クラフトビール

2022年08月10日

高崎にもクラフトビール(Craft Beer)

好きなお酒は何ですか?

と聞かれたら、答えるのはこの2つ。

1.クラフトビール
・特に「ペールエール」と「IPA」

2.スコッチウイスキー
・特に「シングルモルト」

群馬県は高崎市でクラフトビールをいただきました。

DSC_2308


<クラフトビール(Craft Beer)とは>
・小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビール。
・ビール職人が造り出す高品質なビールがクラフトビール。

<日本の小規模生産ビールの歴史>
・日本では、1994年にビールの酒税法が改正。
・最低製造数量が2000キロリットルから60キロリットルへと規制が緩和。
・全国に4大メーカー以外の小規模なビール製造会社が誕生。
・いわゆる地ビールブームの始まり。

<地ビールブームの沈静化>
・醸造技術が未熟で高い品質が維持できなかった。
・価格が品質に比べて高かった。
・品質よりも町おこしが主目的となった。

<地ビールからクラフトビールへ>
・2004年頃を底に小規模生産ビールの売上は徐々に増加。
・醸造技術の向上により、高品質なビールが生産可能。
・低レベルの醸造業者は淘汰されていった。
・ベルギービールなどの高品質のビールの普及。



<高崎市のバール「BOCCA」>

DSC_2307


高崎駅近くにある「BOCCA」

地元群馬のクラフトビールをはじめとする8種類の生ビールが味わえます。

定期的にビールの種類は入れ替わります。

そして、高崎には「シンキチ醸造所」

この日のビールは、蕗の山菜エール「山芳る」

地元のふき(山菜)の香りと風味。

そして、酵母が生きる爽やかな酸味。

季節の果物や野菜を使った微炭酸のビールも醸造しているようです。



いろんなクラフトビールがあるもんだ。



kou_blue97 at 23:48|PermalinkComments(0)

2022年07月27日

上州富岡ブリュワリー 〜歴史ある街の小さな醸造所〜

久しぶりに予定の少ない週末。

そんな日は、電車に乗ろう。

群馬県はクルマ社会。

だけど、電車も好きなんです。

電車が好きな理由、それは…

・移動時間を有効に使える
 (本を読めるし、睡眠もとれる)
・ゆっくりと景色を眺められる
・観光して疲れても、安全・安心
・旅先でお酒を飲んでも良い

というわけで「ぐんまワンデーパス」

緩い目的と気ままに自由な電車の旅、スタート。



<上信電鉄>

・1895年に上野鉄道(こうずけてつどう)として設立
・1897年に高崎ー下仁田間が全通
・現存する日本の私鉄沿線の中では3番目に開業
・東日本最古の私鉄
・1921年に長野県までの延伸を計画(後に頓挫)
・上信電気鉄道へ社名変更


HORIZON_0001_BURST20220723125048668_COVER


ここは高崎駅の0番線。

JRの改札を出て、上信電鉄の改札から入った場所。

電車に揺られて群馬県の西部に向かいます。

今回の目的地は、昨年からずっと行きたかった場所。



<上州富岡ブリュワリー>

DSC_2279


・上州富岡駅近くの小さな醸造所
・歴史ある街から、新たな挑戦
・ビールを通じて、地域とつながる
・日々の暮らしに彩りを

DSC_2280


まずは、3種類のビールの飲み比べセット。

「クリスタルエール」
・大麦の深いコクとフルーティで透きとおった味わい

「チョコ」
・チョコレートモルトを使用
・苦味と甘みの絶妙な味わい

「スタウト」
・クリーミーな泡
・芳醇かつすっきりした味わい


DSC_2281


新発売の「IPA」

お通し代わりの「富岡産枝豆」

最高の組み合わせ。

美味しいビールで笑顔と幸せ。



<上毛電鉄>

DSC_2283


・1926年に上毛電気鉄道として設立
・1928年に中央前橋ー西桐生が全通
・大胡から伊勢崎を経由して本庄(埼玉県)までの路線計画あり

群馬県の歴史ある私鉄。

上信電鉄と上毛電鉄。

趣があり、いとをかし。




kou_blue97 at 18:49|PermalinkComments(0)

2022年06月19日

札幌帰省 in SAPP‿RO(3日目)

時間があったので小学校と中学校まで歩いてみた。

懐かしい通学路。


変わらない香り 景色 風
ここに立つと蘇る
こみ上げる記憶 読み返す
思い出は 俺 輝いた証だ



変わらない景色もあれば、大きく変わった風景も。

そんなことを思い出しながら、向かった先は…



<八乃木>

DSC_2160


札幌といえば、ラーメン。

もちろん、みそラーメン。

DSC_2159


「八乃木」の店主の修行先は、札幌みそラーメンの名店「すみれ」

全国で4店舗、北海道では2店舗しかない「すみれ」から暖簾分けされたラーメン店。

とても美味しくいただきました。



<夜の大通公園とテレビ塔>

DSC_2168


<夜の時計台>

DSC_2169


昨日は、日中に大通公園を歩き、テレビ塔や時計台を散策。

青空の下も映えるけど、夜のライトアップも幻想的。



<月と太陽 BREWING>

DSC_2176


まじめ、ときどき、おおらか。

北海道のクラフトビール。

クラフトビール好きの自分につき合ってくれた両親。

DSC_2175


ペールエール
IPA
ブラウンエール
スタウト

いろいろな味のビール、美味しいです。

フィッシュアンドチップスは、北海道のホッケとジャガイモ。

DSC_2174


北海道のソイのカルパッチョ。

料理も北海道が味わえるお店。


<札幌市電>

DSC_2164


札幌の夜を彩る路面電車。

DSC_2167


最新型の車両も。

久しぶりの札幌の夜を歩いた。



kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜