アメフト

2022年11月13日

人生を豊かにする「つながり」と「ご縁」に感謝

人生を豊かにするもの。

時期、環境等、様々な要素があり、それは人それぞれ。

その中でも、「つながり」と「縁」の大切さ。

それを感じる日となりました。

<2022年11月13日(日)>



1.JPFF

10:00 大宮けんぽグラウンド

DSC_2763


群馬に引っ越してきて1年半。

仕事以外で地元の人と触れ合う機会も少ないコロナ禍…

アメフトというスポーツを通じて触れ合った人たち。

「つながり」と「縁」を感じます。



2.フラッグフットボール

11:30 大宮けんぽグラウンド

2017年〜2019年まで娘が所属していたチームの秋大会。

さらに自分は2020年までお世話になったチーム。

DSC_2766~2


低学年チームも元気に頑張っている。

DSC_2764~7


こちらは6年生チーム。

2年前、4年生だった彼らも最終学年。

DSC_2766~3


試合開始直後から先制点を取られて終始厳しい試合展開。

試合終了直前に、逆転TDパス成功。

勝利の姿を見られて良かった。

子供たちやコーチ陣との久しぶりの再会も。

かけがえのない、大きな「つながり」と「縁」を感じます。



3.寿都町

ツイッター上で見かけました。

「寿都町SEAマーケット」ビーンズ阿佐ヶ谷

Screenshot_20221113-171221


寿都町と言えば小学校の時に3年間住んでいた思い出の街。

海がきれいな港町。

そして、第二の故郷。

リンク(寿都の思い出)

これは行くしかない。

16:00 ビーンズ阿佐ヶ谷

人気の「ほっけ」や「いくら」は売り切れ。

懐かしの「生たきしらす佃煮」を発見。

あと、ずっと気になっていた「風のバジル」シリーズも購入。

DSC_2767


懐かしくなって、嬉しくなって、聞いてみました。

「自分、子供の頃に3年間寿都に住んでたんですよ!」

「そうなんですねー。誰か知り合いとかいますか?」

「Nさんとか同級生でした」

「えっ!!」

固まるイベントの人たち。

「自分、旦那です(笑)」

という、衝撃の「つながり」と「縁」

旦那さんと、一緒に写真を撮りました!



なかなかの素晴らしく充実した1日。

人生を豊かにする「つながり」と「ご縁」に感謝です。



kou_blue97 at 22:28|PermalinkComments(0)

2022年11月06日

週末はアメフト

<関西学生アメリカンフットボール>

土曜日の朝、寝起きでyoutube。

立命館大学vs関西大学のアメフトの試合を観た。

リンク(関西大vs立命館大)

もう試合前のハドルで感動して興奮した。

DSC_7878

(関西大学KAISERSのHPから抜粋)

そして、関西大学の闘志に胸を打たれ、涙が出た。

そんな自分、嫌いじゃない。



<関東学生女子タッチフットボール>

成城大学vs慶應義塾大学

女子タッチフットボール。

DSC_2680


娘がフラッグフットボールやってた頃を思い出す。

いろいろ感じるものがありますね。

DSC_2678


目指せ、ロサンゼルスオリンピック!!



<日本プライベートフットボール>

立川ファルコンズvs所沢アウトローズ

DSC_2688~2


立川のQBラン。

DSC_2689~2


タッチダウンの2秒前!



群馬スタリオンズvs東京ブロンコス

DSC_2687


試合前のウオーミングアップ

DSC_2692


試合前のプレー合わせ

DSC_2690~2


試合前の作戦会議

DSC_2698~2


後半タイムアウト

DSC_2699


試合後の整列



惜しくも敗戦。

でも、彼らの勇姿はかっこよかった!!



(参考情報)
<北海道学生>
・北海道大学ビッググリーンが優勝

<東北学生>
・東北大学ホーネッツが優勝

<関東学生>
Aブロック
・早稲田大学ビッグベアーズが優勝
Bブロック
・法政大学オレンジが優勝

<東海学生>
・中京大学イーグルスが優勝

<北陸学生>
・金沢大学エバーグリーンが優勝

<関西学生>
2チームが全勝中
・関西学院大学ファイターズ
・関西大学カイザーズ

<中四国学生>
・山口大学ギャンブラーズが優勝

<九州学生>
・西南大学グリーンドルフィンズが優勝

<社会人Xリーグ>
Division A
1位 パナソニックインパルス
2位 IBMビッグブルー
3位 ノジマ相模原ライズ

Division B
1位 富士通フロンティアーズ
2位 オービックシーガルズ
3位 エレコム神戸ファイニーズ


 

kou_blue97 at 22:32|PermalinkComments(0)

2022年10月23日

秋の風物詩

今年も秋がやってきました。

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。

あれっ、毎年同じこと書いてるかも。

ということで、少し振り返ってみました。



<2021年の秋に書いたblogの1コマ>
〜食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。皆さま、どんな秋をお過ごしでしょうか?〜

<2020年の秋に書いたblogの1コマ>
〜毎年恒例、「紅葉を見に行こうよう」企画〜

<2019年の秋に書いたblogの1コマ>
〜なんだか、もう秋ですね。秋を感じてますか?それとも、飽きを感じてますか?〜

<2016年の秋に書いたblogの1コマ>
〜天気の良い週末は本当に嬉しい。秋を探しにドライブ&散歩〜

<2014年の秋に書いたblogの1コマ>
〜さて、10月ですね。なんか、もう、あっと言う間。秋、深まってます。秋、盛り上がってます。「スポーツの秋」ですもんね〜

<2013年の秋に書いたblogの1コマ>
〜秋ですね〜秋といえば…って、毎年この時期になるとたぶん同じようなことをblogに書いてるんだろうなぁ。そんな僕に、もう飽き飽き。。。秋だけにな。てへっ。(〃∇〃)〜

<2012年の秋に書いたblogの1コマ>
〜真夏の暑さも、阿波おどりの盛り上がりとともに和らぎ、秋を感じさせる季節になってきました〜

<2011年の秋に書いたblogの1コマ>
〜見渡せば 花ももみじもなかりけり 紅く色付く 秋の夕暮れ。三夕の歌をアレンジしました〜

<2010年の秋に書いたblogの1コマ>
〜実りの秋が今年もまた僕らのもとへやって来てくれますね。ちょっとずつ近づいてきているのがわかります。まだまだ暑い日々ですが、秋の気配、感じますよね。いろんなところに、小さな秋が落ちてますよ。ほらっ、そこにも〜

<2009年の秋に書いたblogの1コマ>
〜子供たちが「トトロに逢いたい」というので「どんぐりを拾えばトトロに逢えるかもね」と答えていたので、日曜日は「どんぐり拾いに行こう」とおねだりされました。パパだってトトロに似てるっちゃ似てるのに〜

<2007年の秋に書いたblogの1コマ>
〜北海道から大好物の秋の味覚が送られてきました。昔住んでいた思い出の街、寿都町産の『ほっけの飯寿司』です。秋の味覚と大地の恵みに感謝〜

<2006年の秋に書いたblogの1コマ>
〜いよいよ秋。スポーツの秋、食欲の秋、味覚の秋、読書の秋、女心の秋。秋って名詞でも形容詞でも、なんでも似合う言葉ですね〜



いかがでしたでしょうか?

やっぱり同じようなことを思ってたり。

それでいて、ちょっと切り口を変えて表現してみたり。

というわけで、2022年の秋の風物詩です。



<北海道のイクラ>
CENTER_0001_BURST20221015074546553_COVER

イクラちゃん。
「ハーイ。ちゃーん。バブー。」



<山わさび>
DSC_2616

北海道に自生する山わさび。
おじいちゃんの畑にも昔は自生していました。
懐かしい。



<柿>
DSC_2614

自分が北海道に住んでいる時には柿が木に実っているところを見たことがない。
というわけで、本州の柿はいつでも新鮮です。

DSC_2636

柿食へば、秋を感じる。



<秋映>
DSC_2613

秋映(あきばえ)という品集。
長野「りんご3兄弟」の1つ。



<小鍋立て風>
DSC_2637

秋から冬にかけて、自炊は一人鍋。
カッコよくいうと、小鍋立て風。
具材はシンプルに。



<豚汁>
DSC_2638

群馬の単身赴任の主食は「豚汁」
群馬県産の食材だけで豊富な豚汁がつくれます。



<秋はアメフト>
DSC_2623

群馬スタリオンズの2022年シーズン第2戦。
試合は午後なので、午前の第1試合を見ながら準備。

DSC_2625

グラウンド間近で観戦できます。
アメフト、大迫力の興奮と感動。

DSC_2629

試合前のハドル。
大宮けんぽグラウンドにも陽が差して青空が。

DSC_2630

ハーフタイムのハドル。
休みながら作戦会議。
午後は涼しくなってきました。

DSC_2631

試合後のグラウンド。
秋の夕暮れ。



まだまだ2022年の秋を満喫しましょう!





kou_blue97 at 19:55|PermalinkComments(2)

2022年09月13日

アメフトの秋 〜Vision28〜

2022年、夏の甲子園。

104回を数える夏の全国高校野球の歴史の中で、東北勢として悲願の初優勝。

「白河の関越え」

球児の皆様。
今年も感動をありがとう!
さぁ、次は冬の甲子園を目指した学生アメフトの戦いが始まります!



というわけで、夏の甲子園が終わると、アメフトの秋。

2022年9月3日(土)

今年の学生アメフトは、東京ドームで開幕。

東京大学が中央大学に21−17で勝利し、シーズンスタート。

そして、群馬スタリオンズもいよいよシーズンが開幕。



【俺とアメリカンフットボール】

2022年9月11日(日)

06:00 前橋を出発

08:30 東京大学検見川総合運動場に到着
(千葉県千葉市花見川区)

09:00 試合に向けて準備

DSC_2407


09:30 ストレッチ開始

DSC_2410


10:00 試合前練習

DSC_2414


10:30 キックオフ

DSC_2420


12:40 試合終了

いやーナイスゲーム。

相手は強かった。

先制して10−0の時は興奮した。

盛り上がって声が枯れた。

楽しかった。

皆さん、おつかれさまでした!



【俺とフラッグフットボール】

13:40 葛西臨海球技場に到着
(東京都江戸川区臨海町)

14:30 第2試合キックオフ
(小学生キッズ 6年生)

DSC_2424


1年半でたくましく成長した子供たち。

良いチームになりました。

感激。泣きそう。

DSC_2426~2


15:30 第3試合キックオフ
(小学生キッズ 4年生)

DSC_2428~2


あんなに小さかった子供たちも4年生に。

頑張れ!

16:30 第4試合キックオフ
(小学生キッズ 6年生)

18:00 江戸川区を出発

21:00 前橋に帰宅



青空の下、アメフトとフラッグフットの1日。

そして、コーチ仲間や子供たちとの再会。

成長に感激。

楽しかった。

皆さん、ありがとうございました!



(以下、再掲)

【Vision28】

2022年7月、NFL(ナショナルフットボールリーグ)副社長とIFAI(国際アメリカンフットボール連盟)が新たに創設されるVision28(ビジョン28)の共同議長に就任することを発表した。

Vision28は、フラッグフットボールが2028年ロサンゼルスオリンピックの競技に採用されることを目指している。

今回の発表は、現在開催されているイベント『ワールドゲームズ2022』(フラッグフットボールとしての初の国際的でメジャーな総合競技大会に組み込まれた記念的なイベント)にあわせて発表されたものであり、ワールドゲームズには3大陸10カ国から出場する女子8チームと男子8チームが参加している。

ちなみに、ワールドゲームズには日本からも各種競技に参加しており、ソフトボール女子が銀メダル、車いすラグビーが銀メダル、そしてフラッグフットボール日本代表女子は世界5位となった。

(共同議長の発言を紹介)

「フラッグフットボールが世界でも最も急速に成長しているスポーツの一つであることには理由がある。フラッグは速く、クリエイティブで、技能性が高く、楽しい。カリフォルニアのスピリットを持ったアメリカのスポーツだ。フラッグはスポーツとエンターテイメントのつながりにおける総合競技大会の新時代を具現化する、LA28(2028年オリンピック)にとってメッセージ性の高い選択になるだろう。われわれはすでにこのワールドゲームズで、そういったあらゆるポテンシャルの片りんを見てきた」

「われわれはフラッグフットボールをすべてを包括するスポーツだと見ており、アメリカンフットボールの価値を世界中に広めるための素晴らしい媒体だと考えている。Vision28の共同議長として、NFLはオリンピック活動やフットボール全体の世界的な目標における技術的な面や放送、コマーシャル、スポーツ科学、青少年およびファンへのかかわりに重要な資産を提供する」

ロサンゼルスオリンピックでフラッグフットボールの試合が開催され、世界中で、そして日本中でこのスポーツの素晴らしさに出会い、白熱し、興奮し、熱狂して盛り上がる日が待ち遠しい。



【フラッグフットボールとは】

フラッグフットボール

それは、「授業でも、遊びでも、競技でも、誰もが活躍できる新しいスポーツ」

(1)起源はアメリカンフットボール
・フラッグフットボールはアメリカンフットボールが起源になって生まれたスポーツです。
・日本には1990年代後半から本格的に伝わりました。
・アメリカンフットボールの戦略性をそのままに少人数/少スペースで 安全に楽しむことができるように開発されたスポーツです。
・本場アメリカでは教育、レクリエーション、競技まで、幅広く親しまれています。
・「タックル」の代わりに、プレーヤーの両腰につけた「フラッグ」を取ることから「フラッグフットボール」という名前になりました。
・「タックル」がないので接触しない子供にも安全なスポーツです。

(2)大注目!まるでカードゲーム?
・フラッグフットボールはサッカーのフリーキックのような「セットプレー」を繰り返して得点を競い合うゲームです。
・ラン(ボールを持って運ぶ)か、パス(投げてキャッチする)で、いかに相手の陣地の奥までボールを運べるかで得点が決まります。
・フラッグフットボールは攻撃回数が決められており、攻撃が終わると攻守が入れ替わります(どちらかといえば野球に近い)
・プレー前に毎回作戦会議を行うことも大きな特徴です。

(3)「作戦づくり」で子どもたちが変わる!
・チームの作戦を成功させるために、子どもたちが夢中になって「話し合い」と「作戦づくり」を行います。
・ フラッグフットボールをプレーすることで、子どもたちの体力だけでなく、考える力やコミュニケーション力も同時に育てることができます。
・一人一人の「得意」を組み合わせて、勝利を目指す!
・「速く走る」「パスを捕る」だけではなく、「作戦を考える」「相手の攻撃を分析する」など、単に運動能力の高さだけではない活躍の場面が沢山あります。
・この「それぞれの得意を組み合わせて成功を目指す」という考え方は、現在社会で求められる多様性にもつながる部分があります。

(4)文部科学省「新学習指導要領」に掲載。小学校での本格導入へ!
・2020年度より本格実施された新学習指導要領の本編に掲載。
・ 「思考判断力」、「コミュニケーション力」そして「体力」。
・この3つを同時に育むことができると評価され、既に全国3割以上の小学校(約6,700校)で実施されています。
・小学校体育の半必修科目になり、全国の小学校授業で急速に普及が進んでいます。
・運動が苦手な子も参加できるのが特徴です。
・運動が得意な子は苦手な子の役割も考えるようになり、運動が苦手な子にも活躍の機会が登場します。
・チーム全員で作戦を成功させるスポーツです。

(5)大人も夢中になるレクリエーション。世界でもプレーヤーが増加!
・フラッグフットボールはアメリカでは知らない人がいないメジャースポーツです。
・教育の場だけでなく、レクリエーションや競技としても広く楽しまれています。
・近年、日本でも子供から大人までプレーヤーが増え続けており、北米やアジア、ヨーロッパの国々が参加する世界大会も開催されています。



【世界を目指す日本】

2022年6月、アメリカのミシガン大学で「Junior Flag Football International Cup 2022」が開催されました。

この大会は、ユース及びジュニアレベルのフラッグフットボールの普及及び国際競技力の向上を担うUSA Footballが開催する若年層の年代別国際大会(交流戦)です。

日本からは男子・女子それぞれU15・U17の合計4チームが参加し、4チームとも第2位という活躍でした。

そして、娘の元チームメイト(同学年)がU15女子日本代表として選抜され、試合に出場しました!

もう感激です。

僕にとっても、コーチ兼スタッフとして一緒に3年間練習した思い出の仲間です!



2028年ロサンゼルスオリンピックでフラッグフットボールの試合を日本のみんなが観戦できれば、それはそれで感動と興奮。

さらに、息子や娘のチームメイトや対戦相手の選手が日本代表に選ばれたら、そう思うと胸が熱くなります。

そんな夢を見させてくれるだけ、自分は幸せものです。

ロサンゼルスオリンピックが待ち遠しい。


kou_blue97 at 22:29|PermalinkComments(0)

2022年07月18日

Vision28 〜ロサンゼルス五輪で「フラッグフットボール」を〜

【私の履歴書】

(1)大学時代にアメフト部に5年間所属
 ・プレーヤー4年
 ・コーチ兼スタッフ1年

(2)小学生のフラッグフットボールチームに6年間所属
 ・プライマリー(低学年)のコーチ兼スタッフ2年
 (息子のチーム)
 ・キッズ(高学年)のコーチ兼スタッフ4年
 (娘のチーム)

(3)社会人のアメフトチームに1年間所属
 ・スタッフ1年(2年目に突入)

こうしてみると、アメフト及びフラッグフットに携わるのは13年目に突入。

特に専門的な知識も経験もなく、ただアメフトが好きなだけ。

今まで、幼稚園で水泳、小学校で野球、中学校でバスケットボール等、いろんなスポーツを経験した中で、一番魅力的で一番面白かったから。

そして、アメフトに触れたおかけで人間的に成長できたから。

b42d1b12


アミノバイタルフィールド。

ここで公式戦の主審をしたのも思い出。



【Vision28】

2022年7月、NFL(ナショナルフットボールリーグ)副社長とIFAI(国際アメリカンフットボール連盟)が新たに創設されるVision28(ビジョン28)の共同議長に就任することを発表した。

Vision28は、フラッグフットボールが2028年ロサンゼルスオリンピックの競技に採用されることを目指している。

今回の発表は、現在開催されているイベント『ワールドゲームズ2022』(フラッグフットボールとしての初の国際的でメジャーな総合競技大会に組み込まれた記念的なイベント)にあわせて発表されたものであり、ワールドゲームズには3大陸10カ国から出場する女子8チームと男子8チームが参加している。

ちなみに、ワールドゲームズには日本からも各種競技に参加しており、ソフトボール女子が銀メダル、車いすラグビーが銀メダル、そしてフラッグフットボール日本代表女子は世界5位となった。

(共同議長の発言を紹介)

「フラッグフットボールが世界でも最も急速に成長しているスポーツの一つであることには理由がある。フラッグは速く、クリエイティブで、技能性が高く、楽しい。カリフォルニアのスピリットを持ったアメリカのスポーツだ。フラッグはスポーツとエンターテイメントのつながりにおける総合競技大会の新時代を具現化する、LA28(2028年オリンピック)にとってメッセージ性の高い選択になるだろう。われわれはすでにこのワールドゲームズで、そういったあらゆるポテンシャルの片りんを見てきた」

「われわれはフラッグフットボールをすべてを包括するスポーツだと見ており、アメリカンフットボールの価値を世界中に広めるための素晴らしい媒体だと考えている。Vision28の共同議長として、NFLはオリンピック活動やフットボール全体の世界的な目標における技術的な面や放送、コマーシャル、スポーツ科学、青少年およびファンへのかかわりに重要な資産を提供する」

ロサンゼルスオリンピックでフラッグフットボールの試合が開催され、世界中で、そして日本中でこのスポーツの素晴らしさに出会い、白熱し、興奮し、熱狂して盛り上がる日が待ち遠しい。



【フラッグフットボールとは】

フラッグフットボール

それは、「授業でも、遊びでも、競技でも、誰もが活躍できる新しいスポーツ」

(1)起源はアメリカンフットボール
・フラッグフットボールはアメリカンフットボールが起源になって生まれたスポーツです。
・日本には1990年代後半から本格的に伝わりました。
・アメリカンフットボールの戦略性をそのままに少人数/少スペースで 安全に楽しむことができるように開発されたスポーツです。
・本場アメリカでは教育、レクリエーション、競技まで、幅広く親しまれています。
・「タックル」の代わりに、プレーヤーの両腰につけた「フラッグ」を取ることから「フラッグフットボール」という名前になりました。
・「タックル」がないので接触しない子供にも安全なスポーツです。

(2)大注目!まるでカードゲーム?
・フラッグフットボールはサッカーのフリーキックのような「セットプレー」を繰り返して得点を競い合うゲームです。
・ラン(ボールを持って運ぶ)か、パス(投げてキャッチする)で、いかに相手の陣地の奥までボールを運べるかで得点が決まります。
・フラッグフットボールは攻撃回数が決められており、攻撃が終わると攻守が入れ替わります(どちらかといえば野球に近い)
・プレー前に毎回作戦会議を行うことも大きな特徴です。

(3)「作戦づくり」で子どもたちが変わる!
・チームの作戦を成功させるために、子どもたちが夢中になって「話し合い」と「作戦づくり」を行います。
・ フラッグフットボールをプレーすることで、子どもたちの体力だけでなく、考える力やコミュニケーション力も同時に育てることができます。
・一人一人の「得意」を組み合わせて、勝利を目指す!
・「速く走る」「パスを捕る」だけではなく、「作戦を考える」「相手の攻撃を分析する」など、単に運動能力の高さだけではない活躍の場面が沢山あります。
・この「それぞれの得意を組み合わせて成功を目指す」という考え方は、現在社会で求められる多様性にもつながる部分があります。

(4)文部科学省「新学習指導要領」に掲載。小学校での本格導入へ!
・2020年度より本格実施された新学習指導要領の本編に掲載。
・ 「思考判断力」、「コミュニケーション力」そして「体力」。
・この3つを同時に育むことができると評価され、既に全国3割以上の小学校(約6,700校)で実施されています。
・小学校体育の半必修科目になり、全国の小学校授業で急速に普及が進んでいます。
・運動が苦手な子も参加できるのが特徴です。
・運動が得意な子は苦手な子の役割も考えるようになり、運動が苦手な子にも活躍の機会が登場します。
・チーム全員で作戦を成功させるスポーツです。

(5)大人も夢中になるレクリエーション。世界でもプレーヤーが増加!
・フラッグフットボールはアメリカでは知らない人がいないメジャースポーツです。
・教育の場だけでなく、レクリエーションや競技としても広く楽しまれています。
・近年、日本でも子供から大人までプレーヤーが増え続けており、北米やアジア、ヨーロッパの国々が参加する世界大会も開催されています。



【世界を目指す日本】

2022年6月、アメリカのミシガン大学で「Junior Flag Football International Cup 2022」が開催されました。

この大会は、ユース及びジュニアレベルのフラッグフットボールの普及及び国際競技力の向上を担うUSA Footballが開催する若年層の年代別国際大会(交流戦)です。

日本からは男子・女子それぞれU15・U17の合計4チームが参加し、4チームとも第2位という活躍でした。

そして、娘の元チームメイト(同学年)がU15女子日本代表として選抜され、試合に出場しました!

もう感激です。

僕にとっても、コーチ兼スタッフとして一緒に3年間練習した思い出の仲間です!



2028年ロサンゼルスオリンピックでフラッグフットボールの試合を日本のみんなが観戦できれば、それはそれで感動と興奮。

さらに、息子や娘のチームメイトや対戦相手の選手が日本代表に選ばれたら、そう思うと胸が熱くなります。

そんな夢を見させてくれるだけ、自分は幸せものです。

ロサンゼルスオリンピックが待ち遠しい。







kou_blue97 at 21:05|PermalinkComments(0)

2021年12月22日

群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜

2021年は仕事も生活もあらゆる面で大きな変革の1年。

2021年については別途振り返るとして、今年の重大ニュースの1つは、アメリカンフットボール。

この写真、どうですか?

快心の1枚です。

HORIZON_0001_BURST20211205100702756_COVER


20年前、自分はこの目線でアメフトの試合に出ていた。

この目線で、一生懸命頑張っていた。

懐かしいね。



2021年、僕は20年ぶりにアメフトに関わることができた。

2011年〜2012年、そして2017年〜2020年とフラッグフットボールに携わりましたが、アメリカンフットボールとなると20年ぶりになります。

お世話になったのは、「群馬スタリオンズ」

コロナ禍等により、今シーズンは「群馬スタリオンズ」と「栃木マダガスカルズ」の合同チーム「北関東ヤンキース」として試合に出場しました。

そのチームのスタッフとして、練習や試合に参加させていただくことができました。

本当に、ありがとうございます。



<2021年11月某日>

DSC_1410


アメフトの試合に向かう早朝の1コマ。

早朝の幻想的な農村風景。

DSC_1412


振り返ると、月。

DSC_1419


この人工芝、フカフカで最高。

DSC_1546


試合前の1コマ。

DSC_1544


大迫力の画像。

アメフトの魅力は、戦略と迫力。熱狂と興奮。そして、感動。

こんな感じかな?

DSC_1588~2


アメフトは、アメリカでは「フィールドのチェス」と呼ばれます。

日本的には、「フィールドの囲碁+将棋」でしょうか。

ちょうど良い画像もあった。



こんな僕を温かく受け入れてくれた「群馬スタリオンズ」の皆さん。

ありがとうございました!


kou_blue97 at 21:57|PermalinkComments(2)

2021年10月31日

社会経済活動が少しずつ再開した秋〜充実した10月〜

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。

皆さま、どんな秋をお過ごしでしょうか?



緊急事態宣言が9月末に解除。

公私ともに、社会経済活動が段階的に再開しました。

感染症対策を講じながら、経済貢献もしていかなければなりません。



という状況を踏まえて10月を振り返ってみると。

なかなか忙しかった。

忙しかったということは、充実していたということ。

たしかに緊急事態宣言中は閉塞感が強かった。

充実感が大きいということは、良いことですね。



このまま、11月そして年末までフルスロットルで駆け抜けていきましょう!

感染症対策と危機意識を忘れずに、毎日を楽しもう。



<秋映>

・濃い赤色が素敵な秋映(あきばえ)

CENTER_0001_BURST20211014194210275_COVER~2


・りんごの飾り切り
・こんなこともできるようになった単身赴任

TRIPART_0001_BURST20211014193930904_COVER~2




<さつまいも>

・川越さつまいもチップス
・妻とちょっとしたドライブ

HORIZON_0001_BURST20211010114609161_COVER




<朝マック>

・乾燥で手荒れがひどくい朝。
・朝マックで30分小説を読んでから出勤

DSC_1301




<新幹線>

・駅に牛肉どまん中弁当おにぎりが売っていた。
・山形新幹線つばさでよく食べた懐かしの味。

DSC_1307




<自宅bar>

・なかなか良い仕事をやり遂げた夜。
・barで一杯飲んでる風をイメージ。

DSC_1247


・仕事でくたくたになった夜。
・居酒屋で心温まる料理をビールとともに風をイメージ。

HORIZON_0001_BURST20210930221909186_COVER




<アメフト>

・緊急事態宣言解除を受けてまたアメフトチームに参加。
・スタッフとしてだけど、やっぱり試合は盛り上がる!

1635666021085




kou_blue97 at 18:02|PermalinkComments(0)

2021年10月10日

夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜

<嬬恋村のキャベツ畑>

DSC_1175


これが噂の嬬恋キャベツ。

後ろに見えるは浅間山。

DSC_1174


圧巻の眺めですね。



<昭和村のこんにゃく畑>

HORIZON_0001_BURST20211008103629637_COVER


何の畑だろうって一瞬思いました。

こんにゃくの畑は群馬県ならでは。

HORIZON_0001_BURST20211008103727288_COVER


まさしく、リアル蒟蒻畑。



<通勤ルートのミカンの木>

HORIZON_0001_BURST20210825073552243_COVER


夏くらいから、通勤中に気になる果実。

木になる実。

HORIZON_0001_BURST20210909073935088_COVER


少しずつ、色づきはじめる。

DSC_1237


日常の一部だけど、季節を感じられる。

お気に入りの通勤路。



<敷島公園のバラ園>

DSC_1223~2


8月は一輪のバラも咲いておらず。

HORIZON_0001_BURST20211002065026081_COVER~2


秋に向けて、エネルギーを蓄えていたんだね。

HORIZON_0002_BURST20211002065233536~2


また少しずつ咲きはじめました。

DSC_1222~2


色とりどりのバラたち。

DSC_1220~3


秋の満開まで、あと少し。



<芝のフィールド>

DSC_1236~3


緊急事態宣言も解除されたので、芝生で体を動かします。

DSC_1235


青空と 緑の芝生に 楕円形



10月だけど、まだまだ暖かい日々。

そんな中にも、本格的な秋は一歩ずつ感じられますね。

群馬は秋も美しい。


kou_blue97 at 08:28|PermalinkComments(0)

2021年09月20日

前橋から利根川沿いに北回り(サイクリング19辧

新型コロナ緊急事態宣言中の群馬県。

というわけで、まだまだおひとりさま活動。

秋晴れと呼ぶにはまだ早いけど、透き通るような青空。

洗濯日和なので、洗濯の合間にちょっとおでかけ。

素敵な街の景色を探しに、自転車でGO!!



<群馬大学>

まずは群馬大学荒牧キャンパス。

DSC_1185


4つの学部、3つのキャンパスからなる国立総合大学。

アメフト部は「TROOPERS」

TROOPERとは騎兵かな?

群馬だけに、馬に乗った兵士、騎士という感じか。



<群馬県関根発電所>

発電所の手前(上流)側。

とっても穏やかな川ですね。

DSC_1187~2


広瀬川が発電所の手前で分岐し、発電所を過ぎてまた合流。

合流地点は荒々しさを見せてくれます。

圧巻の水しぶき。


DSC_1186~2




<田口の畑>

国道17号線、前橋渋川バイパスを越えると広がる畑。

利根川と広瀬川に挟まれる田口町あたり。

HORIZON_0001_BURST20210920090522508_COVER


収穫間近の里いもかな?

遠くに望むは榛名山。

DSC_1188


こちらは柿が実ってます。

見えないけど、奥には赤城山を望みます。



<坂東橋>

1959年に架けられた坂東橋。

坂東橋から眺める下流(南)側

DSC_1189


ふもとから望む坂東橋と赤城山。

DSC_1190




<利根川自転車道>

坂東橋を渡ったので、利根川自転車道を南下。

これは、渋川家畜市場かな?

HORIZON_0001_BURST20210920094254231_COVER


道の駅よしおか温泉。

DSC_1191


利根川河川敷にはゴルフ場。

HORIZON_0001_BURST20210920095847043_COVER


馬もいますよ。

DSC_1193


こういう川も好き。

HORIZON_0001_BURST20210920101100297_COVER


というわけで、なんだかんだ2時間のサイクリングになりました。

Screenshot_20210920-110901~2


移動距離11.68マイル。

約18.7圓領后

Screenshot_20210920-110838~2


こうやって自動でルートを記録してくれるのはありがたい。

Screenshot_20210920-111259~2


川の上流に向かうということは、やはり標高差は結構あったんだ。



<最近の自炊>

一応、自炊してます。

DSC_1160~2


たまには鶏肉も食べよう。

群馬県は、ゴーヤの産地。

DSC_1159~2


群馬の豆腐。

しょうがのたまり漬けを乗せます。

地元で有名な漬物、沢田の味。



利根川沿いは公園も運動場もたくさんあります。

野球、サッカー、テニス、ゴルフはたくさんいました。

ラグビーも3人ほど。

アメフトは…1人もいません。

群馬県でアメフトをやりたいと思った方は、こちらへ
リンク

群馬スタリオンズ
(Gunma Stallions)





kou_blue97 at 13:13|PermalinkComments(0)

2021年07月05日

群馬でもアメフト〜オリンピックに向けて〜

ここ数年、アメフトがまた盛り上がる予感。



2028年のロサンゼルスオリンピックでアメフト又はフラッグフットボールが正式種目となる見込みです。

また、学校教育においても、フラッグフットボールが体育の推奨競技となりつつあります。

そんな中、昨年は、コージ・トクダ(元ブリリアン、ブルゾンちえみの隣)がアメフト社会人Xリーグのイコールワン福岡SUNSに加入。

今年は、元DeNAベイスターズの石川雄洋がアメフト社会人Xリーグのノジマ相模原ライズに入団。

さらに、同じく元DeNAベイスターズの田村丈がイコールワン福岡SUNSに入団。

そして自分は、群馬県を拠点とするアメフトチーム群馬スタリオンズの練習のお手伝いに参加。

DSC_0800


練習風景は、こちら
(リンク) ← ここをクリック


<群馬スタリオンズの練習のお手伝いに行った理由>

・群馬でアメフトができる環境を守るため、お役に立ちたい。
・もっと、日本のアメフトが盛り上がってほしい。
・お日様の下、緑の芝生の上で体を動かしたい。
・単身赴任で、誰とも会話をしない週末は寂しい。
・コロナが落ち着いたら、群馬の人と飲みに行きたい。
・楕円形のボールが恋しくなった。


とても楽しそうなチームでした。

ぜひ、アメフトをやってみたいと思う方、2028年のロサンゼルスオリンピックを目指したい方、群馬スタリオンズでアメフトをやってみてはいかがでしょうか?


<群馬スタリオンズ> 
※HPから無断引用 (リンク) ← ここをクリック

群馬スタリオンズは群馬県を拠点に活動するアメリカンフットボールのクラブチームです。
​・アメリカンフットボールを通じて群馬県の魅力をアピールするために活動しています。
・2016シーズンよりJ.P.F.F.(日本プライベートフットボール協会)東日本支部に加盟しています。
・毎週日曜日の午前中に群馬県内で練習しています。
・このチームでアメフトを始めるメンバーも多く、未経験者への指導も丁寧に行います。
・1に家庭、2に仕事、3、4が無くて5にアメフト。個々のライフスタイルを尊重します。



kou_blue97 at 20:14|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜