。

a84fd702.jpg


中は真っ暗。

ドラクエの世界だと、隠し階段とかがあるんだろうけど、何もありません。

dd90cf31.jpg


矢野遺跡は、弥生時代の集落跡であり、竪穴式住居や銅鐸が出土しているようです。

徳島市立考古資料館で、お勉強。

徳島市内で発掘された縄文時代から平安時代にかけての資料が展示されていました。

c5908a5d.jpg


体験学習も出来るみたい。

秋に行われる「古代米とドングリを食べてみよう」はぜひ行きたいところ!









kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月05日

文化の森こどもの日フェスティバル

今日も遠出を避けて、徳島県内&徳島市内。

ホントにうちの子供たちは遠出を嫌がります。

困ったもんだ・・・。



ということで、文化の森。

こどもの日フェスティバル。

文化の森の6館それぞれが無料開放のスペシャルイベントを開催しています。

まずはウィークラリーでクイズに挑戦。

博物館、図書館、鳥居瀧蔵記念館、近代美術館、文書館、二十一世紀館をそれぞれ堪能。


<クイズで学んだこと>

・徳島城内の千秋閣庭園に使われている阿波の青石。
この阿波の青石が、フランス(パリ)のユネスコ本部の日本庭園にも使われいたそうな。

・ミッキーマウスの愛犬プルートの犬の種類は、ブラッドハウンド。



最後のクイズは、階段の上の公園(知識の森)。

階段を登ります。

「お前らの運動不足解消にちょうどいいな」と言えば、

「パパのダイエットにでしょ!」と突っ込みが早い子供達。

dcfe4618.jpg


結構な階段が続きます。

からの〜石段。

1f957126.jpg


石段を超えると、遊具。

622cd163.jpg


遊具が緑に囲まれていていい感じ。

しかも遊具が空いてます。

98f4621d.jpg


芝生広場では、鯉のぼりが元気に泳いでます。

鯉のぼり。

鯉たちと一緒に泳ぐ鰹。

「カ、カツオ・・・」

6e72546d.jpg


「カツオー、こんなところで何やってるのー!」

「ね、姉さん・・・。」

そんな会話が聞こえてきそうですね。



今日も天気が良くてよかったです。

「すだちくん」にも会えました!

すだちくん、後ろから見たら、腰に可愛いカバン?バッグ?ポーチ?を身につけてました。

こどもの日だからかな?



(すだちくんに確認したら、以下の返信を貰いました)

カバンは、お出かけの時はいつも持ってるじょ(≧∇≦)☆











kou_blue97 at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • ほたるの光〜美しくて、儚い思い出〜
  • ほたるの光〜美しくて、儚い思い出〜
  • ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫
  • ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫
  • ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫
  • ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)