ピアノ

2016年03月22日

Kawai Music Competition 2016

連休最終日は娘の「Kawai Music Competition 2016」。

b5405b35.jpg


昨年12月に行われたカワイの各コンクール(音楽、歌、こども)の徳島地区予選会入賞記念コンサートです。

4月に行われる四国大会に向けた調整の場。

d2ef12a4.jpg


発表会でもコンクールでもないから、撮影は自由。

206a3ad4.jpg


そして、演奏の後には先生からインタビュー。

「将来の夢は?」

「漫画家かピアノの先生になりたいです!」

と、打ち合わせどおりに発表。

しかし、最近は「漫画家」よりも、「タレント」になりたいそうな。

夢が多くて幸せです。

妄想とロマンチストな世界が広がるところがパパに似てるね。

でも、パパは現実もしっかりと認識出来てるんで、そこも見習ってくれたまえ。

妄想とロマンだけでは生きていけないぞ!



ちなみに、息子の夢は「ゲームクリエイター」から「会社員」に変更。

息子は、現実をしっかりと認識出来るところがパパに似たね。

でも、少しぐらい妄想とロマンを求めてもいいと思うぞ!



妄想とロマン。

男として、とても大切なことです。

最近、「男としてこのままじゃいけない」と強く思う日々。

なんとかして、彼女を振り向かせたい!

彼女のハートを掴みたい!

彼女だって、俺のことが嫌いなわけじゃないんだから。

結構、僕も悩んでます。

本気で大好きだから。

本気で愛したい。

愛する妻よりも、本気で好きになった人だから。



最近、彼女との仲があまりうまくいっていません。

調子に乗り過ぎて、嫌われちゃってます。



しかも、「変態、スケベ、バカ!」って言われるくらい・・・



パパに、そんな口聞いちゃいけない!

でも、そう言われるようなことをしてるんだよね。

だんだん女の子になっていくんだから、気をつけないと。

本気で嫌われたら、もう立ち直れないから。



というわけで、娘とラブラブになるために、この連休はいろいろと頑張りました。

だいぶ彼女のハートを掴めました。

この調子で頑張ろう!




kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月28日

今年もお世話になりましたっ

まちにまった冬やすみに入りましたー。

12がつもがんばりましたっ。

スイミングでは、ひらおよぎのテストにごうかく。

ピアノでは、コンクールで金しょう。

冬やすみのしゅくだいも、3にちでぜんぶおわらせました。

けっこうしんどかったよ。

あとは、ほっかいどうにいって、冬あそびをまんきつします!



ことしは、ママはお家のおてつだいでほっかいどうに行けません。

だから、ほっかいどうはパパとおにいちゃんとあたしの3人で行きます。

ママがいなくてちょっとさみしいな。

それと、車とひこうきでよったときはママがいないとしんぱい。

でも、ママがいないと、じじとばばとパパだけだと、あたしにあまーいから楽しみ。

好きなものたべれて、たくさんあそべて、おそくまでおきていられるから、うれしさのほうが大きいです。

おすしと、ジンギスカンと、びっくりドンキーが食べたい。

よだれがたれちゃうよ。

てへっ。



まずは、雪がっせん。

雪だるまとかまくらも作りたい。

虫メガネも持っていきます。

雪のけっしょうをみたいから。

キラキラかがやいてるのかな。

スキーとスケートもやりたい。

たくさんスピードだしてやるんだからっ。

フカフカの雪で、アメフトタックルしてもいいってパパが言ってた。

よし、おにいちゃんをぶったおす!

いとこのけんちゃんとあそぶのも楽しみ。

泊まりに来てくれるから、ずっといっしょにあそべるって。

あたしは2ねんせいになったけど、けんちゃんはなんねんせいになったかな?

たしか、きょねんはあたしとおなじ1ねんせいだったはずだけど・・・。



それと、ママとやくそくしました。

パパがおさけをのみすぎたり、ごはんを食べすぎないようにちゅういするの。

ほかにも、このあいだみたいに、ほかの女の人となかよくしないように見はるの。

パパったら、へんたいだからしっかりあたしがちゅういしておかないとダメなの。

そうしないと、ママはパパとりこんしちゃうんだって。

だれにも言ったらダメって言われてるけどね。



ということで、たくさんあそんできます。

ドリルを持たされたけど・・・。

けっこうおおいやん。

がくもんもしっかりがんばります!

とくしまに帰ってきたら、あたしの冬やすみについて、ごほうこくします。

ことしも、みなさんおせわになりましたっ。

よいお年を、おむかえください。

おとしだまもよろしくおねがいします。

(べんきょうもがくもんもがんばるから、ふくざわゆきちせんせいをおねがいします)

てへっ。





kou_blue97 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月20日

また1つ上のステージへ

昨日(土曜日)は子供たちのスイミングの進級テストがありました。

やっと、平泳ぎをクリア。

来年からは、バタフライに挑戦です。

水が怖くて全然泳げなかった頃に比べて、少しずつ成長しています。

今年の最後に、また1つ上のステージに上がることが出来ました。

良かった。



そして、今日(日曜日)は娘のピアノのコンクールがありました。

初めてのコンクール。

まさかの金賞。

次の四国大会に参加できるみたいです。

奇跡やな。

今年の最後に、また1つ上のステージに上がることが出来ました。

良かった。



コンクールが終わって、審査結果の発表まで2時間以上空いたので、

まさか表彰されるとは思わず、鳴門市のクリスマスマーケットに遊びに行くくらいの緩い感じだったのに。



クリスマスマーケットでは、

・地元のドライフルーツ
・地元の焼いも(鳴門金時)
・地元の苺
・県内のゆこうドリンク

などを買い、味わいました。

天気も良く、結構な賑わいでした。



そして、同じく今日(日曜日)、王子スタジアム(神戸市)で「NFLフラッグフットボール日本選手権大会2015大会」が開催されました。

小学生部門では、東日本代表のジュニアシーガルズが西日本代表の草津リトルパンサーズに39−27で勝利し、優勝を決めました。

いやー凄い!
日本一やで!

息子がジュニアシーガルズに所属していた時、同じグラウンドで練習していた、1つ上の学年のお兄さんたちです。

選手のみんな、コーチの皆さん、ご家族や関係者の皆さん、本当におめでとうございます!

小学校6年生の最後に、また1つ上のステージへ成長出来ましたね。

本当に凄い!



そして先週、こんな僕を慕ってくれる後輩たち3人が気にかかり、心配だったので、

仕事や生活の状況を聞いてみたら、

3人ともそれぞれ支店の重要な役割を担っていて、

僕よりも難しい仕事をしていて、

僕よりも当然に忙しい状況で、

それでいて高いモチベーションで頑張っている。



まだまだひよっ子だったあの頃を知っている僕としては、

ちゃんと、上のステージに上がり躍進して活躍していることが、

とても嬉しくて喜ばしいこと。

もう、何も心配することなんかない。

ちょっと寂しさを覚えるけど。



後輩なんかよりも、一番頑張らないとダメで、一番心配なのは、俺じゃん、俺。

もっと頑張れ、自分!





kou_blue97 at 20:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年06月16日

真実は1つ

先生
「では、再来週の宿泊研修で歌う曲の伴奏者を2人決めます。やりたい人いますか。」

俺、心の声
「おいおい。俺、ピアノ習ってるの先生にバレてるから、ヤバいやないかー。他にピアノ習ってる人、クラスにいるんかいな。」

先生
「じゃあ、ピアノを習ってるAさん(女の子)とBさん(女の子)お願いします。」

俺、心の声
「セーフ。助かった。面倒くさいからやってられるか。」

Bさん
「先生、私、ピアノ習ってるけど上手じゃないし、難しくて弾けなそう・・・」


「先生。俺、やるよ。」

息子曰く
「他の2人に決まったけど、1人の代わりに自分になるはめになった」
とのこと。




<ケース1>

Bさん
「先生、私、ピアノ習ってるけど上手じゃないし、難しくて弾けなそう・・・」

俺、心の声
「Bさん、困っているみたい。なんか可哀相。本当に弾けないのかなぁ。よし、代わってあげよう。」


「先生。俺、やるよ。」



<ケース2>

Bさん
「先生、私、ピアノ習ってるけど上手じゃないし、難しくて弾けなそう・・・」

俺、心の声
「Bさん、大丈夫かな。そんなに難しくないよね、って、泣きそうな顔してるー。助けてあげなきゃ。」


「先生。俺、やるよ。」



<ケース3>

Bさん
「先生、私、ピアノ習ってるけど上手じゃないし、難しくて弾けなそう・・・。他にピアノ出来る人いないかなー。」

みんなの視線が俺に注がれる。

俺、心の声
「えっ、俺。ここで手をあげなきゃ、かっこ悪い系ですか。しょうがねえ、やるか!」


「先生。俺、やるよ。」



<ケース4>

Bさん
「先生、私、ピアノ習ってるけど上手じゃないし、難しくて弾けなそう・・・。俺クン、ピアノ出来るんだよね。」

みんなの視線が俺に注がれる。

俺、心の声
「えっ、何この視線。超痛いんですけどー。何だよ、視線ハラスメントやないか!」


「先生。俺、やるよ。」





結局、俺が伴奏弾くはめになったはいいけど、結構難しい。

出来なくて、大変で、特訓した。

上手に弾けるようになるまで、めちゃくちゃ時間がかかった。

そして、ゲームをする時間がなくなった。

全俺が泣いた。

そんな小学5年生の思い出の1コマ。

本番まで、いよいよ後2日。

kou_blue97 at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京