伊香保温泉

2022年12月03日

リフレッシュは「アメフト」と「温泉」

1 2022/11/27(日)06:00
起床。今日は長く楽しい一日になりそうな予感。
#起床 #群馬 #前橋 #早起き


2 2022/11/27(日)07:50
関越自動車道の三芳PA(通称Pasar三芳)でトイレ休憩。スマートインターチェンジを利用。
#高速道路 #三芳PA #休憩


3 2022/11/27(日)08:30
大宮けんぽグラウンド到着。野球、ラクロス、テニス、サッカー、少年ラグビー、そしてアメフト等。スポーツの秋真っ盛り。
#大宮 #荒川河川敷 #スポーツの秋


4 2022/11/27(日)09:50
試合前ハドル。戦う前の男たち。かっこいいやん。そして奥には富士山が見えるのも縁起が良い。
#アメフト #試合前 #富士山
DSC_2852



5 2022/11/27(日)12:30
試合終了。惜しくも2−14で敗退。実力は均衡してたけど、運がなく流れをつかめなかった。残念。
#アメフト #試合終了 #アメフトで2点は珍しい


6 2022/11/27(日)13:00
大宮けんぽグラウンドを出発し、与野出入口から首都高速埼玉大宮線に進入。さらに、美女木JCTから東京外環自動車道へ。
#高速道路 #首都高速 #東京外環自動車道 #東京の高速道路は怖いで


7 2022/11/27(日)13:50
東京外環自動車道から東関東自動車道へ。懐かしの「ららぽーとTOKYO−BAY」を眺めながら快適なドライブ。
#東関東自動車道 #ららぽーと #千葉県


8 2022/11/27(日)14:10
オービック習志野グラウンドに到着。初めて茜浜のこのグラウンドに足を踏み入れたのは2011年9月(その時の記事はこちら(リンク))小学生だった息子がお世話になったグラウンド。あれから11年が経ったんだと一人感慨深い。
#オービック #茜浜 #人工芝
DSC_2855



9 2022/11/27(日)14:25
娘が小学生の時にお世話になったブロンコスの試合直前の一コマ。小学生フラッグフットボールの秋季大会。6年生も負けたら引退のノックアウトトーナメント。悔いのないように練習した全部を出し切ってほしい!
#ブロンコス #フラッグフットボール #トーナメント
DSC_2858



10 2022/11/27(日)15:15
手に汗にぎる白熱した試合。お互い力の限りを出し尽くす点の取り合い。そうだよね、どっちも頑張ってきたんだから、負けたくないよね。43−43でタイムアップ。最後はトラポン(サッカーでいうPK
)で決着。よく頑張った!
#白熱 #負けたくない #成長した姿に感動で泣きそう
DSC_2860~3



11 2022/11/27(日)15:40
帰りは行きと違うルートで帰りたい。ということで、京葉道路から東京外環自動車道を経由して、東北自動車道へ行ってみよう。
#京葉道路 #東北自動車道 #長距離ドライブ


12 2022/11/27(日)16:50
東北自動車道の蓮田SAで休憩。19時までに帰宅して日本vsコスタリカ戦を観ようと思っていたけど、なんだか1日中グラウンドにいたのと長距離ドライブで疲れを感じたので、温泉でも入って帰ろうかと悩み中。
#心はリフレッシュできたけど #40歳を過ぎると体がしんどい #温泉も捨てがたい


13 2022/11/27(日)19:00
伊香保温泉到着。サッカーは後でアベマで観ようということで、温泉からエールを送ります。身体の癒しを優先しよう。
#伊香保温泉 #黄金の湯館 #温泉王国 #群馬
DSC_2863



kou_blue97 at 23:53|PermalinkComments(0)

2022年11月26日

群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆

県内各地に源泉が湧き出る群馬県。

「自然湧出量日本一」
「日本三大美人の湯」
「天下一の露天風呂」

宿泊できる温泉地は100、源泉数は453とも言われています。

まさに温泉天国、温泉王国。

温泉に癒される群馬生活、最高です!

というわけで、これまで行った温泉を思い出として記します。

ちなみに、2022年4月時点では7か所。

「温泉王国 ぐんま」(リンク)の記事を参照。
 ※2022年4月29日のブログ記事です

それから約半年で5か所が追加!
(8〜12)



8.西の河原露天風呂
・吾妻郡草津町
・草津温泉街の西側
・草津白根山麓
・酸性塩化物硫酸塩温泉
・神経痛、関節痛、うちみ、やけど、慢性消化器病

 日本三名泉の1つであり、温泉の自然湧出量が日本一を誇る草津温泉。「草津よいとこ一度はおいで」で有名。西の河原露天風呂は、草津温泉街の西側の荒原地帯にあり、圧倒的なスケールの大露天風呂。その開放感と雄大な自然に癒されます。
 2022年7月30日の記事をぜひ(リンク)
DSC_2288




9.伊香保石段の湯
・渋川市伊香保町
・伊香保温泉街の石段
・榛名山麓
・カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉
・神経痛、筋肉痛、関節痛、子宝の湯

 古くは万葉集にも登場する日本の名湯「伊香保温泉」。石段の登ったのは3回目にして、伊香保温泉の湯に浸かるのは初めて。平日の夜、仕事が終わった後にもこんな名湯に入れるなんて最高やん。源泉を直接引いた伊香保特有の茶褐色が身にしみます。
 2022年7月30日の記事をぜひ(リンク)
DSC_2745


 

10.伊香保温泉・黄金の湯館
・渋川市伊香保町
・伊香保温泉街の入り口
・榛名山麓
・カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉
・健康増進・病後回復期・美肌・腰痛

 400年以上の茶褐色「黄金の湯」を源泉かけ流しで楽しめる日帰り温泉。しかも、22時まで営業という神対応。平日の夜、仕事終わりに行きました。ひと仕事終えた夜の露天風呂は温泉天国の至福のひと時を感じさせてくれます。
DSC_2794


DSC_2796




11.金島温泉・富貴の湯
・渋川市川島
・JR金島駅から徒歩圏内
・吾妻川河畔
・カルシウム・ナトリウム・塩化物塩泉
・神経痛、筋肉痛、貧血

 滾々と湧き出る豊富なお湯が源泉かけ流し。カルシウムイオンやマグネシウム、マンガンイオン、鉄イオンなどを多量に含み、飲用にも最適な泉質とのことであり、ひと口いただきました。夜の露天風呂は癒されました。お湯は茶褐色で伊香保温泉に近い感じ。
CENTER_0001_BURST20221125191108408_COVER


HORIZON_0001_BURST20221125193200004_COVER



DSC_2832





12.仏岩温泉・鈴森の湯
・利根郡みなかみ町
・JR水上駅から西に数
・利根川系の阿能川河畔
・カルシウム・硫酸塩泉
・高血圧、動脈硬化、糖尿病、皮膚病

 源泉かけ流しの美肌の湯。ぬる湯もあり、ゆっくり浸かればお肌はつるつる身体はぽかぽか。そして、露天風呂は眼下を流れる川の音が響き、自然を感じる贅沢なひと時。風情ある日帰り温泉です。

DSC_2839


DSC_2838


DSC_2837


DSC_2836




今回追加したのはこの5か所。

1〜7の分は「温泉王国 ぐんま」(リンク)の記事にあります。

1.富士見温泉見晴らしの湯
・前橋市富士見町
・道の駅ふじみに併設
・赤城山山麓
・ナトリウム・カルシウム・塩化物温泉(塩分)

 群馬県に引っ越してきて最初の土日にドライブがてら行きました。源泉は約1,500m以上の深さにある大深度温泉。塩分濃度が高く「美人の湯」と言われる源泉。赤城山の自然を感じながら、素敵なお湯を味わえます。


2.リゾートピア吉岡
・北群馬郡吉岡町
・道の駅よしおか温泉に併設
・利根川河畔
・弱アルカリ性低張性高温泉(ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉)
・泉温59.5℃
・慢性皮膚炎、慢性婦人病、神経痛

 平日、仕事を定時に上がってからひと風呂浴びに行きました。利根川河畔の地下1,300mから湧き出るアルカリ泉(船尾の湯)が源泉。利根川の川面を渡るさわやかな風と雄大な眺めを楽しみながら、大露天風呂で素敵なお湯を味わえます。


3.小野上温泉センター(八夕の湯)
・渋川市村上
・JR小野上温泉駅から徒歩圏内
・吾妻川河畔
・アルカリ性低張性高温泉(ナトリウムー塩化物温泉)
・源泉46.8℃
・神経痛、筋肉痛、疲労回復、慢性消化器病、慢性皮膚炎

 車が使えない週末に、JRで行けそうな温泉を探して見つけました。公共としては日本初めての日帰り温泉施設。とろんとした湯の感触が美肌の湯(美人の湯)として人気が高く、「草津温泉の上がり湯」としても有名。やわらかい湯が肌も喜び、ゆっくりと素敵なお湯を味わえます。


4.ユートピア赤城(敷島温泉 赤城の湯)
・渋川市赤城町
・JR敷島駅から徒歩圏内
・利根川河畔、赤城山山麓
・弱アルカリ性低張性高温泉(単純泉)
・源泉45.5℃
・神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、疲労回復

 同じく車が使えない(故障)週末、JRで行けそうな温泉を探そう第二弾。雄大な赤城山のふもと、利根川のほとりにあるのどかな景観の温泉。利根川と榛名山を一望できる露天風呂で、なめらかな泉質の「敷島の湯」を味わえます。

5.峠の湯
・安中市松井田町
・JR横川駅からアプトの道をかなり歩く
・碓氷峠
・弱アルカリ性低張性温泉(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉)
・無色透明
・腰痛症、神経痛、胃腸機能の低下、疲労回復

 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜の帰りに立ち寄りました。アプトの道を歩いて疲れた身体と心を癒してくれます。露天風呂からの自然の眺望が抜群で、素敵なお湯を味わえます。


6.ばんどうのゆ(komorebiテラス)
・渋川市北橘
・JR八木原駅か高台まで結構歩く
・利根川河畔
・弱アルカリ性低張性高温泉(ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉)
・火傷、消化器病、神経痛、筋肉痛

 仕事が疲れてきた年末、近くに行ける温泉を探して行きました。車で30分かからずにこんな素敵な温泉に入れるなんて幸せ。坂東太郎と言われる利根川を見下ろす高台に位置する温泉。露天風呂から見下ろす美しい眺望と良質な温泉に身も心も癒されました。


7.川原湯温泉 王湯
・吾妻郡長野原町
・JR川原湯温泉駅から徒歩圏内
・八ッ場ダム湖畔
・低張性中性高温泉(カルシウム・ナトリウムー塩化物硫酸塩温泉)
・神経痛、胃腸病、婦人病

 八ッ場ダムと川原湯温泉〜冬の群馬を電車でぶらりァ舛波ッ場ダムを歩いた後に立ち寄りました。源頼朝が発見してから800年以上も時を紡ぐ川原湯温泉。八ッ場ダムを取り巻く雄大や山々等の景観が素敵な露天風呂で、良質な温泉を味わえます。


kou_blue97 at 22:24|PermalinkComments(0)

2021年07月10日

これより石段、三百六拾五段〜朝散歩は伊香保温泉〜

超絶久しぶりの快晴、晴天。

朝は5時前に目が覚めました。

梅雨なので、洗濯もたまり、散歩も行けない日々。

やっと、青空が顔を出してくれました。

洗濯を2回まわして、外に干して、7時過ぎには出発。

車で30分くらい走らせて、到着。


<伊香保温泉、日本の名湯>

DSC_0842


古くは万葉集にも登場する、日本の名湯「伊香保温泉」

DSC_0843


石段で有名な温泉街ができたのは、戦国時代。

1574年、山の傾斜を利用して源泉からお湯が運ばれ、お湯が流れる管路の上に石段が整備され、その左右に温泉宿が建てられたとのこと。

戦の怪我の湯治のためにつくられた、計画都市とも言われています。

江戸時代には、各藩の武士、町人や農民など様々な人々が伊香保に湯治に訪れ、「子宝の湯」としても知られるように。

DSC_0844


石段は伊香保のシンボル。

その数、365段。

DSC_0845


与謝野晶子の詩が刻まれています。

DSC_0846


石段をはさんで、お土産物屋や饅頭屋、遊技場などが並び、歴史と風情を感じます。

DSC_0847


温泉娘。

全国121人いるらしい。

この子は「伊香保葉凪(はな)」さんらしい。

彼女の好きな食べ物は、湯の花饅頭と水沢うどん。

DSC_0848


この季節は、ほおずき風鈴が風物詩。

DSC_0849


石段を登りきると、温泉と医療の神様を祀る「伊香保神社」

HORIZON_0001_BURST20210710084543807_COVER


伊香保神社から奥に進むと「河鹿橋」

DSC_0850


その奥には「伊香保温泉飲泉所」と「伊香保露天風呂」と続きます。

DSC_0853


石段を下ります。

足腰に効きますね。

DSC_0855


昔は関所も設けられていました。

伊香保関所(伊香保口留番所)

DSC_0856


渋川市といえば、頭文字Dとコラボしたマンホール蓋が有名。



久しぶりの青空の下、約1時間半の快適な朝散歩でした。



kou_blue97 at 17:42|PermalinkComments(3)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • 「おみくじ」を生活の指針として取り組もう!
  • 「おみくじ」を生活の指針として取り組もう!
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!