すだち

2016年10月15日

みかんが黄色くなると医者が青くなる

本日の1枚。

DSC_0064


早生のみかんが色づいてきました。

秋ですね。

「みかんが黄色くなると医者が青くなる」

日本には、いろんなことわざや言い伝えがあります。

「柿が赤くなると医者が青くなる」

これが日本では最初のようです。

日本文化の歴史を考えると「柿」でしょうね。

ヨーロッパでは、A tomato a day keeps the doctor away

「トマトが赤くなると医者が青くなる」

そして、英米(英語圏)では、An apple a day keeps the doctor away

「りんごが赤くなると医者が青くなる」

あとは、柚子とか橙も言われるようです。

反対の意味では、こちら。

「枇杷が黄色くなると医者が忙しくなる」

「枇杷黄にして医者忙しく、橘子(みかん)黄にして医者蔵(かく)る」とも。

夏は、食欲不振や食中毒などで医者が繁盛するとか・・・



ということで、100g当たりのビタミンC含有量で比べてみました。

・りんご 4mg
・トマト 32mg
・みかん 33mg
・すだち(果汁) 40mg
・ゆず(果汁) 40mg
・柿 70mg
・すだち(皮) 120mg
・ゆず(皮) 150mg

さっそく、ゆず・すだち・ゆこうの皮を食べようと決意。

夕食に皮を食べました。

果汁を搾った後の皮を、おろし金でゴリゴリする妻。ありがとう。

ちなみに息子が学校で習ってきた「すだち皮」の食べ方。

(1)紅茶などにいれる
・丸ごと薄くスライスして紅茶などに入れる。

(2)はちみつ漬け
・輪切りにしてはちみつ漬けに。
・ヨーグルトやソーダ水に入れたりも。

(3)薬味
・皮ごとすりおろし、鍋物などの薬味に。
・搾った果汁は刺し身や焼き魚、ぽん酢に活用できます。
・細かく刻んで、お味噌汁にいれるなどすると、風味が楽しめます。


DSC_0065


ということで、勝浦町にみかんを買いに行ってきました。

「みかん」 たくさん買いました。

「ゆこう」 も。

「すだち」 は、まだたくさんあるから。



勝浦に行ったついでに、お遍路さん。

DSC_0058


「第20番札所 鶴林寺」

標高550メートルで空気が澄んでいます。

弘法大師様がこの山で修行していた時、鶴が舞い降りたのです。

DSC_0060


通称「おつるさん」



山を下って、もう1つ。

DSC_0067


「第19番札所 立江寺」

通称「阿波の関所」



これで、徳島県内は残り3つになりました。



さて、11月はみかん狩りに行こう!

mikangari2016[1]




kou_blue97 at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月13日

徳島、わが家の晩ごはん!

今日のわが家の晩ごはん。

徳島風です。

DSC_0057


徳島県産ゆず

徳島県産すだち

徳島県産シークワーサー

たいていの徳島県の食卓には、こんな感じで香酸柑橘がたくさん添えられます。

3種類で5個くらいが徳島の黄金比であり、基本形。

種は、口に含んで思いっきり飛ばすのが、徳島のマナー。







kou_blue97 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月17日

徳島で5回目の秋

徳島の秋を飾る逸品。

「ぼうぜの姿寿司にすだちを添えて」

389849cd.jpg


美味しくいただきました。

徳島の秋も5回目を迎えます。



<徳島に来て1年目の秋>

まだ徳島の右も左もわからないけど、すだちがいろんなものに添えられている。

揚げ物、焼き物、刺身は当たり前。

とりあえず搾る。

家庭でも毎日搾る。

ビールや炭酸水だけじゃなくて、納豆やみそ汁にも!

とりあえず、早く徳島県民になりたくて、染まりたくて、ただひたすら搾ってた。

南国である四国・徳島の暑い夏にも、最適。

さわやかな酸味とすがすがしい香りがたまらない。



<徳島に来て2年目の秋>

徳島生活も2年目を迎え、徳島県民としても板についてきた。

無理にすだちを搾らなくても、ちゃんと徳島県民でいられるちょっとした自信。

余裕も出てきて、徳島といえば「すだち」みたいな先入観からの脱却。

「すだち」に加え、「ゆず」と「ゆこう」の魅力にもやられます。

特に柚子。

ゆず果汁(ゆず酢)の香りに感激。

柚子の大馬鹿18年の記事(←ここをクリック)




<徳島に来て3年目の秋>

徳島が誇る抗酸柑橘。

「すだち」、「ゆず」、「ゆこう」。

やっぱり、またすだちの魅力にまたやられます。

「すだち果汁」だけじゃなくて、「すだちシロップ」や「すだちマーマレード」等の加工品の広がりも。

夏場は「すだちシロップ」の炭酸割り。

冬場は「すだちしょうがシロップ」のお湯割り。

どちらもノンアルコールでハマります!

それと、みかん狩りも体験。

みかん狩りの記事(←ここをクリック)



<徳島に来て4年目の秋>

みかん狩りを契機に、香酸柑橘以外の柑橘類の魅力にもやられました。

柑橘シリーズの記事(←ここをクリック)

徳島県産の柑橘類を食べくらべ。

・橙(香酸柑橘類)
・はるか(雑柑類)
・ポンカン(ミカン類)
・はるみ(タンゴール類)
・ブンタン(ブンタン類)
・はるひ(雑柑類)
・八朔(雑柑類)
・チャンドラポメロ(ブンタン類)
・伊予柑(タンゴール類)
・スイートスプリング(タンゼロ類)
・ネーブルオレンジ(オレンジ類)
・せとか(タンゴール類)
・夏ミカン(雑柑類)
・スルガエレガント

(繰り返しだけど、すべて徳島県産)



さて、<徳島に来て5年目の秋>です。

今年はどんな出会いがあるか、心が躍り胸が高まります。




kou_blue97 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月18日

橙(だいだい)・・・柑橘シリーズ(3)

四国に来て、いろんな出会いがありました。

その中でも、今回は柑橘との出会い。

太陽をたっぷり浴びた柑橘の魅力。

やられています。



この季節、「みかん」。

美味しい。

そして安い。

うちの息子も、足の裏が黄色くなるくらい「みかん」を食べてます。



それと、香酸柑橘の香りと風味。

「すだち」

「ゆず」

「ゆこう」

素晴らしいですね。



今回は「道の駅」や「農産物直売所」で見かけた地元産の「橙(だいだい)」を購入しました。



「橙」って、実は馴染みがありません。

そもそも、「ミカン類(温州みかん、ポンカンなど)」なのか?

「タンゴール類(デコポン、伊予柑など)」なのか?

「香酸柑橘類(すだち、ゆずなど)」なのか?

知りません。



見た目は、「タンゴール類」っぽいかも。

1つおすそ分けした後輩が、生で食べてました。

そのリアクションを見て、「香酸柑橘類」だということが判明。



調べたら、やはり橙(だいだい)は、香酸柑橘類。

「酸味と苦味が強いため、直接食するのには適さない。マーマレードおよび調味料、漢方薬の材料として利用される。果汁は酸味が強く風味がいいことからポン酢の材料としても好まれる。」とのことですよ。

ということで、わが家では焼き魚に絞ってみました。

まだ残っているので、自家製ポン酢にもしてみたいです。



日本では、名前が「代々」に通じることから縁起の良い果物とされています。

お正月の鏡餅に乗せるのも橙(だいだい)です。

現在は橙(だいだい)の入手が難しいので、温州みかんが代用されているケースが多いですが。

「だいだいいろ」という色があるくらいだから、とてもポピュラーな果物だったんだろうな。



暑い夏、コロナビールにライムを搾って飲むと爽やかな風味を味わえます。

徳島では、ビールにスダチを搾って飲んだりします。

同じく、爽やかな風味を味わえます。

今年の夏は、いろんな香酸柑橘をビールに搾って飲もうじゃないか!





kou_blue97 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月14日

徳島に来て3年。そこで何を考えるか。

徳島に来て、3年経ちました。早いなー。

訳あって、ちょっと時間に余裕があるので、「かけだし金融マンのblog」をもとに、3年を振り返ってみます。

徳島に住んで丸3年、そこで感じたことをとりとめもなく。



(1)すだち、ゆず、ゆこう

徳島に初めて来たその日、「すだちサイダー」を飲みました。

夏の暑さを吹き飛ばす爽快感。

刺身醤油にも、焼魚にも、どんなおかずにも、すだちを搾って真似てみました。

ゆずも、徳島が有名だと、少し遅れて気がついた。

そして、酸味が強過ぎずにまろやかなゆこう。

生の果実搾りはもちろん、果汁も捨てたもんじゃない。

ダシ醤油と果汁をブレンドして、自家製ポン酢。

すだち・ゆず・ゆこうの自家製ブレンドが楽しい。

マヨネーズにゆず果汁を垂らすと、生野菜がいくらでもイケるで!



(2)徳島ラーメン

とんこつベースの醤油味のスープに細麺。

これだけでもインパクトあり。

さらに、チャーシューのかわりに、豚バラ肉。

煮卵のかわりに、生卵。

衝撃度、ハンパない!



(3)阿波おどり

やはり感動の二拍子。無敵の二拍子です。

美しくて、力強い。女踊りと男踊り、静と動。

感動のひと時が味わえます。

しかも。踊れて本当に幸せ!



(4)スーパーの魚

スーパーで売ってる魚が違う!

ボウゼ、タチウオ、ハモ、ヨコ、グレなど。

面白い!



(5)鶏肉料理

徳島といえば、地鶏日本一の阿波尾鶏。

徳島じゃないけど、お隣の骨付き鳥とか、西日本で定番のモモ焼きとか。

鶏肉料理の文化は、西日本の方が色強い感触。



(6)うどん

ぼくは、うどんよりそばで育ったので、うどんと初めて触れあった感。

うどんなんて、風邪引いた時しか食べてなかった。

こんなに美味しいなんて。

奥が深い、かけうどん。

あつあつとか、ひやあつとか、ひやひやとかあるで。



(7)自然

何より、大自然。

海、川、山。

特に、清流とうず潮とか、素敵やん。




まだまだ、ええもんあるでぇ徳島。



kou_blue97 at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月13日

アワライズ

8月4日(火)

僕は、仕事で外回りの際に、カーラジオを聴いていました。

「OH!HAPPY MORNING」

その日の特集は、こちら。

「徳島県の伝統・阿波踊りで最高のパフォーマンスを発揮したい時のために開発された、 阿波踊り専用エナジードリンク「アワライズ」について、 株式会社サンマックの方と電話を繋いでお話を伺います。」

そして、8月12日(水)阿波おどり会場にて、見つけました。

「アワライズ」

86f88205.jpg


ビタミンとカフェイン配合の炭酸と徳島県産ゆず果汁が香る、刺激があり爽快なエナジードリンク。

見てください、このパッケージ。

徳島の阿波おどりを踊る、男踊りと女踊りのイラスト。

阿波よしこの歌詞が英語で記される。

伝統の中にモダンさを盛り込んでいます。

まさに、興奮と熱気の渦に包まれる阿波おどりそのまま。

とっても美味しいです。

6806b679.jpg



2015、阿波おどりが開幕!!

kou_blue97 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月02日

戦友との再会

同じ大学、同じ部活、同じポジション(LB/ラインバッカー)の後輩が徳島に遊びにきました。

とても尊敬している大先輩の自分に会うために(自分で言うな)。

再会は4年ぶりくらい。



彼との出会いは、今でも覚えてる。

自分が4回生になる春に、彼は入学手続きのため大学にきました。

タクシーを降りて、おそらく彼が出会った最初の人物が、僕だと思う。
(うちの大学は地獄坂の上にあるので、駅から大学までタクシーを使うのは一般的)

そして、勧誘して、同じチームメイトになった。

ともに汗を流し、ともに悩み、ともに喜び、ともに戦った。

同じ時代を過ごした。

良くも悪くも、彼は自分の背中をみて育った。



そんな後輩が徳島にやってきました。

昼前くらいに着くとのことだったのに、「着きやした〜」と電話があったのが朝8時半。

おい、早いやん。しばらく待たせた。

昼から「鳴門のうず潮」か「祖谷のかずら橋」でも行こうかと思ったけど、時間はたっぷりあるんで、西へ足をのばしてゆっくりドライブ。



愛媛県今治市で腹ごしらえ。

35c7a7f0.jpg漁師めし


歴史好きらしいので、藤堂高虎が築城した今治城。

a77d755e.jpg今治城


因島水軍城にも立ち寄る。

因島は、広島県尾道市。

実は、人生初の広島県。

79a3aeb1.jpg因島


ちょうど腹が減った頃に徳島に戻りました。

阿波尾鶏を堪能。

99319456.jpg阿波尾鶏


すだちのお酒も堪能。

NFLについて語れる店です。

3fe0de98.jpgすだち酒


思い出話から、近況、人生論、いろんな話に花が咲きました。

やっぱり、同じ時代を過ごし、同じ熱さと心意気で戦った仲間は、なんとも言えないものがあります。

楽しかった。



彼の人生にも、さくら咲け!

kou_blue97 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月02日

徳島の「やまもも」〜初夏を告げる赤い宝石〜

徳島の物産館とかお土産屋さんでよく見るお酒があります。

姫酒



すだち姫、ゆず姫、やまもも姫。


徳島に引越してきたばかりの頃、美味しくいただきました。



「すだち」

徳島と言えば「すだち」。とても有名です。徳島県の「すだち」は、全国シェアはほぼ100%。名実ともに徳島県を代表する果実が「すだち」です。「すだち」の花は徳島県の花にも指定されており、その実は独特の「さわやかな酸味」と「すがすがしい香り」で古くから愛されてきました。

すだち


ということで、「すだち姫」は文句なし。



「ゆず」

徳島のユズについては、僕のblogの記事「大馬鹿18年」の記事(2014年02月23日)で触れました。
 <記事はこちら>
柚子の大馬鹿18年

柚子といえば高知県(馬路村)が有名で、高知県の全国の全国シェアは50%超ですが、徳島県は二番手につけており、三番手の愛媛県の上位3県で全国の70%超が生産されています。食酢として使われる絞り汁のほか、風味のあるゆず味噌にしたり、ジャムやシャーベットにするなど、幅広い使い方のできる食材です。もともとは、馬路村と隣接する徳島県那賀町木頭地区(旧木頭村)が産地だったとも言われています。

ゆず2


ということで、「ゆず姫」も納得。



「やまもも」

やまももの木って、徳島県の木に指定されている(高知県の花にも指定)ようです。
でも、「やまもも」って見たことないし、食べたこともない。ということで、パック入りの「やまもも」を生まれて初めていただきました。

やまもも(3)


こんな風に売ってます。

やまもも


そして、こんな風に実ってるようです。

いただきました。味はと言うと。。。

「甘酸っぱい味と独特の歯ざわり!まるで、初夏を告げる赤い宝石やわ〜」 (彦摩呂風)

本当に美味しいです。息子もパクパク。

徳島のやまももは全国シェア約70%を占める日本一のやまもも産地とのこと。やまももは昔中国から来たと伝えられている果物で、初夏の味覚を代表する果物となっています。独特な香りと歯ざわり、味覚として深く残る甘酸っぱさ、そしてビタミンは豊富に含まれ、整腸に良いといわれているタンニンも含まれるやまももは、郷愁を誘う故郷の味として重宝されています。また、収穫期間が短く日持ちがしにくいため、都会では「幻の果実」「高級果実」と言われています。


そうだったんだ〜、「やまもも姫」も納得です!



北海道生まれの道産子な僕にとって、スダチ・ユズ・ヤマモモ、美味しくて、奥が深くて、感動です。

徳島って、味覚の宝石箱や〜!



すだち姫、ゆず姫、やまもも姫。

貴方はどのお姫様がお好みですか?


すだち・・・純潔

ゆず・・・恋のため息

やまもも・・・ただ一人だけを愛する







kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 授業参観
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • 男の手料理とパパ手料理の違い
  • 男の手料理とパパ手料理の違い