リスク

2016年11月29日

わかりやすいアメフトのリスクと期待値の考え方

よく、アメフトは戦略的なスポーツであるとか言われます。

フィールド上のチェスとかとも言われます。

それは、いろいろな要因により、そう言われているのです。

じゃあ、具体的にどこが??

今回は、リスクと期待値で考えてみました。



アメフトは、4回の攻撃で10ヤード獲得できれば、また新たな攻撃権を得られます。

ただし、3回目の攻撃で10ヤードに満たない場合は、キックで攻撃権を放棄して、陣地を回復することが多いです。

つまり、通常は3回の攻撃で10ヤード進むことが必要です。

1回に、3.4ヤードずつ進めば、攻撃権を得ながら、敵陣に攻め込み、得点できます。



攻撃は主に次の2つに分けられます。

(1)リスクが低いけど、堅実に短いヤードを獲得するランプレー
(2)リスクが高いけど、長いヤードの獲得も可能なパスプレー

ランプレーもパスプレーも豊富な種類がありますが、ここでは4つのプレーとします。



1 インサイドランプレー を選択する場合

期待値平均 3.3ヤード

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 10%     10       1.0
 10%     6      0.6
 30%     3      0.9
 30%     2      0.6
 20%     1      0.2



2 アウトサイドランプレーを選択する場合

期待値平均 4.9ヤード

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 10%    20       2.0
 10%    10       1.0
 20%     6       1.2
 20%     3       0.6
 20%     1       0.2
 10%     0        0
 10%    △1      △0.1



3 ショートパスプレーを選択する場合

期待値平均 4.6ヤード

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 20%    15       3.0
 20%    10       2.0
 20%     5       1.0
 20%     3       0.6
 10%     0       0
 10%   △20      △2.0



4 ロングパスプレーを選択する場合

期待値平均 7.5ヤード

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 10%    30       3.0
 10%    20       2.0
 20%    15       3.0
 20%    10       2.0
 20%     0       0
 10%    △5      △0.5
 10%   △20      △2.0


(※すべて主観に基づくものです)



では、試合開始です。

自陣30ヤードからの攻撃。

1stダウン(1回目の攻撃権)10ヤード(相手ゴールまで70ヤード)。

まず、1〜4のどのプレーを選びますか?

堅実に「1」のプレーを選択。

無難に3ヤードゲインしました。

2ndダウン(2回目の攻撃権で残り)7ヤード(相手ゴールまで67ヤード)

プレーが終わってから40秒以内に作戦を決め、メンバーに伝達し、プレーを始めなければなりません。

次は「3」のプレーを選択。

5ヤードゲインできました。

3rdダウン(3回目の攻撃権で残り)2ヤード(相手ゴールまで62ヤード)

堅実に「1」のプレーを選択しますか?

相手も「1」を警戒します。裏をかきますか?

ここでは、「1」を選択し、3ヤード進みました。

1stダウン(新たな攻撃権)獲得です(相手ゴールまで59ヤード)。

さらに堅実に「1」を選択。

しかし、1ヤードしか進めませんでした。

2ndダウン(2回目の攻撃権で残り)9ヤード(相手ゴールまで57ヤード)。

9ヤードも残っているので「2」か「3」で迷いますが、「2」を選択します。

ここでも1ヤードのゲインのみ。

3rdダウン(3回目の攻撃権で残り)8ヤード(相手ゴールまで56ヤード)。

8ヤード残ると、リスクを取らざるを得ません。

「4」を選択です。

しかし、0ヤード。

4thダウン(4回目の攻撃権で残り)8ヤード(相手ゴールまで56ヤード)。

ここで40秒以内に、以下の選択を迫られます。

(1)「1」〜「4」を選択し、攻撃権を狙う。
 ただし、攻撃権を得られないとその場所から相手の攻撃。

(2)攻撃せずパントキック「5」により、陣地を回復する。

5 パントキックを選択する場合

期待値平均 27ヤード回復

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 10%    50       5.0
 20%    40      12.0
 30%    30       9.0
 20%    20       4.0
 10%    10       1.0
 10%     0        0


こんな感じで試合が進んでいきます。



攻撃側の人・能力・技術等により、期待値は増減します。

守備側の人・能力・技術等により、期待値は増減します。

また、守備側のプレー選択の駆け引きにより、期待値は増減します。

そして、本来はもっと数多くのプレーと戦術を用意しています。

リスクと期待値理論。

アメフトの面白さ、少しは伝わるかな?





kou_blue97 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月02日

リスクの負いかた

今週はイベントと出張続きで仕事がヤバいかけだし金融マンです。



出張先でスポーツ新聞読みながらお昼を食べていたら

ちょっと気になる記事がありました。

『フォワードが2トップになってからは、攻めのいい形がつくれた。』

負けたチームの選手のコメントです。



ここからは仮定の話。

もしこのチームが守り重視の1トップで、

守りながらも1点を取られ、

0ー1で負けていたとします。

次の試合で、

2トップにしたことにより、

攻めのいい形がつくれて1点取れたけれど、

結局1ー2で負けたとします。

その時に

『フォワードが2トップになってからは、攻めのいい形がつくれた。』

の発言がなされたのであれば、

それは違いますよね。



攻めに人数をかけたのであれば

攻めでいい形を作れるのは当たり前。

逆に守りに人数をかけたのであれば

守りがしっかりするのは当たり前。



攻めに人数をかけたのであれば

守りが弱くなるリスクを

攻めで結果を出さなければならない。

守りに人数をかけたのであれば

攻めが弱くなるリスクを

守りが結果を出さなければならない。




人や資源の選択と集中により

強化する部門においては

今まで以上の結果を出すだけじゃなく

人や資源が減少する部門の機会やリスクを負い

全体としての効果や結果を出さなければなりませんよね。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 20:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年09月11日

組織とビジョンと戦略とリスク

相手を知り、
己を知り、
いかにして勝つかのイメージを、
あらかじめ持つことが出来るかってことですよね。





自分のどこを生かして、

相手のどこを殺して、

どこでどうやって勝つか、

それがビジョンであり戦略です。





そして最も重要なのは、

どこがどのように負けてよいか、

どこならやられても傷が浅いかを、

適正に把握することです。





ふつうに戦っても、

リスクは必ずついてきますし、

いかにしてリスクを負うかが大切なのです。





例えば、

勇者・戦士・僧侶・魔法使いのパーティはバランスがいいと言われています。



バランスアタックです。



バランス重視なだけに、


長旅には向いているでしょう。



僕も序盤はバランス重視のため、


勇者・武闘家・僧侶・魔法使いです。





でも特定の敵や目的のある旅の場合は、



それぞれに適したパーティがあるはずです。



勇者・僧侶・魔法使い・魔法使いでは、

強みもあれば魔法が効かないと危機というリスクがついてくるし、



勇者・戦士・武闘家・魔法使いだと、

攻撃重視なタイプですが、回復系が弱いリスクを抱えてしまいます。





中盤以降は、

転職やアイテムなど豊富ですから、


いろいろ考えていかなければなりませんよね。





僕は最後は、

勇者・武闘家・賢者・賢者のパーティです。





ちなみに、

ボストンティーパーティってご存知ですか?



ホントは茶隊事件なのに、

茶会事件として、歴史に残ってしまいましたね。



知識不足もリスクですからね。


kou_blue97 at 20:03|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年03月10日

信用リスクを管理しちゃうぞ〜

金融機関では『信用リスク管理』という言葉を使います。読んで字のごとく、信用リスクを管理することです。


何のために?


かけだし風に言わせれば、金融機関が透明で健全な経営をすることにより信用を築き続けるため、そのリスク要因をしっかり管理することだと思います。信用を失うリスクは至るところに潜んでますから。


注目すべき言葉は『透明』と『健全』です。



仮に皆さんの体が透明になり、心が透けて見えるとします。


心は健全ですか?自信ありますか?
ちゃんと、『きんとうん』に乗れますか?



おそらく、心が100%健全な人はほとんどいないでしょう。

あなたには、心のどこかに、不健全な欲求・不健全な意識・不健全な思いがきっとあるはずです。



なぜなら、それはあなたが人間であるから。。。





金融機関だって人間の集まった組織なので、100%健全だとは決して言いきれません。


だからこそ、出来るだけ透明性を持てるように、出来るだけ健全性を保てるように、信用リスクの管理を徹底して、皆様の信用を得る必要があるのだと思います。


誰から見ても恥ずかしくないように、何より自分たちで確固たる自信を持てるように、金融機関1職員として、かけだし金融マンも信用リスク管理を徹底していきたいと思います。


いつかは『きんとうん』に乗れることを夢見て。



kou_blue97 at 06:05|PermalinkComments(32)TrackBack(7)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索