スープカレー

2022年06月20日

札幌帰省 in SAPP‿RO(4日目/最終日)

早いもので最終日。

朝からドライブがてら、寄り道しながら羽田空港に向かいます。


DSC_2182


テイクアウトしたスープカレー。

妹の家に立ち寄り、いただきます。

スープカレーも北海道の恵み。


DSC_2180~2


八紘学園のソフトクリーム。

自然な甘さで牛乳の旨味が凝縮。


DSC_2190


新千歳空港。

その先の、道へ。北海道。

娘が好きな、初音ミク。

札幌生まれらしい。自分と一緒。



今回の、札幌帰省。

父親も元気。

母親も元気。

妹夫婦も元気。

そして、北海道の魅力と味覚を堪能。

それだけで、充実した時間になりました。

また来るぜ、北海道。

そしていつか、住みます、札幌。







kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)

2009年06月14日

ファイヤーダンス

111fda87.jpg


5f0e4d21.jpg


f45b5513.jpg


こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



最近はパパと子供たちでのお出かけが増えてきました。

公園とベイシアのおもちゃ売り場で家出てから3時間粘りました。

クタクタで帰宅となります。



夜ご飯はあるもので間に合わせようと、札幌のスープカレーを味わいます。

本日のは札幌のスープカレーの有名店『lavi』のレトルトです。

一口食べた瞬間から口に広がるスパイスの香りと、後から刺激される辛さがなんとも言えない感じ。

神の雫を意識して表現してみました。



『あっあぁー、

これは、アジアの南国。

スパイスの効いた料理が並べられ、真ん中には大きな炎が。

周りにはたくさんの人が、これはっ祭りか。

炎を囲んでみんなが踊っている。

あっあぁー、炎がドンドン大きく燃え上がり、ファイヤーダンスが激しくなっていく。。。』

ひと口でそんな世界が頭に浮かんできました。



不快な梅雨の季節、

燃え上がるようなスープカレーで不快感を吹き飛ばしてみるのはいかがですか?



妻の感想は

『ってゆーか、トイレの芳香剤?』

だったけどな。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 08:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年12月29日

スープカレー久しぶり

f53d219e.jpg


e1502f76.jpg


スープカレー食べました。

豚の角煮とアボガドとか。



kou_blue97 at 20:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜