サッカー

2015年03月15日

ペナルティーキック

公園に行ったら、隣にグラウンドがあって、サッカーゴールが空いていた。



僕の人生で、PKを蹴ったことはない。

もちろん遊びではあるけど。

公式の大会に出たことがあるのは、野球とバスケとアメフトと水泳とスキーくらい。

サッカーの試合は、中学校の球技大会と大学でラグビー部と試合したくらい。

車にはサッカーボールを積んでいるので、真剣かつ本気でPKを蹴ってみた。

ちなみに、子供達と妻はグラウンドには来ず、公園のアスレチックで遊んでいるから、一人で盛り上がる俺。




さて、PK。

ペナルティーキック。

ゴールまでの距離は12ヤード。

ヤードはまかせてくれ。

だいたい10.97メートル。

短いようで、結構長い。

アメフトの10ヤードも、短いようで、結構長い。

1ヤードで泣いたり笑ったり、勝利の女神に見放されたり、微笑んでくれたり。

たぶん、PKは難しい。

こないだのアジアカップでも、本田と香川が失敗していた。

どれくらい難しいのか、確かめてみよう。




まず、ボールを置く。

そして、助走のために下がる。

ちょっと後ろ左斜めに立ち止まる。

蹴る瞬間まで、読まれないように目線も重心も真っすぐ。

狙いはゴール左隅。

緊張感を持って、軽い助走から、最後は強いインパクトを意識して、蹴る。

ボールは強く低い弾道で、ゴールポストの左に反れる。

失敗だ。

左ゴールポストを1、真ん中を5、右ゴールポストを9とすると、ボールは0の位置。

左を意識し過ぎたのか、斜め左から助走したのが悪いのか。




次は、真っすぐ下がって、真っ正面で立ち止まる。

眺めが良くて、上手く狙えそうだ。

同じく左を狙う。

真っすぐ、軽い助走から、左に強く蹴る。

思ったよりも、真ん中にボールが飛んでいく。

さっきは左に外したから、真ん中を意識し過ぎたか。

左ゴールポストを1、真ん中を5、右ゴールポストを9とすると、ボールは4の位置。

失敗だ。

これではゴールキーパーに止められる。




今度は、力を入れすぎずに、ゴール右上を狙おう。

スピードより、コントロール重視で。

キーパーが右に飛んでも取れないくらいの高さ。

真っすぐ下がって、気持ちやや左に立ち止まる。

軽めの助走から、ボールを浮かせるように、ゴール右上を狙って蹴る。

案の定、ボールはゴール右上に外れる。

ボールを浮かせることに意識し過ぎたか。




3本蹴って、3本失敗。

もしかしたら、2本目はゴールキーパーの動き次第では入ったかもしれない。

でも、枠を外すなんて。




4度目の挑戦。

ちゃんとゴール左側に決まりました。

左ゴールポストを1、真ん中を5、右ゴールポストを9とすると、2.5くらいにビシッと決まった。

気持ちいい。

そんな土曜日の昼下がりでした。



kou_blue97 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月25日

デンマーク

デンマークと言えば豚肉ですよね。

普段何気なく食べているハムやソーセージの大半はデンマーク産の豚肉ではないでしょうか。



さて昨夜はいつもよりちょっと早目に帰宅。

20時頃にお家に着きました。

娘がちょうど寝たところで、息子は21時消灯予定でした。

急いで飯食ってシャワー浴びて、息子の歯磨きをします。

仕上げはパパ。

消灯までちょっと時間があります。

息子と二人きりの大切な時間。

リクエスト通りに絵本を読んであげます。

幸せなひと時。

21時に消灯すると21時10分には爆睡。

さすが息子。

自分も日本代表戦に向けて早く寝ないと。

焦ると中々眠れない。

でも22時過ぎると段々意識がなくなってくる。



3時半に携帯アラームで目覚めました。

さあ日本代表戦。



結果は皆さんご承知のとおり。

それにしても遠藤のフリーキックの時の壁の日本とデンマークの身長差ったらスゴイですねー。

流れの中から3点目取れたのも良かった。



5時15分過ぎに試合終了。



さあどうしようかと思っていたら、息子が起きてきました。

朝6時から、ベネッセのこどもチャレンジの買い物すごろくをやります。

ちょっとだけルーレットをいんちきした息子の勝ち。



朝から幸せな気持ちで過ごせました。

仕事中はちょっと眠たかったけど。



次はパラグアイですね。



かけだし金融マン(mixi)でした。





kou_blue97 at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月07日

土曜日

こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



週末が終わりましたので思い出に浸ります。



土曜日

前日にビール飲みすぎて吐きました。

でもしっかり吐いてから水分とったので二日酔いにならなくてすみました。

朝から家族そろって図書館に遊びに行き、『ボルドー ワインの旅』と『トスカーナ ワインの旅』の本を借りました。たぶんタイトルは違いますが、そんな感じの本でした。

branchにジョナサンに行き、塩味のペスカトーレ頼みましたが、娘にたくさん盗られました。

ワインが飲みたくなりました。

そんで買い物したりして、息子が欲しがっていたカラーの小麦ねんど買いました。

帰宅してねんどで遊んでから、テントウムシを探しに子供たちと外に出ました。

ベランダ菜園のシシトウにアブラムシが増えてきたので、なんとかテントウムシにやっつけてもらいたい。

子供たちに『シシトウさんがアブラムシにやられちゃうから、テントウムシを探しに行こう』と語ったところ、平日金曜日の朝6時過ぎに息子に起こされて、『テントウムシ探しに行こうよ』と連れ出されたりもしました。

夜は早めにご飯食べて、お風呂屋さんに行きました。

風呂上がりに着替えを見たら、妻のパンツと娘の下着しか入ってなくて、パンツおかわりしちゃいましたよ。

で妻と子供たちを気合いで寝かしつけて、サッカー見ながらボルドーの旅の本を読みました。

ウズベキスタン相手に防戦一方の時間が長くてちょっと物悲しく思えましたが、勝てて素直に喜びました。

あのオフサイドはどうかと思いますが。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月10日

サッカーと戦術と僕

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。





この前の週末

植田JAPANと岡田JAPANの試合を見ました。



バレーボールは良かったですね。

久しぶりの感動でした。

おめでとうございます。



サッカーも

久しぶりにゆっくり見れて良かったです。





サッカーは素人ですが

かけだし金融マン的サッカー論について

今日は書いていきたいと思います。





理想的な戦い方は

能力の高い選手を集めて

その試合毎

その状況毎

システムを柔軟に変えて行けるチームですよね。





相手によって

状況によって

3バックにしたり4バックにしたり出来るチーム。





でも

3バックとか

4バックとか

守備や攻撃のコンセプト

求められる役割も

周りとの連携もタイミングも

全く異なるはずです。





3バックにも

4バックにも

柔軟に対応出来るメンバーなのか

その辺が重要になってきますよね。





システムを変えることにより

機能しなくなるくらいなら

システムなんか変えない方がいい。





1つのことも出来ないのに

いろいろやろうとしても

1つも出来ないで終わる。





戦術って難しいですね。





他にも

キープレーヤーを最大限に生かすシステムもありますよね。



多分それはそのメンバーでは

最大限の効果を発揮出来ますよね。



でもキープレーヤーがいなければ

戦術自体が崩壊する。



一方で

マニュアル化されたシステムでは

メンバーが入れ替わっても

人に依存しない戦術なので

戦術が崩壊することはない。





戦術って難しいですね。






かけだし金融マン的には

1つのシステムに限定して完成度を高め

特定の人に依存しない明確なコンセプトの戦い方が好きです。





そういう意味で

トルシエJAPANの戦い方が一番好きでした。





短期間で効果を上げるには

効果を極大化するために人に依存した戦術が必要です。



長期的に戦うためには

人に依存し過ぎず

誰が入ってもコンセプトが明確な

そういう仕組みが必要です。



仕組みづくりって

本当に大切です。





マニュアル男ばかりじゃ勝てないけどな。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 21:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年11月02日

リスクの負いかた

今週はイベントと出張続きで仕事がヤバいかけだし金融マンです。



出張先でスポーツ新聞読みながらお昼を食べていたら

ちょっと気になる記事がありました。

『フォワードが2トップになってからは、攻めのいい形がつくれた。』

負けたチームの選手のコメントです。



ここからは仮定の話。

もしこのチームが守り重視の1トップで、

守りながらも1点を取られ、

0ー1で負けていたとします。

次の試合で、

2トップにしたことにより、

攻めのいい形がつくれて1点取れたけれど、

結局1ー2で負けたとします。

その時に

『フォワードが2トップになってからは、攻めのいい形がつくれた。』

の発言がなされたのであれば、

それは違いますよね。



攻めに人数をかけたのであれば

攻めでいい形を作れるのは当たり前。

逆に守りに人数をかけたのであれば

守りがしっかりするのは当たり前。



攻めに人数をかけたのであれば

守りが弱くなるリスクを

攻めで結果を出さなければならない。

守りに人数をかけたのであれば

攻めが弱くなるリスクを

守りが結果を出さなければならない。




人や資源の選択と集中により

強化する部門においては

今まで以上の結果を出すだけじゃなく

人や資源が減少する部門の機会やリスクを負い

全体としての効果や結果を出さなければなりませんよね。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 20:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年06月16日

こだわりを一蹴

2月下旬の記事にも書きましたが、
僕はジーコ派ではなく、トルシエ派です。


負けたから言うんじゃないっすよ!!

後出しジャンケンでもないっすよ!!





3‐5‐2を止めて、4‐4‐2にするらしいですね。
吉と出るか、凶と出るか。
吉と出れば、采配を誉め称えます。
尊敬しますよ。



サッカーではありませんが、
僕も大学時代はシステムを学び、
采配を振るう立場を経験しましたので、
悩む気持ちはよくわかります。



本当に実力のある個々の集団であれば、
3バックだろうが、
4バックだろうが、
今なにをしなければならないか、
何故このシステムにしているか、を理解し、
そのシステムの長所短所を把握し、
自然と連携をとって、システムが浸透していくはずです。



ただし、理解が乏しかったり、
寄せ集めのチームだったりすると、
結局やりたいこと、
目指すところが曖昧になり、
システム変更は逆効果となってしまいます。





そういった意味では、
トルシエの方が、
やりたいことがわかりやすかった。



天才は、自分レベルで考えてしまうから、
監督とかは難しいのかも、しれませんね。



勉強もそう。
天才はわからない者の気持ちがわからなくて、
指導者には向いていない。



頑張れ、日本!!


kou_blue97 at 20:18|PermalinkComments(40)TrackBack(0)

2006年04月25日

ひとつ屋根の下

昨日は、うちの課とおとなりさんの課で親睦を深めるための飲み会でした。



おとなりさんの課とは、仕事上のつながりが深く、コミュニケーションが大切です。



例えると、うちの課はフォワードで、おとなりさんの課は中盤です。



おとなりさんの課に期待するのは、

ゲームを組立て、

ゲームを支配し、

的確なセンタリングをあげてもらったり、

時には、ロングシュートや二列目からの飛び出しでゴールを狙ってもらいたい。





うちの課は、

勝負していいのか、

ポストになってさらに組立てればいいのか、

状況に応じた判断が求められるとともに、

確実かつ精度の高さ、決定力が求められます。






そのためには、

どんなプレーが得意で、

どんな技を持っていて、

どこにパスが欲しいか、

どこは苦手か、

お互いに理解しあい、お互いにフィニッシュのイメージを持つことが大切ですよね。



目的、ゴールはただ1つ。

立場は違えど、目指すモノは同じですから。




さあ、ちょっとずつ信頼関係築けるよう、今日からまた頑張ります。


お前、オフサイドばっかじゃね〜かとか、

仕事も夜も決定力不足とか、

キツイご指摘をいただかないよう気を付けたいです。



kou_blue97 at 08:13|PermalinkComments(12)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末