トマホークス

2010年08月30日

北海道学生アメリカンフットボールリーグ開幕

8月29日、残暑が残る北海道札幌の大地で、関東よりも一足早く北海道学生アメリカンフットボールリーグが開幕した。

開幕カードは、第一試合が昨年準優勝の北海道大学ビッググリーンvs札幌学院大学クリムズンナイツ、第二試合は昨年優勝の小樽商科大学トマホークスvs北星学園大学パイレーツ。

王者奪回を目指す北海道大学は、春のオープン戦で関東2部リーグの東洋大学相手に勝利。今年こそはと関東挑戦に向けて開幕に挑む。

一方、連覇を目指す小樽商科大学は、春のスズランボウルで関東2部強豪の横浜国立大学に敗れるも北海道王者の底力を見せ、初の完全連覇に向けて開幕を迎える。

第一試合は北海道大学が札幌学院大学に27ー14、
第二試合は小樽商科大学が北星学園大学に49ー6と順当に勝利。

春のオープン戦では北星学園大学が小樽商科大学に23ー0と完勝したが、あくまで春の試合は調整。

5月には小樽商科大学と北海道大学が0ー0のスコアレスドローであった北海道2強の戦い。

完成度及び真の実力が上回るのはどちらのチームか。

新しい伝説が 今 始まった。



かけだし金融マン(mixi)は、OBとして今年もTOMAHAWKSが躍進することを期待して応援します。



kou_blue97 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月18日

TOMAHAWKSの伝統と進化

e5434e8f.jpg
72738783.jpg
d5c6da12.jpg
月刊タッチダウンに小樽商科大学トマホークスの記事が載ってるということで早速Amazonで取り寄せた。

あんな小さな大学で部員100人超なんてすごい。

春のオープン戦でQBを3枚投入で調整なんてなんかカッコイイ。

いろんな伝統があって、さらにそれが進化している感じがして嬉しいです。



今日はちょっとフランクな切り口で思い出してみます。

タッチダウン誌の記事にあったマッスルリーダーという言葉。

うちらの一つ下の世代が初代マッスルリーダーだったはず。

たしかジャックが初代だったよね。

今でもマッスルリーダーという役職があるんだーと思いました。



それと、mixiで現役世代のTOMAHAWKSにたまにあしあとつけたりしてます。

日記も読ませてもらったりしてるけど、飲み会でLOVE YOU ONLYがトマホークスの歌みたいになってるって記事を読みました。

当時LOVE YOU ONLY歌ってたの僕ですから!!

先輩世代では歌ってなかったから、もしかしたら俺が初代LOVE YOU ONLYか?



同じく自分の代で盛り上がった慎吾ママのおはロックがトマホークスで歌い継がれてるか気になります。



現役か若いOBで事情わかる人いたらコメントするかmixiでメッセージください。

mixiは、「kou.blue97」でたどり着いてくれ。



かけだし金融マン(mixi)でした。




kou_blue97 at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月20日

感動の涙の数

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



ここ1ヶ月、僕の関心はアメフト一色でした。

小樽商科大学トマホークスが、北海道大学ビッググリーンを撃破、初の北海道リーグ単独優勝、甲子園ボウル優勝(大学日本一)候補の法政大学トマホークスへの挑戦権獲得、そして法政トマホークスから奪った記念すべき13点。

11月21日の道新スポーツに小樽商科大学アメフト部の記事が掲載されるようです。是非ご覧あれ。

仕事はもちろん頑張ってますよ。年末に向けて忙しいし、バリバリ残業もしてますし。でも30歳を過ぎてもまだこんなに母校のアメフトで盛り上がることが出来るなんて思ってもみませんでした。

このままではアメフトblogになってしまうので(笑)、トマホークス関連の記事は今日で一旦終わりにします。また来年のTOMAHAWKSの活躍を記事にすることが出来る時まで。さらなる進化を期待して。




9年前の今頃、僕らは雪が降り始める中でフィールドに立っていた。

スコアは10ー7。試合時間は第4Q残り3分弱で、自陣40y付近からの攻撃。

時間を消費するようなランプレーを3つ続けて、パントで敵陣深くに蹴り込んで、余裕を持って相手の最後の攻撃に備える。それは80%近い確率で勝利を意味するものだった。勝利=3シーズン振りの1部リーグ復帰。

アメフトの神様は簡単にはそれを許さなかった。

絶対的エースのQBが相手守備のタックルでボールをファンブル。自陣40y付近から相手チームに攻撃権を奪われた。そして1stダウンを奪われ、自陣30yへ。

勝利の確率が一気に50%近くへと下がった。

1stダウンのパスは覚えていない。2ndダウンのパスはエンドゾーンを越えた。3rdダウンのパスはエンドゾーン内のWRの手に収まったかに見えたが、SSとCBのカバーでボールを確保させなかった。そして試合時間残り1分での4thダウンのパスもCBがカバーした。念のため、イエローフラッグがないか確認した。ディフェンスのみんなが歓声を上げた。

勝利を決めた瞬間だった。

僕は涙ぐんだ。攻守交代でベンチから出てきたエースQBは号泣していた。

ベンチに戻るとみんな泣いていた。フィールドを眺めながら涙をすすっていた。

2プレーが3プレー、ボールをイートして時間を流す。そしてカウントダウン。止まらない涙。たぶん人生で一番泣いた。





8年前。前年と同カード。僕はコーチとしてベンチにいた。

6ー9で第4Q残り2分弱。敵陣40y付近からの最後の攻撃。4thダウン10y。止められれば敗北。敗北=2部リーグへ降格。

最後まで諦めていない後輩達を、アメフトの神様は見捨てなかった。

フレックスボーン体型から左SBがアンダーモーションして、右にプレーを展開。リードオプションfakeの右SBへのプレーアクションパスが成功し、そのままエンドゾーンへ走り抜けてTD。逆転。

3年のQBと4年のオフェンスキャプテンが抱き合い涙を流している。ベンチも号泣状態。涙が止まらない。まだキックオフで相手チームの攻撃も残っているが、もうプレーどころではないのでタイムアウトを取るほどの涙。

そして1部リーグに踏みとどまった。





そして今年。優勝候補NO.1の北大相手にイートして、カウントダウン。

そこには、トマホークスの歴史上最高の達成感と感動と止まらない涙があった。



僕らの前の諸先輩方が培ってきたもの、築き上げてきたもの。そして、僕らの後輩達がさらに積み上げてくれたもの。

それが北海道リーグ優勝へとつながったと思う。

その歴史の1ページに参加出来たことを誇りに思う。

来年もまたクラッシュボウルの場で小樽商科大学トマホークスがプレーすることを期待したい。



kou_blue97 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月25日

小樽商科大学トマホークスが北海道リーグ優勝

10月25日(日)に行われた北海道学生アメリカンフットボールの最終節、全勝同士の対決となった小樽商科大学トマホークスと北海道大学ビッググリーンの試合は、第1Qに先制した小樽商大トマホークスが、後半追いすがる北大ビッググリーンを退け16ー9で勝利し、北海道リーグ優勝を決めた。

小樽商科大学は、昨年北海道リーグを初制覇(北海道大学と同校優勝)していたが、最終節及びプレーオフと北海道大学には敗れていたため、雪辱を晴らした形での初の単独優勝(2連覇)を決めた。

今年から甲子園ボウルが全日本大学選手権へと新しく生まれ変わり、北海道リーグ優勝が「ROAD TO 甲子園ボウル」となるが、北海道リーグ代表として安定した攻撃と守備を誇る小樽商科大学TOMAHAWKSが東日本代表校決定戦準決勝に進出し、関東リーグAブロック1位校と対戦する。


kou_blue97 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月15日

切り札は先に見せるな

こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



大学4年の時、最終戦は入替戦で、勝ったチームが1部、負けたチームが2部という本当に最後の決戦という感じでした。

結果的には、前半を10ー0で折り返し、後半に7点取られ、さらに追いすがるところを何とか逃げ切り、10ー7で勝ちました。

物心ついてから人前であんなに号泣したのは初めてです。

でも今だから、勝ったから言えることですが、とっても心残りなことがあります。

勝者だけが味わう悩みかもしれません。



アメフトには2ミニッツオフェンスという言葉があります。

試合時間残り2分で負けているチームが行う攻撃です。

いわゆるリスクが大きいけど、大きなリターンが見込まれる捨て身の攻撃です。

例えば、サッカーだとコーナーキックとかで味方のゴールキーパーも攻めるみたいな感じでしょうか。

何が何でも点を取らなければ負けるシチュエーションですから。

逆にサッカーでは勝っているチームは、無理につなげずに大きくクリアするとか、ライン際でボールを維持して時間をかけるとか、点を取られるリスクを最小限に抑えるプレーを選択します。

どのスポーツでも同じですよね。



さて当時僕たちのチームは体のサイズとパワーで圧倒的に負けているため、システムとプレーの質で勝とうと考えていました。

ただし、あくまでもこの入替戦が最終目的で戦ってきたので、それまでのリーグ戦では出来るだけ手のうちを見せずに戦ってきました。

しんどかったです。

相手はうちらに勝つためにあらゆる切り札を出してくるのに、こっちは切り札を出せないのですから。

ともあれ、いわゆる2ミニッツオフェンスとして、相手の意表をつき、プレーとしては理に叶っていて、例え苦戦を強いられても希望を持ち続けられる、そんな切り札のプレーをいくつか用意しました。

それは、例え負けていても、本当に希望を持ち続けられるプレーでした。



今日一番言いたいこと

『切り札は先に見せるな。

見せるならさらに奥の手を持て。』



とある漫画に出てくる言葉です。

うちの実家にもありました。



話を戻しますが、切り札のプレーって、普通の時には使えません。

なぜなら一度見せてしまえば、もう切り札ではなくなるから。

そして、切り札ゆえにリスクが大きすぎるから。



先に説明しましたが、最終戦では10ー0と先制し、最後に逆襲にあい逃げ切る試合展開でした。

前半は先制点を取るために、様々なプレーを駆使して攻めていきます。

相手守備の傾向をみながら、駆け引きをしながら、いろんなプレーを組み立てる。

そんな楽しい展開です。



ただし後半に入るとそうもいきません。

もちろんセーフティーリードではありませんが、あえてリスクを負う必要もない、そんな難しい試合運びが必要です。

第4Qに入ってからは、リスクを最小限に抑え、さらに時間をギリギリまで使う、そんな試合運びとなります。

逆に相手はリスクを負ってでも攻めてくる攻めてくる。

厳しい守りの時間が続きました。

そしてなんとか守りきった。

本当に嬉しかったですよ。

本当に。



ただ、今考えると、勝者だけが味わえる大きな喜びを味わいましたが、

自分達の持てる技を出し切れない、夢と希望の詰まったプレーを使えない、そんなもどかしさも、勝者だけが味わえるものなんだなと感じています。



あのプレーがグラウンドで大きく羽ばたくところを見たかった。

そんなわがままを思い出しました。



切り札は先に見せるな。

見せるならさらに奥の手を持て。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 22:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月06日

小樽商科大学が北海道リーグ初優勝(アメリカンフットボール)

10月5日、札幌円山陸上競技場で北海道学生アメリカンフットボール連盟の秋季リーグ第4節が行われ、小樽商科大学トマホークスが北海道工業大学マッドウルブスを24ー7で下し四戦全勝を守ったため、最終節を待たずにリーグ優勝(同率優勝以上)を決めた。

北海道大学ビッググリーンが4連覇中であった北海道リーグだが、小樽商科大学トマホークスがこれまでの4試合で112得点の24失点と安定した試合運びで唯一全勝を守り、創部31年目にしてリーグ初優勝を果たした。

小樽商科大学を1敗差で追う北海道大学ビッググリーンは同じく1敗差で追う北海学園大学ゴールデンベアーズを16‐13で下し、最終節(10月19日)の小樽商科大学戦に同率優勝への望みを繋げた。

なお、最終節で北海道大学が小樽商科大学を下し両校同率優勝となった場合は、パインボウル(北日本王座決定戦、北海道リーグ代表校と東北リーグ代表校)出場権をかけプレーオフが行われる。



おめでとうTOMAHAWKS

最終節も期待しています。

かけだし金融マン(mixi)は小樽商科大学トマホークスをいつも応援しています。


kou_blue97 at 00:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月21日

hallelujah

c3ffd2b0.jpg


9d7ccd28.jpg


こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



アメフト同期

最後の1人の結婚式



みんな夫婦仲良くお幸せに





kou_blue97 at 17:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月05日

GW3日目

94d10df5.jpg鯉のぼり


022be119.jpgベランダ作業


64888612.jpgプランター


かけだし金融マン(mixiはこちら)です。



連休3日目

子どもの日。

子ども達の風邪の具合はまずまずだが

外出はままならず。




というわけで

今日はプランターのお手入れ。





乾燥を好むピーマンと

乾燥を嫌うナスを

同じプランターにしてしまったことに気付き

プランターを増やして苗を植え替えました。





ホームセンターでお買い物。



なんと『半立』の苗が。



『半立』なんて微妙な響き。



『半立』と『ナタテユタカ』の苗を急遽購入。



『半立』ご存知ですか?

落花生の王様ですよ。

king 落花生。



というわけでプランターがまた増えちゃいました。



プランターに支柱を立てて苗に巻きつけます。


支柱に支えながらしっかり育って欲しい。

どう育つか本当に楽しみです。





精神的支柱。

一家の支柱。



僕も、子ども達の支柱として

子ども達が健やかに育つよう

しっかりと支えていきたいと決意しました。



そんな子どもの日になりました。





P.S

今年もOB戦に参加出来なくてすいません。

支柱とはなれませんが

遠くから

ささやかながらいつも

小樽商科大学トマホークスを応援しています。



頑張れ!!

TOMAHAWKS!!


kou_blue97 at 20:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 南房総で合宿。
  • 南房総で合宿。
  • 南房総で合宿。
  • 南房総で合宿。
  • 南房総で合宿。
  • BEAUTIFUL FACES 
  • since 1976 〜 IBM BigBlue 〜
  • since 1976 〜 IBM BigBlue 〜
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 2017夏
  • 2017夏
  • 2017夏