フラッグ

2022年12月03日

リフレッシュは「アメフト」と「温泉」

1 2022/11/27(日)06:00
起床。今日は長く楽しい一日になりそうな予感。
#起床 #群馬 #前橋 #早起き


2 2022/11/27(日)07:50
関越自動車道の三芳PA(通称Pasar三芳)でトイレ休憩。スマートインターチェンジを利用。
#高速道路 #三芳PA #休憩


3 2022/11/27(日)08:30
大宮けんぽグラウンド到着。野球、ラクロス、テニス、サッカー、少年ラグビー、そしてアメフト等。スポーツの秋真っ盛り。
#大宮 #荒川河川敷 #スポーツの秋


4 2022/11/27(日)09:50
試合前ハドル。戦う前の男たち。かっこいいやん。そして奥には富士山が見えるのも縁起が良い。
#アメフト #試合前 #富士山
DSC_2852



5 2022/11/27(日)12:30
試合終了。惜しくも2−14で敗退。実力は均衡してたけど、運がなく流れをつかめなかった。残念。
#アメフト #試合終了 #アメフトで2点は珍しい


6 2022/11/27(日)13:00
大宮けんぽグラウンドを出発し、与野出入口から首都高速埼玉大宮線に進入。さらに、美女木JCTから東京外環自動車道へ。
#高速道路 #首都高速 #東京外環自動車道 #東京の高速道路は怖いで


7 2022/11/27(日)13:50
東京外環自動車道から東関東自動車道へ。懐かしの「ららぽーとTOKYO−BAY」を眺めながら快適なドライブ。
#東関東自動車道 #ららぽーと #千葉県


8 2022/11/27(日)14:10
オービック習志野グラウンドに到着。初めて茜浜のこのグラウンドに足を踏み入れたのは2011年9月(その時の記事はこちら(リンク))小学生だった息子がお世話になったグラウンド。あれから11年が経ったんだと一人感慨深い。
#オービック #茜浜 #人工芝
DSC_2855



9 2022/11/27(日)14:25
娘が小学生の時にお世話になったブロンコスの試合直前の一コマ。小学生フラッグフットボールの秋季大会。6年生も負けたら引退のノックアウトトーナメント。悔いのないように練習した全部を出し切ってほしい!
#ブロンコス #フラッグフットボール #トーナメント
DSC_2858



10 2022/11/27(日)15:15
手に汗にぎる白熱した試合。お互い力の限りを出し尽くす点の取り合い。そうだよね、どっちも頑張ってきたんだから、負けたくないよね。43−43でタイムアップ。最後はトラポン(サッカーでいうPK
)で決着。よく頑張った!
#白熱 #負けたくない #成長した姿に感動で泣きそう
DSC_2860~3



11 2022/11/27(日)15:40
帰りは行きと違うルートで帰りたい。ということで、京葉道路から東京外環自動車道を経由して、東北自動車道へ行ってみよう。
#京葉道路 #東北自動車道 #長距離ドライブ


12 2022/11/27(日)16:50
東北自動車道の蓮田SAで休憩。19時までに帰宅して日本vsコスタリカ戦を観ようと思っていたけど、なんだか1日中グラウンドにいたのと長距離ドライブで疲れを感じたので、温泉でも入って帰ろうかと悩み中。
#心はリフレッシュできたけど #40歳を過ぎると体がしんどい #温泉も捨てがたい


13 2022/11/27(日)19:00
伊香保温泉到着。サッカーは後でアベマで観ようということで、温泉からエールを送ります。身体の癒しを優先しよう。
#伊香保温泉 #黄金の湯館 #温泉王国 #群馬
DSC_2863



kou_blue97 at 23:53|PermalinkComments(0)

2022年11月13日

人生を豊かにする「つながり」と「ご縁」に感謝

人生を豊かにするもの。

時期、環境等、様々な要素があり、それは人それぞれ。

その中でも、「つながり」と「縁」の大切さ。

それを感じる日となりました。

<2022年11月13日(日)>



1.JPFF

10:00 大宮けんぽグラウンド

DSC_2763


群馬に引っ越してきて1年半。

仕事以外で地元の人と触れ合う機会も少ないコロナ禍…

アメフトというスポーツを通じて触れ合った人たち。

「つながり」と「縁」を感じます。



2.フラッグフットボール

11:30 大宮けんぽグラウンド

2017年〜2019年まで娘が所属していたチームの秋大会。

さらに自分は2020年までお世話になったチーム。

DSC_2766~2


低学年チームも元気に頑張っている。

DSC_2764~7


こちらは6年生チーム。

2年前、4年生だった彼らも最終学年。

DSC_2766~3


試合開始直後から先制点を取られて終始厳しい試合展開。

試合終了直前に、逆転TDパス成功。

勝利の姿を見られて良かった。

子供たちやコーチ陣との久しぶりの再会も。

かけがえのない、大きな「つながり」と「縁」を感じます。



3.寿都町

ツイッター上で見かけました。

「寿都町SEAマーケット」ビーンズ阿佐ヶ谷

Screenshot_20221113-171221


寿都町と言えば小学校の時に3年間住んでいた思い出の街。

海がきれいな港町。

そして、第二の故郷。

リンク(寿都の思い出)

これは行くしかない。

16:00 ビーンズ阿佐ヶ谷

人気の「ほっけ」や「いくら」は売り切れ。

懐かしの「生たきしらす佃煮」を発見。

あと、ずっと気になっていた「風のバジル」シリーズも購入。

DSC_2767


懐かしくなって、嬉しくなって、聞いてみました。

「自分、子供の頃に3年間寿都に住んでたんですよ!」

「そうなんですねー。誰か知り合いとかいますか?」

「Nさんとか同級生でした」

「えっ!!」

固まるイベントの人たち。

「自分、旦那です(笑)」

という、衝撃の「つながり」と「縁」

旦那さんと、一緒に写真を撮りました!



なかなかの素晴らしく充実した1日。

人生を豊かにする「つながり」と「ご縁」に感謝です。



kou_blue97 at 22:28|PermalinkComments(0)

2022年07月18日

Vision28 〜ロサンゼルス五輪で「フラッグフットボール」を〜

【私の履歴書】

(1)大学時代にアメフト部に5年間所属
 ・プレーヤー4年
 ・コーチ兼スタッフ1年

(2)小学生のフラッグフットボールチームに6年間所属
 ・プライマリー(低学年)のコーチ兼スタッフ2年
 (息子のチーム)
 ・キッズ(高学年)のコーチ兼スタッフ4年
 (娘のチーム)

(3)社会人のアメフトチームに1年間所属
 ・スタッフ1年(2年目に突入)

こうしてみると、アメフト及びフラッグフットに携わるのは13年目に突入。

特に専門的な知識も経験もなく、ただアメフトが好きなだけ。

今まで、幼稚園で水泳、小学校で野球、中学校でバスケットボール等、いろんなスポーツを経験した中で、一番魅力的で一番面白かったから。

そして、アメフトに触れたおかけで人間的に成長できたから。

b42d1b12


アミノバイタルフィールド。

ここで公式戦の主審をしたのも思い出。



【Vision28】

2022年7月、NFL(ナショナルフットボールリーグ)副社長とIFAI(国際アメリカンフットボール連盟)が新たに創設されるVision28(ビジョン28)の共同議長に就任することを発表した。

Vision28は、フラッグフットボールが2028年ロサンゼルスオリンピックの競技に採用されることを目指している。

今回の発表は、現在開催されているイベント『ワールドゲームズ2022』(フラッグフットボールとしての初の国際的でメジャーな総合競技大会に組み込まれた記念的なイベント)にあわせて発表されたものであり、ワールドゲームズには3大陸10カ国から出場する女子8チームと男子8チームが参加している。

ちなみに、ワールドゲームズには日本からも各種競技に参加しており、ソフトボール女子が銀メダル、車いすラグビーが銀メダル、そしてフラッグフットボール日本代表女子は世界5位となった。

(共同議長の発言を紹介)

「フラッグフットボールが世界でも最も急速に成長しているスポーツの一つであることには理由がある。フラッグは速く、クリエイティブで、技能性が高く、楽しい。カリフォルニアのスピリットを持ったアメリカのスポーツだ。フラッグはスポーツとエンターテイメントのつながりにおける総合競技大会の新時代を具現化する、LA28(2028年オリンピック)にとってメッセージ性の高い選択になるだろう。われわれはすでにこのワールドゲームズで、そういったあらゆるポテンシャルの片りんを見てきた」

「われわれはフラッグフットボールをすべてを包括するスポーツだと見ており、アメリカンフットボールの価値を世界中に広めるための素晴らしい媒体だと考えている。Vision28の共同議長として、NFLはオリンピック活動やフットボール全体の世界的な目標における技術的な面や放送、コマーシャル、スポーツ科学、青少年およびファンへのかかわりに重要な資産を提供する」

ロサンゼルスオリンピックでフラッグフットボールの試合が開催され、世界中で、そして日本中でこのスポーツの素晴らしさに出会い、白熱し、興奮し、熱狂して盛り上がる日が待ち遠しい。



【フラッグフットボールとは】

フラッグフットボール

それは、「授業でも、遊びでも、競技でも、誰もが活躍できる新しいスポーツ」

(1)起源はアメリカンフットボール
・フラッグフットボールはアメリカンフットボールが起源になって生まれたスポーツです。
・日本には1990年代後半から本格的に伝わりました。
・アメリカンフットボールの戦略性をそのままに少人数/少スペースで 安全に楽しむことができるように開発されたスポーツです。
・本場アメリカでは教育、レクリエーション、競技まで、幅広く親しまれています。
・「タックル」の代わりに、プレーヤーの両腰につけた「フラッグ」を取ることから「フラッグフットボール」という名前になりました。
・「タックル」がないので接触しない子供にも安全なスポーツです。

(2)大注目!まるでカードゲーム?
・フラッグフットボールはサッカーのフリーキックのような「セットプレー」を繰り返して得点を競い合うゲームです。
・ラン(ボールを持って運ぶ)か、パス(投げてキャッチする)で、いかに相手の陣地の奥までボールを運べるかで得点が決まります。
・フラッグフットボールは攻撃回数が決められており、攻撃が終わると攻守が入れ替わります(どちらかといえば野球に近い)
・プレー前に毎回作戦会議を行うことも大きな特徴です。

(3)「作戦づくり」で子どもたちが変わる!
・チームの作戦を成功させるために、子どもたちが夢中になって「話し合い」と「作戦づくり」を行います。
・ フラッグフットボールをプレーすることで、子どもたちの体力だけでなく、考える力やコミュニケーション力も同時に育てることができます。
・一人一人の「得意」を組み合わせて、勝利を目指す!
・「速く走る」「パスを捕る」だけではなく、「作戦を考える」「相手の攻撃を分析する」など、単に運動能力の高さだけではない活躍の場面が沢山あります。
・この「それぞれの得意を組み合わせて成功を目指す」という考え方は、現在社会で求められる多様性にもつながる部分があります。

(4)文部科学省「新学習指導要領」に掲載。小学校での本格導入へ!
・2020年度より本格実施された新学習指導要領の本編に掲載。
・ 「思考判断力」、「コミュニケーション力」そして「体力」。
・この3つを同時に育むことができると評価され、既に全国3割以上の小学校(約6,700校)で実施されています。
・小学校体育の半必修科目になり、全国の小学校授業で急速に普及が進んでいます。
・運動が苦手な子も参加できるのが特徴です。
・運動が得意な子は苦手な子の役割も考えるようになり、運動が苦手な子にも活躍の機会が登場します。
・チーム全員で作戦を成功させるスポーツです。

(5)大人も夢中になるレクリエーション。世界でもプレーヤーが増加!
・フラッグフットボールはアメリカでは知らない人がいないメジャースポーツです。
・教育の場だけでなく、レクリエーションや競技としても広く楽しまれています。
・近年、日本でも子供から大人までプレーヤーが増え続けており、北米やアジア、ヨーロッパの国々が参加する世界大会も開催されています。



【世界を目指す日本】

2022年6月、アメリカのミシガン大学で「Junior Flag Football International Cup 2022」が開催されました。

この大会は、ユース及びジュニアレベルのフラッグフットボールの普及及び国際競技力の向上を担うUSA Footballが開催する若年層の年代別国際大会(交流戦)です。

日本からは男子・女子それぞれU15・U17の合計4チームが参加し、4チームとも第2位という活躍でした。

そして、娘の元チームメイト(同学年)がU15女子日本代表として選抜され、試合に出場しました!

もう感激です。

僕にとっても、コーチ兼スタッフとして一緒に3年間練習した思い出の仲間です!



2028年ロサンゼルスオリンピックでフラッグフットボールの試合を日本のみんなが観戦できれば、それはそれで感動と興奮。

さらに、息子や娘のチームメイトや対戦相手の選手が日本代表に選ばれたら、そう思うと胸が熱くなります。

そんな夢を見させてくれるだけ、自分は幸せものです。

ロサンゼルスオリンピックが待ち遠しい。







kou_blue97 at 21:05|PermalinkComments(0)

2020年03月28日

娘の卒部(フラッグフットボール)

娘が3年間頑張ってきたフラッグフットボール。

卒部しました。

頑張ったね。


〜2020年のフラッグフットボールの思い出たち〜

<ガールズ大会2020>

BlogPaint

お楽しみイベントなので、娘がキャプテンに。


BlogPaint

これが最後の公式戦。


BlogPaint

一緒に頑張った6年生のガールズたち。


BlogPaint

見事、優勝しました!

有終の美だね。



<パパ&ママとの試合>

ママチーム VS プライマリー(低学年)

BlogPaint

一番、右の手前がかけだし妻。



コーチチーム VS 6年生チーム

BlogPaint

人生初、QBやりました。



<卒部式>

BlogPaint

後輩から受け取った卒業アルバム

BlogPaint

ママをおんぶできるくらい強くなりました。


BlogPaint

一生懸命に頑張る最高のチームだったね。



娘から一言

・みんなで力を合わせて最後まで頑張ることができました。
・タッチダウンができて嬉しかったです。



kou_blue97 at 23:04|PermalinkComments(0)

2019年12月08日

2019秋

もう年末になってしまいそう。

今年、やり残したことがないようにしないと。

とりあえず、2019年秋の記録と思い出を。


〇豊洲市場

DSC_2139



〇自由の女神像

DSC_2141



〇大地讃頌

俺が25年ちょっと前に合唱コンクールで歌った歌。

息子も同じ曲を合唱コンクールで歌うなんで。

なんだか感慨深し。

DSC_2152



〇フラッグフット

ガールズたちのモグモグタイム。

BlogPaint


娘、タッチダウン。

BlogPaint


BlogPaint


娘、6年生チームの最後の大会。

BlogPaint



大変よく、頑張りました!






kou_blue97 at 22:55|PermalinkComments(0)

2018年11月11日

東京ラーメンショー2018

駒沢オリンピック公園。


小雨が降る肌寒い秋の駒沢。

朝から審判。

子供たちは試合。



温まって帰ろうと、隣のイベントに寄り道。

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint



ラーメンを通じ 「観光」 「食育」 「食文化」を考え 啓蒙する

という目的で、2009年から毎年開催されているらしい東京ラーメンショー。

温まりました。




kou_blue97 at 17:55|PermalinkComments(0)

2017年07月16日

6年という月日

本日は、駒沢公園競技場で、フラッグフットボールの東日本大会。

駒沢公園競技場を訪れるのは8年ぶり。

わが母校が法政大学トマホークスに挑む勇姿を応援した思い出の場所。

8年前の駒沢公園競技場 ←ここをクリック


今日は、娘がお世話になっているチームの6年生チームの応援。

準決勝を快勝し、歓喜の笑顔。

そして、決勝戦。

娘も、仲間も、コーチも、家族も、みんなで大声援。

決勝戦の相手は、6年前に息子がお世話になったチームの6年生チームだ。

6年前の人工芝 ←ここをクリック


6年前。

みんなよりちょっと小柄でキャッチボールも苦戦していた息子。

懐かしいなぁ。

もう6年も経ったんだ。

その時、息子より1つ下の学年に、パスキャッチが上手くて熱いハートを持つ幼稚園児がいた。

その小さな子供は、幼稚園児ながら、息子の代(小学1年生)と一緒に練習を頑張っていた。

僕も、千葉の人工芝のグラウンドで、約1年弱と短い間だけど、一緒に練習して汗を流した。

その、6年前に負けん気が強い幼稚園児だった彼が、今日の決勝戦の相手チームのエースQBだった。

僕の記憶の中ではかわいい小さな子供だったのに、とてもたくましいフットボーラーになっていた。



もちろん今日は、娘が所属するチームを全力で応援。

試合は白熱する点の取り合い。

攻撃も守備も、小学生とは思えない素晴らしいプレーの応酬。

結果は、33−34で娘の所属するチームが惜敗。

本当に紙一重の戦い。

惜しかった。



相手チームのベンチとか、応援スタンドに懐かしい顔も。

そのたくましいフットボーラーは、自分のことを覚えているかわからない。

そして、大事な試合前なので話しかけようとは思わなかった。

でも、彼のお父さんには挨拶することができた。

他にも、久しぶりに会いたかった人たちにも会えた。



いま娘が一緒に頑張る仲間がいるチームと、むかし息子が一緒に頑張った仲間がチーム。

東日本大会の最も頂点で、レベルの高い試合を繰り広げているだけで、興奮が冷めやらない。

この試合を見て、娘が少しでも何かを感じてくれれば、なお嬉しい。






kou_blue97 at 20:36|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • 俺の休日の1コマ
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • みらいのとびらと渋谷スカイ〜2023東京再探索◆
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • とげぬき巣鴨とすがもん〜2023東京再探索 
  • 「おみくじ」を生活の指針として取り組もう!
  • 「おみくじ」を生活の指針として取り組もう!
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 「人生とラーメンと僕」〜2023年ラーメン始め〜
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!
  • 2023年も本格スタート!