じゃがいも

2022年06月18日

札幌帰省 in SAPP‿RO(2日目)

わが家の畑。

自分が小学生の頃は、広い畑だと思っていた。

今は、畑も小さくなった。

でも、いろいろ思い出のある畑。

父と母がいろいろ作物を増やしていて楽しい。



<じゃがいも>

DSC_2121


子供のころからずっと変わらないじゃがいも畑。

ここ数年はキタアカリ。

HORIZON_0001_BURST20220618114216676_COVER



<いちご>

DSC_2125


北海道は6月からが最盛期。

HORIZON_0001_BURST20220618114541026_COVER



<ぶどう>

DSC_2117


今年くらいから実がなるかどうか。


<ブルーベリー>

DSC_2120


これは実を結びそう。


<トマト>

HORIZON_0001_BURST20220618115050283_COVER


夏野菜と言えば、トマト。


<ナス>

DSC_2127


そして、ナス。



気持ち良い天気。

両親と大通公園を散歩。



<大通公園>

HORIZON_0002_BURST20220618151523500


ライラックなどの木々に囲まれた札幌中心部のオアシス。

札幌市民や観光客の憩いの地。

水遊びしている子供たち。

6月の札幌も暖かい。


<SAPP‿RO>

DSC_2135


サッポロスマイル

食や自然、四季折々の様々なイベントなど、多くの魅力的な資源に恵まれた『笑顔になれる街』札幌をイメージしたロゴ。


<テレビ塔>

DSC_2136


ここまで歩いた。

さっぽろテレビ塔。

高さは147.2m

テレビ父さんがお出迎え。

非公式キャラクターらしい。


<時計台>

DSC_2137


観光客の気分。

正式名称は「旧札幌農学校演武場」

約130年に渡り時を刻み続ける。


<牡蠣>

DSC_2142



<ウニ>

DSC_2146


言葉はいらない。

至福の時。

思い出と脳裏と遺伝子に刻まれた香りと味。



kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)

2015年11月11日

ポテサ

北海道の実家からキタアカリが届きました。

キタアカリとは、ホクホク系のジャガイモです。

男爵よりも黄色いので「黄金男爵」と呼ばれたり、男爵より甘味が強いので「クリじゃがいも」と呼ばれたりもしています。

キタアカリは、加熱調理するとホクホクするタイプで、甘く香りも良い。

逆に、粉質のため、煮崩れしやすいです。

煮物に使う場合は、とろ火でイモが踊らないように注意しなければなりません。

ポトフや味噌汁で煮崩れしたという声もあります。

ポテンシャルもまあまあで、結構いい味出しているのに、最後の大事なところで弱く崩れてしまうなんて、ちょっと自分にも似てるかも。

自分、イモだからな。



ネットでは、こんな風に書いてました。

「シンプルに、ジャガバタやフライ、粉ふきイモやポテトサラダにもお勧め」

とか

「なめらかな食感を活かしたマッシュポテト、油との相性のよさを活かしたポテトフライ、そしてシンプルにじゃがバターにしてホクホク感を楽しむと絶品です」

僕は、定番だけど「肉じゃが」と「ポテトサラダ」が好き。

煮崩れしない感じでね。



ポテトサラダで美味しかったという声もいただきました。



さて、ポテサ。

「ポテサ」と言えば、札幌では若者の集う店です。

コンパ等でよく使われます。

「ぽてとサーカス」

久しぶりに調べてみたら、2011年7月に「ぽてとサーカス 札幌アーバン店」が閉店してました・・・。



1999年11月に僕は妻と「ぽてとサーカス 札幌アーバン店」で出会いました。

もう、出会ってから16年も経つんだなぁ・・・。

ちなみに、総勢20名の飲み会で、僕が幹事でした。

幹事だから、店のセレクトも定番のポテサを選択。

そして2次会のカラオケでは、妻の隣に座りました。

幹事だから、どこにでも座れるし。



緊張して、ドキドキしていた時間。

懐かしい。

女の人と2人きりで、ドキドキ出来る瞬間。

人生で、あと何回味わえるのかな。



たぶん、ほとんどないんだろうな。

自分、イモだからな。


でもね。

イモにはイモのプライドがあるんだぁ〜!!


プライド=誇りやで!

フライド(ポテト)ちゃうで!


kou_blue97 at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月30日

じゃかいも畑でつかまえて

僕は北国に育ったので、田んぼをあまり見たことがありませんでした。


もちろん、田植えとか稲刈りとかもです。


柿の木だって、さるかに合戦でしか見たことがありませんでした。


3年くらい前、普通の民家の庭に柿が実っているのを見て、とても感動した記憶があります。


たぶん、みかんが実っているのを見たら、とても感動することが想像出来ます。


うちの実家の周りには、じゃがいも畑がありました。


じゃがいもの白い花や収穫間近の葉で季節感を感じていました。


小学校でも、いも植えやいも掘りをやった記憶もあります。


もうすぐ離れるこの地では、りんごやながいもで季節感を感じることが出来ました。






適地適作とか、適期収穫とか、いにしえからの経験と科学的な理論の双方により、たてながの我が日本では様々なものが植えられ、様々なものが栽培されています。


所変われば、食変わる。


気候も変われは、土も変わる。農作物だって、いろいろですよね。


長い人生、いろんな土地に行き、いろんな食べ物に出会い、いろんな風景を目の当たりにする。


それも、悪くはないかも、しれません。


でも全て、きっとどこかでつながってたりするのでしょうね。


長い目でみれば、人間関係も同じかもしれません。


海はずっと続いています。


空だって、ずっと続いているわけですから。


国境だって何だって、勝手に引いているだけですから。



きっとどこかでつながっている。



そのつながりを、大切にしたい。



僕もどこかで、つながっている。



そのつながりは、とても大切なもの。



そのつながりを、大切にしたい。


kou_blue97 at 01:30|PermalinkComments(18)TrackBack(2)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜