ゆず

2016年10月15日

みかんが黄色くなると医者が青くなる

本日の1枚。

DSC_0064


早生のみかんが色づいてきました。

秋ですね。

「みかんが黄色くなると医者が青くなる」

日本には、いろんなことわざや言い伝えがあります。

「柿が赤くなると医者が青くなる」

これが日本では最初のようです。

日本文化の歴史を考えると「柿」でしょうね。

ヨーロッパでは、A tomato a day keeps the doctor away

「トマトが赤くなると医者が青くなる」

そして、英米(英語圏)では、An apple a day keeps the doctor away

「りんごが赤くなると医者が青くなる」

あとは、柚子とか橙も言われるようです。

反対の意味では、こちら。

「枇杷が黄色くなると医者が忙しくなる」

「枇杷黄にして医者忙しく、橘子(みかん)黄にして医者蔵(かく)る」とも。

夏は、食欲不振や食中毒などで医者が繁盛するとか・・・



ということで、100g当たりのビタミンC含有量で比べてみました。

・りんご 4mg
・トマト 32mg
・みかん 33mg
・すだち(果汁) 40mg
・ゆず(果汁) 40mg
・柿 70mg
・すだち(皮) 120mg
・ゆず(皮) 150mg

さっそく、ゆず・すだち・ゆこうの皮を食べようと決意。

夕食に皮を食べました。

果汁を搾った後の皮を、おろし金でゴリゴリする妻。ありがとう。

ちなみに息子が学校で習ってきた「すだち皮」の食べ方。

(1)紅茶などにいれる
・丸ごと薄くスライスして紅茶などに入れる。

(2)はちみつ漬け
・輪切りにしてはちみつ漬けに。
・ヨーグルトやソーダ水に入れたりも。

(3)薬味
・皮ごとすりおろし、鍋物などの薬味に。
・搾った果汁は刺し身や焼き魚、ぽん酢に活用できます。
・細かく刻んで、お味噌汁にいれるなどすると、風味が楽しめます。


DSC_0065


ということで、勝浦町にみかんを買いに行ってきました。

「みかん」 たくさん買いました。

「ゆこう」 も。

「すだち」 は、まだたくさんあるから。



勝浦に行ったついでに、お遍路さん。

DSC_0058


「第20番札所 鶴林寺」

標高550メートルで空気が澄んでいます。

弘法大師様がこの山で修行していた時、鶴が舞い降りたのです。

DSC_0060


通称「おつるさん」



山を下って、もう1つ。

DSC_0067


「第19番札所 立江寺」

通称「阿波の関所」



これで、徳島県内は残り3つになりました。



さて、11月はみかん狩りに行こう!

mikangari2016[1]




kou_blue97 at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月13日

徳島、わが家の晩ごはん!

今日のわが家の晩ごはん。

徳島風です。

DSC_0057


徳島県産ゆず

徳島県産すだち

徳島県産シークワーサー

たいていの徳島県の食卓には、こんな感じで香酸柑橘がたくさん添えられます。

3種類で5個くらいが徳島の黄金比であり、基本形。

種は、口に含んで思いっきり飛ばすのが、徳島のマナー。







kou_blue97 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月17日

徳島で5回目の秋

徳島の秋を飾る逸品。

「ぼうぜの姿寿司にすだちを添えて」

389849cd.jpg


美味しくいただきました。

徳島の秋も5回目を迎えます。



<徳島に来て1年目の秋>

まだ徳島の右も左もわからないけど、すだちがいろんなものに添えられている。

揚げ物、焼き物、刺身は当たり前。

とりあえず搾る。

家庭でも毎日搾る。

ビールや炭酸水だけじゃなくて、納豆やみそ汁にも!

とりあえず、早く徳島県民になりたくて、染まりたくて、ただひたすら搾ってた。

南国である四国・徳島の暑い夏にも、最適。

さわやかな酸味とすがすがしい香りがたまらない。



<徳島に来て2年目の秋>

徳島生活も2年目を迎え、徳島県民としても板についてきた。

無理にすだちを搾らなくても、ちゃんと徳島県民でいられるちょっとした自信。

余裕も出てきて、徳島といえば「すだち」みたいな先入観からの脱却。

「すだち」に加え、「ゆず」と「ゆこう」の魅力にもやられます。

特に柚子。

ゆず果汁(ゆず酢)の香りに感激。

柚子の大馬鹿18年の記事(←ここをクリック)




<徳島に来て3年目の秋>

徳島が誇る抗酸柑橘。

「すだち」、「ゆず」、「ゆこう」。

やっぱり、またすだちの魅力にまたやられます。

「すだち果汁」だけじゃなくて、「すだちシロップ」や「すだちマーマレード」等の加工品の広がりも。

夏場は「すだちシロップ」の炭酸割り。

冬場は「すだちしょうがシロップ」のお湯割り。

どちらもノンアルコールでハマります!

それと、みかん狩りも体験。

みかん狩りの記事(←ここをクリック)



<徳島に来て4年目の秋>

みかん狩りを契機に、香酸柑橘以外の柑橘類の魅力にもやられました。

柑橘シリーズの記事(←ここをクリック)

徳島県産の柑橘類を食べくらべ。

・橙(香酸柑橘類)
・はるか(雑柑類)
・ポンカン(ミカン類)
・はるみ(タンゴール類)
・ブンタン(ブンタン類)
・はるひ(雑柑類)
・八朔(雑柑類)
・チャンドラポメロ(ブンタン類)
・伊予柑(タンゴール類)
・スイートスプリング(タンゼロ類)
・ネーブルオレンジ(オレンジ類)
・せとか(タンゴール類)
・夏ミカン(雑柑類)
・スルガエレガント

(繰り返しだけど、すべて徳島県産)



さて、<徳島に来て5年目の秋>です。

今年はどんな出会いがあるか、心が躍り胸が高まります。




kou_blue97 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月05日

花嫁の喜びと恋のため息

「花嫁の喜びと恋のため息」

僕がずっと憧れていた女性。
内面の美しさに惹かれ、僕はいつしか恋に落ちていた。
でも「好き」という気持ちは、まだ伝えることが出来なかった。
この関係を壊したくなかったし、今の距離感がちょうどいいと自分に言い聞かせていた。
僕が成長し、彼女にふさわしい男になったときに、堂々と「好きだ」と告白しようと思っていた。

そして月日が経ち、僕が彼女にふさわしい男になる前に、彼女は花嫁になることが決まった。
僕は「好き」という言葉を、一度も発することが出来ず、僕の恋は散り去った。
「好き」という気持ちは、少しは伝わっているだろうという淡い期待はあった。
でも、彼女は他の男に恋をして、花嫁になることが決まった。

悔しくて、悲しい。ずっと彼女を好きだったから。
でも、彼女の花嫁としての喜び、あの幸せいっぱいの笑顔を見て救われた。
彼女には幸せになって欲しい。それが一番だ。
今までも、そしてこれからも、彼女の幸せを願いたい。
そう気持ちを切り替えようと、彼女を真っ直ぐ見つめた。
彼女の笑顔には、花嫁の喜びに満ち溢れていた。
祝福する気持ちになれたけど、恋のため息が止まらないのはなぜだろう・・・。



いかがでしたか?

「花嫁の喜びと恋のため息」

最近、とある料理を食べていた時に、柚子の爽やかな香りにとても癒されました。

そんな「柚子」の花言葉の1つは、「恋のため息」です。

そして、最近のマイブームのみかんやオレンジの柑橘系。

「オレンジ」と「みかん」の花言葉は、「花嫁の喜び」です。

というわけで、この2つをテーマにした男心を表現してみました。

いかがですか(笑)?



ギリシャ神話では、全能の神ゼウスが女神ヘラと結婚した時に、オレンジの花を贈ったと言われており、欧米では花嫁がオレンジの花を身につけたり、男性がオレンジの実を持ってプロポーズする習慣があるようです。

オレンジには、花嫁を守り、幸福に導く力があるとも言い伝えられています。

4月14日は「オレンジデー」。

第3の愛の記念日として、お互いの愛を確かめ合う日らしいですよ。

世の中の旦那さん、4月14日は愛する奥様にプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?









kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月13日

アワライズ

8月4日(火)

僕は、仕事で外回りの際に、カーラジオを聴いていました。

「OH!HAPPY MORNING」

その日の特集は、こちら。

「徳島県の伝統・阿波踊りで最高のパフォーマンスを発揮したい時のために開発された、 阿波踊り専用エナジードリンク「アワライズ」について、 株式会社サンマックの方と電話を繋いでお話を伺います。」

そして、8月12日(水)阿波おどり会場にて、見つけました。

「アワライズ」

86f88205.jpg


ビタミンとカフェイン配合の炭酸と徳島県産ゆず果汁が香る、刺激があり爽快なエナジードリンク。

見てください、このパッケージ。

徳島の阿波おどりを踊る、男踊りと女踊りのイラスト。

阿波よしこの歌詞が英語で記される。

伝統の中にモダンさを盛り込んでいます。

まさに、興奮と熱気の渦に包まれる阿波おどりそのまま。

とっても美味しいです。

6806b679.jpg



2015、阿波おどりが開幕!!

kou_blue97 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月02日

徳島の「やまもも」〜初夏を告げる赤い宝石〜

徳島の物産館とかお土産屋さんでよく見るお酒があります。

姫酒



すだち姫、ゆず姫、やまもも姫。


徳島に引越してきたばかりの頃、美味しくいただきました。



「すだち」

徳島と言えば「すだち」。とても有名です。徳島県の「すだち」は、全国シェアはほぼ100%。名実ともに徳島県を代表する果実が「すだち」です。「すだち」の花は徳島県の花にも指定されており、その実は独特の「さわやかな酸味」と「すがすがしい香り」で古くから愛されてきました。

すだち


ということで、「すだち姫」は文句なし。



「ゆず」

徳島のユズについては、僕のblogの記事「大馬鹿18年」の記事(2014年02月23日)で触れました。
 <記事はこちら>
柚子の大馬鹿18年

柚子といえば高知県(馬路村)が有名で、高知県の全国の全国シェアは50%超ですが、徳島県は二番手につけており、三番手の愛媛県の上位3県で全国の70%超が生産されています。食酢として使われる絞り汁のほか、風味のあるゆず味噌にしたり、ジャムやシャーベットにするなど、幅広い使い方のできる食材です。もともとは、馬路村と隣接する徳島県那賀町木頭地区(旧木頭村)が産地だったとも言われています。

ゆず2


ということで、「ゆず姫」も納得。



「やまもも」

やまももの木って、徳島県の木に指定されている(高知県の花にも指定)ようです。
でも、「やまもも」って見たことないし、食べたこともない。ということで、パック入りの「やまもも」を生まれて初めていただきました。

やまもも(3)


こんな風に売ってます。

やまもも


そして、こんな風に実ってるようです。

いただきました。味はと言うと。。。

「甘酸っぱい味と独特の歯ざわり!まるで、初夏を告げる赤い宝石やわ〜」 (彦摩呂風)

本当に美味しいです。息子もパクパク。

徳島のやまももは全国シェア約70%を占める日本一のやまもも産地とのこと。やまももは昔中国から来たと伝えられている果物で、初夏の味覚を代表する果物となっています。独特な香りと歯ざわり、味覚として深く残る甘酸っぱさ、そしてビタミンは豊富に含まれ、整腸に良いといわれているタンニンも含まれるやまももは、郷愁を誘う故郷の味として重宝されています。また、収穫期間が短く日持ちがしにくいため、都会では「幻の果実」「高級果実」と言われています。


そうだったんだ〜、「やまもも姫」も納得です!



北海道生まれの道産子な僕にとって、スダチ・ユズ・ヤマモモ、美味しくて、奥が深くて、感動です。

徳島って、味覚の宝石箱や〜!



すだち姫、ゆず姫、やまもも姫。

貴方はどのお姫様がお好みですか?


すだち・・・純潔

ゆず・・・恋のため息

やまもも・・・ただ一人だけを愛する







kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月23日

大馬鹿18年・・・柑橘シリーズ(1)

「桃・栗3年、柿8年」

ことわざです。もちろん、ご存知ですよね。うちの息子も、ことわざを少しずつ覚え始めました。

では、桃・栗・柿に続く果物は、どうでしょう。


梅?
梨?
枇杷?
柚子?
胡桃?
林檎?
銀杏?

どれも正解です。地域によって、続く言葉が変わるみたいですね。

「桃・栗3年、柿8年、枇杷は9年でなりかかり、柚子の大馬鹿18年」

今日は、そんな諺にも登場する、柚子について調べてみました。



僕は北海道出身なので、柑橘系にはあまりなじみがありません。

なので、今でも山道を運転していて、みかんやスダチ等の柑橘系が木に実っているのを見ると、感動したり興奮したり、子供心のようにちょっとわくわくしてしまいます。

柚子と言えば、高知県。高知県で全国の50%超が生産され、二番手の徳島県、三番手の愛媛県の上位3県で、全国の70%超が生産されています。

中でも、高知県馬路村の柚子が有名ですよね。

でも、元々は馬路村と隣接する徳島県那賀町木頭地区(旧木頭村)が産地だったようです。そもそもは中国揚子江上流域が原産地なんですけどね。まあ、置いといて。

で、今でも本ユズのことを、木頭系とか木頭ユズとか言います。

徳島といえば、もちろんスダチが有名ですが、柚子もだったんだ。知らなかった。

とは言え、同じ山で隣り合わせなのでお互いに柚子を本格的に栽培するようになりましたが、今や柚子関連については、旧木頭村の売上が3億円に対し、馬路村の売上は30億とも言われています。

負けてられません、徳島!

スダチだけじゃなく、ユズも売り込め!そして、ユコウも!

ちなみに、ユコウも徳島県が全国シェア第1位です。徳島に来るまで、「ユコウ」なんて柑橘類があること自体知りませんでした。たぶん、皆さんも知らないでしょう。

徳島県内では、産直市などで、スダチ酢やユズ酢と並んで、ユコウ酢も売ってます。

そうなんです。ユズ酢なんですよね。100%果汁です。



ユズと言えば、香りつけ用のユズ皮用に購入する人が多いようですが、産地では果汁です。

各家庭に「ゆず酢」が常備されています。五目寿司や魚(ボウゼやタチウオ等)の寿司にも使います。酢の代わりに、柚子の100%果汁を使います。香りが最高。

あと、柚子100%果汁(柚子酢)とだし醤油を自分でブレンドした自家製柚子ポン酢は感激です。


四国最大の山・剣山と清流・那賀川の大自然に恵まれた徳島県は那賀町木頭地区の木頭ゆずは、降水量と寒暖の差により、酸味の中にも甘みもあり、香り豊かな美味しい柚子となっています。

是非、こだわりの柚子果汁、味わってみてください!



たまには、こんな感じで徳島県をアピールします。高知県には負けられない!






kou_blue97 at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 雛人形
  • 徳島→大阪
  • 徳島→大阪
  • 徳島→大阪